どうもっす!かっちゃんです!


今日のブログはまたしてもドラムスティックについて。

過去、僕のブログでのスティックネタは
何度もテーマとして挙がっております。





が、今日はある1つのスティックについて、
とことん掘り下げてみたいと思います。


僕のドラム関連ブログで幾度となく紹介してきた、
“世界標準”として名高いスティック…

バンドマンならご用達のサウン〇ハウスでも
レビュー数ナンバー1にして
人気ナンバー1のスティック…

そう、VICFIRTH5Aです。
VIC_5A-l



ジャンルや使い手を選ばない、
まさに究極のオールラウンドスティック

スティックって何使えばいいかぜんぜんわからない!
という初心者さんの最初のスティックにも良し、

スティック選びに行き詰まった中級者が
まずは基本に立ち返るという意味で手に取るも良し、

何十年もドラムを極めに極めた上級者が
結局またこれに落ち着くというパターンもあるでしょう。




しかしながら、ドラマーにもいろいろあります。

5Aを使いにくいと感じるドラマーは
僕の所見だとそうそういませんが、

それでも、
「ここがもうちょいこうだったらな~…」

というご意見にはよく出くわします。

そして、僕もその一人だったりします(笑)





というわけで!今回は!

★痒い所に手が届く(?)★
☆VICFIRTH 5Aの派生スティック!☆

を特集してみたいと思います!




そうなんです。
5Aは5Aだけじゃないんです!!

5Aを元として生み出された、
様々なタイプの兄弟分が存在するのです!

それでは、色々見ていってみましょう!



▼5A
VIC_5A-l
サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

まずは全ての生みの親、5Aです。
前述の通り、スティック界の何でも屋的な存在。
ドラマー・打楽器奏者なら1回は使ってみるべし。
これを知らずしてスティックを語るべきではありません。



▼5AN
VIC_5AN-l
サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

「5Aがナイロンチップだったらな…」
そんなあなたにはコチラ、
ナイロンチップ装備の5Aです。
“チップが割れにくい”という最大のメリットはあるものの、
ナイロンチップの音色は好き嫌いが分かれます。
ちなみに僕は断然ウッドチップ派です。
「できるだけスティックは長持ちさせたい」
という貧乏性なあなたにもお勧めです。



▼AH5A
VIC_AH5A-l
サイズ:14.4×407mm
材質:メイプル

「5Aがもっと軽かったらな…」
そんなあなたにはコチラ、
アメリカンヘリテイジ(AH)シリーズの5Aです。
サイズはそのままメイプル製になったので
ヒッコリーの5Aより軽やかに演奏することができ、
メイプルならではのシンバルの美しい響きも得られます。
が、メイプルはパワーヒッターが使うとすぐに折れますので
やっぱり主にジャズやポップス向きかな…
これでロックやメタルはやったらアカン(笑)



▼AS5A
VIC_AS5A-l
サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

「5Aのチップが丸型だったらな…」
そんなあなたにはコチラ、
アメリカンサウンド(AS)シリーズの5Aです。
サイズはそのままに、先っちょだけが丸くなったモデルです。
丸型チップのメリットは当てる角度が多少変わっても
音色が一定にまとまりやすいことですね。
従ってより初心者向けと言ってもいいかもしれません。
反面、三角チップのノーマル5Aに比べると
表現力には劣るという可能性もあります。
状況によって使い分けるのも良いかもしれません。



▼5ABRL
VIC_5ABRL-l
サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

「5Aのチップが四角だったらな…」
というあなたにはコチラを。
サイズはそのままに、先っちょだけが四角くなったモデルです。
BRLは「バレル(俵型)」の略ですね。
バレル(俵型)チップのメリットはドラムの打面に対して
チップを“面”で当てることができるので
よりパワフルに鳴らしやすいというところでしょうか。
丸型チップと同様、音色の均一感も出しやすいでしょう。


▼X5A
VIC_X5A-l
サイズ:14.4×419mm
材質:ヒッコリー

「5Aがもうちょっとだけ長かったらな…」
そんな欲張りなあなたにはコチラです。
その名もエクストリーム5A
なんとも中二病的なネーミングですね。
ノーマル5Aより12㎜も長いモデルとなっています。
長いぶんそれだけ遠心力がかかるので
よりパワーが出しやすいモデルといえます。
逆に細かいコントロール性はノーマル5Aの方が上でしょう。
ちなみにこれのナイロンチップバージョンのX5ANや、
5Bをさらに長くしたバージョンのX5Bなんかも存在します。



▼55A
VIC_55A-l

サイズ:14.7×407mm
材質:ヒッコリー

「5Aがもうちょっと太かったらなあ…」
というあなたにはコチラ。
ちょうど5Aと5Bの中間サイズのスティックです。
ちなみに今、僕はコイツにハマっています(笑)
お世辞抜きでめっちゃ使いやすいです!
5Aとほぼ同じくらいのバランス感なんですけど
出音は5Aよりもパワフルでファットな印象。
かといってコントロール次第で繊細なのも十分イケます。
僕は5Bの太さ(15mm)までいくと少し重く感じてしまうし、
上記のX5Aのような長いスティックも苦手なので、
ロック系バンドのサポート時などなど
ちょいと音量が欲しいな~というときはこれに持ち替えてます。



▼5AHL
VIC_5AHL-l

サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

「自分、乾燥肌なんだよね…5A好きだけど滑るなあ…」
という冬場はハンドクリームが手放せないあなたはコチラ。
ヘビーラッカーフィニッシュ(HL)の5Aです。
通常よりラッカーが厚く塗られているモデルですね。
しっとりと手に吸い付くような感触が得られ
乾燥肌なあなたでも滑りにくい工夫がなされた5Aです。
反対に手汗かきまくりマンなドラマーさんが使うと…(笑)



▼カラーバリエーション

VIC_5AB-l

サイズ:14.4×407mm
材質:ヒッコリー

5Aのカラーバリエーションです。
写真はブラックのモデルですが、
あとホワイトとピンクがあります。
ちなみに私、諸事情で一時期ピンクの5Aを愛用していました。
色つきのスティックは滑りやすい!という方もいますが、
僕はあんまりそう感じません。個人差でしょうか。
気分転換に使ってみるのもよいでしょう。




さてさていかがでしたか?5Aファミリー(笑)

実はここで紹介したののほかにもまだまだありますので、
もっと知りたい方はVICFIRTHのホームページ等を参考にしてみるとよいでしょう!



ではでは、今日はこんなところで。

かっちゃんでした!


画像出典:パール楽器製造株式会社