YAMAHA

【ライブレポ】たけと愉快な仲間たち【10周年】

どもどもですですー!

かっちゃんでございます!

先日11/17(日)、徳島のご当地ビッグバンド・たけと愉快な仲間たちの結成10周年記念コンサートにサポートドラマーとして出演させていただきましたーー!!

d9e82d011ea506a0a7b47cbaaec340c1

ご来場いただきました皆様、
運営スタッフの皆様に感謝するとともに、

たけと愉快な仲間たちの皆様!

あらためまして、

10周年おめでとうございます!!

そして、これに懲りずに僕を使ってやって下さいね(笑)

EJqo1QGUwAIiomX




ちなみにちなみに、今回使用させていただいたドラムセットはコチラ。

447217b1-c4dd-4cfa-b2e7-bb209c045c24

YAMAHA
Absolute Hybrid Maple
~アブソリュート・ハイブリッド・メイプル~

のドラムセットです!

シンバルはZildjian(ジルジャン)Istanbul(イスタンブール)の混成になります。

詳しくはコチラより。


・・・つっても、コチラは徳島の誇る某・大先輩重鎮ドラマーさんにお借りしたものでして、ほとんど僕のじゃありませんけどね(笑)

※スネアとフットペダルとスプラッシュだけ僕のですw

スネア:YAMAHA WSD13AJ
フットペダル:YAMAHA FP8500C
スプラッシュ:K CUSTOM HYBRID SPLASH 9"


タイコもシンバルもそれはもうすんげえ良い音で、こんなの僕なんかが叩いていいのかと・・・
(容赦なくぶっ叩いてまいりましたけどもw)

※G田先生、本当にありがとうございました!



また、今回わたくしサポートドラマーという立ち位置ながらも、

この日のセットリストの中でも間違いなく最凶の楽曲であり、

知る人ぞ知るSnarky Puppyの超難曲、

『What about me?

のドラムを任されていたんですが、



どうにかこうにか、始まって終わることができました!(笑)

(間がどうだったとかどこでミスったとかそんなことはこの際気にしない気にしない)


いやいや、それくらいの難曲ですよ?

始まって終われるだけでも凄い曲。
途中で演奏がストップしなかっただけでも凄い曲なんですw

「えー、またまたかっちゃんったらそんな大げさなこと言ってーw」

とか一瞬でも思ったそこのあなた。

叩けるもんなら叩いてみやがれってんだ(笑)



とりあえず、今のところ徳島でいちばん『What about me?』を叩くのがうまいドラマーは間違いなくこの私でしょう!笑

うんうん、よくやったよ自分!すごい!


と思ってあらためてYoutubeを検索していたら、本家Snarky Puppyのもっとエグい演奏動画が出てきまして、



※忙しい方は5分30秒過ぎあたりからウルトラハイパースーパーエクストリームスペシャルミラクルドラムソロタイムが始まるのでそこから見てみてね!

どうですか。
このぶっ壊れっぷり(笑)


どんなリズム感してんねんこの人達(笑)(笑)


世界はやっぱり広いなあ…とあらためて痛感しておりますorz


こんな超人クラスのプレイヤーにはなれないにせよ、

もうちょっと涼しい顔してこの曲が叩けるくらいには、

自分ももっとうまくなりたいなあ!と思います!


日々、精進!!


ではでは、本日は短いですがこんなところで(^^)

かっちゃんでしたー!

【祝・発売】YAMAHA FP9【ペダル】

どもどもどもですー!

自称・リハスタ店員界の中でも
そこそこのペダルマニア


・・・こと、かっちゃんです!笑


ついに先日、YAMAHAから
10年振りとなる新型ペダルが発売されましたね!



その名もFP9(エフピーナイン)シリーズ!!



いやはや、
「ついにYAMAHAがこんなペダルを出したかー!」
って感じですね!

個人的にYAMAHAのペダルといえば

他社に比べて圧倒的にシンプルだし
調整機能も必要最小限だけど
そのぶん基本性能がしっかりしたペダル


というイメージでして、

そこが気に入ったところでもあり、ずっとYAMAHAのペダルを使い続けてたんですね。

※個人としてはDFP9500C・FP8500C・そしてFP720(現行版)を所有しております。


打って変わってこの度発売されたFP9は、クイックアジャスティングカムユニバーサルジョイントへのボールベアリング導入など・・・

今までのYAMAHAペダルには無かった現代的な機構が随所に盛り込まれております!




しかしながら、実は個人的にはあまりハイテクなペダルは使いたくないというポリシーがありまして、

なぜかというと、ペダルの機能に頼ってしまうと自分の技術に磨きをかけるのを怠ってしまいそうで怖かったんですよね。


それに、ハイテクで高級なペダルを使っているならどんなフレーズも踏めて当たり前だろうという考え方の持ち主なので、

某P社の3000番台や某D社の9000番台などなど…

そういうペダルをお持ちのドラマーさんを見ると「あー、この人絶対ものすごいドラム叩くんだろうなあ!楽しみだなあ!」と勝手にハードルを上げて見てしまいますw

で、逆に自分自身がそうやってハードルを上げて見られるのも嫌なわけで(笑)


そういった理由から、いつしかシンプルなペダルしか使わなくなった経緯があるんですよね。










・・・とは言ってみたものの・・・。

D4-h_dwUUAAiE4A
D4-h_duUIAETMsM
出典:ヤマハドラムジャパン公式Twitter

FP9500&8500シリーズから受け継がれたスマートなデザインがとても美しいです。
(無駄にゴツゴツしたデザインのペダルも個人的には好きではないので)

発売日から様々な楽器店や個人のレビューを拝見しましたが、YAMAHAペダルの真髄である“素直さ”は失われていない模様。

新たに盛り込まれた調整機能や機構の数々も決して邪魔はしていないようで、いちばん多い意見は「シンプルで扱いやすい」ペダルであるということ…

やはり、どんなにハイテクになってもYAMAHAのペダルには違いない!!(当たり前かw)




さて、

ハイテクなペダルは使わない

という己のポリシーと、

YAMAHAの最新型ペダル気になる

というドラマーとしての純粋な好奇心。

果たしてどっちが勝つのでしょうか(笑)




ひとまず、今度時間が取れたらFP9試奏の旅に出てきますw



ではでは!本日はこんなところで!

かっちゃんでしたーーー!!




【完全復活!!】YAMAHA Maple Custom

どもどもですですーー!
かっちゃんでございます!!


突然ですが先日わたくし、ちょっとぶりにドラマーとしてレコーディングに参戦しておりました!


使用したドラムセットはもちろん、
トリゴロ所有のドラムセットの中でも秘蔵っ子として名高い(?)・・・

YAMAHA
Maple Custom


でございます!!

7f178b6a-9f0b-4b72-9f46-b1de0459f0c9

7a379707-d3e5-4cea-9475-9f76972bb892


※当ドラムセットに関しての詳しい説明は以前の解説ブログをご覧ください。
【調べてみた】YAMAHA メイプルカスタム【名器】



上記過去ブログの際のレコーディングでも、それはもう十分に良い音で鳴っていたのですが…

実は生産から少なく見積もっても20年以上は経過しており、事前にメンテナンスは行っていたものの随所のパーツに見られた細かい故障経年劣化までは直しきれなかったので、実は本来の性能には程遠かったのが事実なのです。

そう、バトル漫画でよくあるめっちゃ強いと思ってたキャラがぜんぜん本気出してなかった展開と似てますね。

mig (1)
出典:NAVERまとめ






そこでわたくし、これでもトリゴロのドラム番長です。

今回のレコーディングこそ、このドラムセット本来の性能で臨みたいと考え…持てる知識と技術を結集しオーバーホールを事前に行っていました!!

※オーバーホール(Overhaul)とは?
機械製品を部品単位まで分解して清掃・再組み立てを行い、新品時の性能状態に戻す作業のことである。
通常の点検作業では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とする。
出典:Wikipedia



①まずは、全てのタイコの状態を再チェック
楽器でも機械でも何でも同じことが言えますが、あからさまに目に見えるような劣化とそうでないものがあります。

例えば、ギターの弦が錆びてるとかドラムのヘッドが古くなってるとかは目に見えますけど、

アンプに繋いで鳴らしたらやけにノイズが乗るとか、ヘッドは新しいのにいくらやってもチューニングが上手くいかないとか、そういうのはきちんと中まで調べて原因を探らないことにはわからないですよね。

b0ed0712
例)Aスタ Ludwig LM402 分解清掃の様子
ドラムもしっかりバラすとかなり細かいパーツに分かれるので、けっこう大変な作業です。

今回のYAMAHA Maple Customも、良い音には違いないんですけど、いまいち音の焦点が定まらないというか、まだまだこんなもんじゃないよな~感がすごく感じられたんです。

何より、ものすごくチューニングがしづらかった。なかなか言うことを聞いてくれない、しつけのなってないワンちゃんを散歩してる感覚とでもいいましょうか…orz


②シェルは無事かどうか
シェルとは、いわゆるタイコの筒状になってる胴体部分のことですね。
そうです。いちばん無事でいてほしいのはここです(笑)

例えばヘッドに接するエッジ部分に損傷があったりとか、プライが剥がれているとか割れているとか…そういうのがあるとえらいこっちゃです。

animation
出典:Pearl

こういう故障もある程度の処置ができなくもないんですけど、そうなるとトリゴロの設備だけではきちんと直すのは不可能です。専門のドラム工房に持っていくレベルですね。

今回はタム3つ(10"/12"/13)、フロアタム1つ(16")、バスドラム1つ(22")の合計5つのタイコがありましたが、長年の使用による傷や塗装の劣化は多少なりともあるものの、シェルは全て元気なままでした。

ホッと胸を撫で下ろすぼく。幸先いいぞ!


③おや…?これは…
と、ここでチューニングが安定しない1つ目の原因を発見しました。

明らかにタムやフロアタムのフープが歪んでいたのです。

hoopimage
出典:CANOPUS

僕たちドラムの専門家の目で見ないとわからない微妙なものから、明らかにフープが真円形じゃなくなってるものまで。

というのも、このドラムセットははるか昔にスタジオで練習用にも使われていたものだったんです。

言い方は非常に悪いので怒らないでほしいんですけど…
チューニングのやり方やセオリーを知らず、適当にボルトを回してチューニングするドラマーさんももちろんいます。

例えばどこかのボルトはキツキツに締まっているけど、その反対側はゆるゆるに緩められてて、その間のボルトはその中間くらいで・・・

な~んて不安定なチューニングにしていると、いずれフープは元の形を忘れてしまいます

ドラムのチューニングはまず“全てのボルトを均等な締まり具合にできること”が前提です。

ここを起点にしてからどこをどういじるか考えるべきものなので、フープが歪んでしまっているともう“スタートライン”にも立てませんからね…。

タム3つとフロアタム1つ、上下で計8つのフープ全て新しいのに交換決定です。

ただ、元々付いていたのと同じフープが廃盤となっており、最も仕様の近い現行のYAMAHAアルミダイキャストフープを代わりに発注。

ルックスはもちろんサウンドにも少なからず影響は出るでしょう。さて、吉と出るか凶と出るか…


④ラグとチューニングボルト
さてさて、フープは新品になるからいいとして、あと安定しないチューニングに影響を及ぼしそうなパーツと言えば…

そう、ラグチューニングボルトですね!

ここも錆びついてしまっていたり、ネジ山が潰れていたりしてはチューニングに悪影響が出ます。

チューニングボルトに無理な力がかかって曲がってしまっていることもありますね。

どれどれと思って調べていくと…やっぱり怪しいところが複数箇所ありました(笑)

とりあえずいっそのことチューニングボルトはケチらず全取っ替えしましょう!


…とくれば、あとはチューニングボルトを受ける部分、ラグに異常がないかどうかですが…

…これも念のため全取っ替えしたほうがよさそうですね。

DzhSrisU0AA99Eh
※このようにバラして点検していきます。


が、しかしここで問題発生。

メイプルカスタムにはスモールラグと呼ばれるラグが採用されているのですが…

現行モデルのスモールラグ(改良型)はシェルへの取り付け部分の仕様がメイプルカスタム発売当初のスモールラグ(初期型)とは異なり、もし古いドラムに取り付けようと思うとシェルごと加工するという危険な作業が待ってます。

ans-480046032
出典:Yahoo知恵袋

僕はシェルの加工までやる技術も道具も持ち合わせてないので、もちろん断念。

某オークションサイトでは初期型スモールラグが販売されていましたが、何せ廃盤となっている20年も前のレアパーツです。とてもじゃないですが手が出せないお値段がついておりました…orz


ラグの交換は諦めるかー…と考えはじめたとき、ふと気づきました。

「ん?この部品ってもしかして…」

そう、チューニングボルトを受けているのは厳密にはラグそのものではなく、ラグの中に埋め込まれているラグナットという部品なのです。

↓の番のパーツですね。
ldr-9712-592
出典:YAMAHAドラムパーツ検索システム


このラグナット、現行品でも当時のラグに互換性があるのか調べてみると…

ビンゴ!使えそうです!

迷わず発注発注♪


⑤完全復活!
全てのフープ・ラグナット・チューニングボルト
計3種類のパーツを全て新品交換、
また同時に再度念入りにメンテナンスを行い、

YAMAHA Maple Custom

完全復活を遂げました!!

6edcfba8-8b97-415c-950c-5ab8312da029


オーバーホール前に録った音と比べると一目瞭然。

チューニングの精度がオーバーホール前と比べて格段に上昇したことにより、タイコの持つ“美味しいところ”を意のままに引き出すことができたので、以前とは比較ににならない極上のサウンドと化しました!

オーバーホール大成功!

ですね!

ドラムセットもこんな感じで喜んでくれていることでしょう!
22-15-100-100
出典:NAVERまとめ


というわけで!トリゴロ秘蔵のドラムセット・メイプルカスタム!!

明るく伸びやかでレスポンスに優れたそのサウンドは、

・ポップス系
・ジャズ系
・フュージョン系


などのバンドさんには特におすすめです!


現在レコーディングをお考えのバンドさんは、ぜひこちらのドラムセットの使用も検討してみてくださいね!



ではでは、かっちゃんでしたー!!


【豆知識】地元以外でライブするメリットと注意点

どもどもでっすー!かっちゃんです!

先日、YAMAHAから新フラッグシップペダルFP9シリーズが発表されましたね!

D4-h_duUIAETMsM
画像出典:YAMAHAドラム公式Twitter

う・・・美しい・・・♡

現行のFP9500やFP8500シリーズの洗練されたデザインとクセのない操作性を踏襲しつつ、新たに様々な機構が盛り込まれたフラッグシップにふさわしいモデルのようです!

“YAMA派”ドラマーの僕からすると、これは絶対に見逃せないですな…(笑)


気になる発売日は5/25(土)とのこと!

速攻で試奏しに行きますよーーー!!






ってなわけで、本日のブログの本題へ。

今日のテーマは、
☆★☆★☆★☆★
地元以外のライブハウスで
演奏するメリットと注意点
☆★☆★☆★☆★

というのも最近、トリゴロの常連バンドさんに
「県外のライブハウスも行ってみたいけど、どうしたらいいかな~」
っていう相談をされたので、書いてみようかな~と思ったわけです。


県外遠征はもちろん楽しくて勉強になるしメリットもたくさんありますけど、気をつけなければいけないポイントもそれなりにあるので、バンド界での常識的な部分僕の経験則を交えてお話ししてみようと思います!

これから初めて県外ライブをするぞ!ツアーを回るぞ!

ってバンドさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)




▼地元以外のライブハウスで演奏するメリット

・音楽仲間が増える!

一番はこれに尽きますね!

僕もバンドマンだったころは日本各地にライブしに行ってたので、それはもうたくさんの友達ができましたし、今でも連絡を取り合ったり一緒に遊んだりするような人もいますよ(^^)

そうやって仲良くなったバンドを次は自分の地元のライブに招待したり、逆に主催ライブに招待されたり…

そこからまた新たな繋がりが増えて、どんどん音楽仲間の輪が広がっていって…
illustrain09-singakki1
友達100人でっきるっかな~♪という歌がありますが、あっという間にできます!笑


・脱!井の中の蛙!
地元のライブハウスばかりでライブしていると、特に徳島なんかの田舎や小さな街だとどうしても出演者が似たり寄ったりになってきますよね。

いつもの仲間と、いつものライブハウスで、いつものお客さんの前でライブする!…のももちろん楽しいし良いことですけど、それだけではなかなか視野が広がりにくいのも事実です。

もし知らず知らずのうちに狭い世界の中で天狗になってしまっていて、向上心のカケラも無くなってしまったら…もうお終いです。

そう「井の中の蛙大海を知らず」というやつですね。

fde32cf3f8703b2db919b389cac49c37_t
蛙「知らんかった…上手いヤツも良いバンドもたくさんおるんやなぁ…」

これはあまり良いこととは言えませんよね(^_^;)

こういった意味でも、もし本気でバンドとして成長したいのであれば、定期的に地元以外のライブハウスで全く知らないバンドたちと、全く知らないお客さんの前で演奏して、刺激を受けて帰ってくることは非常に大切なのです!


・基本的にチケットノルマが無い
地元のライブハウスで出演する場合であれば、出演者に一律「チケットノルマ」が課されます。

※例:1バンドあたり1500円のチケットを最低10枚は売ってね!など

ticket_get_man

チケットノルマの枚数や1枚あたりの金額は、ライブハウスのキャパ(最大収容人数)やどんなイベントかにより変わってきます。

200~300人とか入る大きなライブハウスならそれなりに枚数が増えますし、メジャーアーティストやプロミュージシャンが出演するイベントならそもそもチケット1枚あたりの単価が高くなるので、ノルマ枚数は少なくても金額的にはいつもより高い…なんて場合もありますね。

そして、売れ残ってしまった分のノルマは原則として出演者が建て替えなくてはなりません。

でも、地元以外のライブハウスで演奏する場合は基本的にはチケットノルマが課されません

なぜって、当然です。

見ず知らずの人ばかりの土地で一介のアマチュアバンドに対して規定数のお客さんを呼べというのは酷な話ですから…(笑)



・地元以外でお客さん(ファン)が付くと…?
何度かライブをしに行っているうちに、地元以外のライブハウスでも次第に毎回ライブを見に来てくれるようなお客さん=ファンが付いてきます。

※もちろん、これはバンドの実力次第!…なのですが…

publicdomainq-0029779jpt

ライブハウスによってまちまちなのですが、一定数以上売ったチケットの枚数に対して「全額バック」もしくは「ハーフバック」というシステムを導入しているところが多いです。

例えばハーフバックの場合、あるバンドがノルマより10人多くお客さんを呼んだとします。
チケットが¥1,500/1枚だとしたら、金額にして¥15,000ですね。

その半分の金額…つまり¥7,500がバンド側にバックされるというシステムです。

地元のライブハウスだとこのように“ノルマ枚数以上売った分”がバックされることが多いですが、地元以外でライブする場合、チケット1枚目からいきなりバックしてくれるライブハウスもあるので、頑張ってファンが付けば付くほど潤って帰ってくることができるのです(^^)

僕も自分のバンドをしていた頃は、よく行く県外のライブハウスなんかだと交通費や食費の分くらいは平気で稼いで帰って来れたりもしてましたよ!




▼地元以外のライブハウスに行く時の注意点

・移動の手間と交通費

隣県など比較的近場であればさほど苦にはならないでしょうが、もし遠く離れた地へ演奏しに行く場合はそれなりの労力と費用を覚悟しなければなりませんよね。

402-kousoku-douro

例えば徳島⇔東京なんかだと、車で移動するとすれば片道約8~10時間で体力的にもキツイし、ガソリン代や高速代もかなりの額になってきます。

こういうのは出発前にバンドメンバーで相談しておくと良いですね。

運転は誰々が担当する、交通費はバンドのお金から出すのか、それとも誰かが建て替えておいてあとでみんなで割るのか、等々…

ちゃんと決めておかないと、
あとでケンカになってバンドが解散!

…なんてことになっては元も子もありませんからね(笑)


・お風呂や寝床はどうするか?
かなりの遠方へ演奏しに行く場合や、2日以上連続で滞在する場合などはこういう心配も出てきますね。

もちろんロックでパンクでイケイケな皆様の場合だと、

「風呂なんて入らなくたって死なねえぜ!」
「車中泊すりゃーいいじゃん!」
「だって俺たち、バンドマンだしね☆」


とおっしゃる場合もありますが、

これからの季節…特に夏場はお風呂に入らないのも車中泊するのもかなりヤバいと思いますよ…笑

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_t

男性だけのバンドなら多少はまだいいですが、女性メンバーのいるバンドなんかは特に気を遣ってあげましょう!笑

と、いうわけで。

事前に現地の銭湯健康ランド、シャワーや就寝スペースのあるネットカフェなどの場所を調べておきましょう!より長期間の滞在になる場合はコインランドリーなんかも!

もちろん、お金に余裕のある方はちゃんとした宿を取っておくのがベストです。


・チケットノルマがある場合も
先に「地元以外のライブハウスではチケットノルマは取られない」とお話しましたが、例外もあります。

例えばライブハウス以外が主催しているライブ・・・

そう、例えばバンド主催のイベント個人のイベンター主催のライブに出演する場合などだと、地元以外のバンドにもチケットノルマが課される場合もごく稀にあります。

ライブハウス主催のライブの場合は、
《ライブハウス》⇔《出演者》
という直接取引の構図が成り立ちますが、

バンドや個人といった別な主催者のいるライブは
《ライブハウス》《主催者》《出演者》
という間接的な取引となります。

つまりこの場合、ライブハウスは場所と機材と人手を“主催者に対して”貸しているという状態なので、所定のレンタル料さえ主催者に支払ってもらえれば問題はないのです。

すなわち、チケット1枚あたりの金額も、どのバンドにどれだけノルマ枚数を課すかも主催者次第となりますし、薄利多売方式でチケット1枚あたりを安くして集客で稼ぐも、限られた客層しか来ないかもしれないけどチケット単価を高くしてペイするも主催者の自由なのです。

まあ、何か特別な理由でもない限り、遠方からはるばる来てくれたバンドに対して平気で地元バンドと同じチケットノルマを課す人はいないはずなので(経験則)、そこまで心配する必要はないですが…

ほんとにごくごく稀にですが、数年に1回くらいは

「終演後、事前に話のなかった高額な“出演料”を請求された」
「ライブ数日前になって急に自分たちにもノルマがあることを告げられた」

などのちょっといただけないケースや、それに伴ってバンドと主催者間に発生したトラブルの話も耳にします。

何かどうしようもない大人の事情があったのかもしれませんが、

常識的に、普通に考えれば、

「自分から呼んでおいてそりゃないだろ!」
「逆にギャラと交通費払ってやれよ!」

っていうお話ですね(^_^;)

もし地元以外のよく知らないバンドやイベンターさんから出演オファーがあった場合は、そういった点も念のために確認しておいたほうが良いかもですね。


・音源を持っていないと…
せっかく遠方まで出向くんですもの。何かしらの爪痕は残してきたいですよね?

そんなとき、いちばん役に立つのはバンドマンにとっては名刺といっても過言ではない音源です。
entertainment_music
例えその場でめちゃくちゃいいライブをして喝采を浴びたとしても、聴きに来てくれているのはしょせん人間。どう足掻いても忘れる生き物です。

数日経てば、
「あの時のバンド、いいライブしてたけどどんな曲だったっけ?」

数週間経てば、
「あの時のバンド、何てバンド名だったっけ?」

数ヶ月も経てば、
「え?そんなバンドいたっけ?」

となります。悲しきかな、これが現実です。


こうならないためにも、ぜひ音源を作って持っていきましょう!

音源があれば、本当に良いライブをして気に入ってくれたお客さんならその場で買ってくれるはず。

それをスマホなり携帯プレーヤーなんかに入れておいて貰えれば、ヘビロテしてくれる人もいるでしょうし、友達にこんな良いバンドがいたよー!って紹介してくれるかもしれませんし、そうでなくてもふとしたときに再生されれば思い出してもらえます。

「あ!このバンドこないだ来てた◯◯県のバンドやな。めっちゃカッコいいライブしてたよなー。Twitter見たらまた近々来るみたいやし、見に行ってみようかな!」

こうなればこっちのもんです!笑

また、音源を対バンしてくれた地元のバンドやライブハウスの方なんかにプレゼントすると、名前も覚えてもらえるし、何より非常に印象が良いです(^^)

サラリーマンなら名刺交換という神聖な儀式がありますけど、バンドマンにとっての名刺交換はCD交換ですからね!笑

ぜひ、県外でライブする際には音源も作って持っていきましょう!!





「でもさでもさ、音源作るって…レコーディングするってこと??」

「なんか難しそうだし大変そうだし、自分たちにはとても…(´;ω;`)」



なんて思った皆さん、いますよね?


ご安心ください。スタジオトリゴロのレコーディングは、

★プロの現場と同等の機材で超高音質!
★プロミュージシャンのREC実績も多数!
★経験豊富な専門スタッフが懇切丁寧にサポート!
★予算や時間に合わせて様々な録り方を提案!
★CDプレスの相談などにももちろん乗ります!
★遠方から来店のバンドさんには無料の宿泊施設も完備!



などなど、初めての方でも安心安全です♪(^^)


「結局宣伝したいだけかーーい!!笑」

と突っ込まれた皆様、ごめんなさい(笑)

トリゴロのレコーディング
詳細はコチラから!







ではでは、本日はこんなところで!

かっちゃんでしたーーー!!

伝説の名器!!YAMAHA FP710,701,720



どーも!ご無沙汰しております!!

トリゴロスタッフのラースです!!!



今日お話ししたいことは自慢臭くなるんですけど

僕の機材の紹介をさしてください!!




はい!ドン!!!

ya






















僕のYAMAHA FPシリーズコレクションです!!

うひょー!かっこいいーー!!



知らない人からしたら

なんだこのボロボロなペダル!!

なんで一緒のペダルが四台も??


ってなっているかもしれませんが、知っている人からすると

このペダルのプレートを見るだけで鼻血が出てきますね、、w




さてまずこのペダル四台すべてに一緒に見えるかも知れませんが
種類の違うペダルになっております!!


こちらにあるペダルはFP710,701,720と三種類のペダルになっており
それぞれ伝説の名器と言われるペダルたちです!!


70年代初めに誕生したfp-701から701,720と様々な改良が加えられ
今現在でも愛用者が多いペダルで僕もその愛用者のひとりです!!


いやーめっちゃいいんすよ!!

そんな昔のペダルとは思えないスムーズさ、
パワーも出せるし小音量も出しやすいレンジの広さ、
フットボードが広く足の居場所の視点も様々返れます!
なにより見た目がかっこいい!w


こちらのFP-701,710,720それぞれの見分け方等難しくネットにも参考サイトが少ないため
紹介してみようと思います!!



まずはこちら!!
12f1a845-6d7b-43d4-9b52-ccd9b0da48f4





 














一見一緒のペダルに見えますがこちらはFP-720とFP-710になります!
見分けるポイントして二か所!!








カム

deafefcf-4f79-4582-a380-e4aaa64bbe0e




















パッと見で違うと分かると思いますが
右のFP-710の方のカム(ビーターを取り付けるところ)に比べて
左のFP-720のほうが前の方に飛び出ております!

それによりFP-720の方がビーターが打面に水平に当たることや遠心力の変化により
パワーの乗り方や踏み込みの感覚が変化した気がします!!
個人的にはFP-710の方がしっかり踏んだ気持ちがするので好きですね、、!







アングルプレート

5b96a91b-f540-4e76-95f6-0ca2f1c42ca1 (1)




















こちらFP-710でローラーを固定する穴が4つあり
ベアリングは六角で固定されています。




576b224e-c5bc-4540-8cd0-16955ade80c4



















そしてこちらはFP-720でローラーを固定する穴が三つ減り形も変わってますね
ベアリングの固定も六角ではなくなっています。







取付け部

7eaff40e-d553-4176-a6a2-2224cffd7d31




















続いてはFP-701と710の少ない見分け部分なんですが
バスドラムへの固定するネジが左のFP-701はプレート下にあるのですが
FP-710とFP-720は外側にネジが付いております。
よく見るとバスドラに挟み込むギザギザの形も少し違いますね。

他にもプレートの重さが少し違ったりなどもあるそうですが測りが無かったので無念、、









FP小ネタ集


ローラー



FP701、710が良く壊れるポイントとして有名なのがこのローラー

最近手に入れたFP-701のローラーを見てみると、、

73b9a647-12b1-4a4a-ad0d-031917328627




















あちゃーーすれまくっててこのままだとローラーがほぼ機能してないですね、、



ここでFP-720を見てみると、、
fb83cb9c-3a9e-4ac6-a5f9-a1bb1ab43175




















おお樹脂性のものに進化しており磨耗する心配もほぼないっす!

こちらの樹脂製のローラーは現在YAMAHAから販売されていますので
FP-710,701を使う際はこちらのパーツに換えておくことをおすすめします!!



他にもカノウプスからFP専用のスピードスターベアリングが販売されているので
こちらも気になるところです、、!!









ビーター


7581d8d1-1f38-461e-b970-fa382f540857




















ペダルと同様に人気があるのがこちらのFPの純正ビーター

しかし探究心のあるドラマーさんなら違うビーターを使ってみたくなるもの、、

よっしゃー!!新しいビーター買ったぞー!!と取付けようとして起こる出来事



え、、、?はいらない、、、?(ラースも経験済)



そうなんですよ、、こちらのペダルたちはビーターの入る穴が普通のものより狭く
ほぼ純正のビーターしかはいらないようになっております。


なんてことだーー!せっかく買ったビーターが!!!

となってもご安心ください、穴を拡大する加工をしたらどのメーカーのビーターも
入るようになりますので!実際僕もその加工を自分でやってますのでお困りのかたはご相談ください!







さてさて今日はちょっとだけマニアックな話でしたがいかがでしたでしょうか、、!!


ちなみに余談なんですが今日紹介したペダルですがほぼリサイクルショップなどで
500円~2000円ほどで売っているのを僕が救出したものになります!

知らない人が見たらただのボロいペダルだもんね、、、w

修理には色々手間かかりましたけどね!w


もしリサイクルショップで今日紹介されたペダル激安で売られてたら救出してあげてください!w




あとさすがに4台もいらんかなと思い始めたので欲しいって方がいたらメンテナンスしっかりして
安くお売りしますのでご気軽にご相談くださいーー!


ではでは以上ラースでしたー!!











本日の一曲は僕の偉大なる地元の先輩、板橋末っ子の会で「ロックンロールは鳴りやんだ」
先日久しぶりに対バンした時に自分たちのしてることは間違いじゃない
信じていることは正しいんだって教えてもらいました。最高。




ぐっどばいm(_ _)m
スタジオTORIGORO
阿波徳島の老舗音楽スタジオ
トリゴロのスタッフブログです。
最高級の機材を備えたアットホームなスタジオです。
学生の方から社会人のかたまでお気軽にお越しください。
また、スタジオライブやレコーディングなども対応可能です。
詳しくは↓よりHPをご覧ください。
プロフィール

スタジオトリゴロ

ギャラリー
  • 【個人練習】12月も激安イベント!!【2時間パック】
  • 【個人練習】12月も激安イベント!!【2時間パック】
  • 【個人練習】12月も激安イベント!!【2時間パック】
  • 【個人練習】12月も激安イベント!!【2時間パック】
  • 【個人練習】12月も激安イベント!!【2時間パック】
  • 【ライブ告知】クリエイテル!【高松MONSTER】
  • 【ライブ告知】クリエイテル!【高松MONSTER】
  • 【ライブ告知】クリエイテル!【高松MONSTER】
  • 【ライブ告知】クリエイテル!【高松MONSTER】
  • ライブドアブログ