正月食材
高知ならではの正月食材、多々あれど土佐人らしいのが正月にはとにかく大きいものを喰らえ‼ なんです。ですからわが家では毎年、年が変わるとともに大晦日から用意している食材を夜のうちに食べるんですが、その大きいものの代表的食材が高知の場合は、まずクジラ
1a9b21be-s[1]9dfc2e96-s[1]






クジラの赤身肉はステーキにしたり、畝須(ウネス)といっしょに
cf8ae332[1]2e842b97[1]






煮付けるんですね、いつもの年は。
ところが今年は、食材を変えてみました。
マカジキはらんぼマカジキのハランボ





その、今年最初に喰らう大きいもの食材がこちら。知らない人は、高知県人でも多いんでしょうね。今まで何度も私のブログには登場した食材なんですが、このかたちでお見せしたのは初めてですから。大型の太刀魚ぐらいはあるこの食材の正体は、
DSC03313







こうすれば、もうお解りですよね。巨大な『はらんぼ』なんです。普通のお皿に乗る大きさが鰹のはらんぼなら、家庭には到底乗せる皿がないのが、マカジキのはらんぼ

高知県人でなければ知らないひとも多いんで念のためにご説明すると、高知でハランボとは、中・大型魚類のハラス部分。つまり 内臓を取り囲むお腹の最も端の部位なんですよ。

しかも本日は冷凍ではなく、ご覧の様に生マカジキなんです。ちなみに食材価格としては冷凍の場合、1500円/kgなんですが生となると2800円/kg。それでも多分、破格な安さで分けていただいていると思います。
マカジキ






それは、上画像のように上身も一緒に購入するからなんですが、これだって3500円/kgなんですから、マカジキ上身の正月価格としては決して高くはありません。

魚好きは普段からお魚屋さんを大切にお付き合いしないと、正月に良い思いはできませんし、寒い季節になると、脂ののってくるマカジキのはらんぼも分けていただけない・・・のかも。
マカジキのハランボ (2)







今年のわが家は元旦の就寝前、このナイラゲ(マカジキ)のはらんぼをひとり120gすつ、塩焼きでいただき、過ぎ去る年に感謝し、家族で新しい年を祝いました。
DSC03363








そしてこれが、今年最初の家族の食事『マカジキはらんぼの塩焼き』です。これで300円ちょっとなら、年越しそばをキャンセルしたお値打ちは十分ですよね。それに、『はらんぼ料理は高知の食文化ですから。