2018年07月12日

hikikomoriの日々 12072018

はい。

ミック杉原氏との二人展終わりました〜!ご来場のみなさま
どうもありがとうございました。次回はまた10年後。
生きてれば!

さて、次の展示は9月下旬の京都でのグループ展
『迷想と恍惚 −甘い香りのする逸脱者たち ー』
になります。

日時

2018年9月22日(土)〜9月30日(日)

時間:13時から19時
休廊日 9月25日(火)

場所:Green & Garden(グリーンアンドガーデン)2F、京都・三条猪熊通
京都市中京区猪熊通三条下る三条猪熊町645番1
090−1156−0225

入場無料


参加作家


朱宮垂狐(人形)*
Gea Philes(絵画、アメリカ)
犬養康太(絵画)*
Joanna Hawrot(服飾、ポーランド)
駕籠真太郎(絵画)*
ReguRegu(造形、アニメ)*
中井結(絵画)*
Stu Mead(絵画、ドイツ)
宮本香那(絵画)+
Tristan des Limbes(絵画、フランス)
山際マリ(絵画)*
Yannis Angel(写真、フランス)
わたなべみゆき(造形)+

おわかりのひとにはおわかりでしょうが
この無茶苦茶な人選!

無茶苦茶な人選ですが
それぞれは、もちろん超濃厚な作家さんですよ。
あたりまえですが。
有名無名問わず!全員ワタシの推し作家です。
キュレーションとしてのバランスは無茶苦茶ですが
とにかくワタシ推しということでのみ統一されております。
すみません。
あと何?肝心の人々がいないじゃないか!?と。
日野さんとか。
濱口さんとか
メメットさんとか
・・・まあ、いいじゃないすか。

今回、日本の方々は、
「可能なかぎり来れる作家さん」
でお願いしました。

なので、とりあえず*印の作家さんは
どこかの日程で在廊します。
+の作家さんも行けそうなら行くとのことです。

ちなみに
Joanna Hawrotさんは
搬入のみのようですが
来てくれます。わざわざポーランドから!
もうね、歓待したいんですが
忙しいのかな。よくわからないんですよね。

あと
駕籠真太郎さんは似顔絵やるんですけど
予約制みたいで
そのうちHPのほうで予約とるみたいですよ。
チェックしてみてください。

駕籠真太郎HP
http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/

んで。


この展示の紹介が掲載されているTH75号が
今月26日ごろより発売になります。

みなさん!ぜひアマゾンで、下のリンクから買ってください!
ワタシに数十円入るので!!!!










たのみますよ、ほんと。

で、この號では
なんと!!
京都グループ展参加の
ステュミードさん
宮本香那さん
ワタシ
が特集に入れて貰っております。

なんて優しいんだろ!
THのなかのひと!
ありがとう!

はい。みなさん買いましょう。
そして中井が載っている號は
なぜか売れ行きがよいなあ、と思わせてあげてください。
逆に、中井の掲載されている號は売れない・・・
とか思われるとなんとなくヤバいので
ぜひよろしくお願いします。


合掌



torikagogarou at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年06月22日

hikikomoriの日々 20180621

久しぶりに書きますけどね
いまはブログじゃなくてSNSなんですよね。
ワタシはツイッター、フェイスブック、VK、インスタグラム
とかをやっております。
でもせっかくブログもあるのでこちらでも告知します。

まづ、7月の二人展ね。

ミック杉原+中井結のなかよしふたり展2
『ネコと軍艦と女の子』

7月4日〜9日
ギャラリー犬養1階
13時から22時
最終日は20時ごろまで

DMomoteDMura













画像のDMでは「なかよし」入れるの忘れちゃってますがw
このDMは100部だけ作ります。
ほとんど、他所では配られないと思います。
DM掲載のワタシの絵は、ごちゃごちゃした額装で1260えん。
会場にてお買い求めください。

あ!マージンのこと忘れてた!
てことは・・・・1575円ですw

高いなあ。

ま、いっか。
DMの印刷代が1260円なのよね。

***

こないだまで東京らへんに居たんですが
いろいろなひとに会って
まあ、展示のための営業みたいな?
なんとなく数か所は目途がつきそうな予感。
がんばりまーす。


合掌





torikagogarou at 00:08|PermalinkComments(0)

2018年04月06日

hikikomoriの日々 06April2018

いまから20年後ってさワタシの場合75とか76じゃないですか。
75とか76ですよ?おじいちゃんですね。
ハッキリ言って

75までは生きてません。

つまり20年後にはワタシはいないということです。

いまから20年前はいつかというと2000年ちょい前ですね。
つまり2000年問題のころ。既にネットは存在していました。
1998年のころは、まだちょっと、画像1つ出すだけでも5分くらいかかってしまう
そういう時代ではありましたが。
そんな20年前ですが、ワタシのなかでは
ついこないだ
です。

つまり20年前ってごく最近のことなわけですよ。

要するに20年後も、ごくすぐ先のことなわけでそうなると
ワタシはもうホンマにあっという間に死ぬ
ということを意味するわけですね。
これは時間感覚としては個人的に重要なことですな。
もうワタシはすぐに死ぬんですね。

実際、体感としてもそんな気がしてますんで
そうなんでしょう。
もう永くないなと。

これからの人生は、停留所でバスを待っているみたいなもので
余計な時間というか最期の残りの時間というか
そんなもんですわ。

そんなときにワタシはですね
なんか知らんけれども絵を描いています。

ま、そうすると死ぬまで絵を描いてるんでしょうな。

ここまできますと
有名になってやれだとか
1号ナンボになってやれだとか
そういう欲望みたいなものはほぼ何もなくて

自分の気に入っている誰かがちょっとだけでも喜んでくれたらそれで別にいいや

みたいなものしか残ってない。

不思議なものですなあ!

というわけで
絵を描くということも
なんとなく最後の仕切りのような気分で描いております。


直近の展示はですね


4月13日から21日まで
牧志のBAR黒でのミニ個展です。

ワタシはですね、4月21日に沖縄へ行きまして
黒で在廊しております。
展示する絵は1点しかありません。
今年の沖展に展示している大きな絵1点のみです。

あとはお持ち帰りおみやげ用のポストカードサイズの絵
(1点1000円)を17点飾っております。
売れたらお持ち帰りなので、売れた分だけ減ってるだろうけど。

沖縄は24日の午前までしかいないので
そんなにはポケ〜とできないんですけどね。

でもまた豆腐屋へ行きたいです。
せんベロとか。

それからしばらく2週間くらい?東京らへんにいて
ふたたび札幌へ。

5月25日に所用で神戸へ行くので
そこでマクドデコテンをするかもわかりませんが
次の展示は7月4日から9日の
ギャラリー犬養での「ミック杉原+中井結のなかよしふたり展2」
『猫と軍艦と女の子』
です。

怪奇展、黒でのミニ個展、そしてミックさんとのふたり展
と連続してぽや〜んとできる展示が続きますが

9月22日から30日までの京都のグループ展と
10月3日から9日までの個展(東京、デザインフェスタギャラリー)ね。
これは本気で取り組みますので、観に来てくださいね。

前振りをわざわしてあるように
これらはぜんぶ遺言です。

合掌










torikagogarou at 00:17|PermalinkComments(3)
記事検索

◆おめぐみアマゾン◆こちらからアマゾンへ入ってお買いものをされますと、アマゾンがワタシを褒めてくれてアマゾンからワタシにおこづかいが支払われます。貧乏乞食画家への間接的ワイロとしてぜひご利用ください。


TH75号。宮本香那、STU MEAD、中井結が紹介されてます。

濱口真央さんの作品掲載!(表紙にも)

誰かこのキャノンのキットをワタシにプレゼントして〜

4月のギャラリー犬養での展示の記事掲載2P

親子展レポート掲載。

濱口さん表紙絵です。

蝶葬の日々2レポート15p掲載されてます。

中井結の鉛筆絵10p掲載。


中井結の鉛筆絵6p掲載


Recent Comments
連絡先