とりあえず・・・生きてまーす!

今朝も早朝からハウスで次のトマトの定植準備。
慌てて帰って、起きた子供たちの準備をして送り出す。

5月20日頃より始まったトマト収穫も明日でおわり〜

でもすでにナスフィーバーがはじまっている。。
オクラも来週には収穫始まりそう。
そして、トマトの定植と管理。
秋冬野菜の種まき。

まだまだまだまだ暑さに負けずにやることいっぱい。

とりあえず、早寝の毎日です(笑)
就農したころより、当たり前ですが年を重ねた私たち。
自分の体力を知ることが大事。
そう、もう無茶してとにかく働くでは長くは続かないわけで。

時間配分のなかで、PCにむかう時間は最初にけずられます。
なかなか更新できませんが、時間ができたら少しはなにか書きたいと思います〜


ご無沙汰しています。初夏です。

2月からバタバタと色々目まぐるしい日々が続き、あまり記憶がありません(笑)

IMG_8014
3月まで収穫していたはずのナバナですが、今年の作況も思い出せないくらい・・・
写真を見返して、そういえば最後モデルごっこに付き合ったなぁ。

2月末に農作業と並行しながら、引っ越しをしました。
結婚してから5軒目の住処です。
近所のため、少しずつ自分たちで荷物を運びつつ
最後は雑巾をもったまま、立ち合い引渡し。
まったくバタバタでした。
3月に入ってすぐはトマトの定植もあり、引っ越し先の補修なども継続しながらで
最近になってようやく落ち着いてきましたが
まだまだ段ボールがいっぱい。
いつ落ち着くかな。。

ベランダからの眺めが、とても気に入っています。
IMG_8031

IMG_8036

4月になってからの桜。
今はもう田んぼに稲が植わっています。
朝日がとてもきれいです。

IMG_8260
畑にはナスも植わりました。
160本の予定が、発芽してすぐネズミの食害にあい蒔きなおしたので
苗が余分になり結局200本・・・
私がんばるぞ。

IMG_8265
グリンピースの花。
グリンピース嫌いの方が多いので、フレッシュなもので本当の美味しさを届けたい。

IMG_8274
ジャガイモも順調です。

メインのトマトももうすぐ収穫開始予定。
インゲンは収穫はじまってまーす。

IMG_8115
4月末には、新潟で就農した友人が作った大豆と米麹で味噌づくり。
茹でたてのおまめはやっぱり美味しい〜

IMG_8167
子供の日は、千葉県内にある「東京ドイツ村」へ。
わりと近くながら、そのネーミングからちょっと馬鹿にしてたけど
行ってみたらとても楽しかった!!
また気分転換で家族で出かけたいと思います。

いつも思っているけれど、メリハリつけてもうちょっとお出かけしたいなー

もうすぐトマトの収穫もはじまるし、本格的な農繁期突入もすぐ。

緑のふるさと協力隊と谷の田んぼ

IMG_7784
鮫川の朝。
深夜まで話に花を咲かせたけれど、早くに目覚めた成実と散歩をしました。
宿泊したのは、旧渡良瀬保育所を改修した交流施設「山王の里」。
薪ストーブの煙があがってます。


IMG_7791
施設の前の道を歩いていくと、そこは田んぼが谷にそっていくつもありました。
谷の上にむかうにつれて、小さくなっていく棚田のような田んぼが15枚ほど。

IMG_7788
最初の大きめの田んぼが耕作されているだけで、あとは休耕田でした。
大きめといっても3畝(3アール)くらいだろうか、
平地の稲作専業農家にとっては小さな小さな単位。

一番上の田んぼは6畳か、いや4畳半くらいの大きさだった。

典型的な中山間地の鮫川には、広く平坦な土地はほとんどありません。
水のある、こういう小さな谷を先人たちが切り開いては、米をつくってきました。

先人といっても、実は戦後に開拓された土地も少なくありません。
90になる、谷の一番奥に家と畑を持つじっち(じいちゃん)に聞きました。
山を開墾して、開墾できたら政府からかお金がもらえ、そうやって支援もあり
みな必死に谷に小さな田んぼを切り拓いてきたようです。

そんな苦労のつまった田んぼも一代限りだったりしますが、
田んぼは自然と山に帰っていくのでしょう。
雪の中に灌木が生えていました。
日当たりの良いところはどこも雪がとけていたけれど
谷の田んぼにはまだまだ雪。
ここでの米作りは、きっと色んな苦労がつまっていたんだろうな。

IMG_7781
散歩しながら見上げた家の軒先には凍み大根が干されていました。
私が鮫川で暮らしていたとき、このどこを見ても見られる軒先の風景に
毎日感動していました。
昔の暮らし方じゃないんです、今の暮らしです。
日常のすばらしさ。


さて、谷の田んぼを歩きながら今回の「緑のふるさと協力隊受入10周年」を考えました。
鮫川の協力隊は、谷の田んぼに似ているかもしれない。
毎年の米作りに似ている。

初めての受入れだった私は、大げさかもしれないけれど、田んぼの開墾を。
形のないところに協力隊という存在をつくっていきました。
2代目のあゆちゃん、3代目初の男性、五島くんあたりまで開墾は続いたと思います。

その後は、受入れ態勢も整って、
春に村にきてからすぐ米作りができるようになったのではと思います。
毎年、色んな人に教えてもらったり、助けてもらいながら活動していきます。
秋に収穫ができるころには、獲れたお米をお世話になった人にお礼で渡せるような関係に。
毎年毎年、作る人が違うからお米の味もかわります。
回を重ねるごとに、比べられることも増えるかもしれません。
ちょっと辛いこともあるかもしれないね。

最初だから余計にインパクトが強かっただろう私なんかは
亡霊のように話にでてきていたかもと思うと、本当に申し訳ない。
でも、開墾した人ということで大目にみてもらえるとありがたいなぁ。

来期は協力隊という谷の田んぼの米作りはお休み。
その次の年、また鮫川で協力隊が米作りをさせてもらえることを願っています。

今更ながら、協力隊時代を振り返って私のずるいところを思い出しました。
私は、夏にはもう就職が決まっていたんだった。
協力隊終わってどうしようと、悩む瞬間がない中活動していたのだから気楽なもんです。

山田さん、今回企画してくれて本当にありがとう。
縦のつながりができ始めたこと、嬉しいです。
これからも、私たちのふるさと鮫川の未来を非力ながら一緒に考えていけたらと思います。



◆自己紹介
IMG_5922 家族写真

★すずきひろみ 1982.11.5
静岡→京都→福島→全国地方営業→静岡→2008年秋より千葉県民!

ずっと夢だった農家になるために
小さな歩みを始めたところ。
主人と二人の娘、
家族4人でがんばっています。

ハウス350坪
露地4反
野菜を少量多品目で栽培し
直売所とスーパーに出荷しています。

作り手であると同時に買い手の気持ちもわかるように、消費者研究中!!
お客さんが私たちを育ててくれます。

僕はここに立っているよ(2005)


◆コメントありがとう
◆ちょっと前のはなし
PHOTO
  • ご無沙汰しています。初夏です。
  • ご無沙汰しています。初夏です。
  • ご無沙汰しています。初夏です。
  • ご無沙汰しています。初夏です。
  • ご無沙汰しています。初夏です。
  • ご無沙汰しています。初夏です。
◆記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ