初氷を見た朝に
三世代同居のわが家では、初日の出を拝む場所は限られた近場。晴れの予報が出ていれば一人でも必ず拝みに行く初日の出ですが、それは自宅から車で30分以内の場所に決めています。拝んだ後は直ぐに自宅へ帰り正月準備がありますから。
IMG_0574










県道14号線黒潮ラインから見た今日の朝日

そうなると、元旦当日はだいたい香南市の市内で海か山を選ぶのですが、年末・年始には多くの日の出・夕暮れスポットを巡ってはいます。もし家族の誰かがそんな場所を見たいと言った時のために。

私的に思う高知らしい朝日といえば『だるま朝日』。
edbe0d97[1]








2018年11月28日 室戸岬 だるま朝

でも、仮に予報が晴れだったとしても、水平線から出る朝日が出る場所で、必ずだるま朝日が見られるとは限らないのです。

上空には雲一つなくても、今日のように水平線付近に低く層雲が立ち込めていれば見られないのです。元旦の天気も今日とほぼ同条件だと思います。でも、仮に水平線から昇る朝日が見られなくても、
IMG_0603









毛嵐

今日の朝、高知は1℃まで冷えこんだので幻想的な海の蒸気霧『毛嵐』が見られたんですよ。
IMG_0664









氷点下は記録しませんでしたが寒い朝で、水を張った田んぼも一面に氷結。これでも昨年よりは穏やかに思える年の瀬を迎えられているのです。私が見た今冬初めての香南市田んぼの氷結です。(高知の初氷は二日前の12月28日でした。)
IMG_0836








香南市から見る北の奥山も薄っすらと雪化粧しています。

前回の冬は複数回、香宗川が氷結しましたし、
ccb55df7[1]










香宗川の蒸気霧

高知では海の蒸気霧毛嵐よりもっと見る機会の少ない川の蒸気霧や、
19be44f8[1]








岸本の畑から湧く蒸気

まるで畑の土壌が微生物化学反応を起こしているような蒸気霧も立ち上がっていましたから。
IMG_0631










今冬は物部川の川面を飛ぶ越冬燕も近年から比べると2割程度しか見られません。
きっと暖冬の方が越冬燕の個体数が少ないのです。
IMG_0855









初日の出を拝む場所、もう決められましたか。