まいど、STAFFバンです!

機材の故障のタイミングって何故か重なる時には重なるもので
修理/メンテナンス、その他をドドンと記事にします。

バン工房過去記事ピックアップ


今回はまとめて3つ!

1、パワーディストリビューター
2、JC-120 インプットジャック破損
3、スピーカーケーブル作成

毎度思うんですが、機材の写真かなり撮るけど
こういうのってインスタとかに載せたら需要ありますかね?
(ちなみにインスタはまだやってない)



▼【パワーディストリビューター】

複数の機材の電源を一括管理、安定供給できる機材で
音楽スタジオや現場では必須のアイテムです。

スイッチON/OFFで複数の機材を一気に電源ONできます。
ramsa_wul67a
ramsa_wul61a_2
(モノは違うけどこんな感じの一括電源です)

複数のエフェクターを扱う人なら
パワーサプライを想像していただけたらOKです!



先日スタジオ作業中に急にスピーカーから異音が鳴り
『あれ?ミキサーや周辺機器はONにしてないぞ?』と思い確認してみると

その一括電源管理機器が誤作動を起こしていました。

チェックしてみるとスイッチが悪さをしている可能性が高く、
OFFの状態でもONランプがゆるく明滅を繰り返していました。

とりあえず、現状機材の電源が入らないと困るので...そうだ!

口数が多い電源タップと同じ扱いにすればいいんじゃね?と

belden_ps1850d
スイッチや制御回路を通さず直結にして使っていましたが...

85fcafd3-a768-43e9-8905-98cfc1ae914b

やっぱり使い勝手が悪いのでスイッチごと交換、メンテしました。(笑)

60ba396d-9c40-47f2-bb61-7dda0b1ac161

まずはこのスイッチを外して、新しいスイッチを取り付けます。

76ef86a8-d170-4f60-a7b8-119b2e4025e3

86f98254-c0c8-438d-a35c-b35e4f5c5579

そして、今度はスイッチ/制御基板経由に戻します。

db745c1f-5ff0-4191-a9a1-85b425bde31c

各コンセント口の電圧をテスターで安定供給できているか調べて動作確認してOK!

ミキサーラックに組み込んで完成です!

ちなみにミキサーラックを後ろから見るとこんな感じです。
d61439d1-0b02-407f-bb78-2c7110b26932

頑張りました!

※専門STAFFによるメンテナンスです。
感電や故障の恐れがあるので、機材メンテは安易に真似せず専門業者に任せてください。


▼JC-120、インプットジャック修理/交換

往年の名機、JC-120。
トランジスタアンプで真空管アンプよりも壊れにくく
どこのライブハウスにもスタジオにも必ず置いてある使い勝手のいいアンプ。

壊れにくいと言っても、やはり経年劣化はあり、どこか不具合が出てきます。

今回は Ch-1 の HIGH/Input ジャックが破損。

3a74a621-0ca1-43b9-a27a-7b999c47002e

プラスチック製ですので、強くグイグイしたりナットを締めすぎると
わりと割れやすいJCの弱点とも言える部分です。

とりあえずユニットを取り出します。

9d5493e3-f21c-4a1d-8458-b084c88d789d

取り出す前にスピーカーにつながる線が束ねられているので
外しておくことを忘れないように...(忘れていた)

21302a60-db7e-4971-b9c3-be4f0231e5c9

これを外さないとユニットを取り出す際に
スピーカー線に余計なテンションが掛かってしまいます。

0a72ffc7-d137-4d4f-b70a-826a76a91380

で故障箇所がコチラです。
の部分を丁寧に取り外して...

fe60a098-17d6-4298-903d-8c97b78840f4

コチラ!

df8bc8ab-73cb-4cda-8f87-9b51a8dd2f0b

丁寧にハンダを剥がして取り外します。
(ハンダおじさん本領発揮)

d222b836-6284-40f4-ba30-dc1590c0eb21

で、新品の全く同じ規格、製品を取り寄せたので...

936055a6-478c-40f9-857d-47b4909c734a

こうだ!
(ハンダおじさん本領発揮)

485890e7-8ada-4dd9-9955-ba6a6842a61b

できました。思いのほか、簡単でした。

最後にサウンドチェック/動作確認して終了です!

64aa4289-dc27-495d-9a61-f4d621073f35

※専門STAFFによるメンテナンスです。
感電や故障の恐れがあるので、機材メンテは安易に真似せず専門業者に任せてください。



▼スピーカーケーブル作成

ちょっと入り用で5mのスピーカーケーブル作成!

シールド用と違い、少し太いケーブルを利用しますのでCANAREのF15当たりだとが通りません。

少し大きめのジャンボサイズのコネクタにチョチョイと!
(ハンダおじさん本領発揮)

46876bdf-28b8-4712-bcb7-540f09978ec1

でサクッと完成!

a36503a4-10e4-435b-b3bd-03edccdda961

ちなみに ハンダおじさん とはSTAFFバンの事です。


なにか機材で困ったことがあれば相談に乗ります!
でも直せないものも往々にあるので過度の期待はしないでね!

ではでは、バン工房でした!