土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

カテゴリ:高知の自然 > 高知の蜂(ハチ)

最高気温34℃にも負けず
IMG_1590









蜻蛉の逆立ちは暑い日の証拠
そんな猛暑日も寸前の炎天下で屋外取材を敢行してきました。陸上では未だ台風10号の影響もまだ少ない8月12日の事です。
IMG_1574











近くまで来ても、いつ以来だったか記憶がなかったので調べて見ると、去年の秋からずっとご無沙汰だった北川村モネの庭マルモッタン
IMG_1573












私が来た8月12日11:00の気温は既に外気温33℃。それなのに、多くのお客様が入場されていました。さすがにこの時期、大型バスの団体は少ない様ですが、県外のお客様が大半、この日はアジア圏のお客様も多く入場されていました。
IMG_1770










この日の最高気温は猛暑日一歩手前の34℃の予想。でも遥か沖合の台風の影響も少し現れてきたのか適度な風がやむことなく渡っていきます。夏台風の風だと蒸し暑そうに思うでしょうが、森の木立の中を通てくる風は思いのほか涼しく心地よいのです。
IMG_1557









さてモネの庭、夏の見どころといえば水の庭の熱帯スイレン。4月、藤棚のフジの花と呼応するように咲き始める水面の温帯スイレンとは別に、遅れて6月下旬に咲き始めるのが熱帯スイレンです。
IMG_1774










8月はその熱帯スイレンの盛期なのですが、入り口インフォメーションの8月一押しは幸福のブルービーことルリモンハナバチ。実際には、日本にはルービーは日本に複数種存在するんですが、このルリモンハナバチが一番人気、つまり幸福への御利益が多いと思われているようです。最も毛深く花粉を運びそうなところが、縁つなぎを思わせるのでしょうか。
IMG_1483










そしてそんなルリモンハナバチの個体数は毎年増加しているように感じます。

ですから今の季節、モネの庭には幸せを繋ぐブルービーに肖って若いカップルが年々増えているように見えます。因みに私の場合、ここへ30回以上来ても妻と来たのは二度。一度は家族総出で、もう一度は二人できたのですが、その一度も妻のたっての希望によって園内では時間を決めて自由行動。積んできて積んで帰っただけです。

さて、そのルリモンハナバチなんですが、モネの庭ではオミナエシが咲く頃に訪れると先ず空振りはありません。ここではそれだけ個体数が多いのです。
IMG_1551












この日もルリモンハナバチはミゾハギナガバミズアオイ等、複数の花に誘われていました。モネの庭には労働寄生という特殊な生活環を持つハナバチを育む生態系が見事に確立、毎年変わらず維持され続けているのです。
IMG_2172ルリチュウレンジ







全身が瑠璃色の光沢に輝くハバチ
この日は、青色というより全身が瑠璃色のハバチ、ルリチュウレンジが桜の葉で休んでいました。
IMG_1768











そしてこの季節、ルモンハナバチの撮影に最も適した場所は花の庭の噴水池の傍ら。ここに咲くオミナエシに止まるルリモンハナバチが最も撮影し易いのです。その分、人も多いんですけどね。
IMG_1735











気が向いたら丸い噴水池も覗いてみてください。ここには周りの水辺から飛来してきた現在では希少な昆虫、複数のゲンゴロウ類が多数泳いでいます。
IMG_1729









無機質に見えるこの池にこれだけのゲンゴロウがいれば、水の庭のスイレン池にはさぞかし多くのゲンゴロウが潜んでいるのでしょうね。
IMG_1567










実に生態系豊かなモネの庭であることを来るたびに実感します。

蜂には絶好のロケーション
IMG_1164










香南・香美市では4日振りの青空。それでも前日夕方から立ち込めた霧が晴れない朝を迎えました。
IMG_1784










香美市の平野部では既に稲穂が垂れだした水田もあります。毎年、7月下旬には早生品種の稲刈りが始まり8月の第一週には令和最初の新米が流通し出すのです。
IMG_1171










物部川本流
一級河川物部川の上流域、本流の激しい流れに侵食されて出来上がった深いV字谷にも霧が立ち込めています。この本流の川筋が右側に曲がったすぐ先には、物部川治水管理の要、永瀬ダムがあります。
IMG_1173










物部川支流の日比原川
今日も永瀬ダムの少し下流に注ぐ支流、日比原川沿いに林道を上っていきます。
IMG_1183










早朝の霧はAM8:00頃には徐々に収まり、奥物部の山間部に青空が広がりだしました。

この日、日中の気温予測は鹿児島県と同じく30℃越え。ほぼ無風(予報2m/s)で湿度(手持ちの計測機器72%)も高く晴れ間が見えても梅雨らしい一日となりそうです。
IMG_1571









轟の滝駐車場にあるネムノキの花が終わり、替わってムクゲの花が満開です。

このムクゲの花にどっさり来ていたのが複数のマルハナバチたち。
IMG_1519










ところがフヨウやムクゲは花粉の量が多量なので凄い事になっています。
IMG_1541










ですから本来の体毛の模様が分からず種の特定ができない様に見えて、温暖な高知で活動する既存のマルハナバチ類は、僅か5種に絞られるのです。
IMG_1528











クロマルハナバチ

先ずこれは大きさとわずかに確認できる色からクロマルハナバチ。
IMG_1549








トラマルハナバチ

こちらは高知では高地性を示し、平地では見ないトラマルハナバチです。
IMG_1952









7月になると早春にはどっさり活動していたマルハナバチの何れの種も平地で見る事は殆どなくなりました。
IMG_1956










ところが標高400mほどの産地では、夏もこの様に活発に活動しているのです。

そしてこの日は、
IMG_1577










日比原川に架かる橋梁のキイロスズメバチの営巣が業者さんによって駆除されていました。

実は、自然環境下でのスズメバチ類の営巣駆除の一部始終、私は初めて見たのですが、 人が暮らす住宅地内のそれとはちょっと違っていました。

住宅地での駆除は野外でのそれとは異なり、十分な時間をかけ稼働している働き蜂を一網打尽にすべく手順を踏んで慎重に行うのです。
IMG_1579











野外でのキイロスズメバチの駆除もまた、この様に人工の建造物に造られる除巣が多い様です。
IMG_1602










その営巣場所として多い、橋梁の下の営巣はこの様にして駆除されるのですね。
IMG_1587









巣の大きさは、今の季節にしては大きくバスケットのボールくらいはありました。夏から秋にかけては更に巨大化するのです。

駆除の様子を見学した後は、冷気が渡って来る轟の滝の展望台で涼んでから自宅へ帰りました。
IMG_1263










この日も、オオムラサキが雑木林を飛び回っていました。しかしこの日も相変わらず♀の姿は見られず仕舞い。全てが青みの濃い♂ばかりなのです。
IMG_1499
















今度はお弁当を持って訪れ、この景色を愛でたいものです。

家屋周辺の危険な蜂の一斉駆除
5月に大規模なリノベーションを終えた妻の実家。先日は内々でささやかな祝い事を行ったんですが、6月になると複数種の蜂が軒下に営巣を始めました。多くはアシナガバチ類で営巣初期段階なら、近頃はホームセンターで販売している強圧力噴射の殺虫剤でも対処できるんですが・・・
IMG_6801IMG_6804







それがスズメバチ類で、しかも高所となると素人の駆除作業は非常に危険。専門の駆除業者さんに今回もお願いすることに決めました。

駆除をお願いするのは今回も有限会社環境コントロールセンターさん。前回は自宅の庭垣に営巣したコガタスズメバチを駆除していただきました。わが家は、シロアリ駆除もお願いしているんですよ。
IMG_7238










今回も、わざわざ香南市まで出張いただくんで、こちら方面に便のある時に併せて駆除していただくことにしました。

それでも連絡を入れた翌日の午後には早速出張してきれたんですが、たった1日で巣は見て一目瞭然に拡張していました。恐ろしい増幅スピードです。
IMG_7260










今回の営巣場所は、平屋の農機具を入れている納屋。でも石垣を組んだ斜面の側に巣を造っていたので、地上からの高さは4m以上ある軒下なのです。
IMG_7275









しかもこの営巣、コーキング剤で出入り口を塞ごうとしても、外壁が非常に脆くて、ボロボロ崩れていくのです。
IMG_7292















結果、この様な大穴が開いてしまい、蜂の総攻撃を受けるはめに。素人がやっていたら収拾のつかない大事になるところでした。
IMG_7304










結局、環境コントロールセンターさんは、攻撃してくる蜂に対し小一時間も殺虫剤で対処。防護服なしには絶対できない危険な仕事です。
IMG_7306IMG_7309







殺虫剤の噴霧を受け、落ちてくる蜂の中から見つけ出した女王蜂。
働き蜂と比べてみると、
キイロスズメバチ女王










一回り以上は大きいのです。

このスズメバチの種類。軒下に営巣してことで種はある程度絞られて来るのですが、
キイロスズメバチ








この通り、キイロスズメバチなのです。

営巣はよく見るのですが、巣材に直に触ったのは今回が初めて。前記のように思いのほか脆いのには驚きました。
IMG_7352








向学を兼ねて巣を解体してみたんですが、三段の巣で、キイロスズメバチが形成するコロニーとしては、極めて初期の段階。

スズメバチ類では最もコロニー単位での個体数の多いキイロスズメバチにおいて稼働働き蜂は50弱といったところでしょうか。ピーク時の最大数と比較すると2%ほどに過ぎないのです。
IMG_7361











3段巣の最上階が最も発育の進んだ幼虫の部屋。同じ段なら中央の部屋になるほど成長の進んだ幼虫が入っています。
IMG_7356










蛹はいませんでしたが、明らかに他と違う終齢幼虫がいます。
IMG_7389










二段目になると中央部に若干の若齢幼虫、その周りは全て卵。最下段も全て卵でした。

今後秋にかけて巨大な営巣に発展する可能性を持つキイロズズメバチの営巣
その天敵は私たち人間の他、
IMG_5873








ハチクマ
先日ご紹介さいた蜂を専門に狩る猛禽類のハチクマ
IMG_7484









オオスズメバチ
さらに最も一般的な自然環境下での天敵が、この同じスズメバチの仲間のオオスズメバチなんですよ。
IMG_7329IMG_7347







さて、キイロスズメバチと一緒に並べたのはキアシナガバチとその極初期の営巣アシナガバチ類中で最凶暴といわれる危険な蜂なのです。毒量はスズメバチに及ばないものの、保有する大きな毒針が見えています。
IMG_9888











キアシナガバチの発達したコロニー
ところが、コロニー規模ではスズメバチ類より随分小規模に収まるアシナガバチ類でも、これだけの営巣発達を果たした後では、素人駆除は容易ではありません。
IMG_9844











特に相手はアシナガバチ類の最凶暴種、キアシナガバチなのですから

キアシナガバチは緩やかな森林性を示し、開けた住宅地では営巣確率は少ない種。それが里山の民家では普通に営巣するんですね。
IMG_8758









ナシ樹で狩りをするキイロスズメバチ
画像は初夏にナシ樹で餌を探すキイロスズメバチです。オオスズメバチ同様に、主たる獲物は農業害虫、ですからスズメバチ科の仲間は、生態系においては農業益虫としての一面も備えているのです。

狩り蜂との共生を試みる妻
キボシアシナガバチ











営巣の蛹部屋の蓋が特徴ある色彩で美しいキボシアシナガバチ
ですから妻の実家では家屋周りのスズメバチ科の営巣は積極的に駆除しましが、果樹畑のアシナガバチに限って営巣は場所を完全に把握して、作業に支障のない場所にあるものは種によって残しておきます。
829f8743[1]










害虫の青虫類を駆除するキボシアシナガバチ
でも、このキボシアシナガバチ。小型のアシナガバチ類でも、不意に巣に近づくと襲ってくる場合もあります。
IMG_9839










巣を守るキボシアシナガバチの女王
ですから、営巣場所は完全に把握して家族が分かる目印をつけ近くへ近寄らない配慮を十分にします。妻は草刈りをしていて一度、アシナガバチ類に刺され酷い経験をしているのに。殆ど懲りていません。
IMG_7349









と言うことで、今回も恙無く危険な蜂の駆除を終了できました。
環境コントロールセンターのおかげです。ありがとうございました。

ダイミョウキマダラハナバ
ということで、今日も昨日に続き擬態の話です。
IMG_1829










この画像の中心を飛ぶ昆虫を見て、多くの人は飛んでいるのが凶暴なスズメバチ科の蜂だと思うはずです。

でも私は画像ではなく現物を見ましたので、これがスズメバチやアシナガバチの仲間でない事は判っています。
IMG_1816









この後、この昆虫は花蜜を求めて花に止まりました。狩り蜂たるスズメバチやアシナガバチたちの蜂たちも、花に来て花蜜を啜り栄養補給する時があるのです。
ダイミョウキマダラハナバチ









ところが撮影画像を見入れば見入るほど、凶暴な狩り蜂に見えてくるのです。
昨日、蜂に擬態していると記事にした昆虫は蜂とは違う双翅目(ハエ目)、今日のこの昆虫はスズメナチ科でこそないのですが、膜翅目(ハチ目)ですから同目、別科ではあるものの紛れもない蜂、花蜂の仲間なのです。蜂同士なら似ていて当たり前ではあるんですが、残念というか惜しいことにこのダイミョウキマダラハナバチ、体長がたった10mm程度に留まっているのです。

これからドンドン大きくなるんじゃないかと思っても残念というか無理なんです。蜂は完全変態昆虫で羽化後、飛べる様になったら成虫、昆虫としての最終型で以後脱皮をすることもなければ大きさも殆ど変化しません。
IMG_8927








亜成虫への脱皮
唯一、カゲロウ(不完全変態類)の仲間は翅が生え、飛んだ後に更に一度脱皮します。
IMG_1783








成虫

つまり最初の羽化で現れるのは亜成虫、次の羽化で正真正銘の成虫となるのです。
071548ce[1]49a9f5f2[1]






この蜂の様にダイミョウの冠はなくてもトノサマの名を冠するトノサマバッタは大きく成長するじゃないかと言われても、バッタ類は不完全変態昆虫ですから大きくなっているのは脱皮可能な幼虫期、翅が生え揃った成虫は同様に殆ど成長しません。これらの幼虫は自力で跳べても、放散に有効なほど飛べはしないのです。

ところが直翅目(バッタ目)は種や環境条件によっては翅が飛翔能力を著しく減退させる成虫も現れ、生涯翅が生え揃わない成虫も現れるのです。

ということで、今日は惜しいアシナガバチこと、実は狩り蜂ではないダイミョウキマダラハナバチの話でした。

そうそう、このダイミョウキマダラハナバチは噂によると全て♀、ですから全て刺すはずなのです。つまり単為生殖で生まれてくるのはクローン。更には自ら営巣や幼虫の世話をせず、同じハナバチ科の一種に労働寄生して、自らの幼虫を育てさせるのです。

天敵等に対し、同じ防衛能力を有する生物同士が似た容姿をするのも一種の擬態。擬態の中でもミューラー型擬態と言われるものです。

多種多様な花蜂たち
日本でハナバチといえば、先ずイメージするのはミツバチ。ところが西洋ではミツバチよりもマルハナバチたちが一般的なんだとか。ちょっと驚きです。
IMG_1571









花を受粉させる役割以上に蜜を取ることに主眼を置くミツバチと、農業状の重要な役割に特化して期待を寄せるマルハナバチ。日本では多くの人が、その存在すら知らないであろうマルハナバチたちを今日は記事にします。

ミツバチ科の蜂たちも多彩なんですが、それを更に細分化したマルハナバチ属の蜂たちの話です。
IMG_1654









ナワシロイチゴの花で吸蜜するクマバチ
マルハナバチたちは名の如く身体が丸く、言い方を変えるとメタボ体形。知らない人はこれを見たら同属ではないクマバチだと思ってしまうのでは。
d7c0b396[1]










クロマルハナバチ
上画像は、高知において大型マルハナバチとしては最も一般的なクロマルハナバチ♀。大きさもクマバチと比較してそん色ありません。♀の色合いは、その部位は違えど黒と黄色系のツートンなのです。クマバチと思っていませんでしたか。

でも♂は大きく色彩が変っているのです。
5a1c98e5[1]












因みにこれがクロマルハナバチの♂。低地の林縁にある沢でクレソンの花に来ていました。雌雄を同種とは思えないクロマルハナバチです。季節的に♂は♀より遅れて出現します。
b1a1c016[1]










クロマルハナバチと同じ場所で活動することの多い早生種コマルハナバチ
一方、クロマルハナバチと同じ場所でみりことの多いコマルハナバチ。画像で別々に見ると似ているように見えても、実際の活動でみると両種は大きさが全く違い、見間違うことはありません。
286f6734[1]1107a65f[1]






コマルハナバチ♂
コマルハナバチの♂も♀とは全く違った色彩、角度によっては後述のミヤママルハナバチと見紛えそうにも。

日本でもよく探せば珍しくないマルハナバチたち。ミツバチ科マルハナバチ亜科のハチは世界で約250種、日本在来種は地域限定種も少なくないものの22種が分布している様です。そして地域的には北海道がマルハナバチ王国なんだとか。逆に言えば四国や九州の様な暖かい地域では分布種は少なく、四国の在来種は僅か5種に限られている様です。

そのうち、当ブログに今まで登場したマルハナバチは4種を数え、唯一まるで黄金蜂の様なミヤママルハナバチだけを見たことがありません。

そんなマルハナバチたちは、同科のミツバチ科の蜂とも上手に棲み分けし、同属のマルハナバチ属とも上手くやっているのです。

さて、少し前の事になりますが、今年に入っての少雨の影響による物部川の渇水状況を見に、上流部の長瀬ダムに行った時の事です。ダム施設の管理する整備された湖畔地域は四季の散策が自由に楽しめる場所。

そんな自然豊かな公園内で桜の後に楽しめる躑躅を見ていると高知の場合、標高の低い場所で見られるハナバチとは異なる大型のマルハナバチが吸蜜に訪れているのです。
オオマルハナバチ










オオマルハナバチ
長瀬ダム付近で活動していた種、先ずは冒頭の画像とも同じオオマルハナバチです。クリーム色のバンドが鮮やかな本個体は♂でしょうか。

暖地においてのオオマルハナバチは、クロマルハナバチとの棲み分けを標高差で行っています。

オオマルハナバチはハナバチとしては中舌が短い部類、その分頭部が大きくしっかりした顎を活用して花蜜を得るのです。
d83658d5[1]










この身体形状の違いや発生時期の早遅、温度適正などでオートマチックに環境振り分けが行われているのです。
IMG_1581









トラマルハナバチ
もう一種、今日同じ場所で活動していたマルハナバチがトラマルハナバチ。大きさはオオマルハナバチと同じくらいでも中舌の長さは倍あります。
5b542d17[1]









ですから同じツバキの花で吸蜜していても、その姿勢や効率は明らかに違うことが見て取れます。

このトラマルハナバチも高知では高地性を現わす種かと思っていたのですが、低地でも活動していました。

これで既に4種の紹介が終わってしまいました。暖地で活動するマルハナバチの種類は多くはないのです。

最期に外来種のセイヨウオオマルハナバチがこちら。
5361f021[1]









施設栽培農作物の受粉昆虫として導入された外来種マルハナバチが、自然環境で繁殖しているもので、低地ではよく見られる様になり、生態系への影響が懸念されています。

このページのトップヘ