市場の顔色(相場)を伺いながら、景気概況を発表・訂正するアメリカ帝国大本営発表によると諸悪のチェイニー

2008年06月14日

排出権金融詐欺







    排出量取引は大いに効果を発揮、取引の円滑化推進を=金融担当相


                          ロイター 2008年6月10日

 [東京 10日 ロイター] 渡辺喜美金融担当相は10日の閣議後の記者会見で、排出量取引制度について「低炭素社会の実現が福田内閣の大方針。このために排出量取引は大いに効果を発揮できる仕掛けだ」と考えを示した。

 さらに、今国会で成立した改正金融商品取引法で排出量取引制度の規制緩和が盛り込まれていることを指摘したうえで「こうしたマーケットを安定的にすることで、排出量取引の円滑化を進めていく必要がある」と述べた。

 福田康夫首相は9日、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に向けた地球温暖化対策「福田ビジョン」を発表し、事実上、排出量取引制度を導入する考えを示した。また、国内排出量を2050年までに現状から60―80%削減する長期目標を表明した。

 渡辺担当相は長期目標について「並大抵の努力では追いつかない。ありとあらゆる仕掛けを作りながら低炭素革命を実現していく必要がある」と指摘、このために排出量取引が「効果を発揮できる」との認識を示した。6日に成立した改正金商法では、取引所本体による排出量市場の創設や、銀行・保険本体の排出量取引の参入を解禁している。

 <原油高騰、金融市場の安定化が必要>

 前週末のニューヨーク原油相場(WTI)が1バレル=140ドルに迫るなど、原油価格が高騰している問題については「投機による部分が何十ドルかあるという指摘は、かねてからされている」としたうえで、「金融市場は未だに不安定な状況だ。金融市場から商品市場にお金が流れる現象が続いている」との見方を示した。さらに、当面の課題としては、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題で混乱する金融市場の安定化が必要との認識を示した。 

 野村ホールディングス<8604.T>傘下の野村証券の元社員らによるインサイダー事件で、野村がとりまとめた再発防止策について「私も読んだ」としたものの、実効性については「中身について精査している」と述べるにとどめた。






      温暖化ガス国内排出量、2050年までに60─80%削減へ

                            2008年6月10日

 [東京 9日 ロイター] 福田康夫首相は9日都内で記者会見し、7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に向け、地球温暖化対策に関する「福田ビジョン」を発表した。日本として国内排出量を2050年までに現状から60─80%削減する長期目標を表明。






     ちょっと待て! 排出権取引 〜 もう少し冷静に考えよう


                     WIRED VISION 2008年6月12日

■排出権取引とは何か?

福田康夫首相は6月9日、温室効果ガスの排出権取引を今年秋から試験的に行う方針を打ち出しました。ですが、私はもう少し冷静な議論を重ねた方がいいと考えます。仮に排出権取引を行ったとしても、日本の産業界にとってメリットにならないため、積極的な参加は期待しにくいでしょうし、温室効果ガス・CO2が減るとも思えないためです。

先行して実施したEUでは、その効果が明確に示されてはいません。EUの経験をもう少し観察して、冷静に議論をするべきでしょう。

EUは、域内排出権取引制度(EU-ETS)を2005年から実施しています。「キャップ・アンド・トレード」と呼ばれる内容を紹介しましょう(注1)。

キャップ・アンド・トレードでは、国が各企業に温室効果ガスの排出枠の上限(キャップ)を設定します。そして、上限より少ない排出をした企業Aが、それより増えた企業Bに排出権を売るという形の取引です。企業Aは、CO2を削減したことによって得た排出権を販売することで利益を得ます。一方で企業Bは、超過分の排出権を購入して負担を受け持つわけです。

温室効果ガスの中心はCO2で、これは化石燃料の使用と密接に結びつきます。この制度を導入することで、企業が省エネによるCO2の削減に動くことを狙っています。


■導入推進論のポイントは?

推進の主な論拠は、

A:温室効果ガスを減らせる

B:設備投資がCO2削減のために使われ、技術革新を促進する

C:市場メカニズムを使って企業の自発的活動をうながすため行政コストが節約される

という三点です。


【Aについて】
国が上限を設定することで、

・企業はそれ以上の量を出せなくなる
・その上限を厳しくすれば、ガスの排出を減らせる
・より多く削減すると儲かるため、企業が削減に動く

といったことが期待されています。

大気を汚染する窒素酸化物(NOX)や二酸化硫黄(SO2)について、アメリカでは排出権取引を1990年代に行いました。今でも市場は存在しています。そして、この時期から現在まで、汚染物質は半減しました。この経験を排出権取引の論拠にする人が多いのです。

でも、はたしてそれは正しいのでしょうか。面白い例があります。日本は1970年代に大気汚染物質の削減をほぼ完了していました。排出権取引は当時ありません。「汚染物質を出してはいけない」という直接規制、補助金、企業努力で削減が達成されました。

アメリカも排出権取引と直接規制を併用しています。SO2とCO2の削減とを単純には比較できませんが、排出権取引が物質を減らす唯一の政策ではないと分かります。


【Bについて】
EU企業の設備投資が温室効果ガスを削減する方向に向いている。これは確かにそうです。しかし、それが排出権取引だけでうながされたものであるのかどうかは疑問です。

風力や太陽光発電など、再生可能エネルギーの使用や電源の転換がヨーロッパで急拡大しています。これには、そうしたエネルギーへの強制買い取り制度という政策の後押しが影響しています。

EU-ETSは、2005年に始まったばかりで早急な判断をするべきではないかもしれませんが、今のところ排出権取引によって技術革新が起こったとは観察されていません。


【Cについて】
EUでは行政の手間は、それほど軽減されていないようです。市場メカニズムが動く前に排出枠で問題があるためです。

CO2の排出枠を設定することは、化石燃料の使用に上限が加わることを意味します。そのために、各企業はその導入に慎重になりますし、ライバル企業との間での公平を求めます。実際には、その配分に際してかなりもめるはずです。

日本政府は「EU-ETS域内排出量取引制度に関する調査報告書」(注2)を公表しています。そこでは、各国とも自国内の企業で排出枠の設定に苦労しているとのヒアリング結果が出ています。

その結果はどうなったのでしょうか。EU諸国は、第1フェーズ(2005〜2007年)、第2フェーズ(2008〜2012年)では、各国と企業の排出枠の設定を緩くしました。その結果、排出権取引の規制を大半の企業が簡単に達成しています。そのために、この制度による温室効果ガスの削減効果は顕著に現れていません(注3)。

EUは、この制度を2013年以降に見直すことを表明しています。他国が見直す制度を、これから日本で導入することに意味があるのでしょうか。


■仮に日本で導入すると・・・

仮に日本で排出権取引が導入されたらどうなるでしょうか。既に日本企業のエネルギー効率は高いため、さらに一段のCO2の削減は難しいとされています。そのため、取引市場は排出権の「買い手」だらけになるでしょう。

また、上限の設定は政府によって行われます。政府による新たな「統制」ということになりますし、調整は難航するはずです。さらに、日本の産業界のライバルである中国、インド、アメリカの企業には排出枠がありません。

排出枠を設定することで、CO2の削減を各企業が意識するようになった心理的効果など、EUでは多くのプラス面も出ています。そのメリットは冷静に評価しなければなりません。ただ、日本にとっては今の時点でデメリットがメリットより大きいのではないかと私は思います。導入の結論を急がずに、もう少し産業界の意見を聞き、国民的な議論を深めた方がいいのではないでしょうか。

EUが排出権取引制度を広げようとするのは、自らのルールを世界標準にすることで、自らが温暖化問題での「覇権」を握ろうとしているのです。日本の強みは企業の技術力、そして得意技は「省エネ」です。そうした強みを活かす制度を考えなければなりません。


■空気に流されずに冷静な議論を

「空気」――。評論家の山本七平氏は、日本で物事が決まるとき、その場の雰囲気が一番影響を与えると喝破しています(注4)。今のテレビや広告には「エコ」という情報があふれ、「温暖化防止のために何かをしなければならない」という空気が社会に充満しています。

「市場を作る」という目に見える効果を持つ排出権取引に関心が集まることは分かります。しかし、早急な導入の結果、日本の産業界がダメージを受け、それによって私たちの生活が脅かされる、といった事態は避けなければなりません。

「空気」に流されず、利害得失を見極めた冷静な議論が行われることを望みます。





       排出量取引でCO2削減「ほとんど幻想」 電事連会長

                           朝日新聞2008年6月14日

 電気事業連合会の勝俣恒久会長(東京電力社長)は13日の会見で、「市場メカニズムだけで二酸化炭素(CO2)削減をなんて言うのはほとんど幻想に近い」と述べた。福田首相が、低炭素社会実現のために自ら示した包括提案に、市場メカニズムを利用する「排出量取引」を盛り込んだことへの批判とも受け取れる発言だ。

 排出量取引は、企業にCO2の排出限度枠(キャップ)をかぶせ、超過する企業は、余った企業から取引(トレード)で超過分の排出枠を新たに買ってこなければならない制度。排出枠の売買という一種の市場メカニズムによってCO2排出を減らせる仕組みだとして、欧州連合(EU)が世界に強く推奨しているものだ。








toriya555 at 16:05│Comments(0)TrackBack(0) 公共詐欺 | 国民の敵は自民党

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
市場の顔色(相場)を伺いながら、景気概況を発表・訂正するアメリカ帝国大本営発表によると諸悪のチェイニー