2017年01月19日

第4試合、藤本つかさ&テキーラ沙弥 vs 世羅りさ&雪妃真矢。

161229-051


















161229-052














161229-053












いきなり攻め込んだのはアジュレボだった。

161229-054














二人をコーナーに振るといつものようにアピール、

161229-055














串刺し攻撃を行っていく。

161229-056
 















続いて藤本つかさにサッカーボールキックを浴びせた雪妃。
だが藤本はすぐにお返しする。

161229-057
















雪妃も負けずにやり返し。
藤本が再度返したが、観客の反応が雪妃びいきのようだと見るや、

161229-058







 







コーナーに上って恫喝w

161229-059
















ドロップキックを放った藤本からタッチを受けたテキーラ沙弥は
クロスボディー。だが雪妃にキャッチされ、エルボーを食らう。

161229-060
















これはなかなかに厳しい攻撃。

161229-061













世羅りさはタッチを受けるや、周囲を見渡しながらアピールする。
この体勢からとなれば、

161229-062

















ジャイアントスイング!

161229-063
















10回ほど回し終えるとガッツポーズだ。

161229-064

















雪妃は膝を使った攻撃でテキーラを攻め立てる。

161229-065
















161229-066















そしてジャンピングニー。

161229-067

















対角線のコーナーに振ってもう一発狙うが、テキーラが
振り向き式のダイビングボディーアタックで逆襲する。

161229-068
















藤本は雪妃、続いて世羅にドロップキックを連打。

161229-069












二人に捕まりダブルのチョークスラムを食らいかけるも、
自ら回転して事なきを得る。

161229-070





 










そして時間差のダブルドロップキック!

161229-071







 








ヘッドスプリングでスックと起き上がると、雪妃にサッカーボールキック。

161229-072
















PKは雪妃が受け止めた!

161229-073












掴んだ蹴り足に一撃。

161229-074















ここからエルボーの打ち合い。
 
161229-075












藤本はダブルチョップに切り替える。

161229-076












雪妃をコーナーに振ると、藤本が走った。


(つづく)
 

torinosu_singh at 21:51コメント(0)藤本つかさ雪妃真矢 

2017年01月18日

おなじみの顔・懐かしの顔・初めて見る顔。

こんなにバラエティー豊かなメンバーを見れるのは珍しいです。


161229-038













161229-039
 












161229-040 

















161229-041






 












161229-042










161229-043












161229-044













161229-045


















161229-046















161229-047













161229-048















161229-049




















161229-050
















torinosu_singh at 21:42コメント(0) 

2017年01月17日

メインイベント、大畠美咲&尾崎妹加 vs つくし&柊くるみ。


まず目についたのは、やっぱり柊くるみの全開パワー。
串刺し攻撃ではつくしもろともぺしゃんこにしたり、
つくしをおんぶしたところに大畠のクロスボディーを食らっても倒れなかったり、
低空のクロスボディーもがっちりと受け止めたり。

一方のつくしは機動力。
大畠とは互いに長座の態勢からドロップキックを打ち合う。
そう、長座ー。

相手が上半身を起こしている状態であれば分かるんだよ。
何発か打ち合ったあと、つくしは大畠が長座ではなく、完全に寝そべっている
状態のところにドロップキックを打っていったのだ。
これは想像の範囲外w
大畠も「この態勢なのに打ってくるんかい!」と思ったんじゃないかな。
あと、フォール→フットスタンプ→フォールの息をもつかせぬ連続ムーブは
相変わらず血が滾る思い。


対する尾崎妹加もまた良かった!
ここのところすっかり定着した「カレリンズ・リフト」(マイカ・リフト?)、はいい!
華があるし、何より尾崎妹加というレスラーの特長が実によく分かる技だよね。
エルボーも物凄いし、ショルダータックル合戦でくるみに打ち負けしないのも素晴らしい。
おまけに声もかわいいし歌も激ウマだし、尾崎妹加には誉め言葉しか見つからないわ。
ね。
ホント入団してくれないかな。

最後はTHIS IS アイスリボンタッグの連携で。
くるみのダイビングボディープレス、そしてつくしのダイビングフットスタンプ。

座談会でつくしは両国でのリボンタッグ挑戦をアピール。
「待ってました」とつっかにスケジュールを確認した大畠だったが・・・

「1月29日はですね・・・名古屋でWAVEがあるんです」

ダメじゃん!w

「ごめん、無理」(大畠)

そりゃそうだ!w

さすがのつくしもスケジュールばかりはどうしようもない。
そこで出した次善の案は、両国での”試運転”だった。

もっとも希望した対戦相手は「リボンタッグ王座経験者」だったのだから、
”試運転”という言い方は正しくないかもしれないけれど。

ということで、調べてみた。歴代の戴冠チームで、対戦可能でありそうなチーム。


藤本つかさ&中島安里紗
星ハム子&ヘイリー・ヘイトレッド
星ハム子&宮城もち
大石真翔&趙雲子龍
葛西純&松本都
松本浩代&星ハム子


一応挙げたけれどほぼほぼ無理っぽいチームや、主旨がビミョーに違って
きそうなチームやもはや戦っても意味がなさそうなチームがありますけど(^_^;
一番可能そうなのはらぶりーぶっちゃーずだけど、この前挑戦したばっかりだしなあ・・・
べスフレだったら物凄いことになるけれど。
ひょっとしたら「タッグベルトを巻いたことのある人」であればチームでなくても
いいのかな?
となればもう分からないです。

発表を待ちましょう!


955b33c8












(2016/9/4)


torinosu_singh at 22:02コメント(0)つくるみ尾崎妹加 

2017年01月16日

第3試合、弓李 vs 長崎まる子。

リストの取り合いで試合はスタート。
まる子の側転であったり、弓李の横への回転であったり、2人ともいろいろな
切り返しを知っているのだなあと感心する。

筆者が初めて見たのは、まる子のエプロンからジャンプしてのエルボードロップ。
そしてエッ!?っと思ったのは、コーナーに上った弓李に対し、自らもセカンド
ロープに立ったシーン。結局何をやろうとしていたのかは分からなかったのだ
けれど、ひょっとしたら雪崩式のまる投げ!?
もしこの技を使えるとなると、大きな武器になりそうだ。

一方、新春道場マッチで松本都をフォールし2017年下剋上宣言をした弓李。
ここのところ、試合運びが本当にうまくなったと思う。今日の試合でいえば、序盤から
の一点集中攻撃。狙ったのは、まる子の左膝。それも、密着しての攻撃にとどまらない。
膝裏へのローキック!あれは効果的だった筈だ。
そして最近、とみによくなっているのがエルボー。
体重の乗った弓李の一撃には何度もどよめきが起きたほどだ。

最後も観客をアッと言わせてみせた。
弓李が繰り出したのは、マフラーホールド。ただのマフラーホールドではない。
同時に、腕を極めながら、両脚でまる子の首まで絞めたのだ。この複合技に、
まる子は即座にタップ。まさに「たまらず」タップ、という塩梅だった。

決して一方的な展開というわけではなかったのだけれど、「最後は弓李だろうなあ」と
見ながら思っていた試合。何がそう思わせるのだろうと考えたら、やっぱり”自信”。
見えるよね、今の弓李には、はっきりと。


弓李は座談会でトライアングルリボン王座への挑戦の意思を示した。

「豊田さんから取れたらいいなと思ってます」と言ったまではよかったが、

「いつか挑戦したい」という言い回しがこんなツッコミを呼んだ。

「いつか?だったら5年後でもいいのね!?」(つっか)

つっか・・・w

そんなこんなもありながら、豊田真奈美にスケジュールを確認し、空いていれば
1・29両国でのタイトルマッチが行われることが決まった(※のちに正式決定)。
もう一人は今日のトライアングルリボンを制した宮城もちだ。


弓李にとって、長崎まる子は共に下剋上を目指す同志。
トライアングル挑戦の話がまとまると、弓李はまる子にエールを贈った。

「道は違うけど、頑張りましょう!」


すかさず、こんな声が飛ぶ。
「何だ?このエセ青春ドラマ!?」


つっかw



何はともあれ、今は弓李の試合が一番見ていてワクワクする!
 


160505
 
















(2016/5/4)

 

torinosu_singh at 21:43コメント(0)弓李長崎まる子 

2017年01月15日

第2試合・トライアングルリボン、藤本つかさ vs 宮城もち vs 雪妃真矢。

まず徒党を組んだのは、藤本つかさと雪妃真矢。
リング中央でもちを捕らえると、

「1月20日、DVD発売決定〜!」と叫んで右腕を突き上げる。


そうなのだ。この試合、雪妃とつっかはDVDを持参して入場、手ぶらの
もちをディスっていたのである!w


続く
「萌え萌え、キュンキュン💛」には、リング下のテキーラ沙弥が、

「それあたしのー!」と絶叫する。
いや、似合うとは思うんだが、別にてっちゃんのものではないと思うw


つっかがもちを捕らえてると、雪妃がセクシーポーズを連発。
リング上で四つん這いになっておしりをプルプル振っている姿を「ザ・ノンフィクション」で
雪妃を知った人が見たら一体どう思うのだろう・・・
とか考えながら見てましたw
その後いやいやながらもつっかもポーズを取るが、予想通り場内は至極ビミョーな反応。
さすがアイスの観客、訓練されてるわw


DVD発売を控えた二人組の同盟。
だが、それはそう長くは続かなかった。
コーナーで3人が詰まった際、藤本つかさは宮城もちに語り掛けた。

「宮城、頑張っぺー!そいつは千葉県民だぞ!」

かくしてたちまち宮城連合 vs 千葉ひとりという戦いにスイッチしていったので
あった。

もちは、お返しに雪妃に強制セクシーポーズを見せつける。
雪妃が何とかそれを見まいとして、手で自分の目を覆っていたのが可笑しい。


わ!懐かしい!と思ったシーン。

それはつっかがミサイルキックで一人を吹き飛ばしつつ、倒れている
もう一人の上に落ちてフォールに行くというムーブを見たときだった。
植松寿絵がやり始めたムーブで、その後すぐさま取り込んでものにした
藤本つかさのセンスに驚いたものだ。


【参考】11/14 アイスリボン(後編) ★た・の・し・い・よ★

 
そしてもう一つ思い出したこと。
3WAYマッチの面白さに目覚めた藤本つかさがタイトル化を提唱、自らベルトを
作成してお披露目した道場マッチでのことだ。
あまりの出来の良さにびっくりした筆者は、興行終了後の握手のとき、藤本つかさ
に声を掛けていた。

「ベルトよく出来てますねー!」
との言葉につっか、
「ありがとうございます。獲れるように頑張ります!」
って応えてくれたっけ。

【参考】11/27 アイスリボン ★二つのタイトル、TRC&MHC★
読み返したら、この日は藤本つかさの名言、「もう一人は高橋奈苗」が生まれた日でも
あったのだ!


今日初めて見たムーブが、藤本つかさのダブルウラカンラナ。
そう、もちと雪妃を二人まとめてウラカンで丸め込んだのだ。回転し始めた
ときは「これは回り切れないだろう」と思って見ていたんだけど、見事二人
とも丸め切った!できるものなんだなあ。


淳一さん、お疲れ!

と思ったのは、大・スクールボーイ合戦。
一人が仕掛けると、残る一人が仕掛けた相手に仕掛ける。それを延々と続けるたび、
レフェリーは「ワン、ツー」と叩き直さねばならないわけで・・・
確か10回くらい続いたと思う。
このシーンでは我闘姑娘を思い出したな。あいかやきのこたち、さくらえび☆きっず
がよくこういう攻防見せていたんだよね。


フィニッシュを取ったのは宮城もち。
雪妃とバックスライド合戦で背中合わせになっている最中に、前方から攻めようと
していたつっかもろとも丸め込んだもの。いったい最終的にどんな形になっていた
のだろう?わ、これは名人芸!と思っただけにもう一度見たい。
ダイジェストに期待します!
 

fujimoto1012

















(2010/12/26)



torinosu_singh at 22:04コメント(0)藤本つかさ雪妃真矢 

2017年01月14日

第一試合、テキーラ沙弥 vs 松屋うの。

いきなりダッシュしたのは今日の前説で、

「松屋うのは今年の目標に『テキーラ沙弥に勝つこと』、ってちぃっちぇーこと
言ってたんですよ。フツーこういうのって一度も勝ったことのない相手に対して
言うものですけど、うのは8月の両国大会で勝ってますからねー。そのことを
忘れてしまっているようです」

と、MIOに言われた松屋うの。

あの日のように、スクールボーイを連発していく。
というか、5発目あたりはもはやスクールボーイではなかった気がするのだけれど、
”懸命”が見えるので何ら問題はなかったのであった。


おーっ!

とワクワクしたのが、うのが膝立ちの状態でロープにもたれかかり、テキーラが
ロープに飛んだシーン。

これはRIBBONMANIA2016で場内を大いに沸かせた神ムーブ、「ドロップキックを
浴びるもロープに引っかかった足首だけで耐えるの図」の再現ではないか・・・!


あの日のように、戻ってきたテキーラがドロップキック !

161231-174











(2016/12/31)


うの氏、あっさりと落ちましたw

予測を軽やかに裏切られたかんじが逆に心地いい。
あと、これは既知なのかどうか分からないのだけれど、
コーナーでロープを両手で掴んで3度ほど両足を挙げ−要するに、腹筋を
鍛えているかのような動き−からのボディープレス。


これはw

いったいどんな発想すればこういうムーブを思いつくのだろう。
うの、ひょっとしたら天才かもしれん。


テキーラは掟破りのスクールボーイ連打を見せるも、3連打あたりまで
だったか。うの氏が持っていきそうな流れで進んだ試合ではあったが、
再三のスクールボーイを凌ぎきったテキーラが伝家の宝刀を抜いた。

グランマエストロ・デ・テキーラ!


かくして、互いに32歳最後の試合はテキーラが勝利。


「2人とも次の試合が33歳最初の試合になるの?じゃあ、次の
道場マッチでも2人のシングルを組みましょう!」(つっか)


生まれが1日違いの好敵手。
いいね! 


torinosu_singh at 23:50コメント(0)テキーラ沙弥松屋うの 
◆本年初

観戦のアイスリボン。横浜の直後だしどうなんだろうと思っていたのだけれど、着席リボンではカウントが100超えてました。
最近のアイスリボン、ホント安定してるね。


◆取材カメラ

受け取ったチラシが今日は2枚。
見ると本日、「お願い!ランキング」のカメラが入っているのだという。
14時から21時の間カメラを回すということ、映りたくない方は番組の腕章をつけているスタッフに声を掛けてくださいということが書かれていた。
この辺り、やっぱり最近は厳しいのだろうなあ。


放送予定日は2月9日もしくは16日のいずれか(どちらも木曜日)だそうです!



◆各係担当

インフォメーションは松屋うの。何か言うたび、異様に大げさな合いの手が売店から起こっている。

…てっちゃんw


着席リボンは弓李。エプロンには…誰がいたっけ?


MCはMIO&テキーラ沙弥。

「アイスリボンで一番メイド服が似合うテキーラ沙弥でーす!」

と挨拶したテキーラはメイドカチューシャ着用。
観客の今一つ乗り切れなさに

「失笑なんですけど〜!」

を連発したテキーラさんだったけど、昨夜初めて聞いたばかりの作り声wを聞けただけで嬉しかったです!\(^o^)/


初観戦の方は8名。その中には家族5人で来られた方も。ちっちゃいお子さん3人、かわいかった!
来場の理由について聞かれた奥さん曰く、
「主人に勧められて」。

テキーラ「本物の『ご主人様』ですね!」

うまいなw



◆入場式

人気投票は「一番メイド服が似合うのは誰ですか!?」

2度の投票ののち、つっかと弓李の決戦投票に。


勝者は、まさかのつっか!

…まさかのってw


へたり込んてがっくししている弓李がかわいい。


挨拶は前転で中央に進んた長崎まる子。

「勝つぞー!エイエイオー!エイエイオー!」

2度目のエイエイオーが終わるか終わらないかのうちに音楽が流れて場内爆笑。


まる子「オーイッ!!」


頑張るぞーの文言がない締めは初めて見た気がします。


まる子が新たな歴史を作った!!

torinosu_singh at 20:09コメント(0)テキーラ沙弥長崎まる子 
※本日、「お願い!ランキング」のカメラが入っている
→放送予定日:2/9 or 2/16



○テキーラ沙弥(グランマエストロ・デ・テキーラ)松屋うの×


▼トライアングルリボン
○宮城もち(エビ固め)藤本つかさ× 雪妃真矢×
※2人同時に丸め込む


○弓李(変形マフラーホールド)長崎まる子×


大畠美咲&×尾崎妹加(ダイビングフットスタンプ)つくし○&柊くるみ



※1/29 両国カード
長崎まる子 vs Leon

▼トライアングルリボン選手権
豊田真奈美 vs 弓李 vs 宮城もち
(豊田のスケジュールが空いていた場合)

つくし&柊くるみ vs 未定
※つくしはリボンタッグ王者経験チームを希望

※声優の山口勝平が両国大会に来場




torinosu_singh at 16:08コメント(0)アイスリボン速報 

2017年01月13日

2010年11月28日掲載は、雑草ガールズ。

top-101128






 




【選手たちが握手に回りはじめた中、しもうま和美にベルトを巻いて 
 あげていた星ハム子と赤城はるな。 雑草の絆、感じました。】


掲載日の前日、11月27日に開催されたのが24の瞳選手権でした。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG○高橋奈苗(45秒、ラリアット)しもうま和美×24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)真琴△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)藤本つかさ△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)志田光△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)牧場みのり△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG○松永智弘(58秒、バックドロップ)しもうま和美×24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)花月△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)星ハム子△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)都宮ちい△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)みなみ飛香△24の瞳選手権
2010/11/27
ラゾーナアイスリボンSG△しもうま和美(時間切れ)りほ△24の瞳選手権



さくらえみ以外が挑戦するのはしもうま和美が初めて。
11人掛けを完遂し、第3代王者に認定されたのです。 

当日にはSPECIAL IMAGEも作成していました。 
 
 24eyes

















雑草ガールズの共演がこちら。

そしてハム子は赤城を投げた



torinosu_singh at 20:52コメント(0)TOP画像雑草ガールズ 

2017年01月12日


161231-300











161231-301














161231-302












161231-303














161231-304















161231-305















理想のアイスリボンは、選手の数だけある。
未来は、もっと明るいね!

161231-097










161231-333
















161231-334


















161231-335
















161231-099















161231-100













161231-101




















161231-336

















161231-337



















161231-102


















161231-338




















161231-331






















161231-332























torinosu_singh at 21:47コメント(0) 
見てね(≧∇≦)/

更新への励みに
ポチっとお願いしますヽ(・ω・)ノ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター

    (PageView)

    ブログ内検索
    Categories
    Archives
    【写真をクリックすると、  
    プロフィールへ飛びます】




    藤本つかさ


    星ハム子


    つくし


    柊くるみ


    宮城もち


    世羅りさ


    235


    藤田あかね


    弓李


    優華


    雪妃真矢


    長崎まる子


    テキーラ沙弥


    松屋うの


    松本都


    長野ドラミ


    安藤あいか


    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ