武田吉康公式ブログ

セールスマーケティング、禅と営業、 ビジネス構築、営業研修、交渉術、 仏教、マインドフルネス、哲学、 武田吉康のブログ


パチンコ業界の新年恒例の勉強会に呼ばれ、
SDGsの話を求められました。




パチンコ屋の社長たちが、
今年はSDGsの話でスタートしたいというのです。




基本リモートでの講演でしたが、
目の前にいる数人の顔を見ながら話すと、



いつもながら、
筆が滑るのではなく、口が滑り、
聞き手の、喜びそうな話をしてしまいます。

 


人間には生きていくために最低限必要なことがあります。




必要な国と、自由の国ということを
かつてマルクスは言いました。




工業の時代の大量生産は、
いずれ、効率よく商品を生み出し、
コストを最小にするため、労働者を抑圧します。




労働者は自らが働いて生み出した商品を、
その安い賃金のため買うことができません。




未開の世界はやがて、近代西洋の工業文明、
最先端の資本主義となり、
その挙げ句、資本家が富を独占し、
大衆が怒り、蜂起して、革命が起こる。




・・・このようなマルクスの予言は
歴史によって覆されました。




しかし、世界は新自由主義となり、
貧富の差はかつてないほど拡大しました。




地球環境は工業生産のため、汚染されています。
労働は機械に置き換えられるようになると、
どのような時代になるのか・・・




クボタや小松は、GPSを使った
ロボテックの農業を開発しようとしています。
自動運転はもう眼の前まで来ています。




かつての一次産業、農林水産業は、
AIとロボテックにより無人化し、
工業の大量生産工場は無人化し
輸送もまた無人化します・・・




衣食住という、人間が生きていくために「必要」なこと
とは、AIと、ロボティックによる時代が来るでしょう。




人間が人間であり、動物と違うのは、
必要なことをするだけでは満足しません。
必要でやることは、何だって面白くないのです。




勉強も仕事も、食べるために、
嫌々やっているのでは面白くありません。



逆に、楽しいから、必要のないことをやると
それは何だって楽しいのです。



ただ40キロ走れ、と言われれば
苦痛でしかないのですが、
好きでやるなら、
そのためにわざわざ、ハワイまで出かけて走る人もいます。
(ここで二人手が上がりました)




後白河法皇は
『遊びをせんとて、うまれけむ』
と言われたといいます。




これからの時代、
必要なことのために働くのではなく
人間の喜びや楽しみ、
遊びのための時代になるに違いありません・・・ 




ちょっと持ち上げ過ぎだったかもしれませんが、
喜ばれたのは間違いないと思います。




しかし、
少し時間が立ち、この原稿を書くために少し考えると、
荘子、天地編の撥ね釣瓶の話が思い出されました。





ある旅人が、畑に水をやっている、
老いた農夫の畑を通りがかった。


井戸に、桶をおろし、
一杯の水を汲み上げると他の桶に移し、
担いで畑に運び、水を撒く、を繰り返している。


旅人は気の毒に思い声をかける。
『そんな苦労をしなくとも、撥ね釣瓶という便利なものがある。
 それを使えば、ずっと簡単に畑に水を与えることができるよ。』


すると、農夫が答える。


「私だって、撥ね釣瓶くらいは知っている。
しかし、あんな便利なものを使うようになると、
それに慣れてしまい、機械を頼りにして、
心まで、『機械心』になるのが恐ろしいのだ」





この話は、鈴木大拙が書いている、
莊子天地編は2600年ほど前の本のはずです


・・機械と言ったって、撥ね釣瓶など、
今の世の中では、機械のうちに入らないほど
原始的な道具だが・・

その精神は新鮮です。




この意味は、効率だけ、結果だけを追い求めると、
作り喜び、働く喜び、つまりは、
生きる意味すら見失うかもしれません。




AIや、IOT、ロボティックは進むでしょう。




しかし、働くことは苦役であるだけではなく、
生きる喜びであることを
忘れるわけには、いかないでしょう。




あるべき社会を考えるということは、
人間の幸福を考えるということだと思います。


かつて、全世界的ベストセラーになった本に、
アルビン・トフラーの「第三の波」という本がありました。




世界の文明は、第一の波が農業文明で、
それ以前の狩猟採集の文明を時代遅れにし
全世界に広まるのに、およそ3000年かかりました。



その次の第二の波は、工業文明で、
イギリスの産業革命から始まり、
農業文明を時代遅れにし、
世界を覆うのに300年でした。



そして第三の波は、いわば情報革命で、
それが世界をおおい、工業文明を時代遅れに
するのはわずか30年だろうという本でした。



この本が出たのは、1980年。
今から40年前になりますが、
その一節にこんな事が書いてあります。



『過去数十年の歴史から学ぶことがあるとすれば、
 それは全ての社会問題、政治問題は
 相互に絡み合っているということである。


 例えばエネルギーは経済に影響を与え、
 経済は健康問題へ、健康問題は、教育、
 労働、家庭生活、その他諸々の分野に影響を与える。


 したがって、きちんと区分けされた問題を、
 他から切り離した形で扱おうとする態度


 ーそれ自体が産業時代のメンタリティの産物であるーは
 混乱と惨めな結果しか生まない。


・・・この時代錯誤的な組織構造がもたらすものは、
 絶えざる権限争いであり、責任逃れであり、
 逆効果の発生の連続である。・・・」




これは、産業革命型の第二の波文明が、
時代の変化に合わなくなっていることです。




私は、30歳のとき、この本の影響を、
目からウロコという印象で、強く残していますが、
実は、この本に書かれていることは
半分は実現し、半分はまだ実現していません。




この時代は、日本ではバブル崩壊前であり、
世界ではインターネットが、世に出る前でしたが、
先程の文章は、2021年の新型コロナに対する、
日本政府の対応にピタリと当てはまります。




2005年には「ハイコンセプト」という本が出ました。




著者のダニエルピンクは、
産業革命のときに、機械が工員に変わったように
現在はコンピューターが、パターン化し達的労働、
ルーチンや知識で仕事をするシステムエンジニアや、
医師や、MBAを取得した管理者を時代遅れにする
と言いました。



監訳した、大前研一は、アルビン・トフラーと親しく、
この本は第4の波ではないかと伝えたといいます。




それでは、これからはどんな時代になるのでしょう。




あるべき社会にモデルはないのでしょうか?




トフラーの言う話は、
仏教を学んだ人にとっては『普通』の話です。



『この世には、他から独立して存在するものは何もなく、
 汎ゆるものは相互に依存し支え合っている』
というのは、仏教では諸法無我という、根本原理です。




現代科学では、複雑系の科学という分野だと思います。
機械は部品の総和がピタリと
全体と一致する線形の仕組みですが、


生命は部分の総和以上の全体を作り出す、
非線形複雑系のシステムです。




機械文明は、工場が生産と価値の中心で、
人間は工場に従属します。



その影響は教育、インフラ、交通、事務所、
市場、経済、政治のすべての分野に及んでいます。



実はこのシステムに最もよく適合したのが
第二次大戦後の日本社会でした。



もともと、滅私奉公の精神と、民族の均質性、
識字率の高さを持っていた日本民族は、
戦争に勝つために、すべてを犠牲にすることから
一夜にして、
経済戦争に勝つことに、すべてを犠牲にしました。




均質化は徹底し、時間に遅れない   (工場は定時で始まる)      
        先生の言うとおりやる(仕事は工場の管理者が知っている)
        皆と同じようにやる(一人が頑張るとベルトコンベア流れが乱れる)



この三原則に、
みごとに適合したのが日本だったので、
日本はアメリカを追い抜き
世界一の経済大国に一時的にはなったのです。




今後は違うモデルになります。
それは、機械ではなく生命をモデルにします。



生命はもとは一つですが、
細胞分裂を繰り返し、やがて、多細胞生物になり
植物、動物が支え合い、自然生態系を作ります。



そして、複雑なネットワークの中で
多細胞が相互のコミュニケーションの速度を上げて
神経系を作り上げました。




今でもすべての動物は卵の段階から、
内胚葉、中胚葉、外胚葉を発達させ
進化の流れを胎児期に体験し、生まれてきます。




内胚葉は、消化器系となり
中胚葉は、骨格筋肉血管系となり
外胚葉は、皮膚と神経系になります。




私は、消化器系が農業文明、
骨格筋肉血管が工業文明、
そして皮膚と神経系が情報文明という気がします。



つまり、地球文明は完成しつつあるのです。



これからは、古い文明が新しい文明により
時代遅れになるのではなく、
すべての文明が支え合い渾然一体になることを目指します。



日本はその最先端にまた、立ちうる国です。



日本はそのあるべき姿さえ見えれば
一夜にして変われる国なのです。


古代中国、三国志の頃、
魏の王様が、どんな、重症の患者でも直してしまう
という評判の名医がいるというので、
呼んで話を聞いてみました。




聞けば、扁鵲という医師は
三人兄弟の医師でその末弟だといいます。



それでは、兄たちの腕前はと聞くと
「私は、まだまだで、兄達には及ばない」
といいます。



魏の王様は驚いて、

『それでは、扁鵲の名前が有名なのに、
それ以上の兄達の腕前が聞こえてこないのは
どういうわけだ』

と聞くと、


「自分は危篤状況のような
 重病になった患者しか、診断できない。

 だから、患者は助かったと思い、
 感謝してくれる。

 次兄は、まだ病の軽いうちに診断し、
 重症になる前に治すことができる。

 患者は次兄は簡単な病しか直せないと思い、
 有名にならない。

 長兄は、彼のいる町や村の人達が、
 病にかからないように導くことができる。

 だから、その人たちは長兄が、
 医師であることすら知らない。

 だから、兄達の名前は知られないのだ。」




この話はあるべき医療とはどういうものかを、
教えてくれています。




私は国の支出の50%にもなる医療費の膨張と、
日本の国民皆保険制度の崩壊の危機に気付いて10年。



病気予防に一番影響力のあるのが
大企業の単一健保と思い



予防医学の観点から軽い病気、
軽い腎不全から人工透析、
ウィルス性肝炎から肝硬変や肝臓がん
高血圧から、脳梗塞や心筋梗塞などの
イベントを防ぐことにより、



人の命を救い、同時に高額医療費を抑制し、
結果、医療費の膨張を抑制できるのではと考え、
すかいらーくグループの健康保険組合と協力し
徹底的な重症化予防を行ってきました。




もちろん、一定の成果を上げ、
厚生労働省のデータヘルス計画のモデルにもなりましたが
まだまだ、劇的な効果とは言えません。



まず、すかいらーくグループ健保の組合員の大部分は
パートアルバイトの方たちで、
この人達は毎年30%は入れ替わります。



そのため、何の健康意識も持っていない人たちが
毎年入れ替わり入ってきます。




更に、ハイリスクアプローチのジレンマがあります。



血圧数値の最も高い10%から、
10%の確率で、イベントが発生すると
10000人の人がいれば10000✕10%✕10%=100人。




この人達1000人の血圧を下げれば、
イベントが減るかというと
その次の血圧の高い人達20%からも
5%の確率でイベントが起こるので
10,000✕20%✕5%=100人の、イベントが発生します。




つまり、リスクの高い人を管理するだけでは
イベントを防ぐには不十分なのです。




そのように、、実践し考えてくると、
古代中国の長兄のやりかた、
町や村の全ての人たちが
病気にならないように導くしかありません。




ここまで来ると、医療の世界ではなく、
公衆衛生の分野になります。




八王子に北原国際クリニックという病院があり、
北原茂実という人が院長をしています。




専門は脳外科で、
緊急手術を必要とする救急病院を建て、
その後、リハビリセンターや、
ワンコイン(500円)でできる健康診断。


更には、山梨に農場を開き牧畜までやっています。




その上で、八王子市との連携で
医療ポイントカードまで始めています。




このやり方を、全国に広めたらどうでしょうか?




今回のコロナで、
政治と医療(科学)が複雑に絡み合っていることが
明確になったと思います。




一人ひとりは真剣に真面目にやっているのですが、
全体のシステムが狂っていると感じます。




問題は政治家を批判することではなく、
(もちろんされて仕方ない点もありますが)



日本の制度が、
前世紀のままに続いていることにあると思います。





次回は、新時代の社会システムについて考える。





先週に続いて、日本のあるべき姿を考えたいと思います。





江戸時代の日本は、飢饉が周期的にありましたが、
基本的には3000万の国民が
自給自足していました。




今、1億2000万の国民が(海外移民も入れて)
食べていける食料自給は
可能でしょうか?




現在の日本で食料自給率は37%。
米はほぼ100%です。




日常的に輸入に頼っているのは、
小麦と、大豆のようです。




これらと、野菜を充実させるのは、
技術的には難しいはずがありません。



問題は、農家の平均年齢が
70歳ぐらいだということです。



なぜ、後継者が育たないのか。



おそらく、儲からない、きつい、
ということだと思います。




私は、農林水産業という1次産業の、
消費者への直販化。



生産だけでなく流通、更にレストランや
家庭へのサービス、及び、
情報技術を最大限活用した、機械化、ロボット化により
解決可能なことが多いと思っています。




情報化=機械化というと、
効率中心の大量生産と考える人が多いのですが、
インターネットやSMSは、個人の力を強くし、
個性化、そして多様化を推進します。




20世紀は工業の時代でした。
工業は工場による機械的な管理と
少品種大量生産という、効率を追求しました。




それが、一次産業にも及び、
農協からスーパーマーケットという
流通ルートが必要となり、
農業や水産業は下請け化しました。




化学肥料や、農薬を使い、
きれいに揃ったトマトやきゅうり・・
曲ったきゅうりや人参大根は
商品にならないと捨てられました。



今、消費者は目覚めつつあります。



有機野菜は多少高くても体によく、
虫が食うのは、農薬の少ない証拠
というぐらい、ごく普通の主婦でも理解しています。




地域密着で、
地域の住民が食卓やレストランに、直接届ける小集団活動。




今でも、日本中のあちらこちらで、
そのような活動は始まっているように思います。



これを全国一斉の運動にしたいと思います。
持続可能な人間社会で、
基本は衣食住の、安定であるはずです。




中でも、飢えは、人間を追い詰めるのですから、
他国から収奪するのではなく
それぞれの地域での自給自足、
地産地消が基本だろうと思います。





来週は医療について考えます。


日本の人口は、
現在毎年50万人くらい減っているので、
来年1月には、
1億20300万人くらいになるでしょう。




この傾向はおそらく、あと10年続き、
1億1500万人くらいで安定する
と予想されています。



平均年齢は50歳くらいで、
若い人と年寄とが同じくらい
いることになるでしょう。



その時代に、一番重要なのは、
健康寿命の伸長でしょう。




認知症やアルツハイマー、その他の生活習慣病で、
寝たきり老人が多くては
それを支える側の現役世代の負担が大きすぎます。




国というのは、ひとつの共同社会で、
共同社会というのは、
互いに支え合い、助け合って、
一つの理想を実現しょうとする社会をいいます。




強いものが弱いものを支配し、
恣に振る舞うのは、野蛮な世界で、
文明国とは言いません。




かつて、産業革命のあと、
イギリスや、フランス、ドイツなどは、
その近代兵器と蒸気船の力で
世界を席巻し、地上を恣に支配しました。




1868年の明治維新の頃、
世界で独立を保っていたのは、
お隣の、李氏朝鮮、アフガニスタン、
オスマントルコ帝国の末裔のトルコ
そして、エチオピア王国、
最後に我が日本だけでした。




力で他の民族を支配するというのは、
世界全体が共和国という概念がなく
切り取り放題の無人の開拓地だったということです。




その結果が、第一次、第二次の世界大戦でした。




その反省が、国連を生み出し、
SDGsなどはその概念で展開されています。




現在の世界は、まだ、先進国の豊かさが、
後進国に支えられ、あるいは犠牲にしてなり立っています。



明治の文明開化から、30年ほどの短い期間で、
日本は日清、日露の戦争をして
かろうじてですが、勝利することができました。




これは、世界を驚かせ、
また、有色人種の国々にとっては希望でした。




しかし、基本暴力の勝利であり、
力で勝とうとするものは、
いずれより強いものに力で負けます。




これが第二次大戦です。




力でない勝利は、経済だというのが、
戦後の30年ほどで、1980年代には
経済力でアメリカをも圧倒し、
ジャパンアズNO1と言われました。




尊敬される国というのは、
武力が有り、力で他の国に言うことを聞かせる国か、
お金持ちで、金さえあれば何でもできると、
金で何でも買おうとする国でしょうか?




今の若い日本人は、かつて日本が海外で、
エコノミックアニマルと呼ばれたことを
知らないかもしれません。



尊敬される個人が、教養が有り、
しかもそれを鼻にかけたりせず、
自分の哲学を持ち、自分を律し、
他の人々に思いやりがあるという人に違いありません。



それは国もまた同じはずです。



これからの日本に大切なのは、
第一に健康生活、第二に充実した、教育。



つまり弱いものを大切にする共和国であるはずです。



北原国際クリニックの北原院長は、
国を支える4本の柱という話で、
医療、教育、農業、法律という4つを上げ、
それに比べれば、工業は二の次だと言っていました。




私は法律というところには、いささか、違和感があります。




確かに、力によらず、法律による法治というのは、
民主主義の基本ですが、
人間の決める法律というのは、あまりに人間中心で、
過去の力関係の調整が土台に有り、
古臭いものが抜けない気がします。



私は、「真理」を基軸にする、学問の共和国
それも西洋近代の、
要素還元主義の機械的工学的、科学ではなく
それを含む、統合的、複雑系や、
生命の原理に基づく科学を軸にしたいと思います。



我々日本人には、それができると信じています。

↑このページのトップヘ