どうもっす!かっちゃんです!

突然ですがおススメ販売品をご紹介。

nH_9B5CH

特価品ドラムスティック。
TAMAのH214-Bです。

1ペアなんと650円という破格ながら、
標準的サイズに近い太さ14mm×長さ406mm
安定した音色が得られるボール型チップ
幅広いジャンルで使えるヒッコリー製という、
とても扱いやすい仕様のモデルです。

初心者さんの最初のスティックにも良いですし、
ベテランさんでも納得の出来だと思います。

唯一の難点としてはコチラの商品、
1本1本がバラ売りになっているので…
※他のスティックは微妙な重量などを均一に揃えたペアを販売しています。
左右ピッタリのペアがないかもしれない、
ということだけですね。

標準的サイズのスティックなら何でもいいよ!
左右均一のペアには特にこだわらないよ!


という方にはうってつけのスティックです!

トリゴロの販売用品の中では圧倒的人気商品!
入荷してもすぐ売り切れちゃうので、欲しい方はお早めに!













しかし暑い。

とろけるくらい暑いですね。

なんか今年の夏はいつにも増して暑い気がします。
たぶん毎年これ↑言ってるんでしょうけど
やっぱり暑いものは暑いです!(笑)

個人的には、
暑いのより寒いほうが好きなのです。

寒いのは服をたくさん着込むなり
鍋するなり辛いもの食べるなり

いくらでもしのぎ方はありますが、

暑いのはたとえ全裸になっても暑いのです。
そーめん食おうがアイス食おうが
結局暑いもんは暑いのです。


そんなこの季節に気を付けなければ!なのは
何といっても熱中症ですね。

ステージに立つバンドマンの皆さんはもちろん、
ライブを観に来た観客の皆さんも
知らず知らずのうちにかかる可能性があります!
特にこの時期は夏フェスなんかが多いですので、
室内でいるより遥かに危険です。

ですので、ライブをする人も観に行く人も、
万全の対策をしてから出かけるようにしましょう!


▼こまめな水分補給を!
有名な話ではありますが、
喉の渇きを感じ始めたときには手遅れで
既に体は脱水状態に陥っているそうです。

たとえ喉が渇いてなくても、
ちょこちょこ水分を補給するのが大切なのです。

また先日、医学か栄養学だったかを専攻している
とある学生バンドマンから聞いたのですが、

特にビタミン飲料なんかを飲んだわけでもないのに
不思議とおしっこが黄色いときありますよね??

これも要注意らしいです!
身体の水分が足りていない状態なので
おしっこが濃くなって黄色くなるんだそうです。

そういうときはすぐに水を飲むようにしてくださいね!


▼特にボーカリストは…
実は人間の“喉”って、水分を摂取した時に
その水分が体中に行き渡るうえでの優先順位は
いちばん最後になるらしいですね。

つまり、
「喉乾いたし本番前に潤しとこう!」と思って
楽屋で水を一気飲みしてもあまり意味ないみたいです。
先に他のところへ水分が行っちゃいますからね(^_^;)

ライブ本番で喉をベストな状態に持っていくには
少なくとも2~3日前からこまめに水分を摂取し
コンディションを整えていかなければならないそうです。

知らなかったボーカリストさん、
ぜひ実践してみてくださいね!


▼セットリストも工夫して…

かしこいバンドはセットリストの中に
MCや休憩のタイミングはもちろんですが
給水のタイミングも組み込まれていたりします。

「大げさな(笑)マラソン選手じゃあるまいし(笑)」
と思われるかもしれませんが、

ライブ本番でアドレナリン出まくりの環境下では
自分がどのくらい汗をかいているのかも
もしかしたらわからないかもしれませんし、
事実、夏場は実際かなりの量の汗をかいてます。

あらかじめ、この曲間で必ず水を飲む!
みたいのを決めておいてもいいかもしれません。

HR/HM系など激しめのジャンルのバンドさんは
特に注意するようにしてください。

かく言う僕も、
現在サポートをしているパンク系バンドのライブ時には
1ステージで500mlの水を余裕で1本飲み干してます。



▼そして、お客さんも…
基本的にはライブハウスは
飲食物持ち込み禁止のところが多いですので
水を持っていくのは気が引けるかもしれません。

でももしライブの最中に気分が悪くなったり、
冷たい水が欲しくなったら、
遠慮なくバーカウンターや
受付のスタッフさんに声をかけてみてください。
水道の水くらいならお金は取られないと思います。

ただしあまり何度もガブガブ飲んでると
さすがに変人扱いされるかもしれませんが、
熱中症になってしまうよりはマシだと思います。

室内だしクーラーついてるから大丈夫でしょ!
と思われるかもしれませんが、
狭い空間に密集した人の熱気って意外にすごいので
決して室内だからと侮ってはいけません。

「何だか調子がおかしいな??」
と思ったらすぐ周りの人に助けを求めること!
これがいちばん大切です!






さてさて、いかがでしたでしょうか。

「熱中症なったことないし、大丈夫でしょ♪」

なんて油断してるのがいちばん危ないです!

夏のイベントを有意義に楽しむために、
演者さんも観客の皆さんも
ぜひ熱中症対策は万全に!!









最後に、今週のチャレンジフレーズをご紹介。

cqjvwMmA

6連符に足のダブルを挟み込んだ1拍半フレーズです。
デイヴ・ウェックルなんかが好んでよく使用する
非常にテクニカルなアプローチですね。

僕もまだぜんぜん上手くできませんが、
綺麗に流れるように叩けるようになってくると
ドラムソロやここぞというフィルに役立つと思います。
右足も鍛えられて一石二鳥です!

手の部分は叩く場所をいろいろ変えたりすると
また聴こえ方が変わって面白いですよ~(^^)

ドラマーさんはぜひチャレンジしてみて下さい!!







ではでは!かっちゃんでした!