トロのそれってどーなの?

ほぼ毎日更新!憲法や法律の問題、ニュースや趣味の話題を分かりやすく解説していきます。

Dgrfb92U0AA44VH

これからもトロを応援します(≧▽≦)
2018å__ç§_

今回のイベントは完走どころか……(泣)

元NHK記者の裁判からみる無罪の推定の難しさってなーに?

女性3人を強姦した元NHK記者が控訴審で無罪を主張 「DNAは第三者が持ち込んだ」発言に怒りの声 
引用 livedoor



判決確定までは無罪の推定を受けるの意味と理解。
ネットユーザーからも弦本被告の主張について、「許せない」「全く反省していない」「第三者が勝手にDNAを置くわけがない」と怒りの声が上がっている。
一般人としての私は「この元記者は確実に有罪だな」と思う一方、法学者としての私は「弁護人の意見が具体的事実に照らして妥当か否かの判断が重要である」という客観的な見解を述べることになるでしょう。
これは、刑事裁判においては、どれだけ主観的に犯罪者であろうと推測できても、判決確定までは無罪の推定が働き、一応、無罪であることを前提に有罪とすべき合理的疑いをはさまない程度の立証があるか否かという観点から判断されるからです。

ところが、この無罪の推定は、けっこう一般のかたも知っていると思いますが、実際に運用できるか?といえばできないのが人間というもの。確かに「別の犯人が被告人のDNAを持ち込んだ」というのは客観的に見ても「DNAをその都度採取する必要があること」「犯行現場が被告人の居住地近辺であること」からして疑いがあると言わざるを得ませんが、それはあくまでも訴訟における攻撃防御方法であり、判決確定までは一応、その防御というのは認められるのです。
当然、判決確定後は、その防御方法が果たして弁護士職業倫理行為として妥当か否かの問題はありますが、それと被告人の無罪の推定は別の話。
よって、現状では、客観的問題点の指摘は兎も角、反省していない等のすでに犯罪者であるかのような批判は出来ないはずなのです。この裁判で無罪となった場合に反省をするのは検察官の方でしょう?

罪を認める者、罪を認めずに争う者、これらすべての者が平等に扱われるのが裁判です。


宜しければクリックをお願いしますね。

憲法 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村

冷や飯を食う斎藤農水大臣の覚悟ってなーに?

“冷や飯”か? 石破派の処遇 “圧力受けた大臣”苦笑 
引用 livedoor



安倍総理らも通った道。 
そうなると、気になるのが、安倍政治を批判してきた石破元幹事長と、その陣営が冷や飯を食わされることになるのかどうか。
冷や飯を食わされるのがオカシイと思いますか?という質問に対して、オカシイと思う人は出世をしたことがない人でしょうかね?なぜなら、席は数が少ないのですから資質や学力だけでは到達ができない権力争いというものがあるのです。あの無能財務省ですら、それだけの学力に加えて権力闘争を勝ち抜いてきたのです。
まあ、そういった政治的な側面は抜きにするとしても、少なくとも政策面において争いのあった両名について、各人に支持をした以上、その支持者が負ければ政権内部からは除外されるのは当然の話です。問題は、その覚悟が無いのに支持を表明したのか否か。さらに言えば、安倍総理自身が、実際に冷や飯を食ったにもかかわらず再登板をすることができたという事実があることを皆さん忘れていませんか?そこの努力は無視ですかね?
ちなみにですが、もし仮にですよ?仮に農水大臣が留任で、石破候補が防衛大臣にと安倍政権側が申し出て、これを了承したのならば、彼らには政策が何もないことを証明することになりますので議員として失格が確定します。通常は、辞退すべきであるし石破候補は辞退を明言しています。潔いとかではなく、それが筋というもの。よって、最初から彼らは選択肢には入りません。

あと、勘違いしないでほしいのは、勝った側についたからといって、その人が政策面で優れているとは言えませんよ?例えば麻生財務大臣が典型例ですが、増税をする気マンマンですからね?どう考えてもアベノミクスの敵ですし、仮に増税をしたとすれば責任の張本人であることは疑いのない事実ですから。


味方につくにも覚悟がいりますし、敵になるにも覚悟がいります。


宜しければクリックをお願いしますね。

憲法 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村

ソフトバンクとau、4年縛り契約を撤回ってなーに?

「4年縛り」見直しを発表 ソフトバンクとKDDI 
引用 朝日新聞


不当な拘束。

4年縛りは、端末を4年(48回)の分割払いで購入し、2年使った後に下取りに出して機種変更すると、残り2年分の支払いが免除される仕組み。ただ、新たに買う端末も再び4年縛りで契約することが条件だったので、利用者の長期の囲い込みにつながりやすい。

この契約体系の最大の問題は「2年後にスマホ機種変更をする際に、同様の4年縛り契約ないし類似契約に加入することが必須」という点です。ようは、2年で機種変更してもいいし残代金も払うけど、次も4年契約強制ね?というスマホの価格を安くしようと思えば、永久にその会社から逃げられないというループが出来上がる契約です(怖)

まあ、いわば究極の囲い込み契約ですが、さすがに総務省、公取委から文句がつき、各社も撤回する模様です。

利益率20%と言われるスマホ大手ですが、姑息な囲い込みの前に消費者のニーズに合わせた料金体系を構築し、そのうえで、長期利用者に安く利用できるプランを出していく必要があるでしょうね?聞いているのかドコモ!長期加入してても全然安くないぞ?


宜しければクリックをお願いしますね。

憲法 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村
ミクのweb拍手

初音ミク時計
ランキングサイト
クリックお願いしますにゃ(>▽<)   にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
google検索
最新コメント
投票ってどーなの?
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ブログ村ランキング表
とろちゃ
  • ライブドアブログ