2016年08月

Secret Base -夏の思い出-

まいどーーーー!!
バンです!!

この2016年の夏は海にも行かず、花火もせず、
ビアガーデンにも行かず、夏フェスにも行かず、
夏を感じさせるイベントには不参加でした。

が、夏も終わりに近づいてきた8月末、とあるイベントが開催されると聞き潜入してきました。


なんと徳島のある隠れ家的な場所で

15名程の楽器弾きが集まり

生肉を火であぶって食べたり

気分が高揚する飲み物を飲んだり

虫も寄ってこないような不思議な匂いの香を焚いたり

終盤はフラフラになるやつも現れるという恐ろしいイベント、、、


そう みんな大好きBBQです!


今回はトリゴロの合宿所、宿泊施設にて開催されました。

県外からレコーディングに訪れた方やバンド様が宿泊できるように設備が充実しています。

【合宿レコーディング、宿泊施設 トリゴロHP】

DSC_0308

屋内は広々としたスペース。ゆっくりとくつろげます。
もちろん冷暖房完備、カラオケ(DAM)、TV、DVD/CDプレーヤーなども完備。

なんと露天風呂やスチームサウナまであるのです!

DSC_0309

施設の充実っぷりに、野郎共のテンションはすでにMAXです!

DSC_0307

いよいよ火起こしからスタートです!

外にあるバーベキューサイト(屋根付き)としても利用できるスペースは
ベンチや机、水周りや照明などもしっかりとしています。

BGMにはバンドマン選曲の音楽が流れ、周囲も暗くなって雰囲気も最高です!

Cq6f-l2UIAE7uHf

いい感じです。ひたすらウインナーを焼いています。

DSC_0311

完全に手を焼いています。さすがバンドマン!

Cq6f-lwUEAACjVm

恐ろしい形相です。
これはたぶん肉じゃなく トングを食べているのでしょう。



アツい夜でした。


諸先輩方に音楽の事で相談したり

恋愛の話も飛び出したり

しょうもない話で笑いあったり


お酒の缶を握り締めながら真剣に話をする若手バンドマンが印象的でした。

徳島終わってねぇぞ!これからやぞ!



DSC_0312


こうして深夜まで、いや早朝まで、バカ騒ぎは続くのでした。
-ちなみに周辺には住宅がないのでいくら騒いでもカラオケで歌っても問題ありません-


今回は一部のバンドマンにお声掛けさせてもらって
15名ほど参加してくれました。

これからも定期的にバンドマンや音楽関係者の皆様と交流をもって行きたいと考えております。

ドラマーズミーティングやギタリストミーティングなども含めまして

様々なイベントにご参加お願いします!


また、呼ばれてねーぞ!俺、私も参加してーぞ!っていう皆様。

STAFFバンに参加希望してくれたら、なんかあればお声を掛けます。

みんなで徳島の音楽シーンを盛り上げていきましょう!


最後に

トリゴロに合宿施設がある事を知らない方もいたはずです。

これからレコーディングをお考えの県内外のバンド様、
合宿レコーディングや宿泊施設利用のご相談はお気軽にトリゴロスタッフまでお願いします!

ではでは、バンでした!
あでゅーーーー!!

『何だって自分次第なんだわ。んなもん、当たり前だよな。
お前がクソなら、世の中はクソだよ』
by 後藤正文




ドラムペダルを知ろう!vol.2

どうもです。かっちゃんです。


大流行している某スマホゲームのせいで、
ついに人の命が奪われてしまいましたね。

しかもここ、徳島県で…


憤り以外の何も感じません。


一人でゲームして、
一人で事故して、
一人で死ぬなら、

自己責任だよね、
としかいいようがないですが、

それに他人の命を巻き込むなんてもってのほかです。


このブログを見ている皆さんで、

運転中にスマホゲームをやっている方がいたら、

お願いですから絶対にやめてください。


僕自身、交通事故に遭ったことはないんですが、

昔、大切な友人が交通事故に遭い、
生死の境をさまよったことがあります。

報せを聞いたときは、
すぐに病院にかけつけました。

友人は集中治療室に入っていました。

ひん死の重傷を負っていて、
もうダメかもしれないとのことでした。

あれほど絶望したことは正直後にも先にもないですね。


幸い、友人は奇跡的に回復しましたが、

もし最悪の事態になっていたら、と考えると…


こんなところに書くべきことじゃないかもですが、
もしかしたら、轢いた相手を本気で殺しに行っていたかもしれません。

そうなっていたら、僕も今ここにいないと思います。


たった1回の事故で、人間の人生は狂うし、終わるんです。

車に乗っているちょっとの時間、
ゲームするのを我慢できなかった人のせいで

大切なものが何もかも奪われてしまったら、
そんなのおかしすぎますよね?



もう一度言います。

このブログを見ている皆さんで、

運転中にスマホゲームをやっている方がいたら、

お願いですから絶対にやめてください!


















暗い前置きになってしまいましたが、

すみません、どうしても言いたかったので…




ここからはいつも通りにやります!!(笑)

今回のテーマは再び
ドラムペダルについて。

1472038727757

写真は僕所有のペダルたちで、左から

★Pearl P-1000(生産終了品)
★YAMAHA FP720(復刻版)
★YAMAHA DFP9500C(ツインペダル)
★DW5000AD3(生産終了品)

となっております。

最近ではもっぱらFP720が良すぎるせいで
他はあんまり使用しておりませんが…(^_^;)



実は以前にもペダルについてのブログは書きまして、
そちらではペダルの駆動方式別
おすすめのペダルを紹介させてもらいました。

過去のブログはコチラから


その続き?というわけではありませんが、
今回はドラムメーカー別に、
各社の製品の特徴や傾向について語らせていただきます。

僕の個人的感想や偏見がふんだんに入っていますが
これから初めてペダルを購入されるというドラマーさん、
セカンドペダルの購入を検討されているドラマーさん、
ぜひ参考になさってください!


それでは、いってみましょう!


★Pearl(パール)
pearl_p3000ddd
pearl_p2050c

《代表的な機種》
デーモンドライブシリーズ(写真上)
エリミネーターシリーズ(写真下)

《全体的な特徴》
上記の両方の機種に言えることだが、
踏み心地はなかなかに軽くて扱いやすい。
セッティングの幅が国産ペダルの中ではダントツに広く、
パワーなセッティングからソフトなセッティングまで
ほぼどんなペダルにも変身できるまさしく忍者なペダル。
よって、様々なタイプのドラマーにお勧めできる。
が、初心者やあまりペダルをいじったことがないドラマーには
その設定幅の広さが逆に頭を悩ませる要因になりえる。
とりわけデーモンドライブシリーズに至っては
もはやペダルというよりほとんど変形ロボットであり、
眠っていた少年の心が呼び起こされる気がする。

《こんな人におすすめ》
・色々なジャンルを演奏する人
・ペダルの好みがよく変わる人
・ペダルをいじるのが好きor得意な人
・変形ロボットアニメの類が好きな人




★TAMA(タマ)

tama_hp900rn
tama_hp910lna


《代表的な機種》

アイアンコブラシリーズ(写真上)
スピードコブラシリーズ(写真下)

《全体的な特徴》
まずアイアンコブラシリーズ。
コチラは全体的にアタック&パワー重視だと思われる。
国産ペダルの中では踏み心地は比較的重めの部類に入る。、
スピードコブラはアイアンコブラと逆に軽さとスピードが売りだが、
基本的にはやはり“コブラ”には違いないといった印象。
超ロングタイプのフットボードも画期的ではあるが、
これを生かすも殺すもドラマー次第である。
ちなみにスピードコブラはボードが長すぎて
入らないペダルケースがたまにあるので
ケースだけ別で購入する場合は要注意。
どちらもバスドラのくっきりしたアタック音が得られ、
ラウドなロックやメタルにはもってこいだが、
個人的にはこのビーターでジャズは叩きたくない。
ジャズを叩くときはビーターをソフトなのやつに変えよう。
付属のケースがハードケースでとてもかっこいい。

《こんな人におすすめ》
・パワーなジャンルをよく演奏する人
・明瞭なアタック感が欲しい人
・しっかりした踏み応えを求める人
・ハードケースが好きな人



★YAMAHA(ヤマハ)
yamaha_fp9500da
yamaha_fp720a


《代表的な機種》

FP9500シリーズ(写真上)
FP720シリーズ(写真下)

《全体的な特徴》
どの機種にもいえるが妙なクセが全くない。
突出した良いところもないが、悪いところも全く思いつかない。
全てのパラメータが平均値におさまっている機種が揃っている。
あとは細かい所の好き嫌いといった感じ。
調整幅も最近のドラムペダルの中では少ない方だが、
別に色んなところをいじったり改造したりしなくても
勝手に自分の足に馴染んできてくれる印象。
特にFP720はその真髄を体現したペダルだと思う。
現に僕は買った時から何もいじらず使っています。
一般にクセが強いといわれるダイレクトドライブのペダルも
YAMAHAに関して言えば他社のものに比べて圧倒的に扱いやすく、
チェーンorベルトドライブからの移行でもそんなに苦労しないはず。
逆に言うと、クセがなくて平均的な性能のペダルということは、
使い手本来の実力が最も如実に反映されるということ。
自分に嘘をつきたくないストイックなドラマーにお勧めしたい。

《こんな人におすすめ》
・色々なジャンルを演奏する人
・シンプルなペダルが好きな人
・とにかくクセのないペダルが好きな人
・自分に嘘をつきたくない人



★DW(ディーダブル)

dw_5000ad4d

dw_9000

《代表的な機種》

DW5000シリーズ(写真上)
DW9000シリーズ(写真下)

《全体的な特徴》
まずはスタンダードなDW5000
非常に完成度の高いドラムペダルで、
まさにワールドスタンダードと言って差し支えない。
出音が抜群に良く、アタックと胴鳴りのバランスが最高。
バスドラの持つ美味しい所を余す所なく引き出してくれる印象。
が、やっぱりアメリカのドラムメーカーだけあって
欧米人の体格に合わせて作られている気がする。
随所に仕込まれたベアリングなどの機構のおかげで、
動きは“スムーズ”ではあるがやっぱり“重さ”は否めない。
軽快なペダルが好きな人にはお勧めしない。
が、この重さは写真の2WAYビーターによるところも大きいので、
別売りのビーターと交換するなど改善の余地は充分ある。
そして“ペダルの王様”とも言われるDW9000
全く非の打ち所のない素晴らしいペダルだが、
普通のペダルとは基本構造から違うので
発展途上の初心者~中級者にはあえておすすめしない。
普通のペダルでしっかり踏めるよう足技を磨きましょう。
逆にいえば、普段からDW9000を使っているのに
「足が思うように動きません」なんて泣き言は許されない。
普通のペダルで足技を磨きに磨き抜いた挙句、
さらに限界突破するためのペダルだと思ってください。
それでも納得いかない超絶ドラマーさんには
さらに上のマシンダイレクトドライブ(MDD)という
航空機と同じグレードの金属パーツを採用した
ターミネーターみたいな変態ペダルもありますので
興味のある方は調べてみてください。

《こんな人におすすめ》
・重厚な音色が好きな人
・しっかりした踏み心地が好きな人
・高速連打より1打1打に重きを置く人(DW5000)
・そこそこ脚力に自信がある人(DW5000)
・お財布に余裕のある人(DW9000&MDD)
・足技のレベルがカンストした人(DW9000&MDD)



★SAKAE(サカエ)
sd_xdp200sa

《代表的な機種》
エクスカリバーシリーズ

《全体的な特徴》
一見ゴツくてガッシリした見た目と、
某伝説の剣みたいな名前で、
あからさまに攻撃力が上がりそうな感じがするが、
非常に素直で踏みやすく万人受けするであろうペダル。
SAKAEがその昔YAMAHAの下請けをしていた名残か、
キャラクターとしてはYAMAHAのそれに非常に近い気がする。
それでいてアンダープレートと支柱の一体化により
ペダル自体の剛性を高めてパワーロスを抑えるなど
随所にSAKAE独自の新しさを感じさせてくれるペダルでもある。
また、徳島には現在僕の知る限りではあるが、
このペダルのオーナーは一人しかいないので
あんまり皆が持ってないペダルが良いという人にもおすすめ。

《こんな人におすすめ》
・色々なジャンルを演奏する人
・クセのないペダルが好きな人
・YAMAHAのペダルが好きな人
・これから悪の帝王を倒す冒険の旅に出る人






さてさて、いかがでしたでしょうか??

各社、様々な特性はあるものの、
今回紹介した上位機種たちに関して言えば、
正直どれを買っても間違いではありません

ドラムメーカーが長年頭を悩ませまくって
必死の思いで開発したペダルたちですもの。

悪いペダルがあるわけがないんです。

ただ、その中でも
特に自分に合っているのはどれなのか、
長く付き合っていけるのはどれなのか、

きちんと見抜く選球眼が大切といえますね。

さらに詳しくペダルについて語ってほしいという方は
ぜひご来店の際にでも♪


ではでは、かっちゃんでした!

ラストスパート~~~!!!

ヤァヤァヤァー!
まだまだ暑くて日中ウォーキングした日には汗だっらだらです!(;;´-;ω;-`;;)
最近は日よけ防止に長袖パーカー着て近所をあるいているんですが
帰ってくる頃にはスーパー汗だく、トリゴロスタッフ、ユイヲです!(ง `ω´)ง

さてさて学生さんたちの夏休みももうすぐラストスパート…
夏休みのこの時期といえば終わらない夏休みの宿題に頭を抱えつつ遊んでいましたが
みなさま宿題の進行具合はどうでしょうか!?!?(˘ω˘)

僕の夏休みは、始まる前は宿題を2週間で終わらせる計画を立てるのに
いざ本番となると遊んでばっかりで宿題終わってないです!
ポスターとか何かこうかなーってすげーワクワクするのに
明日から本気出す!!って思いながら最終的に夏休み終わって
毎回切羽詰って涙目でかきあげていた思い出(˘ω˘) >>自業自得<<
(ちなみに僕は終わらなかった宿題は無かったことにするゴミ野郎タイプの人間でした)


ゆーて夏休みとかもうかなり前のイベント…
今はお盆休みの1週間がサイコーに楽しみな大人です\\\└('ω')┘////
※なお大人とは何かという点はおいておきます


夏休みがもうおわる…(´-ω-`)

夏休みが終わると同時にトリゴロでも終わるものがあります…

それは…

6月ぐらいから実施してきた

学生キャンペーン!!\\\└('ω')┘////

学生クーポンweb用

始めた時はすげー期間長いなーって思ってたけど
あっとゆーまに8月が終わろうとしている…!

でも…

まだまだ!

あと1週間ぐらい残っております!!!
練習するなら断然キャンペーン中の今がお得です!

練習を考えている学生のみなさまはぜひぜひ!
キャンペーンが終わるまでにぜひご来店ください~!(ง `ω´)۶

楽器レンタルも無料だから手ブラできてもどうにかなるよ٩( 'ω' )و
(※ドラムスティックのレンタルはありませんのでご注意を!)


そういえばかっちゃんさんのブログにもあったのですが
Cスタのシンバルの種類が変更になっております~~!!
その叩き心地とは!?!?!?(´・ω・`)??????

気になる方はぜひぜひCスタで叩き比べてみてくださいね(ง `ω´)۶

★★★かっちゃんさんの前回のブログ★★★



それではここまでお付き合いくださりありがとうございました!
夏休みの集大成や締めくくりにレッツトリゴロ~~~~\\\└('ω')┘////

みんなでエンジョイ、バンドライフ♪

それではまた!

ユイヲでしたー₍₍ ◝('ω'◝) ⁾⁾ ₍₍ (◟'ω')◟ ⁾⁾

安かろう悪かろう??

どうもでっす!かっちゃんです!

最近、Cスタジオにとある変化があったんですが、
お気づきになられた方、いらっしゃいますでしょうか?

実は、Cスタドラムセットの
16"&18"クラッシュシンバルが、

ZENN(ゼン)になっています。

zenn_zcc16ca


※以前はSABIANの上位機種・AAXシリーズでした。



ご存じの方も多いと思いますが、
ZENNは超激安ドラムメーカーです。

なんと、
↑の写真の16"クラッシュシンバルは
1枚¥5,918です。

ZildjianやSABIANなんかの
有名シンバルメーカーの上位モデルだと、
最低でも1枚¥20,000くらいするので、

ZENNのシンバルがどれだけ安いかがお分かりでしょう。


これだけ安いシンバルだと、
さぞみたいな音がすると
皆さん思われますよね?

あくまで練習用のシンバルで、
あっという間に変形したり
割れちゃったりすると思いますよね?




いや、僕もびっくりしたんですけど、
有名メーカーのシンバルに
ほとんど引けをとりません(笑)


そのあまりの鳴りの良さに僕はもちろん、
当店のレコーディングエンジニアも絶賛しておりました。


もちろん、細か~い作りの部分や、
楽器自体の響きもよく聴くと粗さはありますが、
この価格帯でこのクオリティはまさに驚異的です。




どういう経緯でこのシンバルが導入されたかというと、
ついこの間、Cスタにもとあったシンバルが割れてしまったんですね。

で、そのときに丁度予備を切らしてたんで、
「とりあえず新しいのが来るまでの繋ぎにしよう…」
と、緊急用に置いてあったZENNを使ってみたんです。

すると、あまりにも良かったんで
そのまま常設にしてしまった次第です(笑)

いやー、わからんもんですよねw



あっ、

ついにトリゴロが楽器をケチり始めたな・・・!?

と勘違いしてらっしゃる皆さん!!

断じてそんなことありませんよ!!笑


嘘だと思ったら叩きにきてください!
マジでびっくりしますからw







シンバルのほかにも、
ZENNには優秀な機材がたくさんあります。

・ドラムセット
zenn_zds3000iipr

↑のドラムセット、
シンバルもペダルもスタンドも込み込みで
¥29,800(税抜)だそうです。

普通のドラムセットのだいたい1/10くらいの値段ですね。

少し前に某イベントで、
このドラムセットを叩く機会があったんですが、

「あれ?意外と鳴るやん?」

が正直な感想でした。

確かヘッドがZENN純正ではなかったのと、
音がよく響くホールでの演奏だったので
本当のところは定かではないですが…

あとはタムホルダーやスタンド類が
かなり華奢なのがちょっと気になりましたね。
パワーヒッターが叩いたらポッキリ折れそうでした(笑)

が、練習用や小規模なライブにはバッチリだと思います!



・ハードウェア
zenn_dsd6000b

 DSD6000 ¥3,480

ZENNはハードウェアも総じて優秀です。

¥29,800のドラムセットに付属のは細くて華奢ですが、
単品で販売しているハードウェアについては
どれもガッチリした作りで素晴らしいんです。


zenn_dca1000e

 DCA1000 ¥1,480

痒いところに手が届くアタッチメントもあり。
スプラッシュやパーカッションの取り付けに便利!

ただ、総じて少しネジ類が潰れやすいので
メンテナンスはマメにやったほうがよいですね。

それ以外は100点!



zenn_dtc5000
 DDT5000 ¥7,280

エアーリフト式のドラム椅子もあります。

通常よくあるドラム椅子は、
ネジを緩めたりくるくる回したりしないと
高さを変えることができませんが、

これは横についているレバーを引くだけ
一瞬のうちに高さを変えることができます。

対バン形式のライブなんかだと、
こっちの方が効率よくて良いかもしれませんね。


zenn_dbp6200w
 DBP6200W ¥7,800

そしてそして、ツインペダルまであります(笑)

どことなく、ほんとにどことなくですが、
Pe〇rlのエリミ〇ーターに似てるような似てないような…

コチラは使ったことがないのでなんとも言えませんが、
レビューを見てみるとなかなか高評価のようです。







ね?

安い楽器=悪い楽器、なんて決め付けず、
使ってみなけりゃ何事もわかりませんよ?


いろいろ紹介してみましたが、
僕は断じてZENNやサウンド〇ウスの回し者ではなく
あくまでただのリハスタ店員ですからね!(笑)

購入を検討している方がいましたら、
公正な立場での意見を提供できると思いますので、
ぜひ相談してください!


ではでは、今日はこんなところで!

かっちゃんでした!


※本日のブログで紹介した商品の参考価格は
 2016/08/20現在のものになります。
 時期によっては価格変動の可能性もありますので
 あらかじめご了承くださいね!

同じアホなら録らなきゃ そんそん!

まいどーーーー!!

相変わらず暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?

オリンピックの日本人選手の活躍

鳴門、徳島では阿波踊り

甲子園での鳴門高校の激闘


テンションぶち上がりの日々が続いております!


トリゴロでもハイテンション レコーディングラッシュです!

では、あるバンドのレコーディングの様子をご覧ください!

DSC_0282

レコーディングが円滑に進むように潤滑油を口から補給っ!

DSC_0280

頑張るぜっ!ってポーズの割りに 目が虚ろ!

DSC_0281

ほっぺた!ほっぺた! もはや何アピールか分かりません。



ね!楽しそうですよね!



もちろん、ちゃんと真面目に演奏してます。

DSC_0279

DSC_0277

DSC_0278


この2,3ヶ月で約15バンド様のレコーディング!

来月、再来月までご予約が入ってきています!

バンドマン、ヒートアップしています!

徳島の音楽シーンが盛り上がっていきそうです!


レコーディング、ミックスダウン、マスタリングがご所望の方は
ぜひお気軽に御相談ください!

もちろんバンドだけではなく
歌のみ(カラオケ持参)、音声・ナレーションなどの録音も可能です!

※ご予約が込み入ってますので余裕を持った日程でお願いします。


ではでは、バンでした!
あでゅーーーー!!

本日の名言
『ドラマーは強さのリーダーにならなくてはいけない。
バンドのリーダーという意味ではなく、
プレイにおいて常にビートで一番上にいなくてはいけないんだ』
by デイヴ・ロンバード





スタジオTORIGORO
阿波徳島の老舗音楽スタジオ
トリゴロのスタッフブログです。
最高級の機材を備えたアットホームなスタジオです。
学生の方から社会人のかたまでお気軽にお越しください。
また、スタジオライブやレコーディングなども対応可能です。
詳しくは↓よりHPをご覧ください。
プロフィール

スタジオトリゴロ

ギャラリー
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • パッとサッとドラムチューニング!!
  • ライブドアブログ