全女

2017年04月25日

2001年頃の観戦記です。



阿部四郎さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

------

-1-

当日の昼すぎまでは行く気はなかった。
でも、わっきーvsモモというカードは魅力的だしなあ。
しかも大好きな夏の野外。何より交通費もいらないしねえ・・・
7時開始というのがちと辛い。日曜だしのう。
まあいいか。野外らしく飲みは観戦中にちろっとやるとして、
終わったらぴゃーっと帰るという方向で。
行くことにしたからと、メールを打つ。
返事が来た。


   飲み相手確保いえーい。


あ、飲むですか(^_^;
駅で落ち合い、コンビニを探しながら歩く。
途中の通りで神輿の大群に出くわした。祭だワッショイ!
「ちょっと待って、一枚撮っとくわ」
うーん失敗作(笑)

sippai







おまわりさんの背中の灯かりが美しい。


コンビニを探しながら歩く。脇道に入って戻ってを繰り返したため、
今自分がどこにいるのかも、どちらが最終的に目指すべき方角なの
かもわからなくなる。もちろん本当はきっちりと把握しているのだが、
そう言った方がみんな喜ぶのでそう書いておく。大人だね!
3軒目くらいで無事割券ゲット、感謝の意も込めてついでに買い物。
缶ビールと飲料水、もちろん魚肉ソーセージも忘れずに、このへんはぬかりなし。

外に出て少し歩くと、男の歌声らしき大音声が聞こえてきた。
祭のショーかなんかなのか?
いや、この声の方角こそ、我々が目指す場所だったのだ。
既に地方会場限定「演歌ショー」が開催されているらしい。
会場到着、チケット購入。裏っかわを見ると、こんな謳い文句が・・・

ura

 







どうやら盛大にお祝いするみたいだ。
そういえば演歌ショーっていつもは休憩中にやるものなあ。


この何気ない印字が最高の一夜のプロローグだったことに、
二人はまだ気付いていなかった。


-2.眉毛-

席に着く。二人目に出てきたThis is 演歌!という雰囲気をぷんぷん
させた、和服姿の女性演歌歌手の歌をなんとはなしに聴いている二人。
「いつまで続くのかなあ・・・」
司会者が出てきた。ようやく終わりのようだ。
「さて、ここからは」
ひゃあ!まだ続くのか!
「平成3年3月3日に・・・」
説明が始まった。まさか!?
そのまさかだった。出てきたのは現在ドラマやCM、はたまた声優としても
活躍中の我修院達也、昔の名は若人あきら。こんなところで会えるとは!
司会者とのやりとりで明らかにされる真実。
改名したのは、このままではあの失踪した若人・・・と言われ続けると思った
からだということ。新たな芸名は寺の住職に付けてもらったということ。
あと1文字加えれば戒名として通用するということ。


ショーが始まった。聞けば改名以来、ものまねはTVでは一切やっていない
らしい。これは貴重だ。
一曲目はもちろん、「お嫁サンバ」。

あら?
「こんなもんだっけ?」
「あんまし似てないなあ」

腕が落ちたのだろうか?
2曲目は、眉毛のものまね。このうす暗く四方に観客がいる舞台で、
よりによって眉毛のものまねとは(もちろん声も真似するのだが)。

wakato










すばらしいっ!
対象は橋幸夫・西郷輝彦・舟木一夫、元祖・御三家だ。
(三田明は入っていないので注意が必要)
曲は「氷雨」。

♪歌わないでください あの歌は
 別れた辺見マリを思い出すから

ナイス!ちなみに俺は、辺見えみりは大好きだ(笑)

3曲目は美空ひばりのものまねで「悲しい酒」。
・・・この前俺が歌った曲じゃん(^_^;
スーツの片方をはだけて歌うあたりは定番だ。
でもなんでひばりの真似をする人ってみんなこうするのだろう?
ちろっと謎だ。雰囲気なのかな?

最後は「ダンシング・オールナイト」。
驚いた。
というのは今日の昼間、部屋掃除をしながら聴いてたばかりの曲だったのだ。
・・・なんでそんな曲を(笑)
最初は本家のもんたよしのりで。
・・・・似てる!これはマジ、激似。
ひとりを挟んで(忘却御免)、ラス前が角川博、最後が三波春夫。
モチロンどちらもおんなじ声という、素晴らしすぎのオチだ。

結論。
世に出るきっかけとなったはずの郷ひろみが、一番似ていなかった
という、驚愕の事実(^_^;

でも、さすがにプロ。
一時代を築いた人はやはり違う!という、考えて見たら至極アタリマエの感嘆があった。
21世紀の今、若人あきらのものまねを生で見れる確率なんてきっとTOTOの2等が
当たるくらいのものだろう。
なにか今日はとてつもない日のような気がする・・・・


ここまできてようやく、ただならぬ気配を感じ始めた二人であった。



-3.俺は何にもわかっちゃいなかった-

あれ?阿部四郎、やらないんだ。
第2試合のミゼット。普通ならばここでレフェリーとして登場、やんやの
喝采を浴びるはずだ。
延長戦になって出てくるのかな?
違った。試合はいつもの通り、リトルさんの圧勝だ。
なるほど、今日はメインを裁くのか!
JG公式戦はセミ前とセミ、メインはタッグマッチ。
実際、その通りになった。
試合の前に祝電が読み上げられる。
誰から来てるのだろうと思ったらいきなり北島三郎だよ、びっくり。
花束の後に金一封を手渡された阿部四郎、それをそのまま高橋に手渡した。
おお、なんと豪気な。
一瞬怪訝そうな顔をした高橋、すぐにシメシメといった風情でそのまま懐に
入れるはずもなく、セコンドへと渡した。
ゴング。


  ば〜か!が出たら帰ろうか?

  同意。

ここでいうば〜か!とはもちろん、堀田さんの
ダブルヘッドむんずバスターwithば〜か(俺命名)のことだ。
この時点ではまだそんな事を話していたりしていた。


阿部四郎ってこんなに凄かったんだ。
ああ、俺は何もわかっちゃいなかった。
徹底的に前川・堀田組を贔屓する一方、納見・高橋組には厳しい厳しい。
高橋組が抑え込まれると高速カウント。逆の場合にはもちろん悠久の時を刻む
かのようなカウントだ。
高橋組の反則攻撃には厳正なチェックを入れる。
堀田さん組がやり返すなと見るや、踵を返して控えの納見に歩み寄り、ちゃんと
コーナーにいろ!と厳命する。
正に至高の名人芸だった。もう、うちらの顔はにこにこだ。
すぐそばで見ていたあんちゃん二人組も「うまいよなあ」といたく感心の体。

高橋と納見もやるなあ。理不尽な阿部四郎に怒りの抗議のしっ放しだよ。
それもきちんと観客にもわかりやすいように。あげくに蹴りまで入れたりとか。
ミホモモも大きくなってるけど、ナナカヨだって大きくなってるなあ。
場内も実に楽しそうな雰囲気。みんながみんな、阿部四郎ワールドの住人だ。

「かーえーれ!」
まだ男共が会場に足を運べなかった時代、全女での定番の掛け声。
確かに阿部四郎35年の歴史を振り返るに絶対必要な掛け声ではあるのだろうけど、
今日はやらなくっていいでしょ。これだけやさしたのしムードなんだから。
それにやっぱ、極悪同盟とクラッシュがどうしても必要だものね、このコールには。
あの頃の阿部四郎は、マジで憎たらしかったものなあ。


  ば〜か!

さすが堀田さん、きちんと繰り出した。
でも、二人とも何も言わない、動かない。ただ、夢中で試合を追っているだけだ。
さっきの示し合わせなんてどっかにいっちゃってるよ。
いいねえ。

客出し。
今日の入場料は安かったなあ。
本当にそう思った。
伝説だ。きっと今日は伝説になる。
そんな事言ってるのはうちらだけかもしれないけど、
誰が何と云おうと今宵は紛れもない伝説の一夜だ。なあ、キョーダイ?


  さあて。あの店にすっか?


「終わったらぴゃーっと帰るという方向」も、
とっくの昔に夏の夜空へ消え去っていた。



torinosu_singh at 20:01コメント(0) 

2013年07月30日

>豊田真奈美 vs 脇澤美穂戦をコールしました。

前々回のエントリでこう書いていましたが、メインもコールをしていました。
愛川ゆず季 vs 世幻廖

今井さん=元全女=豊田さん&ワッキーという図式で、1試合のみのコール
と思い込んでしまっていたようです。

imaisann7















imaisann8


















須山さんやロッシーのブログにはグッときた・・・


torinosu_singh at 20:35コメント(0) 

今井さんのことをいろいろと考えていたら、ある写真を思い出しました。
ハードディスクの奥深くまで探しました。

imaisann6













撮ったのは後楽園ホールの北側、つまりは裏側に当たる方角です。
ではなぜこんな写真が撮れたのかというと、トークの終わり際に今井さんが
「こちらにも向きましょうかね」と言いつつ、北側を向いてくれたからなのです。
すごくお気に入りの一枚になりました。
3人の中で今井さんが一番のカメラ目線という辺りも妙に好きでした。


掲示板を探したら、日時は1998年8月8日と判明。
脇澤美穂 vs 高橋奈苗 vs 元川恵美の巴戦があった日だ!
掲示板にはトークレポも載ってたです。すげえ。

-----
■休憩

脇澤と納見が全日本タッグを返上。
のうみくんは素直に渡したが、わっきーはベルトを引っ張る。(^_^;
巴戦について聞かれて。
今井「巴戦って知ってる?」
脇澤「知っています。」
今井「どうやったら勝つの?」
脇澤「2連勝したら勝ちです。」
今井「知ってたんだあ。では抱負をひとこと。」
脇澤「ぜひトーナメントに出て・・・・(長い間」
今井「・・・(耐え切れず)ハイッ、ありがとうございました。」

*プレステの宣伝をかねて。
今井「(全女の)ゲームは持ってますか?」
納見「持ってません。」
今井「持ってないの?」
納見「プレステを持ってないから。」
今井「この人は冷蔵庫も持ってない人ですからねー。わっきーは?」
脇澤「持ってます。」
今井「持ってるんだ。」
脇澤「もらいました。」
今井「のうみくんに貸してあげればいいじゃない。」
脇澤「イヤです。」
今井「なんでよ?」
脇澤「ケガしたから。」
今井「・・・なんかわけわかりませんね(笑)」
-----

今井さん、その節はありがとうございました!(≧∇≦)/



torinosu_singh at 00:09コメント(0) 

2013年07月29日

今、週プロモバイルで知りました。
今井良晴リングアナウンサーがお亡くなりになったそうです。


全日本女子でおなじみであったのはもちろんのこと、
我闘姑娘ではスーパーバイザーを務められました。
2007年1月27日、事実上最後となった我闘姑娘興行ではメイン
のリングに上がり、春日萌花と希月あおいをコールしています。

imaisann











こちらの写真は今年の4月29日、スターダム両国国技館大会のもの。
豊田真奈美 vs 脇澤美穂戦をコールしました。

imaisann2

















imaisann3

















imaisann4














歯切れのいいコールはもちろんのこと、ユーモアの溢れるトークも大好きでした。


今井良晴さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。




torinosu_singh at 21:58コメント(0) 

2009年09月24日

ナナ・カヨ。

14


















モモ。

15

























ミホ。

・・・と、・・・・・クミ(^_^;

16



















松永会長を偲ぶトークショーだというのに、


「松永会長との思い出は、特にありません。」


わっきーは、やっぱりわっきーでした(^_^;





モモのお子さんに、マイクの使い方を教えていたのうみくん。

17





















お子さんはのうみくんの真似をするように、
「あ〜〜〜」と一声。

そして、パチパチパチと自ら拍手。かわいい!



一枚しか撮れなかった「ヤー!」写真。
のうみくんの目が思いっきり光って写っていたため、わっきーだけヽ(TωT)ノ

21












観客からのリクエストでモモ☆ラッチを披露したモモ。

撮りそこねヽ(TωT)ノ

もちろん、お見事!でした。

22





















前川は「もう足上がらないから」といいつつ、この高さ!

20



























そういえば、前川久美子は納見佳容の引退試合の相手だったのだ。



レポを探して、アップしました。

http://sakuyuka.com/imag/mihokayo/noumikun.html



前に紹介した気もするけど、脇澤美穂引退試合レポも併せてどうぞ!

http://sakuyuka.com/imag/mihokayo/ki-b.html



のうみくん引退レポの前に、こんなことを書いていた。

--------

noumikun-01












胴上げのシーン。3度宙に舞ったあと、
最後にどすん!と落とされた。
ほっとした。
そっと抱きかかえるようにして終わる
胴上げを、今まで何度も見てきた。
そのたびに、切ない気持ちになった。
だから、ほっとした。


納見くん、本当にお疲れさまでした。ありがとう。

引退、おめでとう!

--------

本当に、みんな怪我なくリングを降りてほしいよね。
そして、最後は「おめでとう!」って言いたい。


引退レポ前レポは、こんな言葉で締めていた。

--------

と・・・これだけで締めるわけにはいきますまい(^^ゞ


KISSKISSKISS!

kisskisskiss













torinosu_singh at 22:51コメント(0) 
見てね(≧∇≦)/

更新への励みに
ポチっとお願いしますヽ(・ω・)ノ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター

    (PageView)

    ブログ内検索
    Categories
    Archives
    【写真をクリックすると、  
    プロフィールへ飛びます】





    藤本つかさ



    星ハム子



    つくし



    柊くるみ



    宮城もち



    世羅りさ



    藤田あかね



    弓李



    雪妃真矢



    長崎まる子



    テキーラ沙弥



    松屋うの



    松本都



    トトロさつき



    華DATE



    直DATE



    法DATE



    華蓮DATE



    星いぶき



    ジュリア



    尾崎妹加



    優華



    長野ドラミ



    安藤あいか

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ