2014年10月03日

imageUtility v0.60

前回の更新から1年近く経ってしまいました。

今回はかねてよりやろうとしていた 64bit OS に
ネイティブ対応した imageUtility64.exe を追加しました。
スクリプト関係が全体的に1割ほど高速になっています。
32bit OS では使えないのと PSD 関係の機能が使えません。
人様のダイナミックライブラリを利用しているのでどうしようもない…。

その他は色々とバグを修正しています。
いやはや、なかなか無くならないものですね。

imageUtility060.zip

64bit OS ネイティブ対応の実行ファイルを追加。
GUIの色置換で色値が正しく指定出来ないバグを修正。
CUIで階調反転が使えなくなっていたバグを修正。
差分合成で抜き色の指定が反映されないバグを修正。
スクリプトの trimmingImage で中心位置固定が機能しないバグを修正。
オリジナルスクリプトの if の () の後に空白を複数入れられるように修正。
オリジナルスクリプトの mid で範囲を超えた時に丸め込み処理を追加。
Squirrel の getSizeImage と getPixcelImage で戻り値のバグを修正。
tormtorm at 20:42│Comments(2)TrackBack(0)
imageUtility 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2014年11月25日 20:51
非常に便利に使わせてもらっています。

一点不具合報告です。
Squirrel で使用していますが、resizeImage
で拡大にニアレストネイバーを指定しても、出力がバイリニアになってしまうようです。

(v060,v059dで確認。v051では、正常にニアレストネイバーで出力されているようです。)

2. Posted by すとーむ   2014年12月29日 19:39
お返事が遅れてしまって済みません。
バグの方を確認したので修正した最新版を公開しました。
こちらの方をお使い頂ければと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Menu
ご連絡はこちらへ
kirisamenofuruhini-2009@yahoo.co.jp
Archives
記事検索