特産品への地元の想い
この日は妻に誘われ、妻の実家でお茶をしました。夫婦生活三十余年、今は家族への責任として断腸の思いまでは全く程遠くても、それなりの不便を覚悟の上で別居していますが、同じ市内ですので会わない日はありません。
IMG_2180IMG_2203







その時のお茶菓子がコレ。クラッカーに添えてあるのは、実家の山の土佐文旦の自家製マーマレード
文旦熟成











霜が降りる前に収穫し山の室で追熟
高知の特産品、土佐文旦発祥の地は土佐市宮の内。現在では高知県内の各地で栽培が普及し、2月中旬になると出荷が始まり、TV各局のローカルニュースでも広く告知されます。
畑で食べる土佐文旦











高知も南九州と並ぶ柑橘大国。特に棚持ちに優れ、味同様に高く評価される早春を思わせる芳香も多くの人を魅了し、地産外商の重点農産物として産官民共同で生鮮品や加工品の販路拡大を推進してきました。
とさぶんたん











全てを余すところなく使い切ります
そんな文旦は、柑橘類栽培の盛んな私の暮らす香南市でも盛んに栽培されています。ひと昔前までは、2月に入るとプロスポーツの春季キャンプが数多く開催されていた高知県は、早春から観光のお客様の入込で賑わい、一年の内で最も閑散月となる2月に数々の観光イベントが開催され、本月が一年で一番忙しい月となる企業へ私は就職しました。
土佐土産












それは、大学にまだ籍のある2月までに卒業に必要な単位を取得し、自主的に勤務し今流行りの卒業旅行はおろか、卒業式にも出ませんでした。
箱入り土佐文旦贈答用土佐文旦






贈答用
今の新卒生よりもずっと恵まれた時代でしたが、自身を確立した場所へ少しでも長く留まる事も、その余韻に浸る事も良しとせず、未来に向けて少しでも早く一を踏み出す期待の方がずっと貴重に思えました。私の場合、ここまでは全て先人が敷いてくれたレールの上を進んできただけでしたから。
韓国風冷麺トッピング











韓国風冷麺に土佐文旦
因みに、十周年後に大学へ行って卒業証書をいただ来ましたが、それには単位取得した成績証明書も添付されていました。就職した企業が県の様々な指定を受ける時、大学の成績証明書を出でば免除される資格もあって、それは随分役に立ちました。もっとも、私の採用基準においては経歴は重視しても学歴は重要上位の基準には置いていませんでした。
土佐文旦ゼリー土佐文旦 甘皮






日本料理の〆にも土佐文旦
でも、食材に関しては血統や栽培履歴は重要にしていましたし、実際に生産者さんとは深く関わり、スタッフを連れて産地視察や生産作業の研修を実施させていただき、自社が取り扱う特産品の優位性を身を持って認識してもらうよう努めました。

土佐文旦もそのひとつです。
土佐文旦










今は日々新しい事にジャレンジしても、それは地域に対するボランティア活動の範囲。今の私の場合、報酬を頂戴して正当な責務を果たせる身体能力を有していません。しかし昔携わった地域の生産物に対しては今も熱い想いが漲っています。

人として地域の生産者さんに賜った大きな御恩と、消費者として食を通し搾取する生命は、余すところなく活用し、次なる生命の循環に繋がることが見える消費生活に、生きる事の価値を見出す、そんな年齢と身体に到達しています。