KENBOO

新会社へ転職したのでブログも下記へ移動

2014日記(警備員)

2010年04月

今朝の不思議

49be2e31.jpg

鳶が巣作りを始めました
頻りに、枝を喰わえに路上へ降りてきます

直に見ると羽広げると1メートル以上長いです
不気味なほど怖い〜、この巣作りには、かなり人間に近づいてきますね〜
二羽のツガイできます
何もしないでいると再々、枯れ枝を運びにきますよ

花に助けられた母

6c61057a.jpg
今年で84歳と言う母です

一時は弱りきってて心配の日々でした

しかし昨日の日曜日に濱田家の庭で花を眺めていました

今年始めからは杖をついて歩いている母ですが
杖を持たずに歩いてる

本人の母は、その後も杖無しでドンドン歩き続けてました

そして夕方に杖が無くなった
もう杖は必要ない〜っと元気いっぱい

このまま母も昨年同様な生活に戻れば安心なんですが?

まだまだ心配のわたしです

母さんより少し歳下の37歳

24e841a5.jpg
次男の家庭訪問でした


5時に来るって言うてたのに、中々来なくて
すると、男の人が家の前の橋でウロウロしてて
お婆ちゃんが
「お母さんが来ゆうにかわらん」って言うので
長男が飛び出して
「弟の担任先生や、お母さんに似てるやろ」って言うた

昔のお母さんが80〜90キロある時に似ているポチャ顔の先生です

普通、あんまり話さないけど、つい話に弾みました

なんか母さんと話してるような気分でした

頭は男刈りっていうのか、短い髪を立ててネグセ頭に、完全男性スタイルの太い先生です
行事の時は、お母さんも来るって言ったら、会うのが楽しみやって言うてました

居候が帰ってきて「先生は男先生やった?女先生って言うてたやない」なんて?

笑いのある楽しい教師です

三段腹してましたよ
お母さんに負けてません〜子供もいるそうです
次男が言うには?ね

暇な一日

6d1ddb50.jpg
昨日は葬式で仕事は休みを取った

パソコンの液晶画面が突然消えた
修理に出す余裕もなくて、等分はパソコンから離れだ

そんな訳で午前中は部屋の掃除だ
それが終わると、毎年遊ばしている田の草刈りをしました
午後も引き続き、人に宛ててる田の石拾いをして、アゼ草刈りをしました
四時半に終了
家に帰ると風呂沸かし、炊飯の支度、早風呂に入ってから、一人食事をしました
後はいつもの食器洗いです
その後はNHK坂本龍馬テレビを見ながら片付け


明日は何とか、仕事へ行けそうだから胸が少し弾む

どうしてかって?それはメチャ休日が続いたセイか仕事へ行きたく〜てムズムズする

暇な一日

5bd86dd0.jpg
昨日は葬式で仕事は休みを取った

パソコンの液晶画面が突然消えた
修理に出す余裕もなくて、等分はパソコンから離れだ
そんな訳で午前中は部屋の掃除だ
それが終わると、毎年遊ばしている田の草刈りをしました
午後も引き続き、人に宛ててる田の石拾いをして、アゼ草刈りをしました
四時半に終了
家に帰ると風呂沸かし、炊飯の支度、早風呂に入ってから、一人食事をしました
後はいつもの食器洗いです
その後はNHK坂本龍馬テレビを見ながら片付け


明日は何とか、仕事へ行けそうだから胸が少し弾む

どうしてかって?それはメチャ休日が続いたセイか仕事へ行きたく〜てムズムズする

暇な一日

昨日は葬式で仕事は休みを取った

パソコンの液晶画面が突然消えた
修理に出す余裕もなくて、等分はパソコンから離れだ

そんな訳で午前中は部屋の掃除だ
それが終わると、毎年遊ばしている田の草刈りをしました
午後も引き続き、人に宛ててる田の石拾いをして、アゼ草刈りをしました
四時半に終了
家に帰ると風呂沸かし、炊飯の支度、早風呂に入ってから、一人食事をしました
後はいつもの食器洗いです
その後はNHK坂本龍馬テレビを見ながら片付け


明日は何とか、仕事へ行けそうだから胸が少し弾む

どうしてかって?それはメチャ休日が続いたセイか仕事へ行きたく〜てムズムズする

(5)そして破滅

(4)より続編

ついにSOS

その後、なんの連絡も来ない

〜もしこれが詐欺なら、彼は何の利益を負えたのだろうか?
彼に出した金は攻略法の15.000円のみ
たったこれだけの金額に、ここまで芝居をするとは、私には、とても思えない
騙されたなんて思いたくない
私から疑いすれば【私からの電話を待ってる】かもしれない
なら私は彼から連絡あるまでナニもやらないと自分に誓った
彼のメンバーの一人は、スーパーに努めていていた
そこで彼の生活を聞いてみると、私の予想通りの離婚者であった
子供は奥さんが引き取ったとメンバーの一人が話してくれた
あんなに子供好きだった彼が子供を手放すなんて信じられない
奥さんとの愛は薄かったのだろうか?
それとも、ギャンブルに取り付かれて子供まで手放したのだろうか?
もう私は彼には、ついて行けない

我が息子たちは、私の宝なのだ
生きる全てなんだから
生活資金を失った私は、仕事も無くなり、途方の日々に直前してます

ローンの取り立てに逃げまわらなければならなくなるだろう〜
でも子供たちの生活資金だけは確保しなくてはいけない私?!

[1]あの時の誓い

小学生時代は弱虫で身体が病気がちで、いつも病院へ通う毎日でした
そんな中、テレビがあったことが良かったです
この地域には、2軒しかなかったのです
当時のテレビは高級でしたので、誰でも買えなかったからです

中学生になった時の学校は為らず者の集まりでした
生徒は生徒で自由に!
授業中だろうと外へ出たり、騒いでいました

教師ときたら、ただ黒板に向かって喋り、一人納得したようなそぶりで、授業時間終りのベルと共に教室を去って行く

そんな生活の中、家庭裁判所まで行きました
その時の両親の泣きが忘れられません
もう悪いことはやらないと、中学時代に誓った


[2]へ続く

844


[2]へ続く
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ