歴とした食用魚です
室戸の漁港では時々見る魚、ところが手結で見たのは初めてなんです。
IMG_5300








それは保冷槽に入れられず放置されていました。結構大きく80cmはある魚です。でも更に成長を続け150cmほどには達する魚でもあるんです。

扱いはご覧の様に下等魚なんですね。
IMG_5309









スギの棘条
その魚はスギ。スギ科スギ属の回遊性を持つ海水魚で別名クロカンパチの名を持ちます。その目立たない第一背鰭の棘条は短く太い6本から9本の頑丈なもの。棘条をつなぐ膜は見られません。
IMG_5307









スギの顔
風貌も多粘膜な表皮もコバンザメに似ています。
スギ








その印象は全体の姿を見ても変わらないのです。

さて、ここでちょっと市場の外側に目を向けると、
IMG_5318











手結の漁港では秋のキチヌ釣りもひと段落。船に残る漁獲物の嘔吐物に群がる魚は、今はこのトウゴロウイワシのみ世なってしまいました。
IMG_5323









それを狙うハンターがダツ。でも、このダツを狙う釣り人はいません。

ダツは可食魚ですが、高知の多くの人は、様々な理由で食材と認識しない魚種なのです。

一方、市場の競り場に横たわっていた大型魚は、値が付くか否かは別にしてその対象には上がっています。
0bb9ad66[1]







その魚同様に室戸では水揚げ直後の市場で見られる怪魚バラムツ。このバラムツは競りに上がることのない魚です。

バラムツは流通させてはいけない魚種、一方でスギは歴とした可食魚なのです。そのスギの別名はクロカンパチ。スギの身は鮮度が良ければ透明感のある回遊魚独特の発達した筋肉で食感豊かな身。しかも脂ののりが非常に豊かで、それは養殖のブリにも似た身です。

そんな特徴からブリ属三兄弟の一種、カンパチの名を冠する俗名も持っているのです。しかしながらスギは別科別属の魚種。アジ科ブリ属ではなくスギ科スギ属なのです。一般的に食材は、既に確立した商品価値が異なる場合、消費者を混同させる名で広く流通又は提供させることは現代社会では避けるべき事として指導されています。

食材は標準和名か、広く認知されているブランド商品名で流通提供されるべきなのです。

さて、スギよりもずっとクロカンパチと喩えるのにふさわしい魚がいるんですよ。
アイブリ









アイブリ
この魚はアイブリ。アジ科アイブリ属の魚なのです。

でもこの魚種の場合は標準和名がアイブリ。その名で流通する魚なのです。