どうもでっすっす!かっちゃんです!

本日11月11日はベースの日

1が4つ、つまり4本の弦でベース!
ああなるほどそういうことね!

4本の弦でベー・・・
20110114160754


20110114160755

出典:島村楽器公式ブログ







どうも、空気を読まないスタジオ店員、
それがわたくし、かっちゃんです。

次は12月12日あたりに
12弦ベースの日とかどうでしょうか。

つーかどうやって弾くんだろね。これ…。









・・・さて!
今日のブログのテーマは

最近お客さんから頂いた質問まとめ

です!

スタジオの店員さんをしていると
お客さんから色々なご質問を頂きます。
そして僕の専門分野はドラムなので、
ドラマーさんからのが圧倒的多数を占めます。

楽器のこと、機材のこと、
リペアやチューニングに関すること、
演奏テクニックやメンタル的なお話まで、

実に様々な相談が寄せられます(・ω・)

今日はそんな中から
いくつかをご紹介したいと思います(^ω^)



▼演奏中、足腰が痛くなる
とある常連女性ドラマーさんからのご相談でした。
同じお悩みをお持ちの方も多いと思います。

腰や股関節、膝なんかが演奏中や演奏後に
とても痛くなってしまうらしいんですね。

まず、見直して頂きたいのがイスの高さ
そしてセッティングに無理がないかです。

自分に合ったイスの高さやセッティングを
見つけてもらうことはとても大事で、

肉体的な故障を防ぐためにも重要ですし
上達スピードにも大きく関わってきます。

まずイスの高さですが、
医学的な観点によるところの
自分にとって最も適正なイスの高さを知る公式は
身長(㎝)×0.321 だそうです。

僕がその昔読んだことのある、
とある有名ドラマーの教則本に書いていた公式です。

個々の体格にもよりますが
この高さは、足腰の関節が可動域の
ちょうど中間になる高さとのことです。

ヒールアップ奏法(※)の方は、
さらにそのぶんの高さもプラスして考えます。

※ヒールアップ奏法
バスドラムのペダルを踏むときにカカトを上げて踏む奏法


ちなみに僕の場合だと、身長176.5㎝なので、

176.5cm×0.321=56.6565cm


ヒールアップ奏法がメインなのでその分も足して…
約60㎝前後が僕にとっての適正値となります。

実際に試すと結構高く感じるかもですが、
慣れてくると非常に楽に叩けるようになってきます。
僕もこれを試してからは故障知らずです。
※僕個人の見解なので個人差はあるかも知れません。

イスの高さが決まったら、
さらにそこからドラムのセッティングを
ひとつひとつ見直していくわけですが…

ここで全部解説するとつまらないので、
お悩みの方はぜひトリゴロへご来店ください(^ω^)





▼速い8ビートが叩けない
とある女子大生ドラマーからのご質問でした。

学祭でBPM=180の速い曲をやることになったけど
右手がしんどくて追いつかない!
どうしたらいいですか??とのこと。

なるほどなるほど(笑)
初心者さんの大半が抱えるお悩みな気がします(笑)

が、解決するにはある方法を覚えれば大丈夫です。
要は8分音符をまともに全部叩こうとするから
右手がしんどくなる
わけでして、



上記の動画で紹介されている
ダウンアップ奏法を覚えれば全て解決します。

ダウンアップ奏法とはその名の通り、
ダウンストロークアップストローク
効率よく組み合わせたものです。

動画内で講師のお兄さんが、
「マスターすればBPM=200の8ビートでも
 涼しい顔して叩けるようになります!」

と仰っていますが、まさしくその通り。
その気になれば200以上だって可能です。

ダウンストローク??アップストローク??
てゆーかやってみたけどできない!!
結局は上級者向けの奏法なんじゃないの!?

と思ったあなた、そんなことないですよ(^ω^)

ここでもっと細かく解説することもできますが
それでは面白くないので、
もしよければトリゴロへご来店ください(笑)



▼大事なシンバルが割れちゃった…(泣)
以前にちょろっと割れたシンバルの
修理した写真をTwitterに載せてから、

某ロリ系女性メタルドラマーさん
某金髪マッチョ系メタルドラマーさん
某やんちゃ系アニソンドラマーさん
その他多数の方からご相談を頂きます。

ここ最近、僕もシンバル修理に凝ってまして、
色々な修理法を試している最中でございます。

・大きく割れたチャイナシンバルの修理実験


割れ方の種類や規模にもよりますが、
少しの割れなら早期に処置をしてやることで
まだまだ寿命を延ばすことができます。

逆に割れたまま放置していると
そこからさらにまた割れが広がって
最後は取り返しのつかないことになります…。

もし大切なシンバルが割れて困ってる!
という方がいらっしゃいましたら、
僕でよければ診させていただきますので、
ぜひ練習の際にでも持ってきてくださいね!

※ご注意
割れシンバルの修理は完全に元通りになるものではなく
あくまで“延命措置”であることをご理解ください。
完全に音質がもとには戻らず修理前とは違った音になったり、
叩いているうちに修理した箇所から再度割れてくることもあります。
以上、ご了承いただけた方のみ修理させて頂きます。



最後に、
過去のお客様相談アーカイブも載せておきます!

もし該当するお悩みをお持ちの方がいましたら
ぜひ参考にしてみてくださいね~!


ツインペダルのセッティング

初心者におすすめのスネア

初めてのライブハウス

おすすめスプラッシュとチャイナ

楽器の運搬や保管について

ドラムスティックの選び方①

ドラムスティックの選び方②




ではでは、かっちゃんでした!