育児は育自

一人っ子×2・年の差姉妹の子育てブログ。

長女ももちと次女あんずをしちだ式で育ててました。そしてその後。

理解の速度

前回のブログで七田式のプリントの進め方を書いてみて実感したこと

なんとなくは気が付いていたのですが

ももち、算数はできる方なのですが、家での勉強が大変なのです。
今までは、これだけ、家で復習をしているのだから、そこそこの成績だったと思っていたのです。

でも、違うのかもしれないと、ブログを書いて思いました。

塾でがい算、おおよその数をしたところなんです。
これは、夏期講習でもやっていたのですが、確認テストが悪くて、がっかりしていて、新学期になり、徹底的にやろうと思っていたのですが、何度も教えても間違うのです

最初は覚える気がないと思っていたのです。
なので、しつこく、何度も問題を解かせればといつものように考えていたのです。

最近、お気に入りの、香川照之の昆虫すごいぜを you tube で見ているのですが、なんとなく、がい算の動画を探してみたら、出てきました。

小4でやる内容だったんですね

これで納得、まあ、トップの子は小4だろうが、何だろうが、スッと理解するのだと思うのですが、残念ながら、学校ではトップクラスでも、受験内ではトップの子ではないので、スッと入っていかないのだと気が付きました

1学年上の事をやっているのだから、繰り返しの努力があっての成績だったという。
当たり前のことですが、何度教えても理解しづらいものは、まだ時期ではなかったということ。

なんで、こんなことに気が付かなかったのだろう。
過大評価していたのかも。
小さい時から、七田式をやっていて、それなりに力を入れてきて、IQテスト的なものもかなり良かったので、優秀だと思っていました。
本人も、自分はできると思っているし、間違えた時に認めないのも、自分は絶対あっていると思っているからなんですが。

学校ではできるけど、受験の世界では普通の子なんだと。

そう考えると中学受験は恐ろしい世界だと感じるのですが、恐ろしく上には上がいるという事なんですね

普通の子だから、小3から、ガンガンいかなくても良いのではと思い始めた気持ちと、それなりに理解していただかないとと言う気持ちとで、複雑になりました。

まずは、脳みそが抽象的概念を理解できはじめるまでは、どんどん進められないんですよね。
成長するまでは、四則計算のスピードアップと語彙力に力を入れた方が後々良いかも


七田式プリント

あんずは、ももちより少し遅いスタートになりましたが、七田式プリントを始めました




おまけについていたスタンプがお気に入りで、やる気満々です

一応2歳半からのスタートと書いてあるのですが、丁度、3歳になって、いろいろとわかってきたタイミングなので、良い感じに理解しながらやってます。

七田式プリントは継続できれば、ものすごく力になるのですが、その子にあったレベルで進めることがポイントなんだと感じています。

ももちの時は先取り過ぎたのか、難しくて泣きながらやってました。
こうなる子が多いので、嫌になって続かないみたいです。
ももちも嫌々ながら、母が頑張って続けたのですが、やっぱり大変でした

だからこそ思うのですが、早すぎず、丁度いいレベルのプリントを進めていけば、子供もわかるから楽しいし、もっとやりたくなるのではと感じています。

あんずには楽しく進めてほしいので、難しくなってきたら、知恵が追いつくまで対策を考えてプリントを進めていこうと考えています

このことをももちの時に気が付ければ、ももちは嫌々やらずにすんだのに…と反省です。

今もそうなんだと思います。
塾の勉強、難しいと大泣きです。

そんな時はどんどん進めず、戻ってみると良いのですが…
これは長女に生まれた運命なのか、親も試行錯誤で子育てしているので、わからないのです。
2人目は経験があるから、反省を込めて、子育てできるから、良いのですが、長女はなんだかなぁって感じですよね…

ももち、ごめんよと思いながら、バトルの日々で、横で、涼しい顔してプリントをしている、ラッキーな次女あんずです

夏期講習が終わって

あっという間に夏休みが終わりました。
夏期講習で埋め尽くされ、今年の夏休みは思うようにできなかったっというのが反省点です。

結局、塾に通っていると季節講習で休みが埋まるので、自分なりの勉強ができないので、うまく利用して、バランスをとって弱点強化などしていかないと、ダラダラと終わってしまうと思いました。

夏期講習が終わり、学校が始まり、来週まで塾がない1週間でした。
友達と遊びまくって、あまり勉強をしていなかった感じでした。
これは微妙なんですよね

夏期講習頑張った?ご褒美に友達と遊ぶ時間をたっぷりとってあげたいと言う気持ちと、遊び呆けてしまうと、塾の予習、復習、週テストに向けての勉強のペースを取り戻すのが大変なことと、何を優先的に今の時期過ごしたら良いのか迷います。

まあ、今年は様子見の年なので、来週、ペースを戻すのが大変となると、来年以降考えないといけないな~という気持ちでいます

遊ぶのも大切だと考えている我が家なのですが、やっぱりテストには振り回されています。
だからこそ、塾がお休みの時やテスト明けはご褒美に思いっきり遊んでいます。

ただ、お盆休み後の夏期講習の復習テストはかなりがっかりな点数でしたので、この辺も考え直さないといけないのかもしれません。

今日、後期のテキストをもらいます。
後期は、とにかく、テキストを丸暗記させてみようと考えています。

他の方のブログで、算数は偏差値60は暗記でなんとかなると書いてありました。

確かに、文章問題など、パターンで出されていて、正答率が低い最後の方の問題だけは、パターンではなく、応用問題なので、逆を言うと、パターン問題を確実に点数とって、応用問題をすててしまっても、偏差値まあまあ良い数字になると思います。

なので、とにかく、テキストの例題を暗記した後に、チャレンジ問題をさせてみようと後期は考えています。

今までは、出来なかった問題を何度も何度も繰り返ししていて、それも、ある意味暗記するまでという感覚で同じなのですが、しっかりと音読させて暗記と言うスタイルの方が良いかもと感じたからです。

実は、我が家での暗記グッズはいろいろとあるのですが、今回からは、スキャナーを使って作成しようと考え中なんです



人気ブログランキング
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 暗記は歌で覚える
  • ポイント制にしてみました
  • トランポリンが
  • 暗唱スタートする❓
  • 手作り文法表
  • 手先の練習
  • 才能の芽
  • 世界地図を壁に
  • 植物を育てる
楽天市場
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード