2020年04月20日

Ryzen PC作りました

久々の自作PC

今般の動向からStay Homeして遊ぶPCを作ろうというのが今回の趣旨

ゲームができるメインPCはずーっと更新していなかったCore2Duo機
RAID0組んでるとはいえめっちゃ遅い

Intelと悩みましたが、今はAMDが勢力伸ばしてきてるってことと、マザーボードセットでの割引をしているショップが多く、価格的に魅力に映ったのでAMDにしました。

なんだか最近の傾向を見ていると、Athlon64とPentium4で勢力争いしてた頃を思い出しますね。

ということで以下構成

【M/B】
AsRock B450M Steel Legend
【CPU】
AMD Ryzen7 3700X
【CPUFAN】
純正prism
【メモリ】
Crucial DDR4-3200 8GB*2
【VGA】
AsRock Phantom Gaming RX580
【ドライブ】
Pioneer BDC-202
【HDD】
Western Digital WD Blue SN550 NVMe 250GB
WD5000AAKS
WD10EADS
【サウンド】
ONKYO SE-U55SX
【スピーカー】
GX-70HD
【電源】
Antec NE-650G
【ケース】
Centurion5 (B)
【モニタ】
RDT235WX
【OS】
Windows10

ケースとドライブ、HDDと音響回りは流用です

これで9万円しなかったので、まぁまぁだったと思います。
本当は2月末までやってたパソコン工房の値引きセットが尋常じゃないくらいお得だったので、その時に決めていたらよかったのですが、長く自作から離れていて、NVMeってどんな規格があるかから調べていたので結局今に...
なんだかんだでツクモがかなり思い切った額値引きしてくれたので助かりました

しかし、Windows10って色々問題があって

まず最初につけたHL-DT-STのBH16NS48はDVD-ROM(≠DVD-R)をちゃんと読み込んでくれなくて、唯一スペアでSATA接続で持ってたBDC-202に交換したし

SE-U55SXはプチノイズ問題がネットに書かれていたので、マザーボードの純正蟹さんHD Audioのデジタル出力をU55SXのデジタル入力に繋いで変換かます形で組みました

U55SXはあるとないでは音のクリアさが段違いなので解決してよかったのですが、意外と下位互換がうまくいってなくて、WindowsVistaやWindows7時代に作られたハードやソフトはうまく動かず、未だに試行錯誤しています


今回の構成で意外と悩んだのはケース
今は下置き電源で背面配線が流行りですが、私の持ってるCenturion5は初代のモデルなので電源は上置きで背面配線何それ美味しいの?状態
フロントがメッシュなので窒息するようなケースではないですが、消費電力が高いRyzen7+RX580で熱暴走しないかが気がかりでした
結局とりあえず使ってみて考えようと流用しましたが、なんやかんやでCPU温度は45度くらいで推移してるようなので夏を乗り切れば大丈夫でしょう...


安定動作させるのに3週間くらいかかって、やっぱり界隈から離れてると難しいなぁと思いました。
構築と選定は楽しかったですけどね

トレンド収集ちゃんとしないとなぁと思いました

  
Posted by toriumi_amd at 17:26Comments(0)

2020年01月27日

QuaTab QZ8を買いました

DSC_0204

5年ほど前にお風呂とかベッドでゴロゴロ使う端末としてQuaTab(KYT31)の白ロムを使用していたのですが

バッテリーの持ちがイマイチになってきていて、残量51%からいきなり0%になってシャットダウンというまったくワケがわからないよ!という症状に加えて
充電用のUSB端子が度重なるお風呂使用で酸化してきていて、うまく充電できないことが増えてきたので思いきって新しいタブレットを買うことに

・8インチくらい
・防水
・できれば新品
・2万程度で調達したい

という条件で探すとやっぱりQuaTabの白ロムになっちゃう
とくに防水タブレットという要件が厳しくて、SIMフリーの防水タブレットってめっちゃ高いんですよね
よくわからん中華メーカーも嫌だしってことで今回も京セラ製のQuaTab QZ8になりました

SIM制限解除版でイオシスで24Kくらいでした

KYT31を使ってたときは、ソフトキーボードが糞、ディスプレイの耀さ調整が糞、LEDライトついてなくて糞(夜電気消したときとかに地味に使うことがある)っと色々不満でしたが、そこそこ自分の使いたい用途で使えたので満足していました

進化しているハズのQZ8ですが、使用してみてかなり感動
感動ポイントを箇条書きすると以下のとおり
・ディスプレイが濡れていてもタッチ操作がそこそこ正確
・ソフトウェアキーボードが標準的な12キータイプになった
・ディスプレイの耀さ調整が細かくなった
・ナイトモード搭載
・LEDライト装備
・バイブレーション装備

などなど
確かな進化を感じます
正直こんなことならもっと早く買っておくべきだったと思いました

加えて最高なのはカバーが流用できること
電源キーの位置も同じならイヤホンジャックや充電用のUSB端子、音量操作のボタン位置まで同じなのでKYT31のカバーを流用できます(正確にはカスタマイズボタンが押せないですが、私は使わないボタンなので問題なし)
デザイン面はどちらかというと保守的な進化をしたQZ8ですが、私的にはありがたいコンセプトです


唯一物申したい点はナイトモードがXperiaとかと比較してまだ青いので目に辛いくらいでしょうか
それでも満足していて、この価格帯の未使用白ロムで防水端末と考えると申し分ない性能です

ブラウザでネットサーフィンして、Youtube見るくらいなら何の問題もないので、ライトな使用用途でお風呂端末探している人にはすっごくおススメの逸品です
auも良い企画してると思うし、京セラも割り切った良い製品を作りますね!!





  
Posted by toriumi_amd at 22:53Comments(0)

2019年09月29日

X390の拡張RJ45コネクター

当方の環境はまだまだ有線LANが現役の環境です。

特にGoPROで撮影したデータをintelのGigabitアダプターで接続したUbuntuでSambaなファイルサーバに格納してストリーミングで確認したりするので速度が出にくく、電波干渉を起こしやすい無線はイマイチ

ということで、X390をオーダーするときにRJ45拡張コネクタをオーダーしたのですが

これがまた使いにくいという話




キャプチャ

まずコネクタが出っ張る

これがイケてない

USB-TypeCの充電コネクタはすごくスマートで存在感をあまり感じないのに

こいつは滅茶苦茶存在感がある
装着時のデザインが最高にスマートじゃない
まったくセンスを感じない

ココだけに限って言えば、この無線化が進んだ時代にいつまでも有線使ってんじゃねーよってLenovoからのメッセージなのはわからなくもない,,,

のですが、一番困るのはスタンバイから復帰した際にパケット疎通に時間がかかること

スタンバイになると拡張コネクタの電源供給も止めちゃうらしく、接続が一度途切れてしまいます
そのため、パケットの疎通も復帰即でできるわけではなく、しばらくの時間を要します
(ThinkPad側からのパケット送信要求を出せばコネクタとの電源供給が再開されるようなので、比較的すぐに送受信はできるようになりますが...)

そのおかげで、スタンバイ前にセッション繋いでた通信がスタンバイ後にはぶった切られる事態が頻発



ネットゲームをしているときなどはこれが結構痛くて、うざくて仕方がありません

Wifiでつないでいるときはスタンバイ前後でセッションぶった切られることもないので、RJ45拡張コネクタを使用した際の固有の症状っぽいです

設定でどうにかできるかも?ですが、こんなことはデフォルトでなんとかできるようにしておいてほしい...

というか一応ビジネスノートの立ち位置なんだからRJ45くらい備えていてほしいわ
Lenovoの解釈は有線LAN廃止の転換期だから要らないでしょ?ってことなんでしょうが

回線速度が大幅に進化したダイヤルアップ接続のときと違い

企業やロケーションによっては有線LANなんてバリバリ現役なんだから、残しといてくれないと困るわ本当に


概ねX390には満足していますが、こういう細かいところで不満はどうしてもあるって話でした

  
Posted by toriumi_amd at 22:07Comments(0)

2019年09月28日

X390着弾

本当に書く気にならないと更新しないですね

ずっとblogに記事にしようと思って軽く1ヵ月経過していました

さて、無事にX390が到着しました

DSC_0062

ThinkPadは日本生産モデルを選べれば米澤生産になるので納期がはやめになりますが
構成によっては日本生産モデルが選べない

そうなると納期が読めないかつ少し時間がかかります
(海外生産のため、日本に運んできたときに税関のチェックを受ける関係で日にちが読みにくい)

今回のX390も出荷は香港からでした
(配送業者のラベルがついたままやってくるのでわかりますが、香港から成田に入ってきて、そこから日本の業者にチェンジして納品先まで配送って流れみたいです)

香港といえば、お盆の時期にデモの影響で空港閉鎖になってたりして、少し心配していましたが
よく考えたらカーゴは旅客ターミナルを使用しないので全く関係ないですね...


長々書きましたが、店頭で購入時に説明を受けた納期の一日前に到着しました
8月4日にビックカメラでオーダー(カード決済)

その時の納期の目安は8月21日でした

Lenovoが案内する納期の2週間は決済確認や部品の調達等生産に必要な手続きが全て完了した日から起算するそうです

私の場合はその手続きに3日を要するため、8月7日から起算して2週間だということです

で、到着は8月20日でした

ネットを見ていたらLenvoは納期に時間がかかるのが定説だそうですが、今回は大体予定通りでした


ただ残念だったのは、納期確認サイトが利用できなかったこと

私は販売代理店からのオーダーなので、店舗の電話番号と発注番号があれば確認できるとのことでしたが、なぜか利用できず,,,

まぁ届いたので良いですがね

【X390の使用感】
DSC_0064

12.5型から13.3型になったので違和感があるかなと思っていましたが、すぐに慣れました
FHDの液晶はWindows10のデフォルトフォントサイズだと1つ1つの文字がすごく小さく、Windows7に比べてなんかフォントが滲んでるような気がして最初は違和感の塊でしたが
これも1週間も使うとこんなものかと思うようになりました


今でも稀にX220を起動しますが、今度はこっちのフォントが大きすぎて違和感

やっぱり人間慣れるものですね

キーボードも独立キーになって絶対になれないと思っていましたが
さすがThinkPad

キータイピングはやっぱり気持ちがいいです

右端のほうのキー群が少し小さいことは未だに気持ち悪いですが、今のところ実用状は問題なし

「最新のXは最高のX」

というのがX390を選んだ決定打でしたが、やっぱり最高でした

DSC_0059

スペックも結構頑張ったやつにしたので、なので長く使えるといいですね


X220はSATA接続の2.5インチSSDに換装していましたが、今回のはPCI Express接続なNVMeのSSD
アクセス速度が全然違いますね

このあたりの進化にも驚かされました
(Windows10自体がSSDによる高速起動に最適化されていることも体感速度の向上に寄与している気がしますが、やはり早いです)


ということで、今回のお買い物で思ったのは、「やっぱり新しい機械には触れるべきである」でございました

増税前に良い買い物だったわ
  
Posted by toriumi_amd at 22:54Comments(0)

2019年08月05日

X220iの買い替え

社会人になってすぐに購入したThinkPad X220i

すごく気に入っていて、SSDに換装したらさらに快適になったので長く使おうと思っていたのですが

10月にある消費税の増税を踏まえて新しいPCを買うことにしました

次もThinkPadのX390です

X220を買った当時は法人向けのモデルが安くネットショップに流れていて、ラディカルベースで購入したのですが、今やLenovoの息のかかった販売店でしか取り扱わなくなりましたね

その影響で安いモデルは無いのだろうなぁとちょっと敬遠していたのですが

販売代理店でオーダーかけると、直販で買うより安いんですね
同じ構成で7000円くらい安くなってお買い得な買い物ができました

X220は8年使えたので、今回のもそれなりに長く使うだろうってことで結構盛った構成にしましたが、14万いかないくらいに収まったので
なんだかんだやっぱりThinkPadは安いですね

12.5のサイズはすごく気に入っていて、ほぼ在庫限りになりつつあるX280と迷ったのですが
X280が出たころにLenovoから派遣された店員が言っていた「最新のXが最高のX」という言葉を信じてX390にしてみました

ぶっちゃけ12.5で1366x768のWXGAだと動画編集が辛いし、何より艦これが見切れるので13.3のFHDがどんな具合かすっごく楽しみです

あとはWindows10にどこまで親しみを持てるかだなぁ

会社のPCはもうすぐWindows10に移行するらしいけど、Windows7は本当によくできたOSだったからなぁ


昔は新しいOSに慣れるのも時間がかからなかったけど、おじさんになった今、どんどん新しいものに慣れるのに時間がかかってる
精進しなければ...  
Posted by toriumi_amd at 22:33Comments(0)

2019年08月04日

サニーの今

めっちゃ久しぶりに更新することにしました

なんとなく存在を思い出したので




さて表題の件のサニーですが

昨年の3月で廃車にしました。

とはいってもナンバー返却してパーツ剥がしただけでまだ保管してますが


エアコンが壊れて、燃料メーターが正常に作動しなくなり、ラジエーター周りから水漏れの跡があり、外装のモール類も退化が進み続けていました

もう限界かなというとこまで来た折に友人がMAZDASPEED AXELAを降りるという話を聞き、ディーラーの下取り価格で譲ってもらいました

4年ほど前から、修理に30万かかるようになったら諦めて降りようと決めていて

2年前にエアコンが壊れた(コンプレッサーのクラッチが駄目になった)ときに降りる決意をして、車検が切れたタイミングで廃車に


本当に気に入っていたのですが、旧車を維持する難しさに直面した形です


mixiで交流のあったtonoさんは未だにFB13に乗り続けられているのでしょうか?
Blogのほうも音信不通っぽいので今どうされているかわかりませんが、一番身近にFB13を維持されている方でしたので、最後に挨拶だけでもしたかったのですが
それも適わずになってしまいそうです
(見ていたらコメント頂けたら幸いです)



で、降りる決意をした際に次はMTの近代的なGTワゴンが欲しいと思っていて
ルノーのメガーヌエステートGT220やAudiのS4を見ていたのですが如何せんだいぶ背伸びをしないといけなくて
そんなときにMAZDASPEED AXELAに乗っていた友人が子供ができたタイミングで降りるという話になったので譲ってもらいました
BL3FW
264馬力のFF車で6MT
ワゴンではないけど、荷室の広いGTカーで私の想定にぴったりでした


もうオーナーになって1年ちょっとになりますが、すごくいい車です
マフラーとRECARO SR-6入れただけですが最高に快適にロードスターとの2台持ち生活を続けています


結局サニーは10年で10万キロほどをともに走りました
2回ほど死ぬなって思いをしましたが、大きな事故もなく、警察にお世話になることもなく(2回ほど職質されましたが)、本当に楽しいオーナー生活でした

ほんとうにありがとうサニー  
Posted by toriumi_amd at 19:55Comments(0)

2014年02月09日

記事タイトル三菱撤退を受けてPCリサイクルを利用してみました

高校生のときからずっと読んでいますが、未だにimpress Watchは日常的にチェックする媒体のうちの1つな私

そのニュースサイトの1つであるPC Watchに衝撃的な記事が掲載されたのは昨年の年末が近づいてきた頃でした

それがこの記事

三菱のPC用ディスプレイの撤退記事でした。

私が初めて自作PCを組み立てたときは液晶ディスプレイを買うお金など無かったため、家にあったPC9821のCRTをつないでいました。

しかしCRTはいかんせん重くて大きくて邪魔

液晶ディスプレイを買おうと、当時は予算とデザインと性能の観点からベストマッチするディスプレイを探しに探しまくり、結局AcerのAL1721を買いました。
本当なら発色もデザインも好みだった三菱のモニターが欲しかったのですが、三菱の17型モニターは当時非常に高価で、手がでなかったのです。

しかし大学に入学してPCをリプレースした際に、今度こそとばかりにRDT1713Sを購入
このPDT1713Sがとても良いモニタですぐにお気にいりに
いつかは17型のデュアルになんて思っていました

しかしそんな夢はすぐに打ち砕かれ
ちょうどこの頃にワイドモニターが流行り始めたせいで、4:3で17型のメインストリーム向けDiamondCrystaはこのモデルが最終モデルとなりました

当然、お金ができてもう一枚モニターを買うってなっときには新品はなく、購入は諦めていました


そこからしばらくはAL1721とRDT1713Sのデュアルモニター構成で使い続けて現在に至っていたのですが
会社のお昼休憩のときにこの記事をたまたま目にして、三菱の最終型のモニターに2台とも置き換えようとすぐに決心
購入を急いだのでした。
色々吟味と、三菱モニターフリークの散髪屋(高校からの友人で今でも定期的にネットで連絡は取り合う仲です)のアドバイスを受けて、RDT235WXとRDT235WLMを1枚ずつ購入

なんとか三菱のファンとして惜別の思いを抱きながら最後のお礼をすることができました
(PCパーツメーカーの撤退惜別の思いと後悔としては未だにPlextorのときは失敗だと思っていて、なんであのとき無理してでもPX-760SAを買っておかなかったと後悔しています。なので余計に今回はお礼ができて嬉しかった)

ということで買ったはいいのですが、今まで使っていたモニターをどうするか
RDT1713Sはまだ使えるし、一応サーバー機も置いてあるので、いざというときのコンソールモニタとして置いておくことは決定したのですが
問題はAL1721
購入した頃にはアナログとデジタルの切り替えボタンはおろか、Configのボタンや電源ボタンも効かないばかりかバックライトも消灯していて、完全にモニタとしては使えなくなっていました

こいつは捨てるしかないなーと思っていたのですが、問題は廃棄方法

私が初めてPCを組み立ててすぐの頃にPCリサイクル法なんて面倒くさい法律ができて
モニターを捨てるにしてもメーカーに回収してもらわないといけなくなったのです。

しかもAL1721は確認するとPCリサイクルマークがないので廃棄には費用が必要
(PCリサイクル法は2003年の10月施行なのですが、AL1721は2003年の6月末の販売開始で、モデルとしてはPCリサイクルマークの表示義務なし。ちなみに購入はこのブログを書き始める前には購入していたので確か2004年のはずです)

なんてこったいとは思ったのですが、家に使えもしないモニターを置いていても邪魔なだけなので正規の手順を踏んで有償回収してもらうことにしました。

しかし事態はここから急変
必要な手続きと有償回収の依頼用のフォームから回収願いを提出した翌日に電話がかかってきて、「シリアルナンバーからPCリサイクル法の施行後に生産された国内向けの製品であることが確認できたので、無償で回収します。」という連絡が

私は勝手に勘違いしていたようで、
”PCリサイクル法が施行された日から販売された新製品についてはメーカーは回収とリサイクル費用を負担する必要がある”のではなく
”PCリサイクル法が施行された日から製造した製品についてはメーカーは回収とリサイクル費用を負担する必要がある”

ということのようなのです。

つまり皆さん、PCリサイクルマークはついてないけど、施行後に購入した(生産された)製品については無償でひきとってもらえる可能性があります。
ということで、是非ともセンターまたはメーカーに問い合わせしてみましょう。

私のように結果的にラッキーの無償回収の道がのこされているかもしれません。  
Posted by toriumi_amd at 03:45Comments(0)TrackBack(0)

サニーとロードスターの今

前回の記事が2012年の8月になっていて、当時はサニーの扱いをどうしようなんて記事を書いていましたが

廃車にするなんてもちろん出来るハズがなく、13万キロを越えても未だ元気に私の操作につきあってもらっています。

ロードスターも一通りのカスタマイズが終わり、足もマフラーも変わったので、今はジャングルジムの組み立てとタコ足をいつ着けるかの思案中

消費税が上がるまでにどちらかは片付けたいと思っていますがどうなるやら....


幸いなことにお金のかかる趣味が車以外ない私はどうやらギリギリ車2台の維持が今の年収で出来るようなので
サニーは本当に動かなくなるまでお付き合いいただこうと思っています。

21年目のFB13
あと9年は頑張って30年の大台にのせたいところです。  
Posted by toriumi_amd at 02:58Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月04日

Blog更新

画像は乗せないですが、2年目の夏のナースボが出たので

ずーーーーーーーーーーっと
欲しいと思ってた車を購入しました。

そうロードスターです。
高校のときからずっと欲しいとおもってたNBの後期型
あのときと違うのは1.8RSではなく、1.6のSPを買ったということ

思えば本当に長かったです。
本当に本当に欲しかった。
でも私にはサニーという相棒が居た
サニーは本当によく走る。兎に角走るし壊れなければ、私の無茶な操作にもある程度応えてくれる。
ABSもエアバックもついてないけど、ヒヤリハットは何度もあったものの、「あ、死んだな」って思うようなおぞましい思いをさせられることなく、7万km以上を共に走った。

既に私のなかでは無くてはならない存在だし、今でもこんなにかっこいいセダンはないと思ってる。

今ではもうすぐ車齢19歳、走行距離は13万kmに達しようとしてるけど
足回りを車高調にされて、マフラーはセンターパイプから交換、ステアリングはMOMOになってシートはレカロになった。
やっぱり愛着というのはすぐに捨てられないのです。

結局二台持ちになってしまいました。
平日は電車で1時間かけて通勤し、残業して帰ってくるので車に触れることさえない日々
そんな中で、サニーとロドスタを二台もつ意味ってなんなのだろうと
今でも思いますが

なんだかんだで、サニーに乗ると懐の深いいい車だと思いますし
ロドスタに乗ると、アクセル踏むのがこんなに楽しい車ってある?って何度も思わされるような
素晴らしい車であることに間違いはありません。

サニーの車検は12月までで、保険も税金も払ってるので、しばらくは2台持ちを楽しむことにして
また後日どうするか考えようと思います。

とりあえずロドスタ
素晴らしい車です。

この車を生み出したマツダ開発陣に生涯の栄誉あれ!!  
Posted by toriumi_amd at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月28日

MT3303Jの最後

どうもお久しぶりです

また半年くらい更新の間隔があいてしまいました。

4月からは無事に社会人しつつ、何時も通りな毎日を送ってます。


さて、なんだか教えてGOOにもXP化のトピックで登録されてたMT3303Jなんですが
先日ついに逝ってしまわれました。

いやハードウェアは比較的に元気に動いてるのですが
問題はディスプレイ

8月某日
なんだか液晶のバックライトがちらついてるなぁと思ってたら半日もしないうちに点灯しなくなりました。
ジジーっと嫌な音はたててたので、もう長くはないなとは思っていたのですが
あっけない最後でした

液晶が映らなければ外部液晶につなげばいいじゃないって話なんですが
液晶にはデスクトップなメインマシンをつなげてあり、メインマシンより性能で劣るMT3303をあえて使う必要もなく
ノートPCはノートPCでサーバを操作したり、ちょこまかと調べ物するのに便利なので無いと困る

ということで代替機を購入しました

LenovoのThinkPad X220iです
Core i5 2410M搭載、メモリ4GB  Win7HP 64bit
これで10万ちょっとで買えるんですからノートPCも価格破壊が進みましたねー

MT3303Jを工場再出荷モデルで6万で買ったのが遠い昔のようです。
そういえばMT3303JはMT3303JR(Rはリファービッシュドの頭文字)として今はなき九十九の梅田店で購入したものです。
いまや九十九も梅田からはおろか日本橋からも撤退してしまったので
今となっては懐かしい話です。

というわけでMT3303Jお疲れ様でした
キーボードがタッチのたびにたわんで頼りなかったり
変なとこの性能が微妙だったり、バックライトがとてつもなく暗かったり
色々思うところはありましたが、約4年近くよく働いてくれました

本当にありがとう

しかしまだ起動するのでハードディスク抜いて日本橋のジャンクショップに持ち込んだら100円くらいでかいとってくれるのかな
リサイクルで出すのがめんどうくさい...w

  
Posted by toriumi_amd at 21:34Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月13日

CentOSのカーネルアップデート

PT2のドライバに当初V4Lを使おうと思っていたのですが

どうも調べるとV4Lは最近のバージョンのカーネルでないとインストールできないという情報が...

ということでMm3500機のカーネルをアップデートしてみました。

普通にソースを落としてきて、make && make installで大丈夫と思っていたのですが
実際実行しているとカーネルパニックが...
バージョンを落としてもカーネルパニック
しかも同じとこでおきてます。
どうもマウントに失敗してカーネルパニックを起こしている模様

ということで対策を調査してみると
make install前にmenuconfigでmakeの設定を変更する必要があるようです。

こちらのサイトを参考にしました。(http://blog.livedoor.jp/oguboo/archives/3319884.html)

これでばっちり起動するようになりました。
まだudevデーモンの起動でfailerがおきてますが、一応機能的に問題はないのでそのまま使ってます。

カーネルアップデートに成功したのでV4Lのドライバを適用しようとしたのですが、なんでかinstallに失敗
chardev版のドライバをインストールして録画を確認するとこまでいけました。

現在は録画システムを構築中
うまく動くように設定出来ればいいんですが....



  
Posted by toriumi_amd at 22:08Comments(2)TrackBack(0)

2011年02月06日

サーバマシン

誕生日に研究室の先輩から新品のMm3500を貰ったので組むことにしました

VIAのC7-D 1.5GHzが載ってるボードです
他にもChrome9HCとか機能はそこそこ

残念な部分を挙げるとすればM-ATX規格なのに拡張スロット2本とか
LANがいまどき100BASEだったりとか
あとはいつまで使うんだよVT8237くらいでしょうかね?

VIAのGigabitEthernetは割と出来いいから積んで欲しかったし
何より早くVT8251積めよと

作るだけ作って全然市販に搭載されないですよねVT8251

まぁ枯れたVT8237のほうが良いっちゃ良いんですけどねこの場合

で,まぁ貰ったので先日日本橋で色々と買い物して1台作ることに

というわけで構成

【M/B】
Mm3500
【CPU】
VIA C7-D 1.5GHz(onbord
【CPUFAN】
純正
【メモリ】
UMAX Caster PC6400 2GB
【VGA】
Chrome9 HC
【ドライブ】
なし
【HDD】
HGST HDS721010CLA332
【FD】
なし
【サウンド】
onbord
【電源】
GE-N500A-C2
【ケース】
SCY-T66-BK
【OS】
CentOS 5.5(final) 32Bit
【その他拡張】
PT2
SCR-3310-NTTcom
EXPI-9301CT

と,まぁこんな感じでまとめました
ドライブはインストールのときだけ外付けを使えばいいかということで今回はなし
一応SD-M1712を外付けにしたもの,PX-W5224TUのケースにPX-712Aをぶち込んだもの,DVR-UM16Gと無駄に3台分外付けドライブは所持してるので特になかっても問題ないという判断です

今回の構成でかなり悩んだのが電源とケース
昔は安くてそこそこまともな品質の電源が5000円程度で買えた記憶があるんですが,今5000円で買おうとすると地雷臭いのばかりで選びようがなかったんですよねー
で,5000円以下のクラスでまともそうなGigaByteの電源をチョイスしました

個人的にGigabyteの製品はあまり好きではないので敬遠してたんですが,今回初購入
まぁ良いものは良いってことで好き嫌いする場面じゃないなぁということです
でも青い基盤の奴らは今後も絶対買わないです(安っぽい基盤デザインとちゃちいヒートシンクデザインが記憶に残っててあまり良い印象がないので

ケースは動けばよかったのですが,日本橋にジャンクで置いてあるケースがあまりに酷いのでスルーしてたら本当に買えるものがなくどうしようか困っていたところ
たまたま別件で寄ったヨドバシでこのケースを発見
作りも割としっかりしてるし,シンプルにまとまって良い具合だったので今回はこれにしました
実際組み込んで思ったのは設計はよくできてるって感じです
各部の構造はクーラーマスターのCenturion5のⅡ型な感じ
ただし各部の精度が残念賞クラスなのと,サイドパネルがペラペラでもっただけで弛むレベルです
そこに目をつむれれば非常にコスパが良いケースでしょうね

というかこの価格帯で電源下置き,背面配線のケースは無いような気がする

あとびっくりしたのがintelのNIC
こんなに安かったのかって感じです
帯域に余裕があるPCI-EのNICで3800円程度で買えちゃうならそりゃ買いますよね
内蔵LANが100BASEだったこともあり購入
マザーボードの一番上のスロットはAGPの頃の意識が強すぎて,未だにグラフィックカード専用と思ってたんですが,よく考ええばx16のスロットにx1のカードは挿せるので今回はそこにぶちこみました

やっぱりNICはインテルですよね
カニとかMarvelでも問題ないのはわかってるんですけど,やっぱりインテルです
ブランドって偉大です

ちなみに日立のHDDを自分用に買ったのは何気に初めて
最初は海門信者だったけど,最近は価格と性能のバランスがとれたWDをずっと買ってました
今回もWDにしようと思ってたんですが,安いEARSシリーズのAFTがLinuxで扱うには面倒そうだったので回避
実は公称回転数不明も気になってたんですがw
で,WD以外で色々調べてたところ,どうも日立が一番安そうだったので日立を購入となったわけです

PT2その他もろもろが入ってるのはご愛敬ということで


OSは今回お金かけたくなかったので研究で使ってるCentOSをチョイス
ちょこまかいじくって遊ぼうと思います


ということでお金かけないつもりが以外にお金かかってしまったので,頑張って後はソフト組もうと思います

とりあえずは録画&家庭内サーバ目指してがんばります
  
Posted by toriumi_amd at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月05日

CentOSでS3からWOLが出来ない

結構はまったので備忘録ということで書いときます

環境はCentOS5.5
LANはDG33FB内蔵のIntelのGigabit Ether

S5からのWOLは成功するのにS3からはWOLが出来ない
S3へはpm-utilsのpm-suspendで入って,電源スイッチを押せばちゃんと復帰する

S3に入ってもLANのランプは点灯しているのでパケット自体は受け取ってるみたい
けど起動しない

で,何が問題だったかというとカーネルのバージョンでした

インストールしたときのカーネルのバージョンは2.6.18-194.el5
一度yumでカーネルのバージョンをあげたので出来ない時に動いてたのは2.6.18-194.8.1.el5.centos.plus
現段階でS3のWOLが出来るようになったのが2.6.30.10

CentOSは色々とパッケージのバージョンが古いなんて話は小耳にはさんでましたが,まさかカーネルだったとはという感じです

当然yumではアップデートできないのでカーネルのソースを落としてきてコンパイルしてインストール
面倒だとは聞いていましたが,確かに時間がかかるし面倒くさい
でも良い勉強になったと思います.


ちなみにこれでS3からはWOLでたちあがるようになりましたが,依然としてS4からはWOLできなかったりします
まぁS4よりはS3のほうが実用的だし,S4使うならS5にするし今のところは出来なくても問題は無いんですけどね...  
Posted by toriumi_amd at 21:12Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月05日

生存報告

ふと思い立ったのでブログを更新してみることに

1年ぶりくらいですか...
日記はmixiに、普段思いついたネタはツイッターに、車関連はmixiとみんからにそれぞれ書いてるのでめっきり更新しなくなりましたね

それでもちょこちょことアクセスはあるようで
未だにMT3303Jとかランディオーネで検索かけてみにきてくださる方がいるようでうれしい限りです

MT3303JはXP化してまだ使ってます
左シフトとキャプスロックキーが外れたままつかなくなったことを除けば快調そのもので、枕元において寝る前にちょこっとブラウジングしたり動画みたりって用途には重宝してます
VISTAだと重いけどXPだとサクサク動くので気持ちいいです

ランディオーネは去年にフロントディレイラーをサンツアーARからARXに交換
たまたまヤフオクで新品が安価で出品されていて、装着出来そうだったので購入して以前転倒したときにお世話になった自転車屋さんで装着してもらいました

ただ、その数ヵ月後になんでもないとこでまた転倒してしまいアゴを2針縫う怪我とフロントディレイラーを曲げて破損させてしまうという実に悔やまれるヘマをしでかしたので現在はハイ側に固定して乗ってます
生産されてから30数年 親から受け継いで3年目ですがまだまだ乗れそうです

乗れそうといえばサニーも元気です
後期最終のB13型ですが昨年12月に8回目の車検がありました
近接排気がきになってたんですが無事にクリア
リアのサスが沈んでいて上のほうの回転数でつなぐとクラッチもすべりぎみですが
10万kmを超えてもまだまだ元気
エンジンマウントも交換したし、もう少し気合だして乗ろうと思います
いつかは走ってるだけで「おーあの型のサニーまだ走ってるんだ!!懐かしいなぁ」って言われる仕様で残したいです

就職氷河期といわれる現代ですが、なんとか進路は決定しました
進路未決定で卒業なんてことはなさそうなので安心です

以前からこのページをみていた人たちは今私がどういう生活をしているかは大体知ってるとは思いますが、一応報告まで

なんどか死にそうな思いしてますが、一応元気にやってます

また次の更新が1年ぶりにならないように、そろそろ本格的に再開していこうかなぁとも思わなくもないので
定期的にアクセスしてくれてる皆さん期待せずにまっててくだされ!!


  
Posted by toriumi_amd at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月16日

久しぶりの更新

SP2


絶賛就活中
やっぱり世の中甘くないです。あたりまえですが。


新規にクリーンインストールして以来、SP適用恐怖症(クリーンインストールの原因がSPの適用失敗だった為)だったんですが
研究室の先輩に、研究室で使ってるPCのパフォーマンスチェックしてもらってるときに
「ぎゃーーー修正ファイルは充てとこうよ」
って言われたので、良い機会だってことで下宿先のPCもSP適用しました。

というわけで今回は無事にSP2まで適用成功しました。

まぁ当たり前なんですが


というか中途半端な設定のまま3.15GHzで動かすなら早く3.43GHzにしたほうがいいような気がしてきた
  
Posted by toriumi_amd at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2010年01月12日

あけましておめでとうございます

もう12日ですが、このブログに定期的にアクセスしてくださっている皆様

あけましておめでとうございます。
相変わらず滅多に更新していませんが、皆様今年もよろしくお願いします。

突然ですがtwitterをはじめてみました。
研究室のメンバーでやってみたら面白そうじゃない?というネタから始まったプロジェクト
とりあえず自分ものっかってみました。

サービスとしては知っていたものの、実際にやったことはなかったんですが
中々面白いサービスですね。
環境を拡張するプログラムなんかも豊富でカスタマイズ性が優れているのも素晴らしい

しばらくははまってしまいそうです。

http://twitter.com/toriumi_snyex  
Posted by toriumi_amd at 01:22Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月25日

Windows Ready Boost

某所から資料と共に512MBのフラッシュメモリが送られてきたので
とりあえず物は試しということでReadyBoostを設定してみました。

今のところ体感できる変化はないです。ハイ

ていうか512MBだと少なすぎてそんなに変化ないと思われます。

しかしVISTA使ってもうすぐ2年になるけど
この機能使うの初めてだわw

何事も挑戦しないと駄目だよね

なんか最近そういうチャレンジ精神ってのがなくなってきた気がする


今問題があるとすればMT3303Jのキーボードが破損してしまったので交換することか

ジャンクで綺麗なキーボード探そうかな...  
Posted by toriumi_amd at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

4850すげー

どうも同時インストール環境では上手く動作しないようなProstreetとUnderCoverですが
基本的にProstreetのほうが好みな自分は
UnderCoverをアンインストールしちゃいました。

まぁ最近滅多にしてなかったし、カスタムもやりにくいし
色々中途半端だったからこれでいいんです

相変わらずRX-8とかガヤルドをストリートで走らせるって点ではUnderCoverは優秀
でも根本的に操作感やシステムはProstreetのほうが好きだった

クラッチMTなんかはすっごく面白かったしねProstreet

ということでRadeon4850に換装して初めてProstreetをプレイしたんだけど

グラフィック関係の設定MAXにしてもぬるぬる動きすぎワロタ

グラフィックエフェクトなんかもUnderCoverより軽いし、やっぱりクラッチMT楽しい

そういう意味では新作のSHIFTもやりたいんだけど

日本語PC版って今のトコラインナップにないんだよね....

輸入版がそんなに高くないから買ってもいいんだけど
迷うとこです...  
Posted by toriumi_amd at 00:43Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月19日

OHしたい

ランディオーネのフロント側の変速が効かなくなってしまった。
お陰で1段固定

普段はハイギア側で固定してるんですが今はローギア側で固定
それが要因でスピードに全然乗れなくて
思ってたよりストレスが溜まってます


ワイヤーストッパーが機能していないことが原因なのはわかっているので
うまく機能するようにオーバーホールしたいのが本音なんですが
SUNTOUR ARと書かれた変速機の部品なんてもう出てくるわけがない(そもそも製造してた会社が既に存在していない)ので
変速機をどうにかしようと思えばシマノとかの別会社のものを装着するしかない
するとホイールから変速機、スプロケット、挙句にはホイールも交換が必要になるっていわれたので
そうなると今のまま使えるのはフレームとハンドルだけじゃんってことに...

そこまでしてランディオーネに拘るほどこれじゃないと駄目ってことはないので
そうなると降りてロード買いたいのが本音


まぁたぶん今回も整備して無理やり乗れるようにするんだろうけど
こう寒いと中々整備もしたくないのが正直なところ


ショップに頼もうかな....
  
Posted by toriumi_amd at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月05日

久しぶりに

記事書くの久しぶりですね。

というか定期的にアクセスしてくれてる方、申し訳ないです。

最近いろんなトコに手出したせいで、中々更新する機会ができてないんですよね。

後私生活のほうでも、ようやく研究に入ってきたのでこっちにも忙殺されてる感じ
それに加えてこの不況
就活怖すぎワロタって感じです笑

とまぁそんな感じで生活してるわけなのですが、今日久しぶりに下宿先のマシンをOC設定にしました。

久々にneed for speed undercoverをやったんだけど、あまりにも動作がカクカク

昔はこんなことなかったのになぁと不思議に思ってると

ちょっと前プレイしてたころは普通にOC設定でゲームしてたことを思い出したからです。


とまぁ、OCすることにしたはいいんですが、設定が思い出せない

お陰で3度程マシンがフリーズしました。

結局3.15Ghz 1:1設定で落ち着きましたが、よくよく考えれば電圧ちょっと弄れれば3.42GhzまでいくんだよねこのPC

今見たら設定記事に書いてたのでそのうち記事通りの設定にしようと思います。


しかしよくよく考えればもうすぐこのPCも3年なわけで
そろそろ更新してもおかしくない性能のハズなんだけど....


別段i7やPhenomII X4とかが欲しいわけでもないし、そんなに速くなったって実感が持てそうにないのでどうしようか思案ものです。

就職前に新しいものを組んでおきたいってのはあるんですが....。

というかむしろ今はHDDをSSDのRAID0とかに置き換えて使いたいのが正直なところ
ここ数年のハードウェアの性能進化って調べてないからわかんないけど、きっとそんなにかわってないんだろなぁ..。  
Posted by toriumi_amd at 23:21