プロレスカード主義

プロレスを中心に、野球、などのスポーツカードの収集が趣味の管理人の、スポーツカードを題材としたブログです。相互リンクは随時募集中です。

MAKOさんの辛口プロレス観戦記

WAVE新宿FACE〜観戦記〜

皆様ご無沙汰です。

最近とても忙しくて更新も滞ってしまいました。

チェックしてくれていた人たちすいません。

もうこの観戦も一月も前のことになってしまいました(汗)

なので記憶も薄れてしまっていて、波女を決める決勝だけの評価でご勘弁を。


■catch the WAVE 2011〜波女決勝トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負

○華名vs大畠美咲×

ロシアンフック、バックハンドブローから体固め


華名・・・4
この選手はやっぱり言いと思います。いい意味で非常に頑固だし、とても面白い試合をしたと思います。賛否両論は分かれる選手だと思いますし、馬場さんがいたら、裸足はいただけないと言っているでしょうが(笑)
優勝インタビューでも他の選手を刺激するような所謂「余計なこと」を言っていたのもいいと思います。
常に世間、女子プロレス界と戦っているのでしょうね。
強さを見せての勝ちで納得の試合でした。


大畠美咲・・・4
正直キャリア的にメインを張れるのか心配でしたが、期待以上の試合をしてくれました。本当にどちらが勝つかわからないくらいの粘りがありました。本人にしたらってのはあるんでしょうが、ネットや雑誌で情報を知るファンにとっては華名選手の修羅場のくぐり方に比べたら、大畠選手はまだそういう話も聞かないので、優勝どころかメインをしめられる試合が出来るのかって思いましたが、本当にいい試合でした。
プレッシャーや不安、悔しさなど緊張の糸が切れたんでしょうが、終わってから大泣きしていました。それでも笑顔で売店にはいましたが。
若いし、ビジュアルもいいのでこれからキャリアを積んで「正統派」で行けばきっと立派なメインイベンターになるでしょう。正統派でね。
この娘は致命的にヒール向いてない。ヒールなのに普通に痛いとか苦しいうめき声とかだしちゃってるから・・・
勝敗を分けたのはその部分もあったような気がします。
この選手は器用そうなので正当な技術で試合をして欲しいです。個人的には。

あ、広田さくらの澤兄貴のコス、最高でした。

何度も言いますが、広田さくらを見に行くだけでお金を払う価値があると思います。

OZアカデミー新宿FACE〜観戦記 

さて、プロレスドラフトの途中ですが、先週実家に帰省した際にプロレスをきっちり見てきました。


ですんでちょっと中断してみんな楽しみにしている?辛口観戦記をはさみたいと思います。


滞在日程的に選択肢は四つ。OZアカデミー、DDT、WAVE、スターダム。

この四つが東京で同日開催です。

まあ、あんまり悩むことなく、新宿FACEで昼晩に行われたOZとWAVEを選択しました。

理由はOZは初めて生で見る選手が多かったことと、WAVEが広田さくらがでるから。スターダムはもっとみんな成長してから見に行きます。


それではスタート。

第一試合
小松奈央● 対 ◯藤本つかさ
7:14 片エビ固め
※ビーナスシュート


小松奈央・・・3
気迫あふれる若手。ちっさいのに頑張ってます。しかしながらプロレス界の問題でもある、同期の若手が団体にいないハンデがもろに出てしまってます。
固定ファンもついているので将来性はあるのでしょうが、いかんせん先輩に勝つというのは物凄く遠くて険しい道のり。まだまだ若手ですが、くじけずに頑張って欲しいです。


藤本つかさ・・・5
以前見たときより大分成長していたと思います。ドロップキックのじなやかなフォームも美しいし、技術もあって、何より受けが抜群に良くなっている。
リングを降りたら華奢な可愛い女性にしか見えないのに、この人のプロレスは御世辞ではなく、功も防もとても美しく見えました。
はっきり言って軽量級では総合的に見たらトップの選手だとさえ思ってしまいました。期待大。


第二試合
◯アジャコング&AKINO 対 桜花由美●&悲恋
15:00 片エビ固め
※裏拳


アジャコング・・・4
パンチをのばしてウエーブがかった金髪のオールバックに髪型を変更していましたが、正直かっこいい(笑)いや神ちゃん路線でいけるんじゃないかというくらい男前でした。
「強さ」という部分の安定感は抜群ですね。なんか勝てる気がしない・・・


AKINO・・・4
やっぱりこの人は投・極・打・飛のバランスは抜群にいい。恐らくプロレス界1でしょう。トレーニングを欠かさない肉体も素晴らしい。
チャンピオンであってもおかしくないんだけどな・・・試合の安定感も素晴らしいと思います。


桜花由美・・・2
やっぱりヒールが似合わないなぁ・・・・だって売店での対応めっちゃ親切だし、やっぱり近くで見ると綺麗だし。どうも女子の場合、男子と違って、リングはヒールだけど売店はベビーってのが違和感が凄いある。
長身で逸材なんだろうけど、詰めが甘すぎ。アジャがふらふらでフィニッシュを狙うのに何故かブレーンバスターの体勢。案の定、返されて逆転負け。
あの体重のアジャを何故ブレーン?プロレスがたとえブックがあったとしても、納得の出来る勝ち方、負け方を見せるのがプロレスラーであってこの試合に関しては負け方に説得力がなくて残念でした。


悲恋・・・4
基本喧嘩キックしか使わない。でも気迫を前面に出して、またそれで試合を作り出す間や技術は立派。
若手とは言え流石仙女育ちだと思いました。頑張って欲しいです。しかし腰から尻にかけて入れている刺青が何ともイヤラシイ・・・
レスラー引退後のことはちゃんと考えて彫ったのか?



第三試合
△井上貴子 対 永島千佳世△
※尾崎魔弓の指示によりレフリーはポリス。
無効試合 
※両選手のレフェリーへの暴行により

井上貴子 、 永島千佳世・・・共に判定不可
ポリスというレフェリーの暴走により、試合どころではなく二人でレフェリーをフルボッコにしたために判定できません。
非常に残念。生永島を見れるチャンスだったのに。ガイア出身と言うことはいい選手に間違いないのに・・・
井上貴子は綺麗なおばさんって感じになってた。デビュー時は本当に可愛かったんだけど・・・
しかし何であんなに可愛かった貴子が独身なんだろ?さぞもてたでしょうに。


ポリス・・・5
なんだかよくわからない悪徳レフェリーだか凄かった。要は笑わせ役でしたが、貴子にスタンガンを喰らわされ、股間にミサイルキックあび、二人がかりで何度パイプ椅子で殴られたか・・・
最後はピクリとも動かなかった。
正直いくら貰ってもあんな目にはあいたくない。良くあそこまでやられたな・・・凄かったです。


後半へ続く。

全日本プロレス島根大会〜観戦記〜


第五試合
×近藤修司、諏訪魔対征矢学、真田聖也○

近藤修司・・・3
可もなく不可もなくって印象。カズと名勝負をしたとのことで期待していたのですが、いまいちこれと言ったインパクトを覚えていません。覚えてなくてなんかすみません。やはりジュニアがベビーと絡むとつまらない。


諏訪魔・・・1
やっぱりこいつは嫌いです。また切れて暴走しやがった。こいつの切れ方はプロレスの切れ方じゃないので本当に嫌だ。憎しみでプロレスと言うか暴力を振るっているようにしか見えない。
生でこいつを見たことがある人にはわかると思うが、会場どん引きですよ。しかもヘイト先輩が意識不明になっているにもかかわらず、征矢の頚椎を踵で蹴ったりと非常識甚だしい。雷陣をやばいことにした時に引退してしまえばよかったのにといちプロレスファンとして本当に思う。人気があるわけでも無いし。それが証拠に週プロで同じチャンピオンの棚橋は表紙になりまくりで、諏訪魔は皆無。
しかもVDで周りが引くほどの暴力をリングでしてたのにVDに入った河野批判て頭もおかしい。
本当に嫌い。
永田さんが勝てば全日も暫く安泰だったのに・・・


征矢・・・2
この人もいい体してるんだけど・・・逃げずに真正面からぶつかるのはいいけど、それって自分より体格の劣る選手にしか通用しないからな・・・
ど真ん中歩くって言ってた団体の選手が中堅なのはそのため。
もっとかわす事を覚えたり色々しないとこのまま埋まりそうな選手。
余計なお世話だから、自分でこのスタイルがよければやればいいけど、より体格のいい諏訪魔に全く通用してなかったことを考えられないようじゃアジア止まりの選手。
頑張れ!


真田聖也・・・4
実は見てみたかったのはこの選手です。前に見たときは川田さんの言葉を借りると、薄っぺらいスルメみたいなただの若手でした。
しかしチャンピオンカーニバルで準優勝させてもらったと言うことはきっと大幅な変化があったはず。
なので是非見てみたかった。
感想は予想以上の変化でよかったと思います。
パンツの星はダメですが、見事にビルドアップされた肉体は彼の鍛錬の証拠であります。
よく練習したんだなと。
また爽やかな好青年なのでこれからのプロレス界を背負って立つでしょう。
何が良かったってフォールをとられそうな雰囲気がなかったこと。
これはトップの証でもあります。頑張って欲しいです。
ただエルボーはやめて欲しい。それだけは・・・
エルボーは三沢さんのだから・・・

以上になります。


しかし悲しいことに本当の意味での最後の全日本の和田レフェリーが解雇されてしましました。


本当に本当に京平さんがいたからギリギリギリギリ馬場さんの全日本がそこにあった。


京平さんがいなくなり、武藤も辞任で全日はいったい何なんだろう・・・


今、新日が盛り返してるのも納得がいくは・・・・・

しかし全日ひどいな・・・

京平が解雇になったことで私は過去の中でプロレスを見るのを決めました。

真田選手には期待しますが、未来の全日本には何も期待しません。

真田君も早くノアか新日に行くべきだと思う・・・

全日本プロレス島根大会〜観戦記◆

第三試合
×レネ・デュプリ、ジョー・ドーリング対魁、鈴木みのるI○

レネ・デュプリ・・・3
マッチョだしいい雰囲気を持っていると思う。スーパーJみたいな感じ。嫌いな選手じゃないです。
もっとパワーを使った圧倒的な攻撃力を見せると客が喜ぶと思うし、出来る選手だとも思う。まあ鈴木みのるが相手じゃしょうがない所もあるが。しかし胸の辺りに刺青で【日本】と彫っていた。なんという取り返しのつかない事を・・・可能性のある選手だとは思うが日本での仕事が無くなったらどうするんだ・・・


ジョー・ドーリング・・・4
キャリアたった四年でとてもいいオーラをまとった外人選手になっていた。いかにも大型外人という感じでとてもいいと思う。マッチョすぎもせず、太り過ぎもせず、いかにも大きくて強いといった感じ。見ているお客さんがわかりやすい。
全日本がジョーをどういう風に使うかが今後非常に重要だと思う。
外人エースとしてハンセンなどの位置につける可能性のある選手だと思った。上手に育ててチャンスを与えて欲しい。


魁・・・1
何故か島根の大会に広島のどインディーのこの選手が上がるんだが、マ・ジ・で広島と島根は別に友好都市じゃないから。
山陽と山陰と全く違うからね。カープファンより巨人ファンのほうが島根多いし。
何より腹が立つのはこいつが上がったせいで、全日の若手の中之上君が試合に出れなかったこと。
凄く残念だし腹が立つ。大人と小2くらいのサイズで全く歯が立たないのに、なんでこの選手をあげるのか意味がわからん。
全日は興行主に弱みでも握られてるのか?もう一度言いますが、この無名の選手のせいで全日の若手の試合を見ることが出来なくなったのは本当に残念で腹が立ちます。


鈴木みのる・・・5
やはり鈴木みのるは鈴木みのるである。6万人の会場でも200人の会場でも全く変わらない。プロレスラーとしての自覚、鈴木みのるとしての自覚が物凄い高いんだと思う。東京でも地方でも全く変わらないのは今まで見た中では、鈴木みのる、大谷晋次郎、ライガーの三人だけ(小橋も恐らくそうだと思うけど、ノアを田舎で見たこと無いのでわからない)。
鈴木みのるが出るだけでプロレスを見る価値があると思う。この日のチケット代5000円のうち、4000円は鈴木みのる代である。



第四試合
○大森隆男、船木誠勝、太陽ケア対曙、浜亮太、カズハヤシ×

大森隆男・・・4
何故か全日本にあがっている。旅館はどうしたんだ?しかし相変わらずスマートでかっこいい。
個人的には好き。体格のバランスがとてもいいし、何より技の切れは全く変わらず。


船木誠勝・・・4
初めての生船木。この中では異彩を放っていた。冨宅さんと同じオーラ。隙があったら決めちゃうよみたいな。かっこよかったです。


太陽ケア・・・3
ケアにも持ちネタが出来てた・・・禿げてるのに頭掴まれたら【ヘアー】ってアピールしてた。
何かが足りなくなっていた印象。全日が分裂した時は川田の次のエースとして期待してたんだけどな・・・


曙・・・4
すっかりプロレスラーらしくなっていた。間の取り方、コーナーでの対応、相撲取りと言うよりもうレスラーでいいと思う。
真横で見たときのでかさは人々を本能的な恐怖に陥れると思う。もう一度言うけどK1で曙が倒されたと言うのがホントに信じられない。
あれを倒せる人間なんて本当にいるのか?真横で曙見るとK1もブックが当然あると思ってしまうほどの圧倒的な威圧感です。


浜亮太・・・1
やっぱりダメ。太りすぎ。曙よりはるか小さいのに体重はそんなに変わらない。本当に太りすぎで、動きが滑稽すぎる。というか醜い。
小島を何故、よりによって浜に負けさせたのか全くわからない。動き見た目全く話にならない。痩せてから出直せ。
もっともから揚げを120個も食べてるようじゃ無理。しかしこの太り方は命の危険を感じる。レスラー浜は置いといて、個人浜としては心配です。



カズハヤシ・・・1
いい選手には変わりないが、この試合に関しては糞。やる気が本当にあったのかってくらい、フルボッコにされてフォール負け。
なんでかわしたりすかしたりしないのか解らない。全くいい所無くホントにフルボッコにされていた。
タイトルマッチはあんなにいい試合してるのに、残念極まりない。取締役の癖になんの挨拶も無いし。
この人は鈴木みのると真反対で地方では手を抜く選手なのか?因みに試合に出る以上はコンディションが悪いという理由は私はみとめません。





続く

全日本プロレス島根大会〜観戦記 

ではお待たせしましたが、観戦記スタートです。注意して欲しいのはあくまでも【この日の試合】を見た選手の印象です。

第一試合
×BUSI対KAI○

BUSI・・・3
ちびっ子に大人気。でも正直がっかりの試合。もっともベルトに挑戦が決まってたKAIとのシングルなので勝つことはないからですが。やっぱり活躍するのは遠征から帰った直後だけなんですね。BUSHIになってこの選手もやや期待していたんですがT28となんら変わらず。最近は帰国直後の白星連発が嘘のような黒星配給マシン。ベビーのマスクマンが負けるのはあんまりなぁ・・・しかしよくトレーニングを積んだ鍛えられた体なので、第一試合の選手じゃないなと。もっと出来るはずなのに適当なところで負けたって感じです。第3試合くらいで皆が驚く空中技を見せていれば全然評価は違ったのですが。マッチメイクが悪い。

KAI・・・2
あんまり印象に残っていない。これといった個性を感じないというか・・・普通。可もなく不可もなく。何かごめん。稔から相手にされないのもなんかわかる。あまり絡んでも得がなさそう。ごめんね。

第二試合
○KENSO対大和ヒロシ×

KENSO・・・1
全日本プロレス、否プロレス界の汚点にしか過ぎない印象。とにかく気持ちが悪かった。入場時には死んだ魚のような目でのらりくらり歩き、コーナーに上がって変なポーズ。極め付けはファーストコントクトの際、大和をロープに押し込んでいきなり『ぶっ殺すぞこの野郎!』と叫ぶ。大和何にもしてないし、田舎の大会でちびっ子が大勢いるのに。しかもヘイト先輩が意識が戻らない渦中にいるのにいきなりぶっ殺すぞですからね・・・もうキ○ガイにしか見えませんでした。
しかし肉体はダルダルでしたが上背があるので、あのまま新日で厳しく鍛えられてたらいいレスラーになったかもしれないと思うと少々勿体無い気がします。試合も相手の顔ばっかり張るし、ほぼ悪ふざけだったので、皆に笑われてただけでした。『私は』嫌いです。

大和ヒロシ・・・3
当然負けましたが、よかったと思います。しっかり鍛えてるし、何よりジュニアで猪突猛進キャラもいないので彼はこれでいいんじゃ無いでしょうか。まあ相手が相手だけに真価わかりませんが、もっと他のカードで見たかったのが正直な感想です。

次回に続く

全日本プロレス島根大会〜観戦記EP0〜

どうも、僕です。皆さんお待たせしました。別に待ってないですね。


本編に入る前にエピソードゼロを書かなければなりません。

何故なら本当は観戦をやめようと思っていたからです。

と言うのも、今回の事件or事故でVMの解散、無期限停止でカードが変更になったからです。事実関係は知りませんが、今回の目的はVMとKONOでした。KONOがどれだけ成長していたかが見たかっただけにVMがでないなら見る価値無いなと思いまして。

だって変更後の試合がシングル2試合中、1つはヘビー対ジュニア、タッグ3試合中1人だけジュニア混ざってる。もう見るまでもない試合。試合内容で勝負はあくまで結果が解らないのが前提。こんな試合なので、あまり興味がひかれず返金のお願いを全日の事務所に3度メール。電話は繋がらなかった。


結果・・・・・・・




無視、無視、無視、無視。


完全な無視。


5000円も返金されたら困るからでしょうね。全く誠意の無い会社になってしまいました。


しかも今回の件は張り紙一枚で済ませ、武藤社長も淵も来ない、カズハヤシ取締役も大森にフルボッコにされただけで何の説明もなし。


VM解散後の初試合だったのにがっかり極まりない。


馬場さん、鶴田さん力を貸してください!!!!


しかも大嘘つき。団体発表950人てありえないですから。地方の体育館ですよ。普通の。2回席無しで。1階のみ。いいとこ200人くらいしかいなかったんじゃないでしょうか。全日なのに人少なって思いましたもん。嘘ばっかですね。

全日本の対応には心底がっかりでしたが、1人だけ興味がある選手がいたのと、チケット代が勿体無いので見に行きました。


その選手はまた後で発表します。

では観戦記&評価点スタート!


追伸、武藤の辞任の意味ってなんなんでしょうね。表向き、TARUの暴力との因果関係は分からないと言っておきながらの辞任。最早VDも含めて真っ黒って事でしょうね。
辞めるより、武藤が全国ついて歩く方がファンにとってはいいんですが。

サインゲット編〜訂正〜

スライディングKさんのコメントを受けて、冷静になると感情的になってたと気付きました。すみません。


耕平選手の対応は事実でしたが、良い対応だったとの意見もある以上、試合を飄々とこないしている印象でも、もしかしたら何処か痛めてたのかも知れないし、興奮してたのかも知れません。

ですので、皆の意見が一致しない以上、今回はサインが貰えなかった私の悔しさの現れでしょう。

サインへの対応に関しては耕平選手、ならびに情報で混乱された方にお詫びします。すみませんでした。

しかし、カードにサインしない主義というのはどうも理解し難いです。商用にはするのに。なんでカードがダメなのかの理由が知りたいです。ちゃんと対応してくれるのでギャラだけの問題でもなさそうですし、パックアウトのサインでも500円で売れるか売れないかなのに、わざわざプライベートサインを買う人はいないから売られるとは思ってないでしょうし、知ってる人がいたら教えてください。


本当になんで手帳はよくてカードがダメなんでしょうか。

ZERO-ONE島根大会〜サインゲット編〜

52a0061f.jpgそれでは恒例のサイン編です。

これも今後皆さんがサインを貰う基準になればと思うので評価制度で書きたいと思います。(5段階評価)

因みに欲しかった大谷、曙は試合以外では出てこなかったので声をかけれませんでした。

そんな中で声をかけたのは3人。

吉江豊・・・5
スポット参戦の選手は売店に来ないかもと思って試合後の退場時の一番最後に声を掛けてお願いしたら、疲れているにも関わらず快く対応してくれました。吉江カラーのピンクのマジックを持って言ったので嬉しさ倍増。やはりキャラ通りの明るく、親切な選手でした。

佐藤耕平・・・1
声をかけたら一瞥して後は無視。最悪の対応。試合もそうだが、ゼロワンというインディーの一選手としての対応で会社の利益になるか否かを考えれない頭の悪さが残念。もう私がゼロワン見なに行かない、即ちお金を落とさないのは彼のせいでもある。断るにしてもやり方がもっとある。

日高郁人・・・2
声を掛けたらちゃんと対応してくれました。が、カードにサインはしない主義だと言うことで断られる。その主義って一体何なんだ?だって06/07の時は100枚サインしてるのに。この人商用でギャラが入るときだけサインするのかと思ってがっかり顔してたら、また声を掛けてくれて、何処から来たのか聞くので、答えたら(車で1時間半の所です)遠くて気の毒だったんでしょう。試合終わったらくれるって・・・・
なおさらがっかりです。あんたの「カードにサインしない主義」は何処いったんだ!?そのままにしてくれたら、ギャラ次第でサインする選手ですんだんですが、その程度で自分のポリシーを曲げられる選手と僕の中では認定されてしまいました。勿論言ってもらえて喜ぶ人もいるんでしょうが、私は非常に嫌な気持ちだったので、貰わずに帰りました。結論として、島根県の選手なので応援していましたが、凄い見損ないました。

以上が今回の結果です。耕平は無視し、日高選手はカードにはしない主義らしいので彼らには貰えないから皆さんお気をつけ下さい。社員がこんな対応して、大谷選手の意見が聞きたいわ・・・


↓訪問ついでに1クリックしていただけると喜びます。

☆携帯トレカブログ☆

にほんブログ トレーディングカード

にほんブログ村 プロレス

ZERO-ONE島根大会〜観戦編◆

続けて欲しいと言うコメントがあったので続きです。病に倒れ遅くなりすみません。そして待っていてくれて皆様ありがとうございます。



KAMIKAZE・・・2
金髪が中年のヤンキーにしか見えなくて格好悪いが、技のキレなんかは良かった。ムーンサルトプレスにちびっ子も目を丸くしていた。しかし試合自体は相手がよく分らない外人という事で凡戦。都市部に戻って優勝決定後に涙ながらにコメントしていたが、到底そんな熱い試合とはかけ離れていた。地方だから怪我しないように手を抜いているのかは知りませんが、あんな立派なコメント出すなら、島根のド田舎とはいえもっと熱い試合しろよなってちょっと私は彼のコメントにご立腹なのでマイナス1点。


佐藤耕平・・・2
この選手も崔と同じ。情け無いようなフェイスは生まれつきなのでしょうがないにしても、よく練習している体、分りやすい大型な体型ととてもいいものを持っているのは確かですが3皮くらい向けないと厳しいです。とう言うのも何も印象に残っていないから。「今日私が見た」試合はだた終わらせれば言いとうようにしか見えない試合だった。きっと他のお客さんに聞いても耕平の試合は覚えていないでしょう。でもそれじゃダメなんだよな〜。地方でも全力で何か残そうと言う気が無い限りファンの支持は受けない。このまま沈んでいくなら勿体無いがそれまでのレスラー。


フジタ、澤、佐藤・・・1
あくまでも個人的にバチバチ系の選手が嫌いなのでしょうがない。いつまでも終わらない顔面張り手合戦とか座らせて延髄の蹴りあいとか、周りが引き始めてる空気を読めよ・・・何十回もシバキあうのでみんな引いていた。私は負けん気が売りの選手を好まないですが、好きな人は好きかもしれません。


田中将人・・・3
試合自体は6人タッグで上記の三人がでしゃばっていたせいもあって、あまりリングインできず。ただやはり鍛え抜かれた体をいた。しかしこの選手、新日であんなに憎たらしいキャラで行ってるのに、ゼロワンだといい人なんだよな〜。売店でちびっ子にもにこやかに対応していた。よく分らんが、キャラの使い分けが出来ているってのはプロフェッショナルってことでしょう。シングルで見たい選手です。


曙・・・4
でかい。恐い。こんな小さい体育館で生横綱見れただけでもう感動もの。レスリング技術はアレだが、やはり横綱までいった抜群の知名度があり、曙見たさにたくさん人が来ていた。(私もその一人)レスリング技術は無くても分りやすい強さを演出しており、とても良かったと思います。しかし目の前で見ると、曙がボビーに負けたという事が本当に信じられない。そしてボビーが曙に向かっていったことも信じられない。それくらいの恐さと強さのオーラがありました。地方の田舎の会場なので特にセコンドの警備も花道も無くほんの入退場時に、ほんの真横で見れて嬉しい限り。


大谷晋二郎・・・5
大谷は大谷だった。どこでも大谷選手は変わらない。本当にいつも全力。コーナーにいるときも大谷。お客さんに見せると言うことを本当に忘れることなくレスラーをしているんだなと感動すらする。話題、メインと言う意味では杉浦がMVPかもしれないが、持ち場を変わることなく全力で堅守している大谷選手こそ裏のMVPだと思う。素晴らしいレスラー。


菅原拓也・・・3
ビジュアル、技の切れ、卓越した技術。どれをとってもヒールの要素が一切無い。ベビーフェイスでやった方がいいと思う。マイクのやり取りにしてもダメ。ヤギを巡るやり取りをしていたけど、余りに突然のことで地方の客は全く意味が分らず。しかもヒール色出そうとして、第一声が「鳥取の皆さん、こんにちは」。もうこれダメね。60年前の挑発ね。もう島根県民は鳥取とごっちゃにされすぎて育ってるので、客の煽りにすらなっていない。試合については微妙・・・相手が日高だったせいもあるので菅原選手が悪いんではないが・・・



日高郁人・・・2
東京や大阪でやっていたらいい試合だったんだろうけど、MIKAMI選手の時もそうだが、凱旋試合ほどつまらないものは無いなと痛感。要するに結果が見えてる試合ってこと。そりゃ当然日高選手が勝ってハッピーエンドですよ。地元の親族友人も来てるし、市長も来てるし、前日に後援した小学校の生徒達も来てるし(結局皆試合後リングに上がっていたが・・・)、もう菅原選手が勝つ要素0でしょ。安心してみてられる「タイトルマッチ」ほどつまらないものは無いな〜。ここで負ければゼロワンやるなって感じだったのに。試合のスタイルも蹴り技を多様するのであまり好きじゃない。


以上が超個人的な選手評です。ゼロワンは初心者には分かりやすいプロレスをするけど、観戦暦が長い人には物足りない団体だと言う感想。もっと思わず「うまい!」って言ってしまう選手が欲しいところです。私には物足りなかったですが、あまり観戦したことが無い人にはいいかも。大谷、曙を見るためにお金を払ってもいいかもしれません。あ、私はもう行かないと思いますが。ちなみにキャラを置いといて純粋な試合だけなら今日は高橋奈苗VSさくらえみがベストマッチ。その意味をゼロワンの選手一人一人が考えないとプロレス界の発展は無いでしょうね。

以上、MAKOさん評論でした。

次はサイン編に行きます。

ZERO-ONE島根大会〜観戦編 

ゼロワンの恒例となっている?島根大会に行ってきました。

まず・・・・・

さみーーーーーーーーーーって!!!!!!

12月の後半に普通の体育館でしかも暖房一切無しって・・・・・

めちゃくちゃ寒くて観戦の集中力もあんまりありませんでした。

なんでこんな時期にやるんだか意味が分らん・・・・

真冬の体育館を想像してもらえば分ると思いますが、完全に風邪ひきました。咳が止まらなくなり、ちょっと後悔。書き始めから愚痴です(苦笑)

対戦カードは特にこれと言ったものは無いので覚えている選手の寸評。

思いつきだけど面白そうだから書いてみよう。「個人的な主観」だから一切の批判は受け入れません。5段階評価。触れられない選手は印象すらないと言うことだから、次がんばって下さい。

ランジェリー武藤・・・2
変態の悪ふざけごっこ。3年前初めて見てからからやってることが「全く」変わらないのはある意味凄い。真っ赤なキャミソールのランジェリーをつけて武藤の動きをするだけ。凄い「笑われてた」。会場を生温く暖めてたけど個人的には嫌い。ただの変態。

高橋奈苗・・・4
何故か人気があった。みんな知ってるのか?ただ陽の気を出していたので受け入れやすかったのかも。試合も高橋VSさくらえみという、何故かタイトルマッチ級のカード。ゼロワンの主旨は良く分らん。ただし、相手の技を受けきる度量、攻撃のたたみ掛けは流石。個人的には華名選手も飲み込む度量が欲しいけど、レスラーとしては上手い。

さくらえみ・・・4
アイスリボンの選手じゃなくて奈苗が相手だと流石に上手い。第二試合でいいのかっていう好勝負でした。伸びかけのパーマ坊主を上手く使い、ヅラが取れたときの会場のどよめきが面白かった。余談ですが、アイスリボンの会場と違い、さくらさんの所に誰も来ないのでゆっくり話せたのが嬉しかった。実家が東京でかつ西川口でも働いていたので、さくらさんにそれとアイスリボンを見に行ってること話たら喜んでくれてたし、やはり会話できたのが嬉しいですね。気さくに接してくれるとまた応援したくなります。近くで見たら可愛らしいお顔でした。ただし何度もいっているとおり、三十路味噌のでた妻子持ちのおっさんにポートレイトは不要。

FUNAKI・・・2
期待していたのだがアメリカンなムーブは日本のプロレスには受け入れられがたいかも。WWEのスーパースター相手には光って見えたかもしれないが、ゼロワンの選手相手だとちょっと苦しい。というかセコンドについたときの動きとかも合せて、正直うっとおしい。これは評価がわかれると思うけど、私はちょっと無理。

吉江豊・・・3
久しぶりに生ヨッシーを見たけどキャラが大分変わった。昔の格闘モンスター時代は何処へやら・・・今は体重をお腹を要した組み立てでプロレスやってました。でも昔から吉江選手は好きなんですよ。毎年「今年はやるよ」というコメントを出しておきながら、毎年特に何もしてないのに何となくゆるされてしまう人柄の良さや、格モン時代のオリジナリティーのある技とか。あの体で空を飛ぶと言う破壊力満点の分りやすさなど、いいと思います。初めてプロレス見る人には分り安い。

若鷹ジェット信介・・・2
髪を伸ばして無骨な外見になったのは評価できるし、坊主時代よりとてもいい雰囲気を纏っていた。ジーパンはいただけないけど。吉江を持ち上げるアピールして何度も挑戦して結局持ち上げられないという、何とも勿体無いブック。ここで投げたらお客さん大盛り上がりなのに何をしているんだか・・・・特に見せ場も無いままあっさり負けたが、いい感じの見た目になっているので期待値も含め評価に記します。


崔領二・・・2
全く貯金の無くなったあいのりレスラー。体のバランス、甘いマスク等いいものを持っているのに特にこの試合では何の印象も残せず。彼が二皮くらい向けないとゼロワンに未来は無いです。逆に言うと彼が二皮向ければもっと良くなる予感がすると言うこと。もっと吉江に突っかかっていけばよかったのに。

どうでしょうか?物凄く好き勝手書いたので不快な人もいるでしょう。もし面白いので続けて欲しいとの意見があれば続きを書きますし、そうじゃなければここで辞めておきます。是非コメント下さい。



↓訪問ついでに1クリックしていただけると喜びます。

☆携帯トレカブログ☆

にほんブログ トレーディングカード

にほんブログ村 プロレス

訪問者数

  • ライブドアブログ