2016年01月

2016年01月31日

第1試合、藤本つかさ vs 長崎まる子。

160130-018











試合前、両手を差し出すまる子にそっけない態度の藤本。
すると藤本、マイクを取った。

160130-019












「プロレスラーらたるもの、二重飛びができないとは何事だ!」

160130-020














「お客さんの前で飛べんのか!やれんのか!」

縄跳びをまる子に手渡す。

160130-021













まる子チャレンジ。二重飛び、飛んだとしてもおそらく1度か2度。

160130-021-2

















160130-022
















藤本はまる子をコーナーに振って串刺しのドロップキック。

160130-023


















そして自ら二重飛び!

160130-023-2


















どや顔w

160130-024






















そして通常の試合に。まる子は軽快な動きを見せる。

160130-025
















一方の藤本も、ロープを使っての一回転だ。

160130-026














グラウンドへ。藤本のがぶりを切り返そうとするまる子だったが、
藤本が同時に体勢をスイッチするため、上になることができない。

160130-027










サッカーボールキックからクロスフェース、ひっくり返して
背中合わせに固めていく。

160130-028












スタンドに戻るとエルボーの打ち合い。

160130-029















ドロップキックを決めた藤本は、まる子を東側のロープにはりつけた。

160130-030

















はりつけドロップキックは、まる子がかわした!

160130-031












藤本をはりつけにするとポーズを取る。そして、

160130-032

















はりつけドロップキック!

160130-033













まる子はボディースラムからドロップキック3連打。

160130-034






 





対する藤本も同じ3連発だ。

160130-035














コーナーに上る藤本をまる子がデッドリードライブに捕らえる。
その後、まる子は自らコーナーに上っていく。

160130-036






 




コーナーからのまる子の技ってなんかあったっけ!?
 
ワクワクしながらシャッターチャンスを待った。

(つづく)



torinosu_singh at 21:18コメント(0)藤本つかさ長崎まる子 
第1試合。
試合開始直後、つっかがマイクを要求するので「都かよ!」って思ったw


突如行われたのは、長崎まる子の2重飛び試験。
成功したのは1回?2回?

160130-004

















つっかも軽快な飛びを披露。交差式の2重飛びは成功したんだっけか?

160130-005


















でも第1試合一番のニュースは!



祝!長崎まる子初ミサイルキック!!ヽ(゚∀゚)ノ

160130-006















第2試合。例によって孤立するみやここさん。

160130-008









弓李のしなりがいい!

160130-007















第3試合。
驚いたのがフィニッシュシーン。

押さえ込み合戦となって、

160130-009













切り返したもち。がっちりと固めるのかなと思っていたら、

160130-010











ここからメタボリックサンドへ!やっぱりセンスあるなあ。

160130-011



















第4試合。
かわいい><

160130-012









Teensがポーズ。
そうそう、つくしは高校の卒業が正式決定したそうです!

160130-013













何度もどよめきが起きていたのがつくしの鋭角なエルボー。
ホント凄いわ。

160130-014













座談会。
つっかはキムキョン2次会へ赴くために既に着替えてます。
木村響子が結婚したってこのとき初めて知りました・・・おめでとう!

160130-015




















小波女の座を巡ってバチバチの藤田あかねと優華。
「アイスリボンを代表するという気持ちを持って戦って」
というつっかの言葉も素晴らしい。

160130-016












今日のサプライズバースデーケーキは佐藤社長。

160130-017










おめでとうございます!!




torinosu_singh at 00:00コメント(0)超ダイジェスト 

2016年01月30日

○藤本つかさ(ビーナスクラッチ)長崎まる子×


▼トライアングルリボン
○真琴(無気力キック)弓李×
※もう一人は松本都


○宮城もち(メタボリックサンド)雪妃真矢×


星ハム子&×藤田あかね(スクールガール)つくし&優華○


image




torinosu_singh at 16:00コメント(0)アイスリボン速報 

160109-241












160109-242














160109-243
















160109-244













160109-245













160109-246

















160109-247



















160109-248












160109-249










160109-250













160109-255

























160109-251












160109-252












160109-253











160109-254











 

torinosu_singh at 01:17コメント(0)希月あおい長崎まる子 

2016年01月29日


151231-312












151231-313















151231-314












151231-315



















151231-316













151231-317














151231-318










151231-319




 







151231-320










151231-321















151231-322



















151231-323












151231-324


















151231-325










151231-326










151231-327













151231-328


















151231-329






 







 

torinosu_singh at 19:59コメント(0)星ハム子 

2016年01月28日


151228-221
















151228-222













151228-232











151228-223












151228-224



 









151228-231

















151228-226









151228-227




 









151228-228










151228-229
 










151228-230
 








 

torinosu_singh at 21:57コメント(0)世羅りさ 

2016年01月27日

第1試合、藤本つかさ&つくし&長崎まる子 vs 宮城もち&藤田あかね&雪妃真矢。


いつもどおり、堂々入場の藤本つかさ。
まさかその後、あれほどの苦境に陥ることになろうとは
おそらく本人も知らなかったと思いますw

151228-183













先発はそのつっかともち。

151228-184












サッカーボールキックからのボディースラム。

151228-185













カバーにいくも、カウントはされず。
なぜなら、季節感がないからなのですねヽ(・ω・)ノ


151228-186













その点、宮城もちはほどんど反則だ。
名前自体が季節含みだから。

151228-187





















「パワーボム!」

つっかは叫んだ。気がする。
「餅つき」ってことだったのかなあ。


でも未遂。

151228-188
















一方、もちは全ての技が季節感ありまくりです。

151228-189










鏡餅攻撃は、もちとみかんの位置逆でしょ、という場内の声しきり。

151228-190
 














これは座布団一枚!と思ったのは、雪見だいふく。

151228-191










雪妃 vs まる子。雪妃がボディースラムを連発する。

151228-192






 











つっかともども、まる子も至極不利だよね、という写真。
レフェリー、突っ立ってます。

151228-193
















あかねが叫んだ技の名はなんだったっけー!?
通常であれば結び目固めだろうけれど。


151228-194






 














まる子はドロップキックで反撃。

151228-195




 









つっかはミサイルキック。
でもやっぱり季節感なしw

151228-196




 









これは初めて見たドロップキッカーズの連係。
つっかがつくしをぐるんと持ち上げてあかねに叩きつける。

151228-197




 











もちはもち。繰り出す技は全てもちw

151228-198
















一方、ことごとくカウントを取ってもらえないつっか。
正直・・・
すごく楽しかったですヽ(゚∀゚)ノ
なぜかというと、普段は完璧超人のつっかがここまでダメダメな姿って見たこと
ないわけだから。これは新鮮ですわよ。


151228-199















そしてつくしに助けを求めたつっか。


「ハルカゼってどうやるの〜!?」


つっかの悲痛な叫びに対するつくしの指示が、すごくお気に入りになりました。
どれくらい気に入ったかというと、

「細かい言葉まで覚えられなかったけれどぜひとも載せたい一心で
後日、ニコプロでの放送を見ながらメモを取った」

くらいに気に入ったのです。



「ハルカゼってどうやるのー!?」

「あたまもってけー!」

「あたま持ってー!?」

「セカンド乗れー!」

「セカンド乗ってー!?」

「腰にとびつけー!」

「腰にとびつけー!」

「いけー!」


藤本つかさ、行きました!
行きましたが、

151228-200













・・・うまくは行きませんでしたw

151228-201














つくしはダイブ!

151228-202


















もちはなぎ倒す!

151228-203

















でんでんむし。6月あたり?

151228-205












そしてつくしタイム。

151228-206
 











これはなぜにこういう展開になったのか分からなかったのだけれど、
ロープワークのまる子につっかがアシストしたカタパルト攻撃。


151228-207









雪妃 vs まる子。

151228-208

















つっか串刺し。
でも季節感なしw

151228-209















そうそう、これ書いとかなきゃ。
解説の翔太、凄かった!
教えられなきゃ本当に須山さんが解説してると思ってしまうレベルの高さ。
しかも須山さんがいかにも言いそうなことをいうのが輪を掛けて素晴らしいんだよねえ。
「弓李選手に10ポイント」とかw
つっかいじりも楽しかったです!

151228-210















まる子も季節感という敵に苦闘する。

151228-211















「サマーソルトドロップー!」

つっかの叫びにまる子が呼応する。
これは「サマー=夏」ということだよね?

151228-212

 















後で知ったんだけど、「サマーソルト」の「サマー」、実は「夏」とは関係ないらしいです。
つづりも違うし、この単語自体に「とんぼ返り、宙返り、宙返りをする
って意味があるらしいですよヽ(・ω・)ノ


まる子は突進する雪妃をひらりとかわして回転エビ。
まる子ホント器用だな。

151228-213








 









雪妃はチョークスラム。

151228-214
















そしてサマーソルト。
2人が立て続けにこの技を繰り出して思ったのが、おそらく普段出さないだけで
みんなできるんだろうなあということ。受身でやってるよね。

151228-215



















雪妃の絡め蹴りは二人もろとも。

151228-216















そして超ダイジェストで絶賛したスノートーンが出たわけです。
こんなに反った状態から、よく背を丸め込めるものだと思ったよ。

151228-217















勝利のもち&あかね&雪妃。

151228-218











「何をやってもうまくいかないていのつっか」
というシチュエーションは、本当に楽しかったです。
おそらく、この試合は理想的な第1試合だったと思う。
ものすごくいいかんじに場内をあっためて、続く携帯破壊に
実にいい形でバトンを渡したなあって。


ブラボ〜!!





torinosu_singh at 22:16コメント(0)藤本つかさ雪妃真矢 

2016年01月26日

第2試合、松本都 vs 235 vs 弓李。

都がマイク。
「レベルが違うだろ!」
カード及びレフェリーに不満があるということらしい。

160109-220











もちろん、こういうスタートでなくても標的になるのは都だ。

160109-221













弓李がレッグシザースで倒した都に、235がY字からのボディープレス。

160109-222













その後都に対するフォールの仕掛け合いとなった235と弓李。
スタンドに戻るとエルボーを打ち合う。
場外に出ていた都がエプロンに上がるたびにどちらかが飛んできて、

160109-223












都はその都度場外へヽ(・ω・)ノ

160109-224












235がスリーパー。弓李も足四の字を掛けている。

160109-225











これは上手い体勢!引っくり返った弓李も痛い。

160109-226











ロープブレイクになるとダイビングボディーアタックを放っていく。

160109-227












都がコーナーに上る。
しかしこのマンマミーアZは、

160109-228


















阻止されましたヽ(・ω・)ノ

160109-229


















235、今度は弓李相手にスリーパー。
いい顔してますな。

160109-230














首かっ切りポーズから狙うは、変顔式腕固め。

160109-231


















脱出した235と弓李はダブルのブレンバスター。

160109-232















からの、マンマミーア!

160109-233










このポーズは何だったのだろう。
干支にちなんだのかな?

160109-234











Y字バランス、繰り出す人繰り出す人みんな都より上手い気が
するのは気のせいなのでしょうか・・・(笑)

160109-235











これは弓李のジャパニーズレッグロールでの
フォールを、都がMIOを襲うことによって阻止したシーンだ。

160109-236










直後にみやここクラッチを決めたものの・・・

160109-237












レフェリー不在だったのは自業自得というやつですねヽ(・ω・)ノ

160109-238


 











そしてフィニッシュ。いつも同じ顔だよね。
永田さんのは「白目」でなければなないが、都のは「変顔」でさえあればどんな
顔だっていいはず。もっと違う顔も見たい!

160109-239












MIOに手を挙げられた都は、逆にMIOの手を挙げてみせた。

160109-240






 








 
うぜえw
 

torinosu_singh at 22:25コメント(0)松本都235 

2016年01月25日

第4試合・インターナショナルリボンタッグ次期挑戦者決定戦、
世羅りさ&雪妃真矢 vs SAKI&MIZUKI。


まずはブリバト入場。

 151231-213













続いてアジュールレボリューション。

151231-214

















試合開始。
アジュレボがいきなり動いた。串刺しのダブルエルボー。

151231-215















対するブリバトもダブルの攻撃だ。
フェースバスター。

151231-216













「ハートが見えた!」

151231-217















SAKIは変形のカンパーナ。

151231-218


















世羅はリバースカンパーナでお返しする。

151231-219





















ブリバトお馴染みの攻撃は、ロープ際の馬跳びアタック。

151231-220














世羅はセラリズムバスター。

151231-221

















雪妃はMIZUKIにソバットを見舞う。

151231-222











MIZUKIはカニ挟みからエビ固めに入る。

151231-223














そしてダイビングフットスタンプ。

151231-224



















替わったSAKIがパワーを見せつける。
ショルダータックルの連打からビッグブーツ、

151231-225













ジャイアントスイング。

151231-226
















リバーススプラッシュをかわした雪妃は串刺しのジャンピングニー。

151231-227


















世羅は雪妃を踏み台にしての串刺しダブルニー。

151231-228















雪妃は絡め蹴りを放つと、コーナーに上った。

151231-229














新木場に続いて完璧なフォームだったが、SAKIにかわされてしまう。

151231-230


















MIZUKIはアジュレボの2人にダイビングボディーアタック。

151231-231














MIZUKIはリバーススプラッシュ。

151231-232
















アジュレボはダブルのチョークスラム。
雪妃がSAKIに覆いかぶさる。しかし、これはMIZUKIが飛び込んできてカットする。

151231-233














結果的にこのカットが命運を分けた。
SAKIが雪妃をショルダータックルで倒すと、

151231-234













ブレーン・・・

151231-235

















バスター!

151231-236















ごくごくシンプルなブレンバスターのフィニッシュがとても新鮮に感じた。
ブリバト、リボンタッグ挑戦へ!

151231-237



















torinosu_singh at 21:47コメント(0)世羅りさ雪妃真矢 

2016年01月24日

第1試合、長崎まる子&松本浩代&真琴 vs 長浜浩江&チェリー&飯田美花。


まる子は浩代・真琴に抱えられながらの入場。

151231-287

















すると向こうも対抗して・・・
騎馬戦で試合開始!

151231-288


















これはまる子軍の勝利。勝どきの声を上げるも、
そこを襲われた。
串刺し3連打は飯田のエルボー、

151231-289















長浜のドロップキック、そしてチェリーのエルボーだ。

151231-290

















チェリーは髪の毛引っこ抜きから引っ掻き、そして首絞めといつもながらの
老獪な攻めをみせる。

151231-291














飯田はグラウンドでコブラツイスト。

151231-292







 








そしてまる子の両脚をクロスして固める。上手い。

151231-308
















再びチェリーに翻弄されたまる子だったが、ドロップキックでようやくタッチへ。

151231-309












替わった浩代はショルダータックルでバッタバッタと3人を倒していく。
堪えるチェリーを構わず、ダイナミックなバックドロップ!

151231-293













真琴とまる子を呼び寄せると、3人分の体重を掛けたダブルニーだ。

151231-294
















飯田と長浜はダブルのドロップキック。

151231-295
















チェリーはカバーに入った長浜の上に飯田を叩きつけ、
その上にボディープレスでフォールに入る。いかにもチェリーらしい。

151231-296















真琴はダイビングボディーアタック。

151231-297
















飯田は突き上げエルボー!

151231-310


















まる子 vs 長浜。
まる子はドロップキックの3連打。

151231-298












そしてエルボーの打ち合いに。

151231-299












長浜が抱えようとしたところをまる子が回転エビに切り返す。
堪える長浜に真琴がエルボー。ナイスアシスト!

151231-311












151231-300














まる子軍攻勢。
しかしチェリーの介入を許したのが痛かった。

151231-302














長浜がまる子に水車落とし。

151231-303




 












まる子はまる投げで対抗する。

151231-304


















151231-305












しかし、カウンターのクロスチョップを浴びたまる子は
続くカサドーラで3カウントを聞くことに・・・

151231-306

















「あとちょっとだったよね・・・」
松本浩代はそんな事を語っていたのだろうか。

151231-307











めげるなまる子、初勝利はもうそこにあるぞ!



torinosu_singh at 22:25コメント(0)長崎まる子 

2016年01月23日

第2試合、星ハム子&優華 vs 新田猫子&松本都。

敗者が携帯電話を破壊されるという、過酷な試合だ。

151228-220




















ハム子・都・猫子の3人はリング上でツイート。

151228-145












ツイッターをやっていない優華はリング下のくるみからの着信を受ける。

「お疲れ様です」w

151228-146


















都がマイクを取る。
「時間切れ引き分けになったら世羅の携帯が
破壊されるんだから、20分やり過ごしましょう」

151228-147










とたんに各自、思い思いの時を過ごすことに。

優華の倒立や受身はお出かけプロレスでもおなじみだ。

151228-148













コーナーに上る都を落とそうとするハム子と優華。

151228-149











優華のこれは初めて見た。

ライオンプッシュアップ!

151228-150










151228-150-2









 
151228-151









だがこのやり過ごし作戦は、携帯を預かる世羅が却下する。
「試合放棄なら4人全ての携帯を破壊します!」


試合開始。
とっくに始まっていたんだけどw

151228-152
















猫子 vs 優華は軽やかな動き。

151228-153

















151228-154











猫子はハム子に引っ掻きまくる。

151228-155














151228-156















ハム子はおしりダー!からのブルドッグ。

151228-157














何を思ったか、都はハム子相手に突っ張りをみせた。

151228-158














猫子のハム子に串刺しエルボーを放ったあと、

151228-159













背面式バックブリーカーを極める。
カットに入った優華を都が制してコブラツイスト。

151228-160











そしてミサイルキックだ。

151228-161












ハム子のお返しはシャイニングハラザード!

151228-162



















優華が猫子に串刺しドロップキック。

151228-163
















猫子は尻尾攻撃!

151228-164













猫子がミサイルキック。
都の尻尾を掴もうとしているかのような動きが怪しい・・・w

151228-165














優華は都にエルボー。そして、

151228-166















ダイビングエルボー!

151228-167











これは珍しい、猫子が入ってのダブルシャイニング弾。

151228-168












ハム子のバックフリップに優華がドロップキックを合わせる。

151228-169
















優華はダイビングボディーアタック。

151228-170













優華がヒヤリとしたのは、逆さまガールを切り返されての押さえ込みと、
それに続くみやここクラッチ。
カットに入ったのは猫子、って都のパートナーのはずじゃw

151228-171












そう、すでに都の周囲は全て敵なのであった。

猫子がバッククラッカー、

151228-172













ハム子のスモーラリアット、

151228-173















最後は優華のエンジェルストランペットSH。

151228-174















都を除く3人には携帯が返還される。

151228-175








携帯破壊人として呼び込まれたのはくるみであった。

151228-176










場内にアナウンスされたのは、松本都携帯の経歴w

151228-177









絶叫する都を尻目に、いよいよ破壊が実行される。

151228-178













151228-179












151228-180












一番容赦のないのが優華でしたw

151228-005
















151228-181

















かくして完全に破壊された松本都携帯。

151228-182












携帯破壊マッチ、
終わってみたら大団円でした!w
 

torinosu_singh at 22:30コメント(0)優華星ハム子 
「超ダイジェストでどんな写真使ったっけ?」

詳細の観戦記を書くときに探しに行く場合がすごく多いので、
カテゴリに「超ダイジェスト」を追加しました。これで探し物が楽になります!

どうぞご利用くださいヽ(・ω・)ノ


new
 

torinosu_singh at 20:57コメント(0)チョコパ 

2016年01月22日

第3試合、
松本都&葛西純withブラックDPG vs GENTARO&火野裕士 vs アントーニオ本多&宮城もち。


試合前にメジャー歌手、ブラックDPGの歌。
 
151231-238

 











試合は松本都とGENTAROの張り合いから始まった。

151231-239



 









早くもポーズ。出だしは好調のみやここさんなのであった。

151231-240












「うわああぁ><」 的なムーブをやらせると、

151231-241
















アントーニオ本多は抜群に上手い。

151231-242













葛西純 meets もち。セクシーポーズで迫るもちだったが、

151231-243














意に介さない葛西なのであったヽ(・ω・)ノ

151231-244














火野裕士にも仕掛けたものの、バチン!と背中にチョップをもらう。

151231-245












場外戦は、ご褒美タイム。

151231-246










アントンのヽ(・ω・)ノ

151231-247











さんざん受けまくった挙句、リングに戻るとMIOにまで
鞭をふるってもらうアントンなのであった。

151231-248
















そして場外戦。
南側H列という、通路のすぐ下の座席にいる自分にとっては
待望の状況だ。

151231-249
















もうリング上は見ることができない。斜め後ろを向き、ひたすらその瞬間を待つ。


その瞬間!

151231-250



















385邪猿気違's久々のマンマミーア。
初めてのときは全く息が合わなかったけれど、今回はバッチリだ。

151231-251









「シェー!!」 

151231-252












火野のパワーは本当に凄かった。
人を扱うムーブじゃない!

みやここ、物になるの巻w

151231-253






 














そしてこれだ。

151231-254





















GENが都を羽交い絞め、渾身のチョップを放つ火野。
都はすんでで身を沈めて事なきを得る。

151231-255













背中合わせに都を抱え上げた火野。
だがこれは控えの葛西がカットする。

151231-256















Fucking Bombで高々と上げられた都。

151231-257
















これはうまく丸め込んだ!

151231-258
















MIOを妨害することでカウント3を逃れた邪猿気違's。
怒りの張り手の金的を食らう。

151231-259



 











もちはもっちりバディーシザースを火野に放つと、

151231-259-2















アントンがフィニッシュへのお膳立て。
もちはコーナーに上ると、

151231-260
















棚からぼたもち!

151231-261
















この二人も邪猿気違'sに負けず劣らずいいかんじのチームですな。
GOOD JOB!

151231-262












torinosu_singh at 21:56コメント(0)松本都 

2016年01月21日

第3試合、大畠美咲&優華 vs 世羅りさ&雪妃真矢。

お揃いのウェアがいかにもタッグチームらしくていいね。

160109-195














対するは”白い天使”と”青い妖精”。

160109-196













先発は優華と雪妃。
オープニングヒットは優華のドロップキックだ。

160109-197











串刺し攻撃のあと、両手を組んでのダブルエルボー。

160109-198













優華「白い天使!」
大畠「青い妖精!」
優華&大畠「ワー!!」

「ワー」が棒読みっぽくってツボりましたw

160109-199








 








大畠「年の数だけいくぞー!」

年の数だけ顔面ウォッシュをきめるということだ。

大畠「いくつになったんだ?」

雪妃「(ごにょごにょ)」
 
160109-200













大畠「そんなにやれっかー!」

160109-201
















雪妃「年上なめんなー!」

160109-202














替わった世羅は大畠・優華の順にドロップキック。
串刺しエルボーを大畠に放つと、優華をコーナーに宙吊りに。

160109-203
















そこにダブルニー!

160109-204
















串刺しのお返しは、優華のドロップキック。

160109-205















世羅はセラリズムバスター。

160109-206













雪妃がエルボーで攻め込む。
このあとショルダータックルを決めると、

160109-207
















アジュレボ恒例の手繋ぎからの串刺しダブルエルボー。

160109-208














だが、続く串刺し攻撃、世羅の雪妃踏み台式ダブルニーは大失敗。


世羅「膝がイタい・・・」

160109-209

















優華と大畠はダブルのダイビングボディーアタック。

160109-210











ダブルチョークスラムを堪えた優華は2人同時に、

160109-211

















逆さまガール!

160109-211-2














そこに大畠がクロスボディーで飛び込む。

160109-212


 








そしてダイビングエルボー!

160109-213

















雪妃はソバットからチョークスラムを決める。

160109-214

















更に優華を抱え上げるが、これは優華が丸め込みに切り返す。

160109-215












雪妃のスピンキックをしゃがんでかわす優華。
そこに大畠のバックブローがヒットする。

160109-216














この好機を優華は逃さなかったかった。

160109-217















スクールガール!

160109-218




 






やはり、総合力は優華&大畠組に一日の長があるようだ。
そういえばタッグチーム名、まだないよね?

何かお願い!

160109-219 












 

 


torinosu_singh at 22:27コメント(0)優華 

2016年01月20日

9人目、宮本裕向。


151228-110

 













ほどなくして、戦いの場は場外へ。

151228-111


















南側に長机がセットされる。

151228-112















2人はリングに戻り、コーナー上の競り合いに。

151228-113













ここで世羅がぶち撒いたのは、牡蠣の殻。広島だけに。

151228-114

















そして宮本を落とした!

151228-115
















さすがの宮本もこれには悶絶する。

151228-116














世羅はダイビングダブルニーを敢行するものの・・・
うわああああ><

151228-117
















今度は宮本が世羅をオン・ザ・牡蠣殻。
それにしてもエグイ角度だ・・・

151228-118















151228-119















ムーンサルトプレスは世羅がかわすも、宮本は自爆することなく着地する。

151228-120


















世羅はドロップキックで宮本を場外へ落とす。

151228-121















エプロンでの張り合う両者。もちろん、セット済みの机にどちらが落とすかという
争いだ。

151228-122
















制したのは宮本。ファイアーサンダー!

151228-123















10人目。木高イサミ。

ここからは超ダイジェスト既報通り、ラダーをスノボで滑り降りようとする
チャレンジだ。

151228-124















まあ、ツーッと滑れなくてもツーッと滑れても、最後は小走りに
プレスするムーブは変わらないんだがw
でもホント、ツーッとできたあとのイサミの良すぎた笑顔、
押さえておきたかったとつくづく思う。

151228-125



 











あ!改めて探したらそれらしき表情の一枚あった!
ガッツポーズもいいぞ!!

151228-144












イサミはさらに高々と差し上げたブレンバスター。

151228-126




















それでも世羅はエルボーを放っていく。

151228-127













イサミは更なるスノボ攻撃。
ツーッと滑っての串刺しを目指したものの、遥か手前でストップしてしまう。

151228-128










不発に終わりペコリと頭を下げるイサミがおかしい。
それを受けて世羅もペコリと頭を下げる。

世羅凄いなと思ったのは、このあと。
イサミがもう一度チャレンジして同じように手前で止まったのだが、
2度目のこのとき、世羅は食い気味に頭を下げたのだ。
どういうことかというと、1度目のイサミのペコリで沸いた場内の反応で、
「この場面では頭を下げるのがいいんだな」ということを即座に理解したのだろう、
ということ。だからこそ2度目は食い気味に動けたのだ、おそらく。

世羅ペコリ写真押さえてなかったけど><

151228-129



 














これはよく持ち上げたファルコンアロー!

151228-130

















そしてラダー上の攻防へ。

151228-131
















>さすがにコーナートップからの時のように、膝を折りたたんで飛ぶことには
>恐怖心があったようだ。

そう超ダイジェストでは書いていたけれど、写真を見ると単にラダーとイサミの
距離が近すぎていたからだけだったのかもしれない。

151228-132



















スタンドになると、世羅が強烈な張り手。

151228-133














もちろんイサミも容赦ない。

151228-134
















容赦ないといえば、この腕の捻り具合も本当に容赦ない。

151228-135











これは見事にスボノに”乗っている”ダイブ!

151228-136



 













ここで沈んでも全く不思議ではないし、観客も称えていたと思う。
だが返す!

151228-137











しかももう一山超えて見せた世羅。スライディングから、

151228-138






 










ラダーを敷いたダブルニー!

151228-139




















殻をかき集める世羅。だがそこに自分が落ちることになる。

151228-140













どころかダイナミック極まりない雪崩式ブレンバスターで追い討ち!

151228-141














そしてダイビングダブルニー!

151228-142

















3600秒−
60分を告げるゴングが鳴ったのは、イサミがカバーに行ったあたり。

凄いとしかいいようのない試合だった。

世羅りさのハードコアマッチ・デスマッチへのアプローチは、断ち切り難い
成宮真希への想いゆえ、と思ってた。
世羅りさにはこうした試合形式への嗜好があったというわけではなく、
成宮とのタッグを継続するための手段なんだろう、と。

しかし、その後の人毛デスマッチ、そして今日の春夏秋冬デスマッチを見て・・・
ごめんなさい。そこに成宮ありき、というのは完全な邪推でした。


世羅りさは、すげえファイターだよ!!

151228-143








 








 
世羅りさという存在。

あらゆる方向に自在に舵を取れる、とてつもない存在になりそうだ・・・!



torinosu_singh at 21:39コメント(0)世羅りさ 

2016年01月19日

第2試合、優華 vs Sareee。

151231-264














試合開始。
まずはアームドラッグを打ち合う両者。

151231-264
















そして同時にドロップキックだ。

151231-265











ロックアップでSareeeをロープに詰めた優華がエルボーを放つと、

151231-266













Sareeeも体を入れ替えて対抗していく。

151231-267
















Sareeeはヘアホイップで優華を逆側に投げ飛ばすと足蹴に。

151231-268















ボディースラムの後に極めた鎌固めは綺麗な弧を描いた。

151231-269












と、優華は噛みつき!

151231-270











スタンドに戻ってからもストンピングを浴びた優華だったが、
串刺しドロップキックで反撃する。

151231-271















するとSareeeもドロップキック。

151231-272













2発を放った後はミサイルキックだ。栗原あゆみのフォームに似ている。

151231-273



 















優華はダイビグエルボーから、

151231-274














ミサイルキック。

151231-275














そしてダイビングボディーアタックだ。

151231-276
















ここからしばしエルボーの打ち合いとなる。
その結果膝をついたのは優華の方だった。

151231-277
















ロープを背にドロップキックを受けたものの、
続くジャーマン狙いを前方回転して切り返す。

151231-278















そして逆さまガール!

151231-279












Sareeeがはみだしドロップキック。
ロープに上ったところを優華が追い、

151231-280



















雪崩式フランケンシュタイナー!

151231-281


















そしてエンジェルストランペットスープレックス。

151231-282















だがこれをクリアしたSareeeはジャーマンだ。

151231-283
















フィニッシュはこの技だった。見事なブリッジ!
そういえば栗原あゆみ直伝だったのだよなあ。

裏投げ☆

151231-284


















Sareeeは終始落ち着いた闘い方で、余裕が感じられた。

151231-286
















Sareeeと優華の差、まだまだ大きいな。
 

torinosu_singh at 21:46コメント(0)優華 

2016年01月18日

第4試合、つくし&山下りな vs 藤田あかね&飯田美花。

160109-172












先発はあかねと山下。
2度・3度とショルダータックルでぶつかり合う。
そうそう、それでいいんだよ!

160109-173

 













つくし&飯田美花は軽快なアームドラッグ合戦。
どちらも投げ・受けともに綺麗なので見ていて気持ちがいい。

160109-174













つくしを怒らせるにはどうすればいいか?
ヘアホイップを仕掛ければいい。

160109-174-2













めちゃくちゃ怒ります( ̄口 ̄;)

160109-175















つくし先輩に倣っての山下りなのお転婆ダッシュ。

160109-176















そしてつくし先輩は、山下に飛び乗った。
2人分の体重が飯田くんにボスンヽ(・ω・)ノ

160109-177
















女子だとこじんまりとした角度になりがちなエルボーも、山下だとダイナミック。
いいねー。

160109-178













で、超ダイジェストでも取り上げた、飯田美花の突き上げるエルボースマッシュ。
これもホントいい。

160109-178-2














踏ん張る飯田を強引にバックドロップ。これもパワーのなせる技だ。

160109-179













再びあかね vs 山下のマッチアップ。

160109-180
















山下が串刺し攻撃を仕掛ければ、

160109-181

















あかねは水車落としで返す。

160109-182

















そしてつくし先輩の登場なんである。
とつげきー!

160109-182-2






















どーん!

160109-183















もういっぱーつ!

160109-016
















どーん!

160109-184



















そして串刺しラリアットにドロップキックを合わせる、
非情な先輩なのでありましたヽ(・ω・;)ノ

160109-185



















あかね vs つくし。

パロスペシャルを前方にぶっこ抜いて脱出したり、
ハーフの極楽固めを極めたり。
パワースラムやみかんでポンと、あかねがラッシュをかける。

160109-186
















つくしが飯田に食らったのは、はみだしドロップキック。

160109-187














もちろんつくしも繰り出していく。

160109-188

















そしてつくしタイム。

160109-189














この体勢でのドロップキックにも名前を付けたいということを以前書いた。
それは覚えてる。で、何か名付けたっけ?そっちは覚えてない・・・
やっぱり「脳天ドロップキック」だろうなあ。

160109-190


















ミサイルキック、でんでんむしを経て、

160109-191
















最後は”タメにタメる”ダイビングフットスタンプ!

160109-192

















つくし&山下組、勝利。

160109-193











これが何度目の指示になるのだろう?
山下に自分を背負わせたつくしはリングを降りたのちも、

160109-018















わざわざもう一度背負われにいくのでありました。

160109-194


















いいコンビだね。
また見たい!




torinosu_singh at 21:57コメント(0)つくし藤田あかね 

2016年01月17日

6人目、藤田あかね。

151228-072














凶器はイガ栗だ。

151228-073












あかねのショルダータックルでマットに倒れる世羅は
イガイガの痛みに悶絶する。

151228-074













151228-075











今度はあかねがレッグシザースでマットへ前のめりに倒れる。

151228-076















そして栗の投げ合いにヽ(・ω・)ノ

151228-077












こういう状況下ではシンプルな技が一番こたえる。

151228-079

 









あかねのボディースラムで、そしてパワースラムで世羅は再び悶絶する。

151228-079-2











それでもドロップキックであかねを倒すと、

151228-080














エアーズロック。

151228-081













世羅はこの試合初のフォールを奪った。

151228-082












3カウント後、優華と長崎まる子がリング内に入り清掃する中
入ってきたのは7人目、

151228-083















藤本つかさ。凶器は竹箒。
ちょうどいい!w

151228-084















当然試合は竹箒をめぐる攻防に。

151228-085





 










藤本が竹箒一閃で世羅を倒すとサッカーボールキック。

151228-086







 









そして引っ掻き!これは痛い!

151228-087


















藤本は世羅をロープにはりつけにし、箒を構えて突進する。

151228-088
















これを世羅は回避。

151228-089















今度は世羅のターンだ。

151228-090





 












これもかわした。

151228-091















だが藤本をロープに振った後の一撃がヒット!

151228-092

















藤本は串刺しドロップキック、そしてクラウチング式。

151228-093
















極楽固めを経てボディースラム、竹箒を持ってコーナーを上る。

151228-094
















実況「お?魔女か!?」

151228-095


















つっか「おーでかーけですか?レーレレーのレー!」

151228-096


 













まさかそっちとはw
勢いづいた藤本はさらに箒をふるっていく。

151228-097

















今度は花道上の世羅目掛けて、

151228-098













箒スロー!

151228-099
















これをかわした世羅はセラリズムバスター!

151228-100













と、ここで藤本はまさかの隠し玉を投入する。
柊くるみだ!

151228-101












長期欠場中のくるみが放ったのは、まさかのジャーマン。
ここまで体が動かせるようになっているんだ。よし!
 
151228-102










藤本はすかさずジャックナイフで固める。

151228-103












8人目、宮城もち。凶器はもち。分かりやすい。

151228-104













マットに餅をばら撒くと、世羅の上に乗っかりフォールへ。

151228-105










闘いはは餅の投げ合いに発展する。
多くの餅が観客席へ。受け取った餅は自分のものにしていいそうだ。
これは貴重な縁起物だね!

151228-106











リバーススプラッシュからキックを放ったもちは、

151228-107
















世羅の口に餅をぐりぐりと押し付ける。

151228-108














これには世羅、たまらずギブアップ。

151228-109












37分53秒が経過。
まだ20分以上の時間が残っている中、2度目の登場となる選手が姿を現した。

宮本裕向だ。


(つづく)

 

torinosu_singh at 22:27コメント(0)世羅りさ 

2016年01月16日

第6試合、つくし vs 浜田文子。


151231-184









試合はロックアップでスタート。

151231-185

 









文子はスピンキック。
つくしは身を屈めてかわす。

151231-186

 













続く2発目もうまくカットする。

151231-187 











ボディースラムを連発した文子は脇固めへ。

151231-188










スタンドに戻るとエルボーの打ち合いに。

151231-189














カサドーラ狙いのつくし。これを文子は強引にジャーマンでぶっこ抜いていく。

151231-190











文子が早くもコーナーに上る。
だがつくしはムーンサルトをかわすと、

151231-191 



















低空のドロップキック。狙いは膝だ。

151231-192
















そしてデジャヴ。文子が場外へ。

151231-193















そこにつくしが飛んだ!

151231-194

















文子をリングに戻すとミサイルキック。

151231-195














どうやらつくしは、ポイントを膝一本に絞っているようだ。
串刺しドロップキックのあと、文子の右足をセカンドロープに掛けて
キックを放つ。

151231-196

















そして串刺しでもう一発!

151231-197














更には裏アキレス腱固め、膝十字固めと続く。

151231-198









はみだしドロップキックの後、タイガースープレックスへ。
だが、これは文子の重みで潰れてしまう。

2発目は投げきった!

151231-199


















高角度の土蜘蛛は文子が逆に丸め込む。

151231-200
















パワーの差が如実に現れたのがこの場面だった。
つくしのハルカゼを投げ飛ばす!

151231-201


















ライガーボム狙いか、文子はつくしを大きく抱え上げた。

151231-202















だがつくしは前方に回転し、エビ固めで押さえ込む。

151231-203

















だがここで文子がカウンターのラリアット。

151231-204
















アヤコノクラズム狙いはつくしが切り返す。

151231-205
















ハルカゼが今度こそ決まったが・・・

151231-206


















文子は抱え込み式のバックドロップ。

151231-207

















竜巻蹴りを経て、

151231-208

















充分すぎるほど間を取ってからの・・・

151231-209
















ライガーボム!

151231-210













つくし、これを返した!

だが、このキックアウトで体力が尽きてしまったようだ。
続くスピンキックでカウント3を聞いた。

151231-211
















正直、もうちょっとやれるかなあと思っていたのだけれど・・・
とにかく、浜田文子のパワーは凄かった。
つくしは膝への一転集中という工夫はみせたものの、
パワーの差を埋めるには至らなかったな。

151231-212










間もなくプロレス専業となるつくしが、どういう方法で差
を埋めていくのだろうか。
つくしの第2章に期待しよう!



torinosu_singh at 22:25コメント(0)つくし 

2016年01月15日

ベストフレンズはダブルのドロップキック。

160109-152













前から中島安里紗、後ろから藤本つかさのキックがMIZUKIを襲う。

160109-153

















藤本はさらにフロントのキック。

160109-154

















ロープから戻ってきたMIZUKIを藤本が抱え上げるが、

160109-154-2






















これはくるりと回転してMIZUKIが押さえ込みに入る。

160109-155














藤本はサッカーボールキックに続いて串刺しのドロップキック。

160109-156

















クラウチング式は途中でSAKIがカット。
MIZUKIが藤本をコーナーに打ち据えたところにSAKIがボディーアタック。
そしてボディープレスはMIZUKIのアシスト付きだ。

160109-157












ブリバト攻勢。
MIZUKIがダイビングフットスタンプを放てば、

160109-158


















ショルダータックルの連打からのジャイアントスイングでSAKIが続く。

160109-159














そして逆エビ固め、

160109-160














変形のカンパーナ。

160109-161


















藤本つかさのお返しは極楽固めだ。

160109-162















ミサイルキックの後両手を広げた藤本。
だがこのビーナスシュート狙いはSAKIに阻止される。

160109-163
















SAKI注目のブレンバスターがここで飛び出した。
一旦持ち上げたものの堪えられ、この体勢となるも・・・

160109-164





















もう一度トライし差し上げた!見事だ。

160109-165




















アッと声を上げたのがMIZUKIのこの投げってキューティースペシャル!?
カウンターの入りといい反りといい、様になっていて驚いた。

160109-166










SAKIが再びブレンバスターの体勢へ。そこに飛び込んだのは、中島安里紗の
後ろからのミサイルキックだった。

160109-167















藤本はカサドーラを挟んでPKを放つ。

160109-168















再び両手を広げた。

160109-169















ビーナスシュート!
カウント3。

160109-170

















べスフレの”牙城を崩す”シーンは見られなかったのかもしれないが、
ブリバトは大健闘だったといっていいと思う。
今後もアイスリボンに定期的に上がってほしいチームだな。

160109-170-2














ベストフレンズは2度目の防衛。
なのでポーズはVサインだ。

160109-171















さあ、次の挑戦者は誰だ!?



torinosu_singh at 21:21コメント(0)ベストフレンズ 

2016年01月14日

セミファイナル・インターナショナルリボンタッグ選手権、
藤本つかさ&中島安里紗 vs SAKI&MIZUKI。


ブリバト入場。歌を聴いたのは初めてだ。

160109-131

















一方のベストフレンズは、リングサイドを回りながらの”フレンズ”だ。

160109-132












中島安里紗はしばし立ち止まってポーズを取ってくれた。
こういうことをしてくれるイメージがなかったのでビックリ。
やべえwファンになりそうです><

160109-133














先行したのはブリバト。藤本つかさ相手にダブルのフェースバスターを決める。

160109-134

















「ハートが見えた!」

160109-135















べスフレはダブルのドロップキックを決めると

「ハートが見えた!」

ブーイングを浴びたのは既報どおりだ。

160109-136













藤本はMIZUKIをコーナーで足蹴にする。

160109-137

















そしてサッカーボールキック。

160109-138














中島安里紗は顔面蹴りだ。

160109-139













ヘアホイップ2発、藤本と同じコーナーで足蹴のあと、
サーフボードに取る。

160109-140




 











今回の座席、こちら側の串刺し攻撃を撮るにはベストな位置だったが、
逆側や正面のはりつけ攻撃となるとお手上げだ。こんなかんじでしか撮れない。

160109-141
















MIZUKIがエルボー。こうしてみると細さがよく分かる。

160109-142













中島は逆片エビ固めへ移行する。

160109-143












それでもMIZUKIは何とか丸め込みを決めるとSAKIにタッチ。

160109-144




 








SAKIはいきなりショルダータックルで中島を倒す。
その後DDTからのj蹴りを食らうものの、

160109-145
















エルボーの打ち合いを挑んでいく。
最終的には片膝をついたものの、一定の時間、中島と
互角に打ち合っていたといっていいだろう。

160109-146
















中島はダブルアームスープレックス。

160109-147














中島をレッグシザースで倒してからは、ブリバトおなじみの連係だ。
SAKIが両足を抱えたところにMIZUKIが飛び込む。

160109-148















SAKIはコブラツイスト。

160109-149














MIZUKIはダイビングボディーアタックを放つ。

160109-150
 
















そしてドロップキック。

160109-151



 













 
ブリバトは、予想以上に健闘している。


(つづく)
 

torinosu_singh at 21:13コメント(0)ベストフレンズ 

2016年01月13日

ハム子のダイビングボディープレスをかわすと、もちは
バックドロップ。

160109-108














すかさずハム子も返していく。

160109-109

















もちは更にもう一発だ。

160109-110
















両者ダウン。

160109-111











ハム子はロープを背にしたもちに右のラリアット。
そして左!

160109-112
















これは珍しい、もちの雪崩式ブレンバスター。

160109-113


















この辺りは意地の張り合いだ。ハム子も同じ雪崩式!

160109-114





















つい最近になるまで、ハム子のブリッジがこんなに綺麗だったとは気づいて
いなかった。力感溢れるいい反りだと思う。

160109-115


















ここで飛び出したのが、もっちりバディーシザース。
過去に例のないほどに高い位置だ!

160109-116
















だが、決まり手とはならなかった。ハム子はジャーマンで返す。

160109-117














そしてもっちり第2弾。この技を1試合に2度出したのは記憶にない。
もちがこの技を重要視していたことの表れだろうか。

160109-118
















そして棚からぼたもち!

160109-119












続いてもちが繰り出したのは・・・

160109-120












掟やぶりのスモーラリアット!

160109-121













ハム子はラリアットのお返しをすると、

160109-122
















スモーラリアット!

160109-123
















技には同じ技で返す張り合いがあれば、
掟破りには掟破りで返す張り合いもある。


星ハム子の、

160109-124


















メタボリックサンド!

160109-124-2












そうしておいて、最後はフェイバリットのフィニッシャーで決めた。

160109-125















ハム子、これがICE×∞初防衛だ。

160109-126















160109-127














「この浮気者!」

もちが名前を挙げたのはヘイリーやハムカツだった。
ヘイリー・ヘイトレッドとは第29代のリボンタッグ王者。
ハムカツは・・・勝愛実とのチーム名か!懐かしい。

こんなタッグを見るたび、もちはジェラシーを燃やしてきたのだという。

160109-129











「私たち、笑われたっていいじゃない。たくさんたくさん笑われても、私たちね、
・・・泣いちゃった・・・私たちは私たちなりのタッグを目指していきたいと思います」

160109-130













よかった。ひょっとしたららぶっちゃのタッグ解消もあるのではないかと
思っていただけにホッとした。


さて。そろそろ気になってくるのは文体のメインカード。
おそらくICE戦がメインだろうから、ハム子は3月の後楽園を乗り切れば
当確になるのではないか。

今後の闘いに注視せよ!
 

torinosu_singh at 21:55コメント(0)星ハム子宮城もち 

2016年01月12日

メインイベント・ICE×∞選手権、星ハム子 vs 宮城もち。


160109-089














紙テープの差は単にシャッターを押したタイミングの差なので
念のため。

160109-090














宮城もちはムチを持参。Rosaから託されたものだのだろうか。

160109-091











試合開始。ショルダータックル合戦で小気味のいい音が響く。

160109-092















ハム子は突っ張り。

160109-093














ロープワークを経て再度のショルダータックル合戦はもち
に軍配が上がった。

160109-094

 












すぐにハム子が倒し返すと、両者は同時にセクシーポーズ。

160109-095











手四つの攻防のあと、ハム子はもちをコーナーに打ち据えた。

160109-096
 














ここから狙うは腹ウォッシュだったが、もちは回避する。

160109-097
















もちが串刺しアタックを繰り出せば、

160109-098

















対角線コーナーでハム子がアタック返し。

160109-099



















ハム子はおしりダー!からのブルドッグ。

160109-100













続くどすこい逆エビ固めに、もちは苦痛の表情を浮かべる。

160109-101











ロープに逃れたもちにハム子が突っ込む。
もちはレッグシザースでハム子を引っ掛けると、

160109-101-2
















ロープにもたれたもちに腹アタック、そして丸め込む。

160109-102


 












スタンドに戻ると、ハム子は腹アタックを返すが、

160109-103


 














もちはここでムチ!

160109-104


 











バックに回ったもちはハム子の両腕をクロスし絞り上げる。

160109-105



 












続いてもちはコーナーを掴んだ。
リバーススプラッシュ。

160109-106

 
















だがハム子もバックフリップ。

160109-107 


















そしてこの後、両者は激しく同じ技を打ち合うことになる。


(つづく)



torinosu_singh at 22:12コメント(0)星ハム子宮城もち 

2016年01月11日

あの技、まる投げ−。
だがこれは未遂に終わる。


あおいは水平チョップ。

160109-058














この技の名前は何というのだろうか。
まる子がトライアングルマッチ辺りから使い始めた丸め込み。

160109-059



 











あおいがすぐに攻勢をとる。
ジャイアントバックブリーカー。

160109-060












そして今度は決めた、希月あおい60キロ。

160109-061


















セカンドロープに乗ると、ダイビングセントーンを放つ。

160109-062
















ダブルリストアームサルトはまる子が堪え、
再度丸め込みに。

160109-063














今度は成功、まる投げ!

160109-064















まる子が最も勝利に近づいたのが、この後だった。
エルボーからの押さえ込み。
キックアウトされてももう一度押さえ込み。

160109-065












3度目のあおいのキックアウトは、あわや・・・と思わせるタイミングだった。

160109-066












さらに驚きの場面が続く。
ジャンピングラリアットを食らうも、

160109-067














タイミングよく逆に押さえ込んでいったのだ。

160109-068










だがあおいはすぐさまダブルリストアームサルト。

160109-069

















ここまでか・・・

返した!

160109-070















あおいはムーンホーププレッシャー!

160109-071

 














レフェリーはカウントを3つ叩いたかのように見えた。
え?これで終わりなの?というようなざわめきの中、
レフェリーは指2本を立てて試合続行を示した。

160109-072










あおいはまる子のバックを取った。
ジャーマン狙いは、まる子が腰を落として防ぐ。

160109-073 















あおいはまる子を追い、

160109-074















ロープ際でエルボー。

160109-075














そして三度この体勢に入る。

160109-076














ダブルリストアームサルト。

160109-077
















アイスリボン・希月あおいの試合が終わった。

160109-078














マイクを取ったあおいが最初に口にしたのは、まる子への感謝。

160109-079













160109-080













一番印象に残ったのは、この言葉だ。

「今度、こんなに大好きな後輩に囲まれることは私のプロレス人生にはありません」

160109-081














そうか。フリーになるということは、ひとりになるということなんだ。
そんな当たり前のことを考えた。

160109-082

















「私も頑張るから、まる子がアイスリボンを引っ張っていけるように
頑張るんだぞ。ありがとうございました!」

160109-083














今や押しも押されぬアイスリボンのエースとなった長崎まる子。
対角線には、希月あおいが立っている−。

160109-084

















そんな光景を思い浮かべる。・・・なんかワクワクしてくるぞ!

160109-085
















希月あおいは深いお辞儀をして、アイスリボンのマットを降りた。

160109-086














160109-087

















160109-088

















ありがとう。
希月あおいの試合はいつだって楽しかった。
本当にハッピーになれたよ。


またどこかで会おう!!




torinosu_singh at 22:24コメント(0)希月あおい長崎まる子 

2016年01月10日

第1試合・希月あおいアイスリボン所属ラストマッチ、
希月あおい vs 長崎まる子。


希月あおいのリングインでロープを開けたのは、星ハム子と藤本つかさ。
あおいの退団により、団体No.1とNo.2のキャリアとなる二人だ。

160109-041













コールに多くの紙テープが舞う。

160109-042











両者がっちりと握手。ゴング。

160109-043













まずはまる子がエルボーでラッシュをかける。

160109-044















まる子がロープに飛ぶと、あおいはドロップキックを合わせる。

160109-045













まる子は再度エルボー。

160109-046















あおいが対抗するのはモンゴリアンだ。

160109-047















何度かの打ち合いを経て、まる子はモンゴリアンの両手をブロックした。

160109-048













そして自らモンゴリアン!
こういう”対応力”の高さに、まる子の非凡さを感じる。

160109-049














コーナーにあおいを振ると串刺しドロップキック!

160109-050
















続いてヘアホイップを狙うが、あおいは側転で回避する。

160109-051
















フライングメイヤーからサーフボードストレッチへと移行する。

160109-052













まる子のバックに周り後方に回転すると、

160109-052-2











まる子の両脚を折り畳む。
そして「希月あおい斬り!」

160109-053












畳んだ両脚と首を掴むと、

160109-053-2














弓矢固め。なんて楽しそうな表情!

160109-053-3












ボディースラムを放つと、

160109-053-4
















セントーンを放っていく。

160109-054

















そして半捻りプレス。

160109-055















カバーをクリアしたまる子だったが、苦しそうだ。

160109-055-2












「希月あおい60キロー!」

160109-055-3












叫んでダッシュするあおい。
だが、同時にまる子も走っていた。

160109-056












迎撃ドロップキック!これは見事だ。

160109-056-2














まる子のドロップキックは体が一直線に伸びて気持ちがいい。

160109-057













まる子は方向を変えながら、さらに2発を放っていく。

160109-057-2














そしてあおいの体をホールドする。

160109-057-3

















狙うはもちろん、あの技だ!


(つづく)
 

torinosu_singh at 22:18コメント(0)希月あおい長崎まる子 
メインイベント。


宮城もちが後楽園と同じコスチュームで来るとは想像していなかった。
そういえば、途中ではムチも使ってたな。

160109-024

















これはレアな技。星ハム子の雪崩式ブレンバスター!

160109-025





















物凄い高さで決まったもっちりバディーシザース。
もちはこの後にももう一発。1試合で2発って初めてじゃないのかな?

160109-026
















もちがスモーラリアットを繰り出せば、ハム子はメタボリックサンド!
この辺りは心理戦も含まれているのだろう。

160109-027















試合後。改めてらぶりーぶっちゃーずとしての活動を呼びかけたハム子。
ん?もちの様子がおかしい。
聞けば、いろんな人とタッグを組んでいるのに嫉妬していたらしいw
最後は正座で礼。

160109-028











エンディング。

あおい、最後までいた!

つっかから花束。

「たぶんあおいさんが思っているよりも、みんなが思っているよりも
へこんでいます・・・」

つっかの涙声に、鼻の奥がツンとする。

160109-029












つっかは今日あおいが出さなかった旋回式ダイビングボディープレス
をどうしても見たいという。寝そべった!
 
160109-030











あおいが舞った!みんなでカウント、ワン・ツー。

160109-031












キックアウトするんかーい!w

160109-032










「5月4日、空けといてくださいねー!」
「もちろんだー!!」

心底ホッとした。嬉しかった。
退団後アイスリボンに全く上がらなくなる選手も多いから、不安だったのだ。
外に出たあおいも見たいけれど、アイスリボンでのあおいだって見たい。
そうでしょ?みんな。


「みんなにたくさん語りたい思い出があるんだけど、今日は感謝の気持ちしか
お家から持ってきていません!」

あおいらしい言い回しだなあ。素敵だ。

160109-033
















あおいのマイクが終わると、みながマットに重なった。
今まで何度も試みては失敗している藤本つかさの青春ピラミッド。
今日こそは!

160109-034











やっぱりダメでしたヽ(・ω・)ノ

160109-035











かくして、つっか頂点の青春ピラミッド!!

160109-036











つっか「もう一人節目の人がいます。ね、まる子!?」


あ!そういえばリング上にまる子の姿がない。
ほどなくして、キャーッという嬌声が響いた。
あれはたぶん松本都。いわゆる「キュン死に」状態なんだろう。


そこには、振袖姿の長崎まる子が。アイスリボン成人式だ!

160109-037


















「負けてばかりですが、プロレスに出会ってプロレスを選んだ自分の
人生は勝ちだと思います」

160109-038













「プロレスラーになって、私の人生、大正解!」

豊田真奈美に勝利後の、藤本つかさの言葉を思い出したよ。
素晴らしい!!



本当に素晴らしい大会でした。
今日は寂しげな気持ちで会場を後にするんだろうな・・・
って思っていたのに、めっちゃハッピーになれました。

160109-040

















みんなありがとう!!!



torinosu_singh at 00:53コメント(0)超ダイジェスト 

2016年01月09日

今日凄く気にしていたのが、希月あおいが試合後セコンドにつくのかということ。
そしてエンディングに参加するのかどうかということでした。


なので、折に触れてリング下を探してた。

160109-013

 










第4試合。

山下りなとショルダータックル合戦をやって当たり負けしない選手って
そうそういない。そして藤田あかねは、やっぱりその中の一人だった。
これでいいんだよ!

160109-014 
















飯田美花のエルボー、いいねえ。
下から突き上げる、ドリーファンクJr.みたいな打ち方。好みです。

160109-015

















予想以上に面白かったのは、つくしと山下の絡み。
つくし先輩の無茶ぶりに粛々と応じる山下、っていう場面は実に楽しかった。
コーナーへのあかねにとつげき〜〜!

160109-016
















フィニッシュ。相変わらずのいいタメ!

160109-017

















で、最後もこの状態で退場したワケですヽ(・ω・)ノ
正式に組んでもいいんじゃ・・・って思ったよ。

160109-018















セミファイナル。

試合はまさかのベストフレンズへのブーイングから始まった。

「ハートが見えたー!」

そりゃブーイング食らうわw

160109-019


















べスフレの挟み撃ちキック。これはキツい!

160109-020












SAKIのブレンバスター。いったん堪えられたのをぶっこ抜き。
力あるね。

160109-021




















正直、ビーナスシュートまで繰り出すことになるとは思ってなかった。
ブリバトは大健闘といっていいと思います。

160109-022














試合後松本都登場したのは、メジャー歌手からのご提案だった。
ブラックDPGの振り付け担当の方をべスフレにブッキングしてくれるそうだ。

160109-023














 初お目見えは2月6日、SKIPシティーだ!
 
 

torinosu_singh at 22:53コメント(0)超ダイジェスト 
ビッシリ満員でした。春から縁起がいいね!

オープニング。

まずは藤本つかさ登場。入場式前に呼び込んだのは、練習生だった。
サヤ。

160109-001
 














今回は試合順の入場ではなく、全選手が一斉にリングに雪崩れ込んだ。
マイクを取ったのは世羅りさ。
なぜ世羅だったのかというと、相方のバースデーサプライズだったから!

160109-002 











リアルバースデーだったからサプライズあるのは先刻ご承知ってところだったけれど、
まさかいきなりとは。アイスリボン、バリエーションのつけ方がうまいね。
雪妃真矢おめでとう!


第1試合。

希月あおいは、本当に楽しそうに試合をしていました。
こんなにプロレスが好きっていう気持ちが試合から見える選手って
そうそういないと思う。もちろん、そういう試合は見ていても凄く楽しい。
さすがスーパーハッピーメーカーだよ!

160109-003












長崎まる子のお見事。
希月あおい60キロをドロップキックで空中撃墜だ!

160109-004














試合後、あおいがマイク。
「みんなには心の底からの最大級のありがとうを言わせてください!」

160109-005

















ふと右手を見ると、ハム子が目尻を拭っていました。

160109-006







 







先に予告しておきます。
今回の試合レポ、この試合からスタートします!!


第2試合。

235が弓李にスリーパーという場面などあったものの、

160109-007














やっぱり試合の色を決めたのは松本都だったわけで・・・
写真は幻のフォール。なぜMIOがうずくまっているかというと、
都がMIOにちょっかい出すことで弓李のピンフォールを阻止していたから。
自業自得ってヤツですねw

160109-008









でもやっぱり最後はコレでした><

160109-009












第3試合。

大畠美咲「年の数だけいくぞー!いくつになったんだ?」
雪妃真矢「(ゴニョゴニョ)」←耳打ち
大畠「そんなにやれっかー!」

160109-010
 














雪妃「年上なめんなー!」
・・・ちょっとだけ絞れましたねw


今日は南東のコーナー寄りの席だったのだけれど、けっこうこちら側への
串刺し攻撃が多くって撮り甲斐がありましたよヽ(゚∀゚)ノ


160109-011


 












アジュレボの合体攻撃。

160109-012

 











「スノートーン!」って世羅は叫んでいたかと思います。
雪妃、正調のそれを出せなかったのが響いたね。



torinosu_singh at 20:36コメント(0)超ダイジェスト 
▼オープニング
・藤本つかさが練習生を紹介
・雪妃真矢の誕生日をお祝い


第1試合 希月あおいアイスリボン所属ラストマッチシングルマッチ 10分1本勝負
○希月あおい(ダブルリストアームサルト)長崎まる子×


第2試合 トライアングルリボン 15分1本勝負
○松本都(変顔式腕固め)235× 弓李×


第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
大畠美咲&○優華(スクールガール)世羅りさ&雪妃真矢×


第4試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○つくし&山下りな(ダイビングフットスタンプ)飯田美花&藤田あかね×


第5試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 20分1本勝負
○藤本つかさ&中島安里紗(ビーナスシュート)SAKI×&MIZUKI
※第37代王者が2度目の防衛に成功


第6試合 ICEx∞選手権試合 30分1本勝負
○星ハム子(ダイビングボディープレス)宮城もち×
※第21代王者が初防衛に成功


▼エンディング
・藤本つかさが見たかったという旋回式ダイビングボディープレスを受ける
・でもカウント2で返す
・みんながピラミッドになる中、最後だけは一緒にとあおいに懇願するつっか
・でもつっかをピラミッドに投げ、一人で青春ピラミッドのあおい

つっか「5月4日、空けといてくださいよー!」
あおい「もちろんだー!」


・まる子が振り袖姿で登場、アイスリボン成人式でお祝い




image



torinosu_singh at 10:00コメント(0)アイスリボン速報 

2016年01月08日

今回は前置きなしに行きます。あれ?これも前置き?


◆第1試合 希月あおいアイスリボン所属ラストマッチシングルマッチ 10分1本勝負
希月あおい vs 長崎まる子

なぜに年明けの道場マッチに行かなかったのか。
衝撃の言葉を聞くことを”本能”が回避したとしか思えない、そう思いました。
思えばさくらえみの退団、志田光の退団発表、どちらも年初でした。
そして今回も・・・
週モバにアクセスして「希月あおいが退団」という文字が飛び込んできたときの
衝撃、いまだに残っています。

ただ、
>次なる挑戦への楽しみもあります。希月あおいは現状に満足し歩みを
>止めることはありません。後悔をしたくないから新しい道を選びました。

希月あおいにそういう意欲があるのであれば、気持ちよく送り出そう。
今はそういう気持ちしかありません。
そして所属最後の相手に長崎まる子を選んでくれたことが凄く嬉しいです。
アイスリボンで一番の新人に、スーパーハッピーメーカーの何たるかを
体感させてほしい。そう願っています。


◆第2試合 トライアングルリボン 15分1本勝負
松本都 vs 235 vs 弓李

去年のある時期までであれば、フィニッシュは変顔という予想するだろうし
期待もするのかもしれないけれど。
今回そういう気分になれないのは、11月〜12月のRosa問題が未だ頭から離れないから。
235も弓李も随分と悔しい思いをしたはずなのだから、その思いを発散させてほしいです。


◆第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
大畠美咲&優華 vs 世羅りさ&雪妃真矢

いいカード!2016年のリボンタッグ戦線を確実に賑わせるであろう両チーム、今現在
どちらのチーム力が上なんでしょ?今は大畠組かなあと思うのは、RIBBONMANIAでの
雪妃の経験不足が垣間見えたから。うん、大畠組が上だろうね。
優華が雪妃から取る。
右腕を突き上げながら雪妃を見下ろす優華。そして雪妃が突っかかり・・・そういう刺激的
なシーン見たいなあ。


◆第4試合 タッグマッチ 20分1本勝負
つくし&山下りな vs 飯田美花&藤田あかね

むしろつくしと山下の闘いを見てみたいなと思った。
つくし、先の浜田文子戦を見て、対重量級って難しいなということを実感しただけに。
このカードであれば、そういう壁にあかねがなれれば理想形なのだけれど。
うーん。現時点ではそれは難しいだろうなあ。
ただあかねは気の持ちよう一つだと思うんだよ。それときっかけ。
ポテンシャルあるのは間違いないんだから。
あとつくしと飯田美花でいうと、飯田のシブ系の技へのつくしの対処。これも楽しみ。


◆第5試合 インターナショナルリボンタッグ選手権試合 20分1本勝負
藤本つかさ&中島安里紗 vs SAKI&MIZUKI

ハッキリ言って、ブリバトに勝ち目はない。なので、勝敗を追う試合にはならないでしょう。
ただブリバトには凄く好感持ってるんだよね。
ガトムーで初めて見て、次に見たときにえらいよくなっててビックリした記憶、あれが大きい。
なので頑張って欲しい。それはそう思ってる。
具体的にはSAKIのパワーがべスフレにどの程度通じるのか。ここかな。


◆第6試合 ICEx∞選手権試合 30分1本勝負
星ハム子 vs 宮城もち

この試合も、ハム子の順当勝ちのように思える。
MANIA展望記で書いたとおり、最近のハム子の自信オーラは物凄いものがあるので。
これを打ち崩すのは大変な作業だと思う。
ただ、「勝敗を追う」時間帯は確実に訪れる、そういう確信もあります。
それはおそらく、テーズプレス・・・もっちりバディーシザースが決まった瞬間。
これで決められる状況にまで持ち込めるのか、これを契機として追い込んでいけるのか。
もちのセンスはホントハンパないと思っているので、あるいは!?


新春横浜リボン2016は1月9日、ラジアントホールにて12時ゴング!





本サイト&ブログの今後について

ここから別件となります。
へろ中だししばし一人語りが続きます。興味ありげな方だけお読みください。
読まなくても大勢に影響はないですw


sakuyuka.comおよびガトーアイス・チョコパ!の今後について。
今まで通り続けます。
過去、一番の危機だったのは、さくらえみが退団したときでした。
この時期にあることが重なっていなかったら、確実に辞めていた。
あること。
希月あおいの復帰です。
まるでさくらと入れ替わるかのようにアイスリボンに戻ってきたあおい。
このことがなかったら、辞めてました。
ではあおいがアイスリボンを去る今回はどうか。
辞めません。

「もし希月あおいがいなくなったらどうするのかな」


ときどきそんなことを考えたことがあります。
その答えは、いつの頃からか変わっていきました。


「藤本つかさがアイスリボンにいる限りは続けるよ」

これほどまでアイスリボンのために身を捧げている人がいるのに辞めれるわけがない!
そんな気持ち。

じゃあ、仮に藤本つかさが去る日が来たときにはどうなのか。
それでも、おそらく辞めません。
きっとその頃にはまた「いる限りは続けるよ」、そう思わせてくれる別の選手
がいるはずであろうからです。
これが藤本つかさが語っていた「団体力」というものなんだと思います。

アイスリボンが大好きです。
それだけでいいじゃん、って。


希月あおいについて。
・「初代!あおイズム」はそのまま残します。
「満面えみ」を「我闘&アイスの生みの親・さくらえみの歴史。」というキャプションで
残したようにして。

・あと、戦績は今後も採っていきたいと思っています。
団体を離れる以上、フリー以降の戦績を「ガトーアイスDB」に入れることは
できないので、別DBを一つこさえようかなと。あおい専用DBですヽ(・ω・)ノ
 

ということで、今後ともよろしくお願いいたします!


2016






















torinosu_singh at 21:11コメント(2)展望記 
見てね(≧∇≦)/

更新への励みに
ポチっとお願いしますヽ(・ω・)ノ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター

    (PageView)

    ブログ内検索
    Categories
    Archives
    【写真をクリックすると、  
    プロフィールへ飛びます】





    藤本つかさ



    星ハム子



    つくし



    柊くるみ



    宮城もち



    世羅りさ



    藤田あかね



    弓李



    雪妃真矢



    長崎まる子



    テキーラ沙弥



    松屋うの



    松本都



    トトロさつき



    華DATE



    直DATE



    法DATE



    華蓮DATE



    星いぶき



    ジュリア



    尾崎妹加



    優華



    長野ドラミ



    安藤あいか

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ