マスターのつぶやき

価格以上の価値

皆さんはどんなお酒が好きですか?

ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー。

どのお酒にもそれぞれのいいところがありますね。

酔えれば何でもいい!と言う方もいらっしゃるかもしれませんが。笑

 

私はシャンパンが好きで、シャンパングラスに注がれたときの、泡が生まれたり消えたりする瞬間がとてもすきなんです!

キラキラと輝く泡の一粒一粒が、何とも爽やかで、華やかな気持ちにさせてくれます。

ご存知の方も多いでしょうが、シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られた、発泡性のワインのことです。

しかしシャンパーニュ地方のシャンパンは高い!

代表的なもので言うと、ドンペリピンクでしょうか。通称ピンドンと言われるものですね。

私は高くて美味しいお酒は好きではありません。

なので、もっぱらスパークリングワインを楽しんでいます。

スペインではCAVA、イタリアではスプマンテ、アメリカやオーストラリアではスパークリングワイン。

特に好きなのがスペイン産のものです。

「フレシネ」や「ロージャーグラード」などは、比較的安価で、満足度は高いと思います。

お酒のお供は、これといったこだわりはありません。

お酒は、おいしい料理をより美味しく感じさせてくれるものだと思っています。

 

日本のものでは、安くて美味しい焼酎を探すのが好きです。

最近ではプレミアム焼酎が流行っていて、魔王や三岳もプレミアム焼酎としては有名ですね。

珍しいから価値が上がるのは分かりますが、もともと焼酎は庶民の飲み物だったのです。

プレミアム焼酎は、嫌いではありませんが、あまり好んで飲みません。

私は、いろんな場所を旅行して、いろんな土地の安くておいしい焼酎を探すのが好きなんです!

まだ発掘されていない、自分だけが知っているような焼酎に出会うと、宝物を見つけたような感覚で、嬉しくなります。

ここに、価格以上の価値があると思うのです!

やはり、価値があるものはそれなりに価格も高騰していきます。

しかし、安価のものでも、価格以上の価値を提供できるのです!

トロアメゾンでも同じです。

トロアメゾンの企業理念のひとつとして、

「より良いお菓子とは、お客様の期待以上の商品とサービスであり、

価格以上の価値のある商品とサービスのことです。」

としています。

ものの価値観は、人それぞれに違いますが、全てのお客様に、満足して頂けるような、商品、サービスを提供していきたいと思います。

 

トロアメゾン下関大丸店OPEN!

この度、9/18にトロアメゾンが下関大丸店にOPENすることになりました!

15年前くらいから、出店してほしいとの声を頂いていたのですが、

目の届く範囲でいい商品を提供したいという思いから、トロアメゾンは出店しないという方針でやってきました。

下関にもトロアメゾンのファンの方々がたくさんいらっしゃるので、提供したいという気持ちの反面、

以前生ケーキを持っていって崩れていたことがあったので、良い商品を提供できないのではないかという不安もあり、出店はしないと考えていました。

もう20年以上大丸さんにはイベントなどでお世話になっています。

出店しようかなと思うようになったきっかけは、山口銘菓を作るという企画から、

やっぱり「トロアメゾン=シュウロール」と再発見しました。

シュウロールだけでお店が出来たら、より遠くのお客様にも食べていただくことが出来、トロアメゾンの良さを知っていただけるのではないかと思い、出店を決意しました。

しかし、シュウロールは日持ちがしないのがネック・・・

そこで、日持ちがする「山口くるり」、くるくる回っているという意味で「バウムクーヘン」を考えました!

バウムクーヘンは、毎日店頭で一本一本手作りで焼きあげます!

見て楽しい、食べて美味しいバウムクーヘン。

最近のフワフワのバウムクーヘンではなく、しっかりとした、食べ応えのあるバウムクーヘンを只今試作中です!どうぞご期待ください。

本店に無い商品もたくさん取り揃えています

トロアメゾン大丸店もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

「夏休みの思い出」

いよいよ夏休みですね!皆様夏休みの予定はお決まりですか?

今日は私の夏休みの思い出をお話しようと思います。

 

私の母は兵庫県の淡路島出身で、中学くらいまでは、毎年、夏に行っていました。

山口から国鉄に乗って、大阪で南海電車に乗り換え、深日港まで行き、船で淡路島まで渡ります。

小さい頃には、とてつもない距離を移動するので、大旅行だなあと感じていました。

淡路島には、2~3週間ほど滞在します。

とても景色の綺麗なところで、魚も美味しくて、とてもいいところです。

何より面白かったのは、夏祭り!

岸和田だんじり祭りのような山車を引くお祭りで、子供心に、とても印象的でした。

わらびもちや、金魚つり。

食べたり遊んだり、楽しかったです。

夏にしか行かないのですが、年の近い友達と一緒に海に行ったり、山に行ったりして遊んでいました。

小学校低学年のとき、私は母と一緒に海に行きました。

私は気持ちよく泳いでいたのですが、いきなり足元が冷たくなり、深くなりました。

足が届かなくなり、私は溺れてしまいました。

海辺で見守っていてくれた母が、すぐに助けに来てくれ、私は今もこうして生きることができています。

もし、あの時、母が助けてくれていなかったら、私は死んでいたかもしれません。

中学の頃くらいからは、恥ずかしくなってきて、1人で隣町の洲本市にある本屋さんに自転車で行ってみたり、

商店街を探検してみたり、海辺でたたずんでみたり・・・。

 

そして、楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰りのとき。

祖母は毎回、別れのときに悲しい顔をします。

船の別れはとても悲しく、涙が出るからと、いつも船着場までは見送りに来ませんでした。

家を出るときに、「また来るね!」と言って別れました。

夏にはたくさんの思い出が出来ますね。

皆さんも、今年の夏もたくさんの思い出を作りましょう!

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ