2014年10月03日

imageUtility v0.60

前回の更新から1年近く経ってしまいました。

今回はかねてよりやろうとしていた 64bit OS に
ネイティブ対応した imageUtility64.exe を追加しました。
スクリプト関係が全体的に1割ほど高速になっています。
32bit OS では使えないのと PSD 関係の機能が使えません。
人様のダイナミックライブラリを利用しているのでどうしようもない…。

その他は色々とバグを修正しています。
いやはや、なかなか無くならないものですね。

imageUtility060.zip

64bit OS ネイティブ対応の実行ファイルを追加。
GUIの色置換で色値が正しく指定出来ないバグを修正。
CUIで階調反転が使えなくなっていたバグを修正。
差分合成で抜き色の指定が反映されないバグを修正。
スクリプトの trimmingImage で中心位置固定が機能しないバグを修正。
オリジナルスクリプトの if の () の後に空白を複数入れられるように修正。
オリジナルスクリプトの mid で範囲を超えた時に丸め込み処理を追加。
Squirrel の getSizeImage と getPixcelImage で戻り値のバグを修正。

2014年01月15日

ONScripter for Win 20131223

ONScripter for Win を更新しました。
なんか色々とありますが関係あるのは1つのみです。

> savedir 命令を実装しました。この命令を使用したゲームを実行していた場合には、セーブデータの保存場所が変わるので、事前にスクリプトの savedir 命令の引数で指定された場所に手動でセーブデータ(save*.dat, gloval.sav, kidoku.dat, NScrflog.dat, NScrllog.dat)を移動してください。

セーブフォルダをスクリプトで指定出来るようになっています。
人によっては待ち望んでいた機能実装かもしれませんね。
tormtorm at 18:49|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
日記 

2013年12月12日

TLG Susie Plug-in v0.01

TLG 画像の Susie Plug-in です。車輪の再発明ではありますが、
既存のものよりデコードが速かったので公開してみます。
VC++2010 の最適化能力が当時のよりも高いから?

因みに透過画像において指定色を背景として合成する機能はありません。

iftlg001.zip
tormtorm at 21:06|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)
日記 

2013年10月04日

imageUtility v0.59

なんか段々と更新が少なくなってきてますが、
新しいバージョンを公開しました。

今回はオリジナルスクリプトの構文解析器の
命令文解釈から実行に掛けて大幅な修正を施しました。
その修正に伴ってエラーチェックが強化されています。

機能の追加追加で最近少し速度が落ちていたのですが、
以前お見せした素数を1000個数える演算において、
従来よりも倍の速度が出るようになりました。

いやまぁ元々が遅いので倍といってもアレなんですが。
あとは演算解釈部分も最適化出来ればかなり
マトモな速度になるんじゃないかなとは思うものの、
じゃあどうすれば良いのかという所で止まっています。

imageUtility059.zip

スクリプトに拡張子付きファイル名の取得を追加。
オリジナルスクリプトの実行前に命令名チェックを追加。
スクリプトの文字列分割のエラーチェックを強化。
垂直水平反転機能が逆になっていたので修正。
ネットワークドライブのファイルが取得出来ないバグを修正。
オリジナルスクリプトの構文解析の構造を最適化。

imageUtility059b.zip

2013/10/16 追記
オリジナルスクリプトの for 系統命令のエラーチェックを強化。
オリジナルスクリプトで「;」コメントアウトを使えないバグを修正。
D&Dするスクリプトの拡張子に大文字を使えないバグを修正。

バグ報告と要望があったので簡単な物だけ取り敢えず。
for系統の奴は for 命令を使ってない状態で、
next break continue を使うとエラーが出る感じです。
あと構文解析器の修正時に「;」のコメントアウトが
無効化されてしまっていたので修正しました。

あと説明し忘れていましたが命令名チェックを入れた関係で、
defsub は登録する命令よりも上の行に書く必要があります。
gosub の飛び先で命令よりも下に書いても可能にするには、
チェック時に gosub の実行までしなくてはならなくなる為、
そうすると都合2回のスクリプトの実行になってしまい、
物凄く無駄な感じがするのでこういう仕様にしました。
まぁプロトタイプ宣言みたいな感覚だと思って頂ければなと。

imageUtility059c.zip

2013/11/05 追記
コマンドラインからスクリプト使用時に print 出力出来ないバグを修正。

imageUtility059d.zip

2013/11/05 追記
スクリプトでラベルエラー時に強制終了してしまうバグを修正。
同じくエラー出力方法はダイアログではなく print に変更。

ここ最近は既存のスクリプトを使い回していたので気付きませんでした。
いやはや、なかなかこういうのはなくならないですね。

2013年10月03日

ONScripter for Win 20130929

ONScripter for Win を更新しました。
色々とバグ修正されているようですが、
めぼしい機能追加としてはこの二つでしょうか。

> バグ報告「NSLuaの動作不良」を元に、luacall reset を実装しました。

> バグ報告「各種コマンド/形式の対応について」を元に、savescreenshot, savescreenshot2 命令において任意のファイル名を指定できるようにしました。

スクショで任意のファイル名を指定出来るのは大きいかもしれませんね。
差分ソースは以前の物と変わってないので更新してません。
tormtorm at 06:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
日記 
Menu
ご連絡はこちらへ
kirisamenofuruhini-2009@yahoo.co.jp
Archives