どーもどーもラースです!!


突然ですが皆さんはこの記事を読みましたでしょうか!!


geekcolumn












トリゴロをいつも利用していただいているGEEK!GEEK!GEEK!さんのコラムです!


僕自身GEEK!GEEK!GEEK!さんにはタイミング合わずしっかりとお会いはしたことがないですが

MVなど見て個人的に凄くチェックしているバンドの一つです!



そんなGEEK!GEEK!GEEK!さんのコラムですが

これがまたとてもおもしろい、、!!

バンドマンだけでなく音楽やっている人は見ておいて損はないはずです。

こんな文書けるようになりたい、、、!




このコラムの初回の書き出しに

GEEK!GEEK!GEEK!の「ややこしい思想」担当のマツミヤカズトです。

と書いてありますが自分自身もバンドに対して「ややこしい思想」を結構持っている方でして、、

この「ややこしい思想」ってものはマツミヤさんとはまた違うかもしれませんが

「ややこしい思想」であることには変わりありません。





バンドマンは哲学者??



ここで僕の言う「ややこしい思想」ってのは何かを考えていたらおもしろくなってきました

僕のなかでのその思想は哲学的なものなのかなと思いました。

いかんいかん、、あのコラム読んだせいでなんか言葉使いまで影響受けちゃってる、、笑


しかししかしだ、、僕は哲学者の本を読んだことがなければ、哲学者の名前を一人も知らない、、


けど自分は色んなミュージシャンのSNSだったりコメントを見るたびに

この人の考え方はすごいな、、と思うことが多々ある。



音楽を生き方に例える。

生き方を音楽で例える。



ただ楽器をじゃーん、どかーんと鳴らしてマイクに叫べば音楽は成立する。

しかしそうではなく

その音楽に音以外の物を求めて、背景をこめてみんな演奏しているはずだ。



そういったことを「哲学的」と呼んでみたらだめかな??









愛も平和も欲しくないよ

だって君にしか興味ないもん






僕の好きなバンドの毛皮のマリーズというバンドがの歌詞の一つですけど






僕はこの歌詞をすごく「哲学的」だと思う

けどこれを見てとてもストレートな歌詞だと思う人の気持ちも分かる。


けどなぜ僕がこの歌詞を「哲学的」と思うのは

このバンドのボーカル志磨遼平を僕はとても崇拝していて

この人の人間性、生き方などを知ってるからこそ「哲学的」と思います。


けど知らない人はそうは思わない


じゃああれか?わざわざ音楽聴くにもそいつの生き方を全部調べて

どういう人間かってわかってから聞けってことか??音楽で全部表現しろよ!!


落ち着きたまえ落ち着きたまえ


僕自身の考えの一つとして

さっきの話と矛盾するかもしれないけど

人間性を知ってから音楽聴いたらまた違っておもしろいよ。




音楽と人間性



先程話をした僕の大好きなアーティスト志磨遼平さんのことですが

僕は志磨さんのことが大好きでいろいろなインタビューやコラム、ブログを見ました。

屑・フロム・ヘル



そんな中で志磨さんの生き方まで尊敬し、音楽の中にこういった背景があるのかと

今までの曲をさらに好きになっていきました。

それの逆があるようにある日見たコラムの文章を見てこの人の音楽を

聞いてみたくなったってのもありえると思うんですよ。



恋愛をしたことない人はラブソングは歌えないみたいな話をよく聞くじゃないすか

けどあなたの好きなラブソングを歌っているあのアーティストは実は嘘をついてて

恋愛を全くしたことがない可能性もあります。


そういった人間性を知ることができる手段はその人の発言だったりコラム、ブログ

だったりするわけで、そこで作られた偽りの人間性に惑わされている人もいるのかもしれない。


本当にしろ嘘にしろ

発言一つで音楽の聴こえ方を替えたり

音楽を聴いてみたいと思わせる。そういった人間性をすごく尊敬する。



SNSの使い方


今の時代、もしくは僕みたいなまだまだ売れてないバンドマンが人間性を出そうとするには

インタビューがあるわけでもないし、雑誌にコラムを書くわけでもない

一番近くにあるもの そうSNSですね。


分かりやすい所で言うとツイッター



本気で恋に焦がれたり給料日までの生活に苦しんだりしてる時は涙にも痰にも色気があるけどいつかは恋の結末も給料日も来るしフィクションは面白いけど嘘は面白くない



こちらはMy Hair is Badのボーカルしいきともみさんのツイート




すごく詩人的な文章で恋愛観をツイートしています。

恋愛のことで悩んでいる方がいてしいきさんのツイートみて共感を得たら

この人音楽聴いてみたいと思うはずです。そしてしっかり答えとなる音楽を鳴らしています。




「音楽は非現実であれ。」



この言葉は僕の大学の音楽の先生が言ってくれた言葉で

音楽を聴きに来てくれている人は現実から離れた場所に来たくて来ている。

そういう人たちに「非現実」を見せてやりなさい。


という意味のこめられた言葉でした。






確かに僕の大好きなキラキラしたロックスターが


「くっそー金ないわーーカップラーメンも買えねーー。」



見たいなツイートをしたらイメージが崩れまくるだろう。


けど今の時代そういった庶民的、お客さんと目線が同じアーティストが

増えてきているのも面白いことである。







つまりなにが言いたいかというと



SNSの発言で自分たちの音楽の広がりかたが変わっちゃうかもよ??


ってことでした!!!


少なからずGEEK!GEEK!GEEK!さんのコラムは僕をそういった気持ちにさしてくれました。



みんなは今から何てツイートするの??




以上ラースでした。



本日の一曲はもちろん

GEEK!GEEK!GEEK!さんでGEEK OUTです。




ぐっどばいm(_ _)m