文化ドーナツ

一般社団法人officeドーナツトーク代表・田中俊英が、さまざまな「文化資本」について語っていきます。子ども・若者に接するみなさんは、もしここでとりあげる「文化」をおもしろいと思っていただけたら、関わっている子ども若者に伝えていただければ幸いです。★

「壁」を崩すために変われ〜デビッド・ボウイの規範


■意外に世界中が悲しむ

デビッド・ボウイが癌で死んでから、意外に世界中の人々が悲しんでいる。

意外に、というのは、ボウイは僕にとってはマニアックなスターだったからだ。
追悼欄などでは、ボウイは日本では「戦場のメリークリスマス」で日本に受け入れられたとあるが、まさにその通りで、大島渚監督がくどいて日本映画に出演させるまでは、ボウイは日本ではマニアックなロックスターだったと思う。

ボウイは地球に堕ちてきた男で、スペース・オディティなジギー・スターダストで、時にダイヤモンドなヤング・アメリカンとなり、 イーノという超インテリと出会ってからベルリン3部作を作ったもののそこから離れてレッツ・ダンスした。

僕がボウイをリアルタイムで追っていたのはレッツ・ダンスまでだったけれども(そんな人は多いのでは?)この10年間(70年代全般から80年代前半)の変容だけでもたいしたものだ。

まさにボウイは、「変わること」こそが“善”であり、変わることこそが「自由」であると教えてくれた。
彼にとっての唯一の規範が「変わること」だったのではと思われ、僕は聴きこんではいないものの遺作の『★』は最新ジャズをベースにしている。

■なぜか名曲ではなく新作に向かってしまう

ジョン・レノンが死んだ時は僕は高校2年生で、しばらくは何もできなかった。「マザー」と「ゴッド」と「ワーキング・クラス・ヒーロー」と「インスタント・カーマ」と「パワー・トゥ・ザ・ピープル」ばかり繰り返して聞いた記憶がある。

僕はいま51才なので そんなこともなく、昨日家族から「デビッド・ボウイという人が死んだらしいよ」と聞かされたときは一瞬「え?」となったものの、その後は動揺なく過ごせた。

が、一晩寝ていまは1月12日の午後だが、妙に重く深く一瞬一瞬に「効いて」いる。まるでボディブローのように、うぐっ! みたいな感じでダメージとなっている。
で、これを書きながら聞いているのが新作の『★』なのだ。「ジギー・スターダスト」でもなく「スペース・オディティ」でもなく「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」でもなく、かなり聞きにくく重い『★』。

新作批評はここでは控えるけれども、亡くなった時に「最も『今』のボウイが聞きたい」と思ってしまうのが、ボウイなのかもしれない。
一番新しい「変容」のかたちが知りたくなる、それがボウイだ。

Thank you for helping to bring down the .

驚いたのは、ドイツ外務省がボウイの死に際して下のようにツィートしていたこと。

Good-bye, David Bowie. You are now among . Thank you for helping to bring down the .

(ベルリンの)壁を壊すことを手伝ってもらって感謝します。
ドイツといういまだ世界で影響力のある国の外務省が特定の個人に対して追悼だけではなく謝意を示している。

ボウイは確かに『ロウ』や『ヒーローズ』で、ドイツ分断と冷戦を嘆いた。が、その数年後はレッツ・ダンスしている。
ボウイとしてはその時(70年代後半)当たり前のようにドイツに行き、そこでロウとヒーローズした。ウィ・キャン・ビー・ヒーローズと叫んだものの、そのWeはベルリンの壁近くで寄り添う恋人たちのことであり、政治的な民主主義者たちのことではない。

自らの規範かもしれない(それも唯一の規範かもしれない)「変わり続けること」に忠実であり続けた結果70年代後半にベルリンに行きヒーローズした。そのことが結果として、ベルリンの壁の崩壊を願う全世界の人々の総体的エネルギーの核となっていった。

個人的な変わることが、世界の変容に結びつき、今はドイツの国家権力がそのことを感謝する。権力と最も遠いはずの「自由」が、社会を実際に変えてしまった。

■君は変わるべきだ

言い換えると、変わることはボウイにとっては規範かもしれないが、同時に「自由という文化」でもある。

変わってもいいんだよ、いや、むしろ君は「変わるべき」だろうと、ボウイの作品はいつも問いかけてくる。
チェチェチェチェンジズ〜(「チェンジズ」)と歌う時もあれば、ジギー・プレイ・ザ・ギターと語る時もあり、インストルメンタルのアルバムB面(『ロウ』)で問いかけてくることもある。

よく考えれば僕は、この「変わること=善」という一風変わった規範にずいぶん助けられてきた。その規範は、「自由」だった。
悲しんでいる人が世界にこんなに多いということは、今は「自由」がだいぶ不自由になっている時代なのかな。★



 

誰が「ことば」を豊かにする?


■そんなシンプルな価値でいいのか?

アンダークラスの親の「文化」を相対化するには何が一番有効だろうか。
貧困家庭に生まれ、日々アンダークラスの親が使う「庶民的なことば」のシャワーに包まれて育つとき、その「ことばが構築する世界」そのものが、子どもが抱く価値となる。

僕はアンダークラス高校生と仕事で接することが多いが、彼女ら彼らが用いるフランクで庶民的なことばに癒やされることも多い。
だから一概に「庶民的なことば」のすべてが悪いとは言えない。

が、それらのことばは、「ざらついた」感じも僕に与える。あるいは、何かをすっ飛ばしたような、荒っぽい感じもする。
そして、丁寧に(あるいは粘着質的に)語る僕のような言葉づかいが嫌悪あるいはあからさまに距離をとられる時、「そんなシンプルな価値でいいのか?」と思ってしまう。

■学校内文化にも限界がある

そのシンプルさ(あるいは紋切り型ことば)の行間から滲み出てくる、ハイティーンらしい「外の世界」への憧れのようなものがあり、ハイティーンらしくそれは屈折してはいるものの、総合的に解釈すると、僕が使うことばとそれと同時に現れる価値観が魅力的に映るようだ。

だから僕は何とかハイティーンと「居場所」で過ごすことができるのだが、そんな彼女ら彼らに「文化資本」を伝えるにはどうしたらいいんだろうと常に悩んでいる。

文化資本には3種類ある(P.ブルデュー『ディスタンクシオン』)。
ひとつは「学歴」、ひとつは「習慣」、ひとつは「日常に使うモノ」だ。
このなかでは学歴は親の経済力が最も反映するから、ハイティーンからの取り返しは難しい。ハイティーンからフォローできるものとしては、習慣(ハビトゥス)や日常使うモノ(オブジェ)のほうがまだ可能性はある。

だからofficeドーナツトークでは、高校内居場所(「となりカフェ」や「ほとりカフェ」や「なかカフェ」や「わたしカフェ」)において「文化」を伝達することに力を注いできた。

が、学校内での「文化」にも限界はある。

■親に期待できない

だから、できれば家庭内で文化教育をしてほしい。たとえ親御さんが経済的に苦労していても、習慣や文化的モノにくふうし、子どもたちの価値を広くしてほしい。

と考えるのは、部外者の支援者だから。
虐待などが多く絡む貧困家庭においては、親御さん(といっても40才にすらなっていないある意味「若者」だ)に文化資本のフォローを期待しても難しい。

親は、自分そのものである紋切り型のことばや習慣で子どもを染め上げる。
親であればアッパークラスでも子どもを染め上げはするのだが、アンダークラスになればなるほどその価値が狭くなるという一般的傾向をもつと僕は推察している(もちろん広い価値のアンダークラス親も存在する)。

■「外」の何が魅力的なのかわからない

今回この連載を始める際、さまざまな文化を紹介して支援者や教師がシェアすればいいと短絡的に考えていた。
が、問題の本質はおそらく、アンダークラス家庭が内包する「狭い価値」だ。

アッパークラス親の価値も、僕などは嫌悪するものがたくさんある。
けれども、アッパーが提供する「ことばの豊富さ」が、そのうっとおしいアッパー価値を相対化する。
要するに、アッパークラス家庭で培った教養が、アッパー価値そのものを破壊するのに役立つ(19世紀ロシアのインテリゲンチャから現代グローバリゼーション「先進国」内若者まで共通)。

これに対して、そもそも「ことば=価値の許容範囲」が圧倒的に狭ければ、その狭い土台からすべてを判断するのであるから、「外」(の僕のような者)に憧れることはできても、その「外」の何が自分にとって魅力的なのか、独自に言語することはできない。

その「言語化のできなさ」が、貧困ということだからだ。

こうしたことに関心ある大人(多くはミドルクラスより上出身だろう)は、アンダークラスことばに影響されることなく、自分たちの持つ「ことば」を大切にしてほしい。

そのうえで、それぞれのカルチャーを若者たちに伝えてほしい。★

 
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ