ども!!トリゴロスタッフのラースです!!


ちょっと前のブログで



「デカイシンバルが好き!!そしてチャイナをクラッシュ代わりに置いてるぜ!!!!」



みたいな事書きましたが

やっぱりシンバルの趣味ってのはコロコロ変わるもので

現在は


「チャイナなんて甘えだ!!!」


状態になっております。



なんといいますか


チャイナシンバル自体はめっちゃ好きですし
曲のアクセントにとてもなると思うんですよね。



けど長いことチャイナを置いたセッティングで叩きすぎたせいで

なんも考えず流れだけでチャイナを叩いている自分がいました、、


キメが来たらチャイナをパーーーン!!!


サビが来たらチャイナをパーーーン!!!

盛り上げるぞ!!チャイナをパーーーーン!!!


みたいな感じでチャイナに頼りすぎていた、、



そこで次に発生した課題が


「チャイナ叩きすぎて浮いてしまう問題」


チャイナシンバルはやはり他のシンバルの音とはちょっと違った音をしてて
だからこそ「エフェクトシンバル」としてここぞという時に大活躍してくれますが


まあそのシンバルの音が目立つせいで曲の流れを崩してしまっているのでは、、、?
と思うようになってきました。


だから最近チャイナシンバル置かないドラマーとなっております。









最近のライブ映像なんですが

シンプルなクラッシュニ枚とライドのセットになっております。

これセットにしてからのメリットが


・どの場面でも感性でシンバルを叩いてしまっても浮きづらい

・右手のクラッシュで刻めるから場面による表現が増えた。

・フィルインの締めのシンバルが増えたので色々表現ができる。

・セッティングが早くなった。


そして気づいたことが

・キメで過去チャイナを使ってたフレーズをハイハットで表現しようとしたら
思いの外できて、爆発力が少ない代わりに曲のビート感や雰囲気が持続しやすい。


・バックビートによくチャイナを入れる癖があったけどチャイナがなくなったことにより
ちゃんど場面を選んで色々とできるようになった。





個人的にはメリットの嵐でございます。


そしてそこからさらに色々と考えを膨らませたラース君



ある日ライブ中に箱のシンバルスタンドで自分のシンバルを立ててライブをしていると
そこのライブハウスを攻めるわけではないですが消耗しまくっててネジが緩むし、シンバルの鳴りは悪いし、、、
とてんてこ舞いでした。


そこでまた気づいたのが

「チャイナシンバル用にスタンド持ち込むぐらいなら大事なライド用のスタンドとかを持っていくほうが大事なのでは、、?」


ライブ中チャイナのスタンドがすってんころりんしたとしてもあまり支障はないですが
ライドシンバルや左手側のクラッシュとかのスタンドがすってんころりんしたら
結構しんどいというドラマーあるある、、、


ってことで


チャイナのスタンド持ち込むぐらいならライドのスタンド持ち込もう。いやそれなら左側のクラッシュのスタンドも持ち込もう。

と機材がどんどん増えていきます、、、w




2ddbc898-b52b-47d7-886c-f131bacc44a6



















と画像ではちょっとしか見えないですが


ライドと左手側のシンバルスタンドを持ち込み
しかも大好きなフラットベーススタイル!!軽い!!音も最高!!!

とついてでにライブハウスのタムホルダーが調子悪かったら嫌だなってことで
タム用にスネアスタンド(こいつもフラットベース)を持ち込んでおります。最高!!




確かにチャイナみたいなエフェクトシンバルを買って
セッテングのシンバルに+1したい気持ちもわかる。とてもわかる。


しかしメインのビートを支えるハイハットやライド、
フィルインの締めをくくってくれるクラッシュシンバルという大事な奴らを

もって意識してあげてもいいんじゃないかなーと思いました。




ってことでみんなフラットベースのシンバルスタンドを買いましょう←

そしてスプラッシュぐらいなら置いてもいいかなーー←





らあす