合併方式については「対等合併」を訴える玉木氏に配慮し、両党とも解党して新党を設立する方針で一致した。関係者は「党名以外は折り合った」と明かした。
引用 共同通信



 民主党-立憲-国民+(立憲+国民)=民主党



 以前にも書きましたが、自身の野党としての権力基盤を盤石にしたい立憲枝野代表と、政権奪取を狙うためにも数が必要な国民玉木代表の争い。たかが党名ではなく、されど党名。これによって、どちらの政党が新政党になってからの主導権を得ることが出来るのか?が焦点になっています。

 ただ、現状、内部紛争も本格的に出現しだして影響力がかなり低下して著しい立憲は、ここで主導権を他にとられると権力維持すら不可能な状況になってきます。片や、党員数の割には空気感甚だしい国民も、ここで忘れ去られるといずれは政権奪取政党の地位を維新にとって代わられる危険性もあります。

 ここが両党の正念場。逆に言えば、自民党は高見の見物。キレイに合流できても内部争いは目に見えており、分裂すれば自民政権の安定化。





 ということで、野党連合結成について。
 リンク記事によると、関係者曰く「党名以外は折り合った」ということですが、つまり何もかもが折り合っていないということと等価ということは密に(笑)
 私が野党では維新をとりあえず応援しているのは、こうした柵や権力争いとは距離を置いている点にあります。ここは完全に大阪組が巧く経営をしていますからね?ただし大阪組以外が特段目立っていないですが。




宜しければクリックをお願いしますね。

憲法ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村