先日、原産国が中国の、
泡が立たないオキシクリーンを購入しました。
記事はコチラ↓
話題の洗剤オキシクリーンを買う時に
気をつけるべきは原産国


その時から私が気になって仕方がなかったのは、
「私が普段使っている酸素系漂白剤と、
泡が立たないオキシクリーンは
何か違いがあるのか?」ということでした。

最近、酸素系漂白剤で洗濯槽の掃除をしても、
ピロピロワカメが取れなくなっていたのです。

「もしかすると、オキシクリーンなら、
普通の酸素系漂白剤で取れないカビが
ゴッソリ取れるのでは?」と期待を込めまして、
昨夜、洗濯槽の掃除に取り掛かりました。

DSCN6561

お湯の温度、最初は50℃に設定。
ある程度洗濯槽に溜まってきたら予想以上に熱かったので、
途中から45℃にしました。
オキシクリーンは少々使ってはいたものの、
ほぼ、丸一本(500グラム)投入。
バケツに入れておいて溶かしながら洗濯槽へ。




水は注入されないように止めておいて下さいね。
最高水位までお湯を溜めたら、様子見に3分ほど運転。

DSCN6562

殆ど何も写っていませんね。
もう少し上までお湯を入れて、また3分ほど回してみました。

DSCN6564

ほんの少しワカメが浮いてきました

この後しばらく運転して一時停止。
そのまま今朝まで放置。

もしかして、ワカメごっそりかな?
ワクワクしながら蓋を開けてみましたよー。

DSCN6566

なんですか?これは。
この静けさは。

一応、すくってみました。
今回の収穫はコチラ↓

DSCN6567

たったこれだけー?

泡が立たないタイプだったとはいえ、
オキシクリーンを使った結果がコレです。

何がショックって、
私が普段使っている酸素系漂白剤とオキシクリーンは
値段が全然違うということなんですよ

私がいつも買っているのはコチラ↓
1㎏入りです。
2~3ヶ月に一度購入するので、
届いた時に半分の500gを使って
洗濯槽の掃除をしています。
(最近ワカメは出てきません)




オキシクリーンは半分の500gで
このお値段



もしも、私がリンクを貼ったことでオキシクリーンを
購入された方がいらっしゃったら申し訳ないですー
私も使ってみるまで分からなかったので
許してくださいね

ただ、こうなると余計に気になるのが、
いわゆる「コストコオキシクリーン」(アメリカ産)
だったら、もしかしてまた違う結果になるのか??
ということですね。


「酸素系漂白剤で取れないんだったら、
コストコのオキシクリーンでも取れないよ」とか、
「いやいや、コストコのオキシクリーンは
効果が全く違うよ」とか、皆さまから情報を
お待ちしております

メッセージはハンドルネームのみで送信できます。
メアドが入力されていない場合はブログ上で
お返事させて頂きますのでお気軽にお願いします。

*ブログ村テーマ*
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

ランキングに参加しています。
↓どちらか1つ、「いいね!」と押して頂けると、励みになります
1日1ポチのみ有効です。      
 
今までかなり下だったランキングがお陰様で上がってきています
ありがとうございます

スポンサーリンク