どうもでっすっす!かっちゃんです!


先日Twitterを見ていたら話題になってたこちらの張り紙。


めちゃくちゃ良い事を書いてくださってます。

DWwufUqUMAAS7LR
 


調べてみたところ、サントミューゼさんとは長野県にある音楽ホール・美術館・練習スタジオなどを兼ね備えた音楽や芸術関連に特化した多目的施設のようですね。

ph_about00
画像出典:サントミューゼHP



張り紙の上から3つまでの項目に関しては、実はトリゴロにも同じような注意書きがあったりするんですけど、最も注目すべきは最後の一文ですね。

DWwufUqUMAAS7LR

『楽器の扱いを見れば、あなたの異性に対する接し方がわかりますよ。』



うん、まさしくその通り!!

なんて粋な一文なのでしょうか。



ドラムに限らず、楽器は女性と同じで「オラア!俺の女になれや!」なんてやっていては絶対にあなたの気持ちには応えてくれないものなのです。

※中にはオラオラ系の男子が好きな女子もいるかもですけど、そーゆーのは例外ね。



たとえば好きな人ができてアプローチをかけるとき、あなたならどんなことをしますか??

普通はその人の好きなものだったり趣味だったり、もう彼氏(彼女)はいるのかとか自分のことをどう思っているのかとか、そういうところから探りを入れていきますよね??そしてどうすればその人に好きになってもらえるのか”をとことん考えるはずです。

どうすればその人に好きになってもらえるのか”
は楽器に例えると、
“どうすれば自分の楽器はより良い音で鳴るのか”
ということに該当します。

普段の練習奏法の研究を怠っていては、良い音なんて出せません。

音作りチューニングがテキトーでは、良い音なんて出せません。

メンテナンスを怠っていても、これまた良い音なんて出せませんね。




そして、男性の皆様なら経験のある方は多いかもしれませんが、好きな人の嫌がることをして気を引こうなんてのはもってのほかです!

好きな人に対してどう接していいかわからないから、なんとなくいじわるしたりちょっかいかけたり、若いうちはやっちゃう人多いですよね。でもそれが裏目に出て嫌われちゃったり、いい友達としか思われずに終わってしまったり…。

楽器も同じで、自分の楽器が嫌がることをしていては絶対に良い音なんて出せないのです。

ボーカルならマイクを叩いたり落としたり、ギターやベースなら音量の上がったままケーブルの抜き差しをしたり、アンプの正しい電源の入れ方/切り方や接続の方法を守らなかったり、ドラマーさんなら楽器を痛めるような無茶な叩き方や扱い方をしたり、ネジを力任せに締めたり、むちゃくちゃなチューニングをしたり…がこれに該当します。

“自分の扱っている楽器にしてはいけないことは何なのか”を知ることも、これまた非常に大切なのですね。


ここまで読んでいて、

「なんやそれ!楽器ってめんどくせえなー!」

とか思ったバンドマンの皆さん。安心してください。


ひとつだけ確実なことがあってですね、

楽器は人間と違って、絶対にあなたを裏切りません。


皆さん一度は経験があると思いますが、人間の場合はこっちがたとえどれだけ好きでもどれだけ優しくしたとしても、フラれちゃうときはフラれちゃいますよね(^_^;)

僕も今まで、何度こういう経験をしたことか。。。

※「そうなの?今まで女の子にフラれたことなんてないから分からないわ~(笑)」…ていう方は申し訳ないですけど今すぐハゲてしまえばいいと思いますよ♪


でも楽器は違います。
練習すればするほどこちらの言うことを聞いてくれるようになりますし、正しい扱い方でチューニングやメンテナンスをサボらなければ、それこそ何十年も付き合っていくことができるんです。

どれだけ熱意を持ってその楽器に向かい合ってきたか、それをそのままあなたの楽器は良い音として返してくれます。

ぜひ楽器を愛せるミュージシャンに、そして楽器に愛されるミュージシャンになれるよう、共に頑張っていきましょう!!


ではでは、柄にもなく熱く語ってしまいましたが今日はこのへんで(笑)


かっちゃんでした~!