どうもトリゴロスタッフのラースです!!


前のブログでドラムリペアのことを書きましたが
最近も頑張ってメンテナンスしまっくておりますー!!



bb3343f8-9116-41cc-bcea-722545db4cd8





















この写真は先日Bスタジオのドラムセットをフルメンテナンスしたときのやつですね!!


バスドラのラグを外してゴム部を外してみると大量の木屑の汚れ!!!
しっかり水洗いしながら歯ブラシでゴシゴシやってピカピカにしました!!
見えないところですがサウンドや楽器の長持ちさせるために細かいところまで
繊細にメンテナンスいたしましたー!!!






さてさて!!
先日お酒を飲んでて上機嫌になってたらそのテンションで
ネットで機材を買ってしまいました、、w



それがこちら!!!

5bac1c24-b92f-427d-a4af-9cc93f0f1d11





















アクリル13インチのタムになりますーー!!


アクリルを材で作っているから透明になっててスケスケでございます!!


メーカーはPEARLでシリーズがクリスタルビートの旧型ですね!!!



その昔色んなメーカーでアクリルのドラムを作るのが流行っていて
その中でパールが1970年代頃に発表したのがこのクリスタールビート!!


1190118272
 




















かっこいいっすねー!!!



そしてこのクリスタルビートは廃盤となってたのですが
最近リニューアル&復刻されて販売が再開されました!!

crb524pc-730






















こちらもこちらでかっこいいですねー!!


けど僕の個人的な趣味の感じでは旧型のほうがかっこいいな、、!
と思っていたところネットで発見したのでポチっちゃいました!!




届いて早速すぐライブで使ってやるぞーー!!
と先日のライブで使ったのですが、、、



3dc99d54-e6b6-470e-bbea-7bf464812c15




















小さくて分かりづらいですけど何か透明っというか曇っている、、、
なんらちょっと汚い、、、、





確かに古いドラムですし中古品なので仕方ないか、、、
メンテナンスしなきゃ!!!
って思ったのですが















ん?アクリルってどうやって磨くんや???














そうです普段は木や金属を相手に磨いたりしているので
この「アクリル」という対戦相手は人生で初めて、、、




うーーむ、、、









教えてGoo◯le先生~~!!












と調べてもなかなかアクリルドラムのメンテナンスの情報がでてこない!!




なら!!



「アクリル 磨く」 検索



と検索した結果こんなものにたどり着きました。




706705f7-6e39-4248-b4e0-b9cd8950a185






































家の近くにドン・◯ホーテ出来たからめっちゃ便利~~

ってことで買ってきたのは「ヘッドライトクリーナー」!!!


本当はアクリルの水槽を磨く専用液みたいなやつが欲しかったんですけど
これでもいける!!みたいな感じだったので今回はこの「ヘッドライトクリーナー」ちゃんで
どんどん磨いてみようと思います!!!








いざ!!メンテナンス開始!!







cb28e148-525d-434c-98de-2b80195d5a45





















まずはいつも通りボルトなどについている古いグリスや油汚れを
オイルクリーナーで洗浄していきます。




b6fb304d-9340-4757-90a9-5b4b73b82f23






































中身は洗浄液と専用のタオルが入っていました。
磨いた後はまたキレイなタオルで乾拭きをしないとダメなそうでそれ用のタオルは
自分で用意しないとダメだから注意!!!






92488967-c2eb-4a5c-8126-665be38fa066























はいこちらが磨く前
透けて見える向こう側が曇って見えますしシェル自体も少し黄ばんでおります。




とりあえず怖いので軽く狭い範囲だけ磨いてみます、、、!!


そして磨いた後がこちら








ae2ead6d-f2e2-45e0-8567-e66ba3582a2f






















おおおお!!!!

わかりますか?!!写真上部のところ綺麗になってて奥の風景が綺麗に見えます!!!





こりゃいけるで!!!と全部頑張ってふきふき、、ふきふき、、、





902e4a1c-829b-4f11-9fad-ca1ef6ea2c14





















完成!!!!



おおーーーー!!!!めっちゃ綺麗!!!!!

とまでは言えないですけど全体的に曇りや黄ばみが少なくなりました!!!!!




df09bdde-c797-4b59-ab9e-cb5db45dac77






















多分前の持ち主の方が磨こうとして相性の悪いクリーナーで磨いて曇ったところは
どんなに磨いてもダメでした、、、!!!







まとめ




まあまあ綺麗になった。







注意するポイント!!

・磨くということは研磨をしている、つまり傷を付けているということになります。
調べたところ見た目は綺麗でも光の反射の仕方がかなり変わるらしいです。

・やって見る前はまずちょっとだけ磨いてみて反応をみる!
もしかした研磨剤とシェルの相性が悪い場合があります。ちょっとだけ磨いてその後待っても
変に曇ったり、変色等しないかしっかり確認してからやりましょう。

・やる時は自己責任!!!
僕もこれ失敗してもいい覚悟でやりました。この記事を真似してやったら変になったという
クレームはお受けできません!!自己責任でお願いします!!!






さてさてこの記事でアクリルドラムのメンテナンスで悩んでいる方の少しでも知恵になれば
いいなと思います!!


またどんどんメンテナンス日記的なものを上げていきますのよろしくお願いしますー!!

なんならメンテナンス、リペア、レッスン依頼等々いつでもお待ちしておりますーー!!


以上ラースでした!!!








本日の一曲は先日東京で対バンしました。
茶封筒さんで「酢を飲めよ」をお聴きください。
なんだこれは、、?カオス、、、?ポップ、、、?ホラー、、、?
などと考えているうちにどんどんあなたの身体にこの音楽が染み込んで離れなくなるはずです、、。










ぐっどばいm(_ _)m