2016年07月01日

第2試合、235 vs チェリー。

オンリーギブアップマッチであるこの試合。
当然、通常の試合よりも地味な攻防となる。


160625-141












がぶってから235を引っくり返したチェリーはヘッドロックへ。

160625-142












235はボトムロープに足を伸ばしてブレイク、今度は上を取る。

160625-143













だが、すぐさまチェリーは三角絞めへと移行する。

160625-144

















160625-145













再びロープに逃れた235はスタンドに戻るとブレンバスター。

160625-146
















投げた後は腕狙いだ。

160625-147
















だが、これもチェリーは難なく切り返してみせる。

160625-148













235に勝機が訪れたのは、チェリーの背に乗ってのスリーパーを掛けたとき。
時間が経過するにつれて、じりじりとチェリーの姿勢が低くなっていく。

160625-148-2

















膝をつき、そして遂にマットに横たわる。

160625-149











何とかロープに逃れたチェリーはドラゴンスリーパーへ。

160625-150
















だが、235はこれを切り返した!

160625-151












この後235が繰り出したのは、ビクトル投げからの膝十字固め。

160625-007












160625-152











今度はチェリーが切り返す。

160625-153













235の顔面にニーを入れると、

160625-154















チェリーは235の左腕を取って両脚で挟み込むと、そのままの体勢で回転した。

160625-155














そしてグラウンドでのスリーパー。これで終わりかと思った。
が、235はここでも切り返した。体勢を引っくり返すと立ち上がり、腕ひしぎへ。

160625-156












この後チェリーは突然の変調をみせる。
四つんばいになりゴロンと235を転ばせると、

160625-157






 











春夜恋。

160625-158















オンリーギブアップを忘れてるよ・・・

そう思った次の瞬間、チェリーは235の腕を絞め上げていた。
今日の春夜恋は、ギブアップを取るための「過程」だったのだ。
 
160625-008













またしてもチェリーの奥深さを感じさせられた試合。

160625-159








 











でも、235もよかった!



torinosu_singh at 21:22コメント(0)235 

2016年06月30日

第3試合、弓李 vs 長崎まる子。

デビュー戦以来の北沢。ただ頭を下げるだけだったコールは、
今やこんな堂々としたポーズを取るようになった。

160625-122
















弓李入場。まずはベルトをまる子に見せつけてからのコール・・・

160625-123













のはずが、まる子が奇襲をかけた。紙テープがからまりながらの首固めだ。

160625-124












この非常事態に、星ハム子が入ってくる。

160625-125














ようやく落ち着いた。ロックアップ、リストの取り合い。

160625-126










まる子がヘッドシザースを極めれば、

160625-127











弓李はボディーシザースからサーフボードストレッチに移行する。

160625-128







 









ボディスラムを放ったあと、弓李が走る。まる子を踏みつけながら。

160625-129








 






そして側転式のボディープレスだ。

160625-130
















続いてキャメルクラッチ、

160625-131










腕固めと攻め立てる。

160625-132
















ネックブリーカーの連打を凌いだまる子はドロップキック。

160625-133














160625-011


エルボーの打ち合い。
いつもグッと胸を突き出す、弓李のこの技を受けは印象的だ。

160625-134











弓李がまる子の右腕を取ってまたいだ。

160625-135


















腕ひしぎ十字固め。

160625-136













今日はカウンターで飛び出した。
まる投げ!

160625-137

















2発目は弓李が堪える。フィッシャーマン!

160625-138














試合はこの技で決着をみた。


まる

160625-139













コロリン!

160625-012


弓李はカウント2だと抗議するも、当然覆るはずもない。
まる子は極められた右腕を押さえている。

160625-140








 



そしてまる子は、弓李にベルト巻きポーズを見せつけてから退場した。


かくして、前哨戦はまる子の勝利。
後楽園で勝つのは果たして・・・!?


 

torinosu_singh at 20:39コメント(0)弓李長崎まる子 

2016年06月29日

セミファイナル・ハードコアリボンタッグマッチ、葛西純&松本都 vs 宮城もち&藤田あかね。

先発は松本都と藤田あかねだったがあかねは松本都をコーナーに投げつけて葛西純を呼び込むも、今度は葛西があかねをコーナーに打ち据え宮城もちにタッチを促すのであった。

で、この場面となる。
やたらと愛想のいい、女子プロレス界の佐々木希なのであった。

160625-100-2
















まずは葛西のもちに対するお手並み拝見か。
イスチャンバラは2・3発ほどでもちは持っていたイスを弾かれてしまう。

160625-101
















ならばとセクシーポーズ披露に切り替えたもち。
葛西は、

160625-101-2











意に介さずヽ(・ω・)ノ

160625-102












この後もう一発イスを振り下ろした葛西は長座しているもちにドロップキック。
葛西のドロップキックですごく新鮮な気がする。

160625-103











もちの反撃は、ムチ攻撃から。

160625-104











しかし、それもすぐに奪われてしまう。

160625-105















飛び出した藤田あかねは葛西とタックル合戦。
いいね!

160625-015














葛西の体に隠れているが、これは持参したバットをスイングしているところだ。

160625-106















バットを奪った松本都はバットをあかねの脳天に振り下ろしていく。

160625-019
















そしておげれつ攻撃w

160625-107













コーナーに上った葛西を抱えたあかねはパワースラム!

160625-108



















都がコーナーにラダーを立て掛ける。そこにあかねが突っ込む。都がかわすと
ラダーもろとも倒れ込んだあかね。
そこにマンマミーア・オン・ザ・ラダー。
これだけでも充分に痛いと思うが、この後もさらに痛いシーンが続出することになる。

160625-109















今日もドンピシャのタイミングで決まったもっちりバディシザース。

160625-110













ただでさえ過酷な技であるというのに、それをイス上に落とすとは・・・!

160625-016













あかねはモロにラダー上に投げられた。これも痛い!

160625-111












再度コーナー上の葛西を捕らえたあかねはラダー上へのパワースラム!

160625-112













あかねがラダーを持ち上げ、葛西に向かって突進した。
葛西が踏ん張ると、もちが助太刀に入る。

160625-113
 










ラダーに上るあかね。
葛西はイスを投げつけると、反対側から上っていく。

160625-114












ブレンバスター!普段の試合ではあり得ない高さだ。

160625-018

















そしてラリアット。というより、アックスボンバーに見えた。

160625-115
















シャイニングミヤコザードを挟んで、

160625-116



















リバースタイガードライバー!

160625-117















これで終わりかと思ったが、あかねはカバーを跳ね上げた。あかねが変わって
来たのは攻撃の思い切りの良さだけではない。耐性も確実についてきている!


ゴーグルを装着してのマンマミーアZからの、

160625-118


 













シェーッ!!

160625-119














パールハーバースプラッシュ!

160625-120















粘ったあかねも、さすがにこれは返せなかった。

160625-121













アイスリボンらしい明るいテイストのハードコアマッチではあるものの、
さんざんリポしたように、技の一つ一つは相当に痛い。
みなさん、ご自愛ください!><



torinosu_singh at 21:27コメント(0)松本都藤田あかね 

2016年06月28日

藤本つかさはダイビングローリングネックブリーカー。

160625-079















そして極楽固めへ。

160625-080












これに対し、世羅りさはゆりかもめで対抗する。

160625-081












リバーススプラッシュ式のダブルニーを落とすと、コンバインへ。

160625-082















ダイビングダブルニードロップは藤本がかわすと、世羅は自爆することなく着地する。
スピアを放つと、続いてエアーズロック。

160625-083












替わった優華はダイビングエンジェルサンダー。

160625-084















そして雪妃真矢がスノウトーンボム。これもクリティカルヒットだ。

160625-085

















ダイビングダブルニーが2度目にヒット。
世羅のカバーはつくしがカットする。

160625-026
















膝立ちの状態でエルボーを打ち合う両者。

160625-086













立ち上がってからも続いた応酬のあと藤本が放ったのは、

160625-087













インフィニティー!

160625-088





 








豊田真奈美が中に入ってくる。
同時に放ったのは、ジャパニーズオーシャンサイクロン・

160625-089













スープレックスホールド!

160625-090












つくしは世羅をジャーマンで投げる。

160625-091



 











ウラカンラナを狙う藤本。だが世羅は回転を許さなかった。
目よりも高く藤本を抱え上げると自らが横に回転した。

スパイラルボム!

160625-092














再び入ってきた豊田が世羅を肩車する。
そこに藤本がミサイルキック!

160625-093
















両手を広げたあと、コーナーに走る藤本。
途中で捕まえた世羅は藤本を丸め込んでいく。

160625-094














ファルコンアローも綺麗な形で決まる。

160625-095













世羅攻勢。
今度はエアーズロックだ。

160625-096















藤本がツカドーラ。

160625-097















そしてビーナスシュート!

160625-027















カバーに入る藤本、鳴るゴング。
だがそれは、3カウントが入ったし印ではなく、時間切れを告げる音だった。

160625-098











さすがに消耗の度合いが大きい選手たち。

160625-099

 








マイクを掴んだのは、ICE×∞王者、世羅りさ。

160625-028










 






そして挑戦者、藤本つかさ。

160625-029


 













 
「王者」と「エース」の闘い。
制するのはどちらだ!?
 

torinosu_singh at 21:15コメント(0)アジュール・レボリューションドロップキッカーズ 

2016年06月27日

ようやく世羅りさからタッチを受けた雪妃真矢は豊田真奈美にキックを浴びせる。

160625-052













だが豊田もすぐにミサイルキックで反撃する。

160625-053













そして回る。
ローリングクレイドル!

160625-054












コーナーに上るつくしを追う雪妃。だが制コーナー権はつくしにあり、だ。

160625-055

















背中を向けた雪妃に串刺しドロップキック。

160625-055-2














雪妃はニーを入れたあと、激しいキック。最近の雪妃は、凄く思い切りがよくなったと思う。

160625-056















雪妃はソバット。つくしはカサドーラからのフットスタンプを放つ。

160625-057












今度は優華に串刺しドロップキック。高い!

160625-058














エルボーでつくしを倒した優華はダイビングエルボー。

160625-059













コーナーでの争いをまたも制したつくしは優華を逆さづりにすると、
そこにダインビングフットスタンプを落としていく。

160625-060















ジャパニーズオーシャンを堪えられると、はみだしドロップキック。
さらに神栖を放って藤本つかさにタッチする。

160625-061














サッカーボールキック・PKを浴びせると、つくしと二人掛かりで優華をロープに
横たわらせる。

160625-062















そこにダブルのドロップキック!

160625-063













二人は豊田を呼び込み、コーナーに振った。串刺しのドロップキック。

160625-064


















続くダブルのミサイルキック狙いは優華が追いつき、雪崩式フランケン。
そしてダイビングボディーアタックで舞う。

160625-065
















最近優華がよく見せるのが、キックをブリッジでかわすムーブ。これは華麗だ。

160625-066











「豊田さん、見ててください!」
ジャパニーズオーシャンサイクロンの体勢に入った藤本。
だが、これは優華が前方に回転して押さえ込む。

160625-067















そして逆さまガール、

160625-068














エンジェルストランペットスープレックスホールド。

160625-069

















代わった世羅はセラリズムバスター。

160625-070


 










そこに優華がダイビングエルボー。

160625-071







 







雪妃を抱え上げた世羅は、エアーズロックの要領で藤本の上に落としていく。

160625-072







 








藤本はカサドーラからのPK、

160625-073





 









ここからミサイルキックの共演・競演となる。


藤本つかさ、

160625-074
















優華、

160625-075













つくし、

160625-076 












締めはやっぱり豊田真奈美!

160625-077












3人は、3つのコーナーで姿勢を低くした。
トリプルクラウチング式・・・

160625-077-2










串刺しドロップキック!

160625-078












さすが”スーパードロップキッカーズ”!


(つづく)







torinosu_singh at 20:58コメント(0)アジュール・レボリューションドロップキッカーズ 

2016年06月26日

メインイベント、世羅りさ&雪妃真矢&優華 vs 藤本つかさ&つくし&豊田真奈美。


ドロップキッカーズと生みの親。
結成時にいがみ合っていたのが懐かしいな。

160625-030












奇襲をかけたのはアジュレボ&優華組。
はりつけ攻撃を目論んだものの、逆にドロップキックを浴び・・・

160625-031










こうなる。

160625-032











はりつけドロップキック!

160625-033










この後全員が場外へなだれ込み、小戦争状態へ。

160625-034













160625-100












世羅はアイスリボン11周年突入記念。
「11回回すぞ〜!」

160625-035
















藤本つかさは優華をキャメルクラッチに捕らえる。
優華はガブリ!

160625-036















串刺しドロップキックから膝ゴンゴン→エースクラッシャーへ。

160625-037

















優華が豊田真奈美に食らいつく。だが、豊田は平然だ。

160625-038















そしてポーズ!

160625-039












豊田の鎌固めには場内からどよめきが起きる。
さらに、続く弓矢固めの高いこと!
技から解放するときにはさらに高く・・・

160625-040















跳ね上げた!

160625-041

 














お転婆ダッシュ。

160625-042












場内大きく沸いたのはドロップキック相打ちのシーン。

160625-043












藤本は優華の手首を掴み、世羅に近づけては離してタッチしようとする
世羅を挑発する。

160625-044











これは強烈!藤本が足四の字を極めたところに豊田が降ってくる。
全女の香りがする連携だ。

160625-045
















ダブルアーム。豊田はたっぷりと間を取って後方に放り投げた。

160625-046














三角飛びでダイビングボディーアタックを放った優華はようやくタッチ。

160625-047














飛び出したアジュレボはダブルのドロップキック。

160625-048















続いてダブルの串刺しエルボー。
飛び込んできたつくしを逆さづりにして世羅がニーアタック!

160625-049
















「豊田さん、はじめまして!世羅りさです」

自己紹介する世羅。初対決だったのか。
世羅は豊田を持ち上げようとするも未遂に終わる。

160625-050














世羅エルボーの返礼はビッグブーツ、そしてカカト落とし。

160625-051






 







相変わらずのこの高さ。
豊田真奈美、本当に凄い。

(つづく)



 

torinosu_singh at 21:21コメント(0)アジュール・レボリューションドロップキッカーズ 
セミファイナル。

葛西純「みやこっち、今日は仕事してもらうからな!」

ということは、普段はw

160625-014















藤田あかね、よかった!ショルダータックルでも魅せたし、
ハードコアへの順応性もマル!

160625-015














ただでさえ身を削るようなダイビングギロチンをイスの上に落とすって><
あんまり無茶しないでね(´・ω・`) 

160625-016













葛西の試合は本当に楽しい。対戦相手・パートナー・観客・セコンドを自在に
イジりながらこのハードさ。素晴らしいです。

160625-018








 








「今のチャンピオンは誰だ?ベストフレンズ!?
中島安里紗、来てんだろ?出てこいよー!」

「客席ざわつくなよ。来てるワケねーだろ!」
うめえww

160625-020













メインイベント。

入場時に小ハプニング発生。
自チームのコール後もなぜか中央にいたままの豊田さん。
雪妃のコールに完全にカブっちゃった。
慌てるつっかとつくしw

160625-021











試合開始早々、まさかの小戦争勃発。
北沢で簀巻きが見れるとは!

160625-022















世羅りさのジャイアントスイングは、11年目のスタートを祝って11回転!

160625-023


















豊田は鎌固めに続いて弓矢固めへ。高い!

160625-024

















雪妃も凄くよかった。技の一つ一つの思い切りがいいし、
声もびっくりするくらい通る。

160625-025

















世羅はダイビングダブルニードロップ、

160625-026
















藤本つかさはビーナスシュートを繰り出すも、決着はつかず。

160625-027















30分時間切れ。
最初に世羅が、続いて藤本がマイクを取る。

160625-028

















このところ、「世羅りさと後楽園でシングルを行う意味」を問うていた藤本。
今日は更に一歩踏み込んだ発言をしていた。

「全てを託そうと思ってます」

160625-029














 
 

最近の二人のやりとりで起こっていたざわざわが、増した。
気になる・・・



torinosu_singh at 00:31コメント(0)超ダイジェスト 

2016年06月25日

オープニングはステージに並んだ選手達が一斉にリングインするという
シンプルなものでした。挨拶は世羅りさ。

160625-001










第1試合。
本日デビューの松屋うの。おめでとう!

160625-002



















プロサー入りはうのの方が先輩で、デビューは沙弥が先というほのかな”ねじれ”が
興味をそそる。今後のライバル関係が楽しみ!

160625-003














ワクワクしたのは星ハム子と柊くるみのショルダータックル合戦。
ビシャッ!っていう、あの音が快感なんだよね。

160625-004

















松屋うの、終盤のスクールボーイ3連打が印象的でした。流れがスムースです。

160625-005














第2試合。
 
235は何度もおっ!という場面を見せてくれた。
おんぶから入ったスリーパーしかり、

160625-006 
















チェリーのドラゴンスリーパーを切り返したシーンしかり。

160625-007












あえて春夜恋を繰り出し、「おいおいオンリーギブアップだよ・・・」
と観客に思わせておいて、そこから腕取りに移行しタップを奪う。

160625-008







 




 チェリーはやっぱり奥が深い!


第3試合。

長崎まる子のゴング前奇襲って初めてかな?紙テまみれ。

160625-009 












最近の弓李は、技と技のつなぎがすごく自然でいいかんじ。

160625-010












一方のまる子も逆エビで対抗する。

160625-011














最後はまるコロリン!

160625-012















前哨戦を制したまる子はベルト巻きポーズをしてから退場。

160625-013












さて、どうなる後楽園!?




torinosu_singh at 20:24コメント(0)超ダイジェスト 
◆松屋うのデビュー戦
○星ハム子&テキーラ沙弥(ダイビングボディープレス)柊くるみ&松屋うの×


◆オンリーギブアップマッチ
○チェリー(ダブルアームバー)235×


◆10分1秒1本勝負
×弓李(まるコロリン)長崎まる子○


◆ハードコアリボンタッグマッチ
○葛西純&松本都(パールハーバースプラッシュ)宮城もち&藤田あかね×


◆6人タッグマッチ
△世羅りさ&雪妃真矢&優華(30分時間切れ)藤本つかさ&つくし&豊田真奈美△

image



torinosu_singh at 10:00コメント(0) 

2016年06月24日

突然ですが、サイト名を変更しました。

「ICERIBBON FILES」。

アイスリボンファイルズ、 略してアイファイです。
かなり前からこの名前を考えていたんだけど、ちょうど
団体が10周年ということで、変えるんなら今だ!と思って。

「愉快な仲間たち」って口にするのが照れくさくって言いづらいってのがあったし、「あいゆか」って言う略称も収まりが悪い気がしてたし。
「アイファイ」だったら「wi-fi」みたいでいいじゃん、みたいな。


ということで、今後ともアイファイをよろしくお願いたしますヽ(・ω・)ノ 



 aifi

torinosu_singh at 21:54コメント(0)アイファイ 
見てね(≧∇≦)/

更新への励みに
ポチっとお願いしますヽ(・ω・)ノ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター

    (PageView)

    ブログ内検索
    Categories
    Archives
    【写真をクリックすると、  
    プロフィールへ飛びます】




    ☆アイスリボン所属選手☆


    藤本つかさ


    星ハム子


    つくし


    柊くるみ


    宮城もち


    世羅りさ


    235


    藤田あかね


    弓李


    優華


    雪妃真矢


    長崎まる子


    長野ドラミ


    安藤あいか



    ☆崖のふちプロレス所属選手☆

    松本都

    QRコード
    QRコード
    Twitter プロフィール
    • ライブドアブログ