どもどもでっすでっす!かっちゃんです!


さてさて、先日始まりましたトリゴロの新サービス
ドラム教室ですが・・・

bara1


各所から様々な反響を頂いております!ありがとうございます!

「すごいね!応援するよ!生徒いっぱい来るといいねえ!」
from 某ヴォーカル講師さん

「学祭期間終わって落ち着いたら習いに行くんで、特訓つけて下さい!」
from 某学生ドラマーさん

「後輩ドラマーが行くって言ってたんで、よろしくお願いします!」
from 某バンドマンさん

「てゆーか安すぎへんのこれ(笑)この価格でレッスン受けれるのは凄いわ!」

from 某常連ドラマーさん



いやいや、もう感謝感謝です!

まだまだ始めたてで探り探りな部分も多いですが、
少しでも徳島のドラマ―レベルの底上げに貢献できるよう、
誠心誠意、がんばっていきますよ!

ドラム教室の詳細はコチラから!





さて、今日のブログのテーマは
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
音楽にまつわる作品
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ってことで、まあ色々紹介していけばキリがないんですけど、主に僕の青春時代に流行した音楽関連作品を3つほどご紹介します!

たまにはこういうのもやんないとね!(笑)


スウィングガールズ

517VNAFVZPL
画像出典:Amazon

この映画が公開された当時、高校の吹奏楽部で青春まっさかりだったわたくし。

そして部の演奏会の選曲会議の際、このスウィングガールズの劇中で使われていた楽曲がかっこよかったのでどーしてもやりたかったわたくし。

もちろん提案しましたが、
秒で却下されたのは苦い思い出ですねえ…。
※吹奏楽経験者ならわかると思いますが、吹奏楽部における男子部員の権限なんてあってないようなも(ry

映画の内容としては、東北の田舎の落ちこぼれ女子高生たちがジャズのビッグバンドを組んでライブの成功を目指し奮闘する…といったものなんですが、

当時、現役の音楽初心者だった自分からすれば、

そんな急激に楽器が上手くなるわけねえだろ

というツッコミが止まりませんでしたね(笑)

とはいえ、映画としてはすごく面白い作品なので、見たことない方はぜひ!おすすめします!



デトロイト・メタル・シティ
61MJhZTAXNL._SY353_BO1,204,203,200_
画像出典:Amazon

僕は滅多にマンガの単行本を集めたりはしない人間なんですが、この作品は全巻持っています(笑)

音楽モノの作品ではあまり扱われることのないであろう『メタル』をテーマとした作品ですね。

もちろんメタルがテーマだけあって(?)、作中では当たり前のように各種放送禁止用語をはじめとしたここには書けないネタの数々が飛び交います(笑)

松山ケンイチさん主演で実写映画化されたのも有名ですね。
もちろん映画館に観に行きました(笑)



※ちなみに、主人公の敵役として登場するメタルミュージシャン、ジャック・イル・ダークを演じたのはなんとあのKISS(キッス)ジーン・シモンズ

あらすじは、オシャレなポップミュージシャンを目指して上京してきた青年・根岸が、ひょんなことからデスメタルバンド『デトロイト・メタル・シティ』のギターボーカル・クラウザーⅡ世として己の意とは正反対の音楽をやることになってしまい・・・というものですが、

コチラも実際に音楽をやっている人間からすればツッコミ所満載な展開が多いです(笑)
※そもそもなんでポップミュージシャンが速弾きとか歯ギターとかできんだよw

ま、そこはギャグ漫画ということで大目に見ましょう(笑)

マンガも実写映画も面白いので、観たことない方はぜひ!です!



けいおん!!
ダウンロード
画像出典:Amazon

一時期、社会現象を巻き起こしたこの作品。
軽音楽部に所属する女子高生たちのほのぼのとした日常が描かれております。

作中にはギブソン、フェンダー、ヤマハなどの有名メーカーをはじめとした現実に存在する楽器の数々が登場しており、登場キャラクターの使用している楽器と同じモデルがオタk…じゃなかったファンの方々にバカ売れしたため、全国の楽器店では品薄状態が続いたんだとか…。

ちなみに、主人公・平沢唯の声を担当しているのは、我らが徳島出身の声優である豊崎愛生(あき)さんです。案外豊崎さんが徳島出身だってこと知らない人多くてびっくりですね。

↓豊崎愛生さん
161277__220_220_0
画像出典:豊崎愛生公式HP

また、この作品を語るときに必ずといっていいほど行われるのが“誰推しか?”議論ですね(笑)

登場キャラクターのほとんどが女の子であり、いわゆる萌え要素も強い作品ですので、オタk…じゃなかった男性バンドマン数人が集まってこの作品を語るときは必ずこの議論が行われます。

※ちなみに、僕はベースの澪ちゃん推しです。
chara_photo02
画像出典:TVアニメ『けいおん!』公式HP



第一期のストーリー中盤で明らかになるのですが、実は主人公の平沢唯はミュージシャンなら誰もが羨む絶対音感の持ち主であることが判明します。

↓唯ちゃん(CV:豊崎愛生)
38406
画像出典:COSPA,inc.

ギター歴数週間?数か月?の唯ちゃんが、部室に眠っていたとあるメタルバンドのCDを聴いただけでギターソロのフレーズを完コピしてしまうシーンがあり、我々バンドマンのささやかな自信をことごとくへし折ってくれましたね。

また、歴代のOP/EDソング挿入歌の数々は楽曲としてのクオリティや演奏難易度が高いものが非常に高く、そのへんも一切妥協はしていないことが伺えます。

いちおう、劇中歌は放課後ティータイム(=主人公たちの所属する女子高生バンド)が演奏している、という“テイ”らしいですが、こんな難曲を平然と演奏する制服女子は当時中学生だった川口千里ちゃんだけで充分です…。






さてさて、いかがでしたでしょうか(^ω^)

今回は日本の作品中心に書きましたが、次回は海外作品もいろいろレビューしてみようかな。



ではでは、かっちゃんでした!