ワクチン バンデミック 医薬品医療業界 米国政府要望書 TPP HAARP ケムトレイル 全ては繋がってるお話 耳ラッパ 

今日はですね少し いろんなお話をしてみたいと思っています 

その前に阿修羅に千早さんが下記のレポートを阿修羅に寄せておられました。転送転載大歓迎ということでしたので 転載させていただきます。 

ワクチン詐欺を暴く特別レポート「ワクチン: その詳細を知ろう」 健康は、注射針によって得られるものではない!
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/843.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2011 2 09 00:44:27:
(以上阿修羅より千早@オーストラリア氏レポート転載)


さて 以前私もワクチン認証のでたらめさと 医薬業界の金儲け主義が PCウィルスPCバスターと同じレベルで蔓延する医薬品業界の特集を組んだことがあります(下記の動画なんてご覧になられたら・・・あなた・・医薬業界の金儲け主義とモラルの溶解という意味がわかるはずです 是非ご覧ください
 
 

2010/8/13インフルエンザ・ワクチンの作り方 (ワクチン関連 ケム関連)NEWS海外(日本語訳)動画ピックアップしてます

(日本語字幕)ロシア・トゥデイ 新型インフル発生の真相・バイオテロ


2010/8/17
子宮けい癌予防ワクチン(サーバリックス)騒動と米国政府要望書 厚生労働省は製薬の安全性に責任がもてる?という素朴な疑問

2010/8/18医薬品医療機器総合機構のHP 小児等への接種10歳未満の小児に対する有効性及び安全性は確立していない(経験がない)


人医薬品医療機器総合機構のHP
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html 
 

海外輸入薬品含めた国の薬剤認証機関があるのですが そこのいい加減さに愕然としたことがあります 海外ではNEWS番組で 医薬品関連の研究者のデーター改竄問題や賄賂問題が取り上げられており問題が表面にでますが日本のマスコミは一切表に出しませんし 国もこれまで様々な薬害問題を生んできました 

 

ここまで酷くなってしまったのは イラク戦争で元製薬関連会社会長のラムズフェルドがアメリカ国防長官になった頃からだと想像するのですが もっと以前からかもしれません サーバリクスや バンデミック問題 鳥インフルエンザ 口蹄疫 ワクチン問題 が多発していたように思われます が・・実態はどのくらい以前から 人間としての一線を越えたモラルの溶解現象が生じているのかよくわかりません 

問題の根幹には長年続いた日本への
米国政府要望書 現在はなくなり形を変えながら継続しています(何故名前が変わったか? 気がついた日本人たちが大騒ぎし始めたからです そして今日本はまたTPPなぞという名前を変えた馬鹿げた戦略に 開国!開国!と馬鹿な飼い犬のようにペコペコしているわけです(w)

 

勿論その飼い犬状態で おいしい状態を継続できる日本の米権力従属派と呼ばれる連中がいます 民主主義とは名ばかり 正確には寡頭制民主主義 こりゃ民主主義の羊の皮を被った独裁と変わりません 政治・経済の主要ポストにそういう寡頭の人物を配置して支配する それが彼らのやり方です 寡頭制 - Wikipedia


経団連の会長なんて呼ばれてる人御覧なさい どっち向いて何の利益のために 何の守るべきもののために存在するのかわかりゃしません あたしだって何も単純に嫌米なわけじゃありませんよ? 度が過ぎているというのです 

 

既に人間としての度を越えた国益追求と排他性 2重論理による詐欺 新自由主義 NWO (NWOと記しているのにPCが勝手にNOWと変更してしまう これ考えてみてください そりゃ恐ろしいことです )と称した余りにも非人間的な傲慢さに辟易としているからそう思うわけで  私なぞ バットマンスーツがブルーの頃から見ていますし アメリカアニメの中毒でしたし ハーレーダビッドソンの大ファンだったわけです 誤解しないで頂きたいのは  何もアメリカと敵対せよなんて言っているのではありません それもまた馬鹿げた話です そんなこと当然ですが

 

日本は敗戦後GHQの体制そのまんまの社会構造で 60年間 長年の自民党独裁で植民地政策そのまま アメリカのいうことは全てであり 体制に従うものが権力構造の一角に登用され 逆らうものは権力構造から排除され続けてきたわけです 官僚社会も政治も 60年こんな調子でやってきたわけです それが敗戦直後のやりかたとして成功していたこともあったのでしょう でも もうおしまいです このあたりで止めにしませんか? 我々がこの悪しき構造を打破するために民主党に政権交代させたはずなのではないのでしょうか? 

 

ところが・・・菅政権のこのざまは何なんでしょう? 私は政治に関してごちゃごちゃと口出しすることは 余り好きではありません 突如 経済に疎いと自称される菅首相がTPP TPPと騒ぎ始めたのに 我々は驚きました と同時に・・・ああ・・アメリカから恫喝されたか プレッシャーでもかけられたのだなと・・・もう・・・阿吽の呼吸のように了解する始末です(w) 米国政府要望書 TPPに関しては下記をご参照ください

 

日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書=PDF 20081015日)

http://tokyo.usembassy.gov/pdfs/wwwf-regref20081015.pdf

(米国政府要望書より医療項目を一部抜粋)

 

TPP(動画)大特集1 (随時追加します)  耳ラッパ

TPP(動画)大特集2 (随時追加します)  耳ラッパ

さて・・・前置きが長くなりました(え~っ!前置き?w) そうなんです 今日は饒舌な日と観念してください(w)

HAARP Blue Beam 特集第1弾  耳ラッパ
Chemtrails Party ケムトレイル 特集 NWO   耳ラッパ

ここ最近上記2つの特集を組んだのですが ここからは素人の仮説としての話として聞いてください 実はそうなんじゃないか?というはなしを話そうか?ということです(w) 

あくまで仮説ですから検証も必要なら検証には失敗もつき物ですから まず HAARPの件です ( 続く )