土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

2011年11月

鰹の健康法その②

究極のダイエット

未曽有の体験
DSC00406
人間50年もやっていると、いろんな色の時を経験します。
二年前私は脳出血で倒れ、初めてICUへ患者として入りました。
といっても意識不明で生死をさ迷う、重篤患者という訳ではなく再出血が起こった場合のいち早い察知と迅速な処置を目的としたものです。

経過は順調で5日で個室へ、20日で2人部屋へ、3ケ月でリハビリ病棟、その後約2ケ月で退院、合計6ケ月の入院生活。でも病気との闘いは今もあります。その間多くの経験をして人生をみつめ直し、いろいろ考える時間が沢山ありました。

最初の10日は体の左半身が麻痺し特に左手は、全く感覚がありませんでした。右脳がダメージを受けると左半身が麻痺します。(頭の先から足の先まで全て、症状が改善して気づいたのですが咽頭まで麻痺して食も通りにくいのです。)

とにかく刺激を与えず絶対安静、食事も出ませんしテレビもラジオもNG。開頭手術は行いませんでしたので、24時間中点滴とただ寝るだけ。できれば何も考えてはいけないのです。40日間はベットだけが私の世界で、トイレも行けません。赤ちゃんからやり直しなのです。

病状安定後、重湯を食べ、排便の意思表示をし、看護師さんと寝返りの練習、それ以外は絶対安静。とにかく1日が長いですよ。でも30日たてば理学、作業、言語の療法士さんがベットで訓練をしてくれます。その10日後からは、病室内での歩行訓練や手を使っての作業訓練、言葉の発生練習や、食事摂取のチェック。薄皮を一枚ずつ剝していくような毎日です。

脳の回復のためには、一日も早い訓練が良いのですが、脳出血の場合は刺激による患部の再出血を抑えるために30日は何もさせないと説明を受けました。5年前脳梗塞の時に出血と梗塞は1対10の割合と聞いていましたので、発症数が少ない出血患者は社会復帰に向けて30日のハンデがあります。私はそれを取り戻すことばかり考えていました。

健康な方には関係のないこととお思いになられるかもわかりませんが、ご家族も含めれば生活習慣病の経験確率はたぶん100%、必ず来ると考えるべきでしょう。脅かしてごめんなさいね。
DSC00193

リハビリの気構え
これだけを見ると辛いことばかりのようですが、そこに通常ではなかった出会いが沢山ありました。そしてお世話になったお一人ずつのお名前とお顔は生きている限り一生忘れることはありません。

まず担当の看護師さん。家族への申し送り文章には、『最深の注意を持ってこれからの看護にあたり社会復帰をお手伝いいたします。』と消え入るような細い字で書いており、最初は大丈夫かよって思いました。でも凄い人でしたよ。とにかく最初は、体の自由の無い私を昼夜なく全面的にバックアップしてくださり、リハビリに焦る私がやりすぎてドクターストップがかかっても、私の意見を取り入れ主治医の先生にかけ合ってくださる。安全第一と、患者の年齢を考えた退院後の生活。立場は違えど私と同じリスクを背負う覚悟を持って看護にあたってくれました。年は私が父親的ですが、病院では彼女が母親のような大きな存在で、リハビリ室へ移動しての治療が始まった後は、訓練を終えて病室へ帰るとまるで、幼児の頃保育園から帰って母が家で待ってくれていた温かい思い出と同じ感覚でした。実際患者とは、年に関係なくそうなってしまうのです。

ベットで点滴を投与されている時も、彼女が廊下でお年寄りの患者さんひとりひとりにかける言葉をきいていると涙があふれました。命を拾えたのは、主治医さんのおかげ、今私がここまで回復できた階段を作ってくれたのは担当してくださった看護師さんのまごころと思っています。このあと、その階段を一緒に上がってくださった多くのスタッフの方々。ほうんとうに感謝しています。

食事が摂取できそうになると、栄養士さんが来てアレルギーや苦手なものを聞いてくださり、2種類あるメニューから献立を選択。長い闘病生活を少しでも楽しくと、イベント日には節句やクリスマスに因んだ料理を出してくれました。そして退院した今でも主治医さんを通して食生活のアドバイスをいただけます。

療法士さんは主治医さんの次に長いお付き合いです。前にも触れましたが『車いすを覚悟』と言われていたので、なんとかしてやろうと思っていました。今の自身の状況判断では、絶対もと通り治るといわれるより、車いすかもと言われた方が(私の性格では)ずっと気楽でした。

でも療法士さんは、『どこまでの回復を望みますか』って聞いたので、後で考えれば自分の足で立つとか、ゆっくりでも歩けるようにとでもいえば良かったのに強がって、『全力で走る』って言ってしまい以後のリハビリが鬼の特訓の様になってしまいました。数か月後には、息が乱れて立つこともできない位、疲労しても『走れるようになりたいんでしょう。』とけしかけられます。リハビリが終わって病室へ帰ると看護師さんが、『雨に濡れましたか』て言うくらい毎日ぐっしょり汗かきました。でテレビニュースを見るとプロ野球のキャンプレポートをやっていましたが、
私も同じ基礎トレーニングをやらされていました。そして、とめどない苦痛がやがて癖になりそうな快感に変わり、倒れた当初の不安が自信に変わったのです。

生活を改善すれば体質は変わる
DSC00192
そして2年、運動は少しでも毎日欠かさずやっています。
倒れた時80kgだった体重は、安静療養時88kgまで増え、退院時80kgに戻し、今は70kg。(身長171cm)
ウエストサイズはピーク時93cmが今は、80cmを切っています。(ちなみに胸回りは110cmあります。)
継続は力なりです
DSC00382

ウエスト:マイナス13センチ 体重:マイナス18kgなんてどっかのダイエットCM登用してくれませんかね
二年間じっくり費やしましたけど。その分リバウンドは無しです。
DSC00407
本日のサブタイトルは『きっかけを作る』『実生活に浸透したスローダイエット』ですかね
成功の秘訣は、美味しいものをバランスよく食べ、楽しくゆっくりダイエットです。

食へのこだわり
今は昔よりずっと食のバランスにこだわり、旬のフルーツを毎日摂取しています。スローライフ、こだわりの食生活は、脳を刺激し感性が豊かになる気がします。食事は間違いなく身体を刺激する行為、よい食生活は健康には非常に重要です。

リバウンドなしの、究極ダイエットですよ。

健康第一

現代人、中年になると避けては通れない問題が、生活習慣病です。
40歳の時、鰹はすでに主治医さんにそれを指摘されていました。
畠中




当時は結構肥っていたんです。☠



原因は不規則な生活。相手の都合に合わせる仕事上ある程度は仕方ないと割り切り、それを最大限の喜びとし自らの目標を立て知らず知らずの内に自身の体を蝕んでいました。そして45歳で脳梗塞、50歳で脳出血を発症し現在、左半身に多少の麻痺が後遺症として残っています。

さて、ここで考えなくてはならないことが人生のターニングポイント
生活習慣病のひとつ、脳卒中は今大きな社会問題となっています。多くのそれを経験した著名人を登用した政府広告がその回避を警鐘し注意を促しています。脳卒中を発症した場合、死亡率もさることながら他の病気以上に後遺症が深刻化する場合が多いことです。そして脳卒中は今や普通に発症してもおかしくない病気になりつつあります。

私の場合、45歳で発症した脳梗塞は外観上全く後遺症がありませんでした。そしてそれ以後一か月に2回定期診断を行い再発に備えていたのに50歳で以後の人生を大きく変える事態に発展したのです。結局自分の体を担当医さんに任せ、自分で管理しなかったのが原因した。そして奇しくも時を同じくして同じ病気を患ったのです。

時を同じくしてとは、
最初が1月3日、5年後の次が1月6日。これが脳卒中の大きな発症原因なのでしょう。ひとつは1年で最も寒い季節で血管が収縮傾向にあり、もう一つがお正月という特別な行事。日本人の正月は昼夜がなく行く年を省みて一年を思い、来る年への期待を込めて気持ちを昂らせる。このリズムの変化が疲れた体のダメージを増幅するのでしょう。

もうお気づきの方も多いでしょう。1度目で自身がそれを自覚すれば2回目は回避できた可能性が高かったと今、私も思っています。そしてこれからやるべき事は3度目を起こさない努力を自分自身の責任で行うこと。脳卒中の発症原因を勉強し、理解して信頼する主治医さんと二人三脚でそれに立ち向かう事がまだ私にはできます。
そして、死に至らなかったのは今まで食してきた豊富な食材と料理法だと思い、母と家内に感謝しています。
食生活ってほんと大事ですよ
あくまでも腹八分。バランスも大切、ありきたりでも意識が必要です。
龍馬鍋
寒い季節にはピッタリは一度にたくさんの食材が食べれて栄養豊富。
で付け加えると、私の不屈の闘志倒れた時、処置室で意識無いふりしてたら主治医さんが家内にいってました。『命は大丈夫でしょうが、寝たきりか車いすは覚悟してくだい。』って。ちゃんと聞いてましたよ、いたって冷静に。
結果、それが私を炎のリハビリに駆り立てたのです。

私は、3度目を回避するチャンスをいただいたのです。そしてこの病気を経験したことにより多くの病院スタッフに支えていただき、多くのことを知ることができ、多くの出会いがありました。反面、家族や仕事関係で多くの方々にご迷惑をおかけした事実も残っています。6ケ月も入院し40日は寝たきりだったんですから。



あれから2年経った今、私は前より少ない月1度の定期検診で健康を維持しています。主治医の先生によると後遺症は残りましたが、40歳の時よりは、医学的にずっと健康なんだそうです。会社の人間ドッグでも、今の健康状態なら、脳卒中は発症しなかったでしょうと診察医さんに言われました。人生、今後の結果は不明ですが健康に責任を持って生きる意志が高まったのは確かです。

今迄できた事ができなくなった自分を憂う前に、おかげて得た多くの事に感謝して人生まだまだ楽しみたいと思います。旬の美味しいものをいっぱい食べて味覚、臭覚、視覚に刺激を与え、感受性を高め物事の奥底を診る。
脳疾患を2度経験して確実に言えることは、失う感覚ばかりでは無く、覚醒される感覚が間違いなくあるんです。
でもそれは、自身がそれをイメージする事が不可欠なんですよ。経験しないと解からない感覚でしょうか。

鰹は今を十分楽しんでいます。
幸いなことに食べてはいけない物も全くありません。

今日は、いつも以上に私ごとですみませんでした。でもこんな私でも今まで以上に幸福に日々を過ごせ、いろんな事に取り組んでいます。できるだけ規則正しい生活を心がけ、睡眠は多めにバランスよく美味しいものをたくさん食べ、体に余分なものを貯め込まない事。忙しい毎日ではそれをすべて実行できなくても、努力次第でできることが幾つかあります。その優先順位を押し上げることができなければ、今の価値ある生活が長く続かない場合もあるのですよ

折にふれ私にもできる健康法を具体的に描きたいと思います。今の私は身体的には多くの方々以上に制約が多いはずです。それと私の場合持病があるので、2名の専門医に栄養士さん、リハビリスタッフの指導を受けることができます。転んでもただでは起きない不屈の闘志。近々、画像も含め公開したいと思います。
画像1枚もないブログも珍しい

はじめてのプロゴルフトーナメント観戦

昨日、カシオワールドオープンゴルフを観にkochi黒潮カントリークラブへ行きました。
DSC00440

トーナメント最終日とあって、朝早くから多くのギャラリーが来場。田舎ではめったにお目にかからない人の集団です。といっても私もスタッフでないのでギャラリーの構成員です。その中で、どう見てもゴルフに興味のなさそうな、ご婦人の方々・・・・・一際怪しげな熱気を帯びています(うちの家内も入っていますけど)。

お目当ては言うまでもなくです。でもこういった人たちも何度か足を運ぶ内にゴルフの勉強をしてTVでトーナメントを見だす訳ですし、お目当ての選手の活躍を一心に祈りずっとコースを一緒に廻り、ご主人とは絶対歩かないような距離を息も乱さずただ一点を見てひたすら歩き、ちゃっかりすごいダイエットをして、心も体もリフレッシュして帰路に就く。

福山雅治さんのコンサートで踊り狂っても、これほどのカロリー消費は望めません。素晴らしいことです。家内に代わって、心より御礼申し上げます。

更に最終ホールを上がる時は、自分の方が疲れていても微塵も顔に出さず、皆で一斉に『遼君お疲れ様でした』と声をかける。私は仕事に疲れて帰っても久しく聞いたことの無い言葉です。だいたい起きてもいないのに声の掛けようも無いですよね。人生に疲れました。
DSC00431
さて、うちの家内のことはこの辺にしておいて日本ゴルフ界のプリンス、石川遼選手。なま遼くんを至近距離で見て私も感じることがたくさんありました。

私は若い頃、高知へキャンプに来てくださるプロ野球の選手のお世話を数年させていただいた事があり野球選手と比べ、とにかく選手の皆さんの体が小さいことに驚きました。ほんと普通の人ですよね。でも、どの選手もドライバーの飛距離はすごいし球筋自体が異次元に美しい。アプローチも機械的に正確でとにかくぶれない。練習を見てびっくりしました。まッ 当然ですかね。世の多くのマダムの心を虜にするのだからこれ位の事やってもらわないと、私たち亭主の立場もありませんから

朝の練習に遼選手が現れた時のこと、自身のスタート時間に合わせ最終調整をするわけですから、成績が上位だった彼が来たときはもう沢山の先輩方が練習していました。そして彼はその時すでに、臨戦モードに突入しているのです。緊張を解す為か、隣の選手やキャディーさんに話しかける選手もいるなか、若干二十歳で自分のまわりに自分の間合いを作っているのです。結局練習の間半時間ぐらい、彼は一言も言葉を発せずだれとも目を合わせませんでした。すごい集中力です。でも3日目までの彼のスコアは、皆口にこそ出しませんが優勝は非常に厳しいところにいるというよりむしろ絶対無理な位置にいるのです。

最終結果は皆様ご存じの通り。そして遼選手のインタビューは聞いての通り前向き。トップに君臨するアスリートは100%結果が出ない今の自分の状態から瞬時に課題を見つけ出し、修正しつつそれについての経過を客観的に分析し適格に表現できます。ほんとに二十歳なのって思いますよね。

世の中の親は、いけなことと知りつつ同世代の自分の子供にダブらせて溜息を吐く

子供は子供で、『父さんの二十歳のころとはえらい違いや、たそがれ期の50のおっさんはあんな気持ち持てんわな』と豪快に笑い飛ばす

でも息子よ。お父さんは、それを本気で言える遼選手の自信の裏付けを知っているのだ。こちらは50過ぎであっても、違う世界違う分野でそう生きたいと思い、
ジミぃ~に今できることに取り組んでいるんだ。少しはわかってチョウダイ

今を生きる。みんな今を生きているのです。

でも真に『今を生きる』ことは、今を大切にしながら未来に備えることに他ならず、遼選手の言動にひかれる人も皆、今をそう生きたいと思っていると思います。
DSC09880












鰹の場合、今日は相手がわるかった。完敗
夕日が沈んでいきます。撃沈

ほんと、写真の少ないブログですみません。今日こそは写真満載で行こうと思ったのに・・・・・・
トーナメント会場内写真撮影禁止だったもので、お許しくださいませ。         以上です。

風太郎
標高
930メートルの山育ち。生でそのまま食べて甘い
中和田倫武さん

風太郎を作っているのは大川村だけ。

 

生でかじると本当に甘い。茎の部分が特に甘いんです。

小

県道から外れて車1台がやっと通る山道へ。杉林の間を上り抜けた標高930メートル、山のてっぺんに和田さんの畑はある。長年、山で林業を営んでおられた和田さんが焼き畑で開墾した畑でホウレンソウを作り始めたのは16年前。高知の夏は暑くて栽培できないホウレンソウが、平地より67度Cも気温が低いこの畑ではイキイキ元気に育っている。逆に冬場は雪に閉ざされ、畑まで上って来られない日もあるが、冬でも加温せず3ヶ月かけてゆっくりと大きくし、さらに甘みのあるホウレンソウを作っている。これは「寒締め」といい、寒気にさらされた作物が糖分を蓄えること。気温が低いと地面から上の部分、葉っぱが甘くなるのである。試しに畑から1本引き抜き、かじってみると柔らかな茎も葉もじわりと甘い。そして、とてもジューシー。えぐみもないので生でそのままサラダにすれば、きっとおいしいだろう。
大

和田さんの畑の土はサラサラと砂のような感触。畑仕事をしていても、手が荒れないという。これは化学肥料を使わず、有機肥料だけで栽培しているから。土中に増えた有効微生物が、作物に害をおよぼす病原菌などを分解するので、この畑に殺菌剤は一切必要ない。ただ、ヨトウ虫、イモ虫、アブラ虫などは柔らかな葉を狙って発生するので殺虫剤だけは使っているとのことだ。山にはミネラル分が溶け込んだきれいな岩清水が湧く。風太郎ホウレンソウはこの水で育てられている。現在「風太郎ホウレンソウ」が作られているのは大川村だけ。葉が厚くてとても柔らか、「ホウレンソウの中でも一番食感のいい品種」と、和田さんイチオシだ。雨に叩かれると葉が傷むので、
30アールの雨よけハウスの中で栽培している。


ホウレンソウは高温多湿に弱い作物。平地での夏場の栽培は難しく、ほとんど作られていない。緑黄色野菜の代表選手のようなホウレンソウはカロテン、ビタミンC、鉄、葉酸などを多く含み貧血の予防にも効果があるといわれている。炒めたり、サッとゆでて和え物など和・洋・中の料理に。風太郎ホウレンソウはアクも少なく、えぐみがないので生でもOK。肉厚の葉は加熱してもしっかりとした食感だ。

小02

土佐料理司 鰹がゆく!

第6話までのキャスト一覧です。

オオクワガタ♂
76mm 
2010年8月孵化
出身地 福岡→ペットショップ→我が家
近況 冬眠中
特技 大型のわりに俊足
出演 脱皮の意味(第4話)
DSC00304













オオクワガタ♀
43mm
2010年8月孵化
出身地 福岡→ペットショップ→我が家
近況 冬眠中
特技 死真似
出演 脱皮の意味(第4話)
DSC00306















オオクワガタ幼虫♀
25g
2011年7月孵化
出身地 我が家
近況 11月なぜか蛹になりました。 
特技 早生まれ
出演 脱皮の意味(第4話)
DSC00297
オクワガタ蛹♀
2011年7月孵化
出身地 我が家
近況 あと半月で成虫になりそう
出演 脱皮の意味(第4話)
DSC00308
猫雑種♂
2,3kg
推定2歳半
出身地 自動販売機の前
特技 成長を止める(大きくなりません)・甘える
名前 おちび(娘の場合)・ちび太(妻)・お粒(私)・ネコ(息子)
出演 名前の意味(第6話)
DSC00059
犬ミニチュアダックスフンド♂
4kg
推定4歳
出身地 広島県のテーマパーク
特徴 人間の男はきらい 
名前 ジョン(娘の場合)・レオ(妻)・レオ太(私)・イヌ(息子)
出演 名前の意味(第6話)

犬ラブラドール×不明MIX♀
8kg
12歳
出身地 高知の日曜市
特徴 従順 
名前 もも(家族全員)
出演 名前の意味(第6話)
DSC00327
魚アカメ
90cm 6,7kg
13歳
出身地 四万十川
特徴 淡水飼育 
名前 アカメ(家族全員)
特技 眼光鋭い赤色レーザービーム
出演 生き物の寿命(第3話)
DSC00328
魚オヤニラミ
3cm 
生後半年
出身地 ペットショップ 
特徴 日本古来の淡水魚 
名前 オヤニラミ(家族は飼っていることを知りません。たぶん)
特技 水槽からの飛び出し注意
出演 待機中
DSC00116

人間 男【当ブログの管理者です】
171cm 70kg
52歳
出身 高知県
趣味 ダイエット(ジム通い)
DSC00158


今後もよろしくお願いします。

このページのトップヘ