2007年10月15日

「不都合な真実」のアル・ゴア氏に、ノーベル平和賞! (15日 12:10)

mixiニュース
エンターテインメント
[eiga.com 映画ニュース] 10月12日、ノルウェーのノーベル賞委員会が今年度のノーベル平和賞を、地球温暖化問題についてドキュメンタリー映画「不都合な真実」などで世界的な啓発活動を行った前米副大統領のアル・ゴア氏(59)に授与すると発表した。同時に、国際連合の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC、事務局・ジュネーブ)」にも授与される。
授賞理由は「人為的に起こる地球温暖化の認知を高めた」というもの。同委員会は、地球温暖化が国家間の紛争や内戦の要因にもなりうる可能性を示唆し、「気候変動が制御不能となる前に、今すぐ行動が必要だ」とメッセージを送った。また、ゴア氏については、「長い間、世界をリードする環境保護論者。おそらく、世界で最も気候変動の理解を広めることに貢献した人物である」と評した。
ゴア氏が地球の環境の変動の様子を映像やグラフで示した映画「不都合な真実」(06)は、07年アカデミー賞 の長編ドキュメンタリー賞を受賞。授賞式では同じく地球温暖化問題と格闘する俳優のレオナルド・ディカプリオと壇上に登って、二酸化炭素排出削減などを呼びかけた。
ノーベル平和賞受賞の知らせを受けたゴア氏は、「大変光栄だ。気候の危機は政治的な問題ではなく、全人類への道徳的・精神的問題だ」との喜びの声明を発表。
授賞式はノルウェーのオスロで12月10日に開かれる。


toripipihaa511 at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔