2022年05月15日

つくしがジャパニーズオーシャンを狙うも、ハム子は腰を落として防ぐ。

220504-985










220504-986












つくしのエルボーに対して、

220504-987












ハム子は突っ張り!

220504-988













220504-989













コーナーからの攻撃は奈七永が阻止して雪崩式ブレーンバスター。

220504-990

















220504-991















奈七永は冷蔵庫爆弾。ハム子もダイビングボディープレスで続く。

220504-992















220504-993
















藤本が奈七永にドロップキック。つくしと共にハム子をロープに飛ばすが、

220504-994















ハム子は両腕でのラリアット!

220504-995















立ち上がったつくしがハム子に神栖を決めると、全員ダウン状態に。

220504-996















220504-997










つくしがハム子にエルボーを連射する。それは本当に長い時間だった。

220504-998











220504-999












これでハム子にスイッチが入った。

220504-1000


















つくしに負けない連射で、腹をぶつけていく。

220504-1001













220504-1002
















コーナーに上るハム子。追いついたつくしは・・・

220504-1003

















雪崩式フランケンシュタイナー!

220504-1004


















220504-1005
















続いて逆打ちを放つと、

220504-1006













藤本がジャパニーズオーシャンサイクロン。

220504-1007












そこにつくしがダイビングフットスタンプ!

220504-1008

















立て続けにダブルのドロップキックを見舞う。胸突き八丁の状況下にあっても、きっちりと連係を決めるのがドロップキッカーズの真骨頂だ。

220504-1009













220504-1010














そして藤本がたいようちゃん☆ボム。

220504-1011



















つくしはタイガースープレックス。

220504-1012














そして直伝ラ・マヒストラル、

220504-1013














ハルカゼ!

220504-1014















ハム子はこれを自力で返す。ジャパニーズオーシャンの体勢に入るつくし。ハム子は振りほどいて延髄ラリアット。

220504-1015














ハム子に担がれたつくしは肩に乗っかると、リバースのウラカンラナ。

220504-1016



















ハム子は女の執念。

220504-1017














ハム子はつくしを捕まえるとロープへ走った。

220504-1018














それはつくしから継承した技。

220504-1019
















ハルカゼ!

220504-1020


















220504-1021













カウント3。
この瞬間、春輝つくしのプロレス人生が終わりを告げた。

「この試合、終わらせたくなかった。でも引退試合のカードを聞いてから、プロレスラー・春輝つくしの最後は私が終わらせるって心に決めていました」

29分22秒。
星ハム子の言葉のまま、相反する二つの思いが現れた試合時間だった。

220504-1022












「こんな光栄な任務をつくしからもらって、私の一生の誇りです。つくしがプロレスラーになってくれたことも私の自慢です。本当にありがとう」

220504-1023
















ほどなくして、引退セレモニーが始まった。



torinosu_singh at 21:18コメント(0) 

2022年05月14日

すぐに串刺しドロップキックで反撃した藤本は、
「エース・クラッシャー!」

220504-943


















220504-944















そして卍固め。つくしは奈七永を押さえている。

220504-945










220504-946














一体何発打ち込んだのだろう。

220504-946-2
















正真正銘、これがドロップキッカーズ最後の、

220504-946-3













はりつけダブルドロップキック!

220504-946-4

















220504-947
















ハム子は腹アタックで藤本を吹っ飛ばすと、続いて腹ザード。

220504-948
















220504-949














フォールを藤本がブリッジでクリアすると、藤本 vs 奈七永に。

220504-950

















220504-951













220504-952















220504-953














藤本のたいようちゃん☆ボムを回避した奈七永は自らもたいようちゃんの体勢へ。場内がどよめく。

220504-954


















220504-955















220504-956














ナナラッカからアルバトロスへ。これにはつくしがカットに入る。

220504-957
















220504-958













ドロップキッカーズのダブルウラカンラナ。見事なシンクロ具合を見よ!

220504-958-2












220504-958-3










220504-959




















220504-960















藤本がインフィニティ。以降はつくしと奈七永のマッチアップとなる。

220504-961













220504-962












220504-963













奈七永がつくしの頬を張る。つくしが張り返しすと、張り手合戦へ。

220504-964














220504-965














220504-966











220504-967













奈七永がバックドロップを放つ。つくしはヘッドシザースホイップ。

220504-968















220504-969

















そして飛び出せ元気!

220504-970















220504-971













220504-972
















220504-973
















220504-974















220504-975















逆打ちを狙うつくし。だが少しずつ体勢を整えた奈七永は・・・

220504-976














インプラント!

220504-977

















220504-978















奈七永とハム子はサンドイッチラリアット。

220504-979

















藤本がミサイルキックをハム子に打ち込むと、

220504-980
















よーいドンを連射!

220504-981














220504-982















つくしはミサイルキックから、

220504-983













220504-984













ジャパニーズオーシャンの体勢に入った。

(つづく)


torinosu_singh at 20:19コメント(0) 

2022年05月13日

みなさんご存知でしょうか?さかいでリボンは、主催の方がたまたま歌舞伎町でのおでかけプロレスを見たのがきっかけで始まったそうです。同じ場所で傘差してたんだ!と嬉しくなって、コメントしちゃいましたヽ(゚∀゚)ノ 
この件については、”#春輝つくし引退カウントダウン”で歌舞伎町大戦争を取り上げたとき、佐藤社長にコメントをいただいていました!順にいきましょう。(参考:ガトーアイスDB



◆第1試合 タッグマッチ
星ハム子&櫻井裕子 vs 清水ひかり&しゃあ

検索ワードは「ハム子 櫻井」。事実上、組むのは初めて。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2022/04/23
武闘館アイスリボンHM○星いぶき&星ハム子&朝陽&Yappy&石川奈青&真白優希&咲蘭&キク&松下楓歩&網倉理奈&櫻井裕子(36分56秒、いぶning star)春輝つくし&藤本つかさ×春輝つくし引退前&藤本つかさ休業前ラスト道場マッチ特別試合 2vs11 ハンディーキャップマッチ
2022/03/06
新木場アイスリボン6TG○SAKI&清水ひかり&櫻井裕子(16分1秒、ランニングブレーンバスター)春輝つくし&星ハム子&朝陽× 



見どころは櫻井&清水が愛媛出身・しゃあは愛媛プロレス所属ということで、ハム子が一人蚊帳の外であるところ。ひょっとしたら1 vs 3もあり得る!?



◆第2試合 シングルマッチ
雪妃真矢 vs NATSUMI

「雪妃 NATSUMI」。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2022/05/04
横浜武道館アイスリボン6TG○雪妃真矢&櫻井裕子&NATSUMIwithラム会長(11分35秒、タイガードライバー)安納サオリ&尾崎妹加&本間多恵× 
2021/10/17
176BOXアイスリボン6TG○雪妃真矢&世羅りさ&星いぶき(20分19秒、雪の結晶)安納サオリ&鈴季すず&NATSUMI× 



横浜武道館ではタッグを組んだ両者が今度は対決、それも初のシングルマッチ。どこを切り取っても絵になる試合になること間違いなしだ!



◆第3試合 タッグマッチ
安納サオリ&Yappy vs 本間多恵&バニー及川

「安納 本間 アイスリボン」。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2022/05/04
横浜武道館アイスリボン6TG○雪妃真矢&櫻井裕子&NATSUMIwithラム会長(11分35秒、タイガードライバー)安納サオリ&尾崎妹加&本間多恵× 
2019/09/14
横浜文体アイスリボン8TG○尾崎妹加&弓李&安納サオリ&本間多恵(6分16秒、アルゼンチンバスター)米山香織&進垣リナ&バニー及川&トトロさつき× 
2018/12/31
後楽園アイスリボン6TG○柊くるみ&安納サオリ&本間多恵&つくし(12分11秒、ダイビングボディープレス)藤田あかね&トトロさつき&星いぶき&有田ひめか× 
2018/08/26
横浜文体アイスリボン4TG○テキーラ沙弥&松屋うの&星いぶき&進垣リナ(7分31秒、グランマエストロ・デ・テキーラ)弓李&安納サオリ&本間多恵&尾崎妹加× 
2018/06/16
府立第2アイスリボン6TG○藤田あかね&柊くるみ&宮城もち(15分8秒、フロッグスプラッシュ)安納サオリ&本間多恵&尾崎妹加×6人タッグかしましトーナメント決勝戦
2018/05/05
ラジアントアイスリボン6TG○尾崎妹加&安納サオリ&本間多恵(14分17秒、エビ固め)桃野美桜&つくし&弓李× 
2018/03/25
後楽園アイスリボン6TG○尾崎妹加&安納サオリ&本間多恵(8分39秒、ダイビングセントーン)松屋うの&トトロさつき&テキーラ沙弥×6人タッグかしましトーナメント1回戦
2017/12/31
後楽園アイスリボン4TG○尾崎妹加&弓李(10分56秒、マイカバスターホールド)本間多恵&安納サオリ× 


同期どうしがシャッフルされたカード。個人的にはシャッフル前の方に興味があるのだけれど、本間とは組むより戦いたいという安納の要望を汲んだカードなのかな。ってこの2人、アイスリボンでは初対決なのか!

3















◆第4試合 FREEDOMS提供試合シングルマッチ
佐々木貴 vs ビオレント・ジャック

「佐々木貴 アイスリボン」。これだけ試合をしていました。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2021/08/14
西東京市アイスリボン4TG○杉浦透&佐々木貴(14分27秒、右肘)平田智也&ドラゴン・リブレ×租税プロレス  FREEDOMS提供試合
2021/06/13
新木場アイスリボンSG○佐々木貴(15分19秒、直下型Dガイスト)雪妃真矢× 
2021/06/13
新木場アイスリボン4TG○世羅りさ&オルカ宇藤(14分27秒、ダイビングダブルニードロップonチェア)佐々木貴&雪妃真矢×ハードコアミクスドタッグ1DAYトーナメント1回戦
2021/03/27
後楽園アイスリボンSG○佐々木貴(15分59秒、直下型D-ガイストonラダー)鈴季すず×鈴季すず・決意のハードコア七番勝負第2戦
2020/10/24
ラジアントアイスリボンSGF○佐々木貴(49分18秒、キャメルクラッチ)世羅りさ×FantastICE選手権 60分アイアンウーマンハードコアマッチ
2017/11/14
後楽園アイスリボンSG○佐々木貴(24分47秒、D-ガイスト)世羅りさ×60分アイアンウーマンデスマッチΑ仝認凶器・蛍光灯
2017/11/14
後楽園アイスリボンSG○藤本つかさ(13分18秒、携帯奪取)佐々木貴×携帯破壊ラダーマッチ
2017/05/04
ラジアントアイスリボン4TG○藤田あかね&藤田ミノル(18分42秒、みかんでポン・オン・ザ・ラダー)佐々木貴&宮城もち× 
2016/11/03
新木場アイスリボン4TG○宮城もち&佐々木貴(16分12秒、ダイビングギロチンドロップ)葛西純&松本都× 
2016/05/04
横浜文体アイスリボン4TG○松本都&植木嵩行(18分3秒、スクールボーイ)パピヨン朱美&村上和成×全員で押さえ込む 他2組は佐々木貴&GENTARO、宮本裕向&木高イサミ
2015/06/27
宮城野区アイスリボン4TG○紫雷美央&佐々木貴(15分27秒、エグ蹴り)がばいじいちゃん&松本都× 
2014/09/28
相模原アイスリボンSG○佐々木貴(9分14秒、Dガイスト)杉浦透× 
2012/07/15
テイセンアイスリボン4TG○チェリー&佐々木貴(12分49秒、チェリートーンボム)宮本裕向&内藤メアリ× 
2011/08/21
後楽園アイスリボン4TG○Ray&○Mentallo(10分59秒、ムーンサルトプレス)都宮ちい×&佐々木貴×ハードコアリボン
2011/07/09
武闘館アイスリボン4TG○宮城もち&佐々木貴(9分57秒、もっちりバディーシザース)リボン高梨&都宮ちい× 
2010/10/10
テイセンアイスリボン6TG○りほ&佐々木貴&宮本裕向(11分18秒、そうまとう)葛西純&“黒天使"沼澤邪鬼&松本都× 
2009/11/27
武闘館アイスリボンSG△佐々木貴(10分時間切れ)リボン高梨△ 



この試合って通常ルールなんでしょうか。通常でもデスマッチ的な試合に転がっていくこともあるのかな?いずれにしてもいい提供カードだ!



◆第5試合 タッグマッチ
山下りな&尾崎妹加withラム会長 vs 石川奈青&神姫楽ミサ

「奈青&神姫楽|ミサ&石川 4TG」。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2022/05/01
Sportivaアイスリボン4TG○春輝つくし&星いぶき(15分16秒、いぶning star)神姫楽ミサ&石川奈青× 
2022/03/12
武闘館アイスリボン4TG○石川奈青&神姫楽ミサ(11分49秒、N.A.O)松下楓歩&バニー及川× 



2人で組むのが3試合目となる今回の対戦相手はRebel&Enemyの2人。ただでさえ強敵なのにwithラム会長とは・・・エクトプラズムにも気をつけて!

5










◆第6試合 6人タッグマッチ

トトロさつき&高瀬みゆき&柳川澄樺 vs 真白優希&星いぶき&松下楓歩

「真白 いぶき 楓歩」。6人タッグで組むのは初となります。

試合年月日試合会場団体/主催試合結果備考
2022/04/23
武闘館アイスリボンHM○星いぶき&星ハム子&朝陽&Yappy&石川奈青&真白優希&咲蘭&キク&松下楓歩&網倉理奈&櫻井裕子(36分56秒、いぶning star)春輝つくし&藤本つかさ×春輝つくし引退前&藤本つかさ休業前ラスト道場マッチ特別試合 2vs11 ハンディーキャップマッチ
2022/01/03
武闘館アイスリボンBR○石川奈青(10分07秒、 乙女の逆襲)朝陽×(退場順)キク、星ハム子、咲蘭、バニー及川、Yappy、トトロさつき、藤本つかさ、星いぶき、真白優希、春輝つくし、松下楓歩
2022/01/03
武闘館アイスリボン4TG○朝陽&真白優希(8分30秒、ダブルリストアームサルト)星いぶき&松下楓歩× 



高瀬みゆきが香川が第2の故であるとか、主催者からもまっ先に高瀬のオファーが来たとか、どういう事なのだろう?と思ったら、2年間移住していたのね。
かがわ源平紅白キャラバン隊」。
凱旋試合みたいな雰囲気になるのかもしれないけれど、真白&いぶき&楓歩も”大黒柱”トトロも負けずに主役を獲ってほしい!

6












「さかいでリボン2022」は5月14日、坂出市立体育館・メインアリーナにて13時ゴング!



torinosu_singh at 21:15コメント(0)展望記 

2022年05月12日

トリプルメインイベント・春輝つくし引退記念試合、春輝つくし&藤本つかさ vs 星ハム子&高橋奈七永。


ドロップキッカーズ入場のときに現れた、たくさんの影法師。これにはグッときた・・・

220504-901










つくしは引退試合限定、白のコスチューム。

220504-902















藤本つかさはTommyレフェリーとも抱き合う。ゴング。

220504-903
















先発はつくしと奈七永。

220504-904
















220504-905














220504-906














220504-907













220504-908













220504-909















220504-910



















奈七永とハム子がダブル攻撃を狙う。つくしがかわした段階ですでに藤本がロープをくぐっている。

220504-911












ダブルドロップキック!食らった2人は場外へ。

220504-912













そこに藤本が飛んだ!

220504-913















そしてつくしは・・・

220504-914














220504-915















トペ!

220504-916

















220504-917












手の甲フットスタンプは、事前の背中ひっかき付きだ。

220504-918

















そしてつっかが踊りますヽ(・ω・)ノ

220504-919

















220504-920
















奈七永はコブラツイスト中にお返ししました笑

220504-921














いくらハム子が軽量になったとはいえ、ひと試合戦ったばかりでスクワット式のボディースラムとは・・・!

220504-922


















”あの場面”はこの後に現れた。

220504-923
















つくしをコーナーに打ち据えたハム子が叫ぶ。「みんな上がれー!ヽ(゚∀゚)ノ」

220504-924











引退試合恒例のトレイン攻撃。これが始まったのは一体誰の引退試合のときだったのだろうと、毎回思います。

220504-925














今回の席はリングとほぼ同じ高さ。なのでどっと選手たちが雪崩れ込むと、すぐに誰が何をやっているのかは分からなくなった(でも席自体は結構お気に入りでした)。

220504-926










最後を締めたのはこの方。絶対やると思ったw

220504-927















「星ハム子53キロ!」を決めハム子は、

220504-928

















つくしにまたがり奈七永と一緒にポーズ。後には泣き顔の藤本も加わった。

220504-929













220504-930














220504-931


















奈七永はキックからバックドロップ。

220504-932

















ハム子は腹ウォッシュ。「噛んでる噛んでる!」おそらく歯型がついたと思います笑

220504-933

















両足でハム子を捕らえたつくしは両手でマットを叩いて回転、ヘッドシザースホイップへ。

220504-934














220504-935














220504-936














藤本はハム子へのドロップキックから、

220504-937
















奈七永&ハム子に忍者蹴り!

220504-938















そしてヘッドスプリング。本当に、底なしのスタミナだわ。。。

220504-939



















奈七永とハム子は連続で串刺し攻撃を決めると、

220504-940
















220504-941
















お!し!り!ダー!!

220504-942











だが、藤本はすかさず反撃に出た。

(つづく)



torinosu_singh at 21:07コメント(0) 

2022年05月11日

すっかり星いぶきの第2の武器となっているのが足。トラースキックで中島を攻め立てていく。

220504-838












220504-839















そしてベストフレンズ対決へ。

220504-840
















220504-841















220504-842

















220504-843















この場面は圧巻だった。カサドーラ狙いをこの状態で留まると、

220504-844

















藤本の体を起こしてフルネルソンをこじ入れ、

220504-845


















ドラゴン!

220504-846














志田が藤本を捕らえたところに中島が走った。藤本がかわすと、中島のキックが志田に誤爆する。

220504-847












220504-848















いぶning starが中島に、インフィンティが志田に。時間差の共演!

220504-849











220504-850











ジャパニーズオーシャンサイクロンは、志田がロープに逃れる。

220504-851















ビーナスシュート狙いでコーナーに上った藤本だったが、これは防がれエプロンへ。すると今度は中島がコーナーに上る。そこからジャンプしてエプロンへのDDT!

220504-852















志田はエプロン上の藤本をぶっこ抜きのブレーンバスターだ。

220504-853



















その志田にいぶきがダイビングボディープレス。

220504-854












いぶきに中島がミサイルキック。

220504-855

















中島に藤本がインフィニティ。

220504-856
















そしてビーナスシュート!

220504-857















志田はすぐさまスリーカウント!全員ダウン。

220504-858














220504-859










膝立ちのエルボーから立ち上がったマッスルビーナス。2人の間で戦いが続いていく。

220504-860













220504-861













220504-862














ビーナスシュートを走り込んだところでカットし、藤本を抱え上げた志田がコーナーを上る。

220504-863


















魔女の一撃!

220504-864


















続いてスリーカウント。

220504-865


















中島はジャーマンでいぶきを投げる。

220504-866















志田は藤本にファルコンアロー。

220504-867
















藤本はツカドーラを決めるが、

220504-868
















中島がだるま式ジャーマンで追い打ち掛ける。

220504-869













そして志田が走り込んだ。

220504-870










魂の、

220504-871














スリーカウント!

220504-872














志田光、藤本つかさに勝利。
フォールを奪ったのは志田がICEx60を戴冠したRIBBONMANIA2011以来。魂のスリーカウントが決まり手になったのはこれが初めてだ。

220504-873











いぶきに背負われて退場していく藤本。

220504-874
















休む間もなく、次の試合が始まる。



torinosu_singh at 20:42コメント(0)藤本つかさ星いぶき 

2022年05月10日

藤本つかさ休業記念試合、藤本つかさ&星いぶき vs 中島安里紗&志田光。


まずは志田光入場。物凄いオーラを感じる。

220504-801
















中島安里紗には、いつもながらの余裕と貫禄が漂う。

220504-802
















星いぶきはエースカラー・赤を取り入れたニューコスチューム。ロープを開けるのはNATSUMIだ。

220504-803













最後にこの試合の主役、藤本つかさがリングイン。真白優希がアシストする。

220504-804













試合を前に、「キャプテン翼」の作者であり、藤本つかさが所属するフットサルチーム「南葛シューターズ」のオーナーである高橋洋一先生が藤本に花束を贈呈。

「新婚生活を楽しんでいただき、またやりたくなったら戻ってくればいいかなと思っています。長い間お疲れ様でした。そしてめでとうございます」。

220504-805












藤本の握手には両名とも応じない。ゴング。

220504-805-2












先発はいぶきと中島。

220504-806












いぶきが呼び掛けた。「志田出て来い!」注目の初対決だ。

220504-807













220504-808












中島が藤本を羽交い締めにしたところに志田がダッシュ。藤本が脱出すると、志田はすんでのところで足を止めた。

220504-809












藤本と志田が交錯すると・・・

220504-810












ベストフレンズが出現!

220504-811












220504-812










そして次には、

220504-813













マッスルビーナス出現!

220504-814















敵どうしであっても、時には共演が実現してしまう。プロレスって素敵だなって思う。

220504-815
















ガットショット!

220504-816
















この技、名前があるのだろうか?
飛んでけー!

220504-817














志田がコーナーでパンチをふるう。アメプロ!って感じがする技だ。

220504-818














220504-819
















220504-820
















志田が藤本にバックブリーカー、そのまま持ち上げてコーナーに押し込む。いぶきをレッグシザースで倒すと、中島を呼び込んだ。

中島さん、いえ〜いと盛り上がったのち、

220504-820-2










投げられましたヽ(・ω・;)ノ

220504-821











リング下でのランニングにー。懐かしい!

220504-822















220504-823













220504-824















いぶきは志田と中島に対して交互にチョップを乱れ打つ。

220504-825















220504-827











220504-828










220504-829
















志田と中島が反撃に転じる。

220504-830















220504-831















220504-832
















220504-833

















これは珍しい、いぶきの卍固め。

220504-834
















藤本も飛び出し志田に卍固め。いぶきはグラウンド卍に移行している。

220504-835










220504-836














220504-837













チョップとエルボーで打ち合ういぶきと中島。
いぶきが次に繰り出したのは、いぶき”第2の武器”だった。

(つづく)



torinosu_singh at 21:07コメント(1)藤本つかさ星いぶき 

2022年05月09日

朝陽はダブルリストアームサルトの体勢へ。だが、つくしはフロントネックロックに切り返す。

220504-735














そしてDDT。

220504-736














フットスタンプを見舞ってからコーナーへ。追いついた朝陽は、

220504-737















雪崩式ダブルリストアームサルト!

220504-737-2


















朝陽のライジングサン狙いをカニカニクリップに切り返したつくしはハルカゼへ。

220504-738











だが、セカンドロープに飛び乗ったところで動きを止まらせた朝陽は、

220504-739












トップロープに腹ばい担った状態のつくしに619!

220504-740

















ここから朝陽が攻勢に出た。

220504-741
















220504-742












ダブルリストを放ってもフォールには固めず、密着したまま次のダブルリストを放っていく。

220504-743












220504-744














220504-745















3連発から、

220504-746














ライジングサン!そして後楽園でつくしをフォールした新技、

220504-747
















カンクントルネード!

220504-748















220504-749















だが、つくしはギリギリでキックアウト。朝陽はビクトリーサンライズを狙う。

220504-750















バックを取ったつくしは、

220504-751















投げっ放しジャーマン!

220504-752














朝陽はすぐに立ち上がると、

220504-753













220504-754















逆打ち!

220504-756













エルボーを左右で連打すると、

220504-757













220504-758















ダイビングフットスタンプ。

220504-759


























220504-760














バックを取ると、

220504-761














ジャパニーズオーシャンスープレックス!

220504-762
















大健闘した朝陽だったが、これは返せなかった。カウント3。

220504-763












これにより、春輝つくしはICE×∞王座7度目の防衛に成功。同時に公約通り、王者としてバルトを巻いたまま引退することも決定した。

220504-764












220504-765












220504-766












つくしは朝陽に何を語り掛け、何を約束したのかー。
それが分かるのはおそらく、朝陽がICEのベルトを巻いた時なのではないかと思う。

220504-767












「つくしさん、プロレス好きですか?」

220504-768










「大好きー!一緒に帰ろう!」

220504-769















220504-770












正直、朝陽がここまでつくしの牙城に迫れるとは思っていなかった。大場所のシングル王座戦に相応しい戦いだったと思う。


ICE×∞王座獲り。今度は春輝つくしのいない世界で、朝陽は挑んでいく。



torinosu_singh at 20:43コメント(0)春輝つくし朝陽 

2022年05月08日

トリプルメインイベント・ICE×∞選手権、春輝つくし vs 朝陽。


まずは挑戦者・朝陽の入場。


220504-701




















そして王者・春輝つくし入場。

220504-701-2






















試合を裁くのはバニー及川。
佐藤淳一・斉藤一二三と同じく、ベルトを四方に掲げる最後が正面であるのが嬉しい。


220504-702
















両者握手。ゴング。


220504-703










まずは静かな探り合いから始まった。


220504-704













220504-705













220504-706












フットスタンプやダブルチョップをかわし合った後、オープニングヒットとなったのは朝陽のドロップキック。


220504-707











つくしはクリストから、


220504-708














220504-709















はりつけドロップキック!


220504-710

















220504-711

















つくしのヘアホイップ、前蹴りから試合は加速していった。


220504-712
















220504-713
















220504-714














220504-715

















朝陽がコーナーへ。つくしはドロップキックでエプロンへ落とす。


220504-716

















今度は朝陽がエルボーでつくしの動きを止める。つくしを場外へ落とすと、


220504-717
















エプロンを走ってヒップドロップ!


220504-718

















リングへ戻ると朝陽がヘッドシザースで絞め上げる。逃れたつくしはカサドーラ。そして飛び出せ元気。


220504-720















神栖を放つとつくしはコーナーへ。朝陽も後を追うが、コーナー上の争いはつくしが制した。ぶら下がりのフットスタンプ!


220504-721



















220504-722















朝陽がダブルリストアームサルトを放てば、


220504-723



















つくしはヘデック。


220504-724

















朝陽は起き上がるとネックブリーカードロップ。両者ダウン。


220504-725















両者立ち上がると、激しい打ち合いが始まった。

220504-726














220504-727















220504-728














220504-729














ジャパニーズオーシャン。朝陽は一瞬体が浮いたところで踏ん張った。

220504-730













つくしのお株を奪うような連打。つくしは膝をついた。


220504-731















220504-732












朝陽はダブルチョップをヒットさせると、コーナーに上ってミサイルキック。


220504-733















220504-734














そして再び、ダブルリストの体勢に入った。

(つづく)



torinosu_singh at 21:14コメント(0)春輝つくし朝陽 

2022年05月07日

「マジか!」
「ウソだろ!?」
「何じゃこりゃ!」

これらのうちのどれかが、声に出ていたと思う。一部終了後に外に出ようとしたら、まさかのどしゃ降り。いつの間に・・・
何はともあれ駅方向に向かう。寒いしなか卯でうどんでも食べるかと思ったものの、よくよく考えたら二部の開場まであまり時間がない。結局何もせずに道場へUターンしただけという無駄な行動を取ってしまったけれど、無事一部と同じ席に座れた。ホッ。


第1試合。
一部の山下りなの入場を見て、絶対にやるだろうと思ってました。
つくしのフレンズ歌唱入場!

220502-2-001










220502-2-002










川畑梨瑚、調べたら直近のアイスリボン参戦が2019年11月。そんなに空いてるのか!

220502-2-003












試合中にも激唱するつくし。藤本さん、悶絶してます笑

220502-2-004












笹村あやめ&梅咲遥&川畑梨瑚組はトリプルよーいドン!

220502-2-005












ドロップキッカーズ、今日のダブルはりつけドロップキックは梅咲&川畑相手でした。

220502-2-006












中島&つくしでダブルのカサドーラ&フットスタンプ!

220502-2-007











こんな角度のビーナスシュートを撮れたのはもちろん初めて。試合は中島がドラゴンで川畑をフォール。

220502-2-008
















試合後、中島はつくしと握手後にエルボー笑 つくしもやり返しました。

220502-2-009











第2試合。

ショルダータックル合戦は高瀬みゆきが制する。神姫楽ミサは以降も苦戦を強いられる展開に。

220502-2-010


















はりつけのドロップキックからキャメルクラッチ。弓矢固めは南月レフェリーがひっくり返してあげましたw

220502-2-011















神姫楽のパロスペシャルは背中合わせで決める、本来の形。でもこちらを見る方が珍しいよね。

220502-2-012















そして逆エビ固めへ。ロープが被らずに撮れるので、シャッターを押す指にもリキが入ります笑

220502-2-013












神姫楽のエルボーに対して、高瀬はチョップを返していく。

220502-2-014












タックルだったか、ラリアットだったか。おそらくそのどちらか!

220502-2-015













高瀬はカミカゼを決めると、セカンドロープからダイビングギロチンドロップ。これで3カウントが入った。

220502-2-016
















第3試合はコスチュームマッチ。もちろん、技限定マッチでもある。
星ハム子は藤本つかさ流の、下からのせり上がりでコールを受けた。最後に上を見上げながら気持ち左を向くまでやり切った。お見事!

220502-2-017
















だが、一部二部通して、コスチュームマッチでのMVPは中森華子だったと思う。コーナーでの佇み方はまんま中島安里紗だ!

220502-2-018



















当然、顔面キックを何度も放っていく。

220502-2-019














「ん。目が合ったな」
ファインダーを覗きながら思った。パチリ。
一枚撮って、ファインダーから目を離す。また別のポースを取るハムさんw
パチリ。

220502-2-020











サッカーボールキック。ハムさんのキックはなんでこんなに可愛いのだろう・・・

220502-2-021












これは膝ゴンゴン→エースクラッシャー!からのつっかポーズ。

220502-2-022













セコンドを引き入れエスカレーター式ドロップキックにも果敢に挑んだものの、二度とも未遂に。残念!

220502-2-023














さらにはたいようちゃん☆ボムへ。おんぶの形で乗っかったのを見た南月レフェリーが、「向きが違う!」と直々指導ヽ(゚∀゚)ノ せっかくだから打つところまで見たかったですw
試合は変形のラ・マヒストラルで中森の勝利。

220502-2-024














第4試合。
試合は海樹リコ&真白優希組はドロップキックで始まった。

220502-2-025












いったん落ち着くと、藤本 vs 真白のグラウンド。最近はこれを見るのが本当に楽しい。

220502-2-026










中島安里紗はスリーパーからフロントネックロックへ。

220502-2-027











海樹リコのドロップキックは銭の取れるドロップキック。見ていて快感すら覚えます。

220502-2-028

















サイクロン、敗れたり!笑

220502-2-029















中島に裏アキレス腱固め。最近の真白はこんな表情も見せるようになってきました。

220502-2-030




















海樹はドロップキックを連打。エルボーの打ち合いではマウントを取っての一撃も。

220502-2-031











藤本は中島とのよーいドンからたいようちゃん☆ボムの体勢へ。ここにスルッと入ってきた真白は目潰しを決めるとサッと控えに戻っていった。最近の真白はほぼほぼシリアスファイトになっているから、こういうムーブがより効果的になっている。凄くいいアクセント!

220502-2-032

















3発、4発、5発・・・何度もダブルでドロップキックを放っていく2人。
試合は藤本のサイクロンで海樹がフォールされたものの、2020年組は本当に素晴らしかった。

220502-2-033











「ベストフレンズを、私達は越えてみせます」
よく言った!!

220502-2-034













かくして、ベストフレンズ興行全試合は終了した。

220502-2-035










最後は全選手がリングに上がっての「フレンズ」熱唱タイム!

220502-2-036












いつしか、それは輪になった。何という希望に満ちたエンディングなんだろう・・・。

220502-2-037











期せずして先頭が真白&海樹というのがまたいい!

220502-2-038











220502-2-039














最後に記念撮影。

ベストフレンズは無事、4試合を完走。お疲れ様でした!

220502-2-040
















終了後。
真相を確認しようと思い、売店へ向かう。
すると、ハムさんの方から声を掛けられた。
「写真撮った?」

やっぱり分かってたんだ!ヽ(゚∀゚)ノ

hamusan
















tsuntsuku














torinosu_singh at 21:05コメント(0)超ダイジェスト 

2022年05月06日

ベストフレンズ興行。SKIPシティでの発売は並んだ順だったので早目に並び、くじ運の悪い自分では普段まず入手できないような番号をゲット。せっかくなので、シャッターリボンでは一度も体験していないリング下に陣取ることにした。会場外での整列ではなく、会場内に佇んだのちに番号を呼ばれたらチケットを見せて好きなところに着席するという、懐かしのシステム。何年ぶりだろう!

特筆しておきたいのがカメラマンの方。選手入場時やギブアップ狙いのような動きの止まる技の時に中央に寄ってくるだけで、それが終わるとスッと横に移動されていました。お陰で快適に撮ることができました!ありがとうございます。


ベストフレンズ入場。もちろん歌うは「フレンズ」だ!

220502-1-001












第1試合。再び「フレンズ」が流れる。歌っているのは・・・山下りな!笑

220502-1-002












一段高くなっている普段の席と較べて一番違うのは、やっぱり角度。見上げるような写真になるのが新鮮です。

220502-1-003












松澤さんも乱入、「2代目まつっか」だそうですヽ(゚∀゚)ノ エプロンに立って藤本にチョップを見舞うと、続いてスタナーまで!

220502-1-004










ベスフレ寄りの南月たいようレフェリーは朱崇花相手に藤本とのダブル619まで披露。そしてポーズ!

220502-1-005










久しぶりに見る朱崇花はなかなかにハードヒットだった。中島のお株を奪うような顔面蹴りを連発する。

220502-1-006















雪妃に向かい、藤本・中島・山下のトリプルよーいドン!

220502-1-007












ベスフレ連係。同時カサドーラから藤本はPK、中島はフットスタンプを決める。

220502-1-008










雪妃が藤本にタイガードライバーの体勢に。山下がトラースキックでカットに入るが、雪妃がよけて誤爆に。改めてタイガードライバーで3カウントを奪った。

220502-1-009
















第2試合。
初めて見る花園桃花。シャボン玉使いだったのか!それもすごい量。咲蘭、負けてられんぞ!

220502-1-010











いぶきさんも、使ってみましたヽ(・ω・)ノ

220502-1-011



















最初何発か、いぶきのチョップを避けていたのを見て「あら?ひょっとして徹底的に受けない人?」とモヤモヤしていやのだが・・・

220502-1-012













それは杞憂に終わりました。

220502-1-013














ミサイルキックもやるのか!

220502-1-014
















再びいぶきのチョップタイムへ。対抗して自らも打ち返していく。

220502-1-015










最後はダイビングボディープレス。フィニッシュになるの久しぶりに見たなあと思って調べたら、2019年7月以来でした。寝ている花園に握手の手を差し出したら足を出されたので、

220502-1-016















チョップを打っておきましたヽ(・ω・)ノ

220502-1-017











第3試合。
藤本つかさor中島安里紗のコスチューム着用マッチで、決め技も当人の持ち技限定となるルール。
写真は梅咲遥の中島安里紗と高瀬みゆきの藤本つかさ。

220502-1-018












南月レフェリーにつくしがドロップキック!たしか誤爆です笑

220502-1-019













梅咲が踊る。つくしに手の甲フットスタンプ!

220502-1-020













弓矢固めを掛けられたつくしを南月が助ける。南月とつくしっててっきり敵対しているのかと思ってたよ。

220502-1-021












ここで高瀬みゆきについて書いておきます。
アイスリボン&AWG合同興行の藤田あかねとのタイトルマッチで、しょっぱなからラリアットを連発して「なんだこれは」と戸惑った記憶しかなかったのが、今日の試合で随分と印象が変わった。こんなにはっちゃけられる人だったのね。

写真はYuuRiに卍固めを極めるの図。

220502-1-022














顔面キックを連打。つくしはきっちりと中島安里紗バージョンだ。

220502-1-023















と書いたばっかりだが、
「中島安里紗がやってるロープ渡りやるぞー!」って中島さん、それやってませんw
旧姓・広田さくら戦でやって気に入ったのではないかと推察します(+ ̄ー ̄)


220502-1-024
















これはやってる!スリングブレイド。
試合は梅咲がキューティースペシャルでYuuRiをフォール。

220502-1-025
















第4試合。
世志琥が痩せたのは知っていたけれど、足の細さには驚いた。

220502-1-026














いきなり場外戦が勃発!座っている場所が場所だけに焦ったよ。

220502-1-027










書く段階になって気づいた。世志琥のポーズ、左手はつっかポーズだけど、右手はいつもの中指だったんだ。芸が細かい!!

220502-1-028














リング下撮影最大の利点は、こういう写真がロープに被らずに撮れることだと思う。これは嬉しい。

220502-1-029











藤本は松本浩代&世志琥相手に忍者蹴り!

220502-1-030













浩代とは平手の打ち合いも。

220502-1-031












浩代がまさかのジャパニーズオーシャンサイクロン!これには中島がフットスタンプでカットに入った。

220502-1-032














終盤は4人が入り乱れて大技が飛び交う展開に。浩代が中島にバックドロップを決めたところでゴングが鳴った。20分時間切れ。

220502-1-033












全員が横たわる中、中島安里紗は藤本つかさの手首を握っていた。

220502-1-034











こうしてベスフレ興行一部は、大団円で幕を閉じました。最後にもう一枚。

220502-1-036











220502-1-037










「安里紗、泣いてる!」


torinosu_singh at 21:00コメント(0)超ダイジェスト 
見てね(≧∇≦)/

アクセスカウンター

    (PageView)

    ブログ内検索
    Categories
    Archives
    【写真をクリックすると、  
    プロフィールへ飛びます】





    藤本つかさ



    星ハム子



    柊くるみ



    世羅りさ



    宮城もち



    藤田あかね



    弓李



    雪妃真矢



    松屋うの



    トトロさつき



    星いぶき



    朝陽



    つくし



    鈴季すず



    バニー及川



    Yappy



    テクラ



    石川奈青



    真白優希



    咲蘭



    キク



    松下楓歩



    尾崎妹加



    安藤あいか

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ