香南市の場合はミサゴでしょうか
猛暑の季節にも全くいない事はないのですが、
IMG_6506









秋めいてきた香南市
季節が秋めいてくると、海辺や河口域で急に個体数が増える猛禽類がいるのです。
IMG_6487










この日は、その飛翔姿を先ず、海から離れた龍河洞の上空でみました。

この日は龍河洞から尾根伝いに三宝山経由で帰宅したんですが・・・

三宝山の頂上付近にはお城があります。でもそれは中世の遺構ではなく昭和の遺構、しかも西洋式の城なんです。
IMG_6532








この城には東西の廓にそれぞれ望楼、つまり物見の櫓が存在するんですが、それは築城当時の建造物でなく平成になって増築され、遺構ではなく令和の時代になっても、稼働しメンテナンスも行われています。
IMG_6530










そしてこの日、櫓の上で見張りの任に当たっていた武将は人ではなく猛禽類‼
IMG_6503










実はこの塔、侵入者を見張る塔ではなく携帯電話の塔なんですが、正確には基地局と言うそうなんですね。

地上の基地局は大きく分けて3タイプ。多門櫓・渡櫓・重箱櫓・・・ではなく、
簡単な電柱型のこん柱局、ビルの屋上を利用したビル局、そしてこの大規模な鉄塔局なんだとか。更に現在では大規模な地下街やトンネル、地下を走る地下鉄でと様々なエリアで携帯電話はつながりますよね。様々なタイプの局が存在するお陰なのです。

本来、局とは区分を意味し、しきりを明確にするもの。因みにわが家にも局は存在し、それは仕切り事が大好きな女性、私は彼女をキョクとは呼ばず❝おつぼね❞と呼び奉っています。となると私はさしずめそれに頼る三宝山のミサゴの様な存在なのかも。

このミサゴ、秋から冬にかけては河口域や沿岸部に集結してきます。その活動域は大いにハヤブサと重複しているのですが、両猛禽類が争う場面を見たことはありません。

それは、明らかに狩りの対象が異なっているからで、ミサゴは魚類・ハヤブサは鳥類に特化して狩りを行うのです。猟の少ない季節に同じ食物を奪い合う競争は熾烈、、それ以外なら譲歩することも数多いのです。
IMG_6477









一方こちらは香南市の海岸、夜須町の塩谷の浜です。岩場が磯状に発達したこの場所の最も沖合いに位置する離れ磯には、よくハヤブサもミサゴも羽根を休めています。
IMG_6465










この日見たのは三羽のミサゴ。複数のミサゴが同じ場所に止まるのは夏では滅多に見られない景色。ミサゴにとっても季節は秋なのです。
IMG_6624










手結の港では、大きなハコフグを狩ったミサゴが飛んでいました。