豊島、群雄割拠から将棋界頂点へ 令和初の「名人」初挑戦で奪い取る 
引用 excite



勢いに乗る挑戦者の豊島将之王位(29)が佐藤天彦名人(31)を圧倒し、4連勝で令和最初の名人となった。
無冠の帝王ももはや過去の話。
昨日はニコニコ動画で名人戦を見ていて寝不足です(汗)


世代交代の波を感じ始めたのが佐藤天彦名人誕生から。
完全に群雄割拠の時代になったのが昨年から。
そして、今後は統一を果たす棋士が増える時代か?

もちろん藤井7段も候補の一人ですが、世代と言う意味では一つ下の世代ですので。今の世代と藤井世代と将来的には呼称されそうな世代の違いは「コンピューター将棋の境目か、完全にそれが実用化された時代か」でしょうか。このわずかな差が棋士へ影響を与えるのかは今後次第でしょうか……どちらが良いか悪いかはともかくとして、個人的には「人間性とコンピューターとの融合」「コンピューターによる完全な合理性か」の差に注目をしています。意見としては、将棋は人間が指すもの、喜怒哀楽、欲望、プライド、プレッシャー、自信、不安……人間である以上人間性からは逃れられないということが前提。分かっていても指せるかどうか。



前にPCの記事でも書いた通り、AIを使うか使われるかと言う時代になると思います。



宜しければクリックをお願いしますね。

憲法ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村