土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

カテゴリ:高知の自然 > 高知県東部の紅葉スポット

昨年よりは早いんです
IMG_9799











師走も中半になって、香南市海沿いの平地から見る北山がやっと彩づき始めました。今週は真冬並みの寒気が入り、これでも暖冬だった昨年よりは一週間ほど早い気がします。

今日はそんな高知県香南市の紅葉樹種をいつもの里山散歩道で愛でてみようと思っています。
IMG_0523











山を下から見上げた時の色づきは、高木の落葉樹種が主体ですから、この時期に遠目で見る紅葉は若干地味な色合いではあります。

それは色づいているというより乾びているようにも見えるのですが、その傍らまで歩み寄ると未だ瑞々しい落葉樹も少なくないのです。
IMG_2804












遠目でも確認できる主な樹種は、クヌギやクリといったブナ科。でも、ここでは高い占有率を示すいわゆるブナ林はありません。ですから、返ってそれなりには目立つのです。
IMG_0557IMG_0516







そして実際に林道沿いに車を走らせてみると、未だ色付き途上の樹種はまだまだたくさんあるのです。
IMG_0527









さらに下から見上げただけでは絶対に見えない美しい紅葉樹種も少なくないのです。

この日、最も深い味わいを感じた広葉樹はこの樹種でした。
IMG_0568










カリン
バラ科カリン属の中国東部が原産とされるカリンですが、実に美しい色合いを見せています。
花梨












カリンの樹
花梨(カリン)は生育条件に恵まれれば樹高が6m以上に成長し、嘗ては食用・薬用・材木用など人とも深い関係のあった樹種。日本に持ち込まれたのは千年も前だったとも言われています。
カリン











燃えるように鮮やかな色に染まった葉は互生、長さも形一律ではない概ね卵形、葉の基部は円く先は尖り葉縁には細鋸歯状です。

でもこれだけの特徴で紅葉している様々な樹種を特定するのは、最初は決して容易ではないのです。樹全体を見ても、葉の状態はこんなに違っているのですから。
IMG_0583









同じ樹なのに、陽光の具合や見る角度によって葉の印象は全く違ってくるのです。葉色の色づきもまた、概ね幹や葉の先が鮮やかに色付いています。
IMG_0588











先ずは紅葉の季節に限らず、その樹が花を咲かす季節や実を成す季節にもその樹と触れ合っておくことが肝要なのです。
IMG_0968サクラ紅葉







ヤマザクラの紅葉
花も実も紅葉も愛でれば、田舎暮らしの季節の味わいが何倍にも膨らみます。
サルスベリ









サルスベリ
サルスベリもまた美しく紅葉するのですが、逆光と強風でこの樹の葉は多くが散ってしまいました。
IMG_0750










サルスベリなら若木が妻の里山にもあったのでそれを接写してみたのがコレ。
IMG_0772













ブルーベリー
ここにはブルーベリーもあり、それもまた美しく紅葉しています。どれも甲乙つけがたい鮮やかさ、というより葉を見て数多の樹種を言い当てるのはそんなに容易くはないのです。紅葉の季節にだけ見に行くのでは。
IMG_0767










リュウキュウバライチゴ
これは先日、季節外れの花を咲かせていたリュウキュウバライチゴ。花を咲かせた株もあれば、紅葉している株もあるのです。

最後は黄葉樹をひとつ。
IMG_0733










先日まで青々としていたイヌザンショウ。今週の厳しい冷え込みであっというまに黄葉してしまいました。

香南市の紅葉事
IMG_0489










標高のある深山の紅葉が終焉を迎えつつある初冬、この日の朝は家事で香南市三宝山の東山腹に位置する大日寺におうかがいしました。
IMG_0490











年末の今頃、来年の諸事を祈願に毎年、境内の院を巡ります。
IMG_0492











今冬は境内各所に配せられた紅葉の中で、特に奥の院に通じる参道の桜が美しく輝いていました。
IMG_0504










境内の紅葉は毎年、師走中頃までは枝に留まっています。
IMG_0494IMG_0496






香南市の紅葉は、毎年の日記を見る限りこの状態で参拝の方々をおもてなししています。

今朝も駐車場には次々に県外の車が入ってきます。
IMG_0498










銀杏が散り、紅葉と
灯台躑躅が輝きを競い、新年を迎える頃には苔むす庭で千両万両の赤い果実が季節らしい色見を足します。
afb03fe2[1]










古来からの和の庭園作法が、寺社の個性をもって訪れる方々を迎える、自然の移ろいと人工の融合が創られ長年維持される事で、寺社ならではの植物相を基に生態系が確立しているのです。
IMG_0507










人が栄えることで、自然が輝けることが永続する価値。変革のなかにこそ守るべき普遍が存在し、多くの人やものを弄ぶ消費は自らの価値をも否定する行為につながっていきます。

初冬の物部川の堤防で
吉川漁港岸壁での釣りを見た後、隣接する物部川に行くと、多くの鶚が川面を旋回していました。カメラを持ってその様子を見に来ている人は何人かおられたのですが、思いがけなくいつも様々な情報を私に知らせてくださる白パジェさんにお会いしました。

今年もメールでは私のblog用のイメージ画像を送っていた
白パジェさん。でも実際にお会いしたのは5月末以来ですから約7ケ月振りなのです。今シーズン、私が近隣の滝だけでなく遠出して滝巡りをしたのも実は滝ファンの白パジェさんの影響なのです。
大荒 紅葉2
























大荒の滝と紅葉 2020

多くの名所を知る白パジェさんの県中東部における滝と紅葉の名所一押しは、物部川水系の支流、久保川の上流部にある名瀑群と屏風の様に聳え立つもみじ峡の紅葉美。
大荒 紅葉

























岩屋の滝と紅葉 2020

それを今シーズン、私が取材して無かった事を気にかけていただいていたのです。そこは私も毎年行く絶景紅葉スポットなんですが、今年は初夏に同所を訪れた時に巨岩の落石を見て、二の足を踏んでしまったのです。
紅葉峡

























岩屋の滝下の渓谷の紅葉

ですから今期はここでお会いしたことをコレ幸いに、朝日が滝に差し込み紅葉が最も輝く時間に合わせて現地を訪れた白パジェさんに懇願して画像を送っていただきました。

撮影日からすると一ケ月遅れなんですが、高知県東部の渓谷と紅葉2020版を充実することができました。白パジェさん有難うこざいます。

霧雨と青空の勝負
昨日までは、渓谷と瀑布が最も映える季節が新緑か、はたまた紅葉かを追求してきたのですが、今日は紅葉が映える天候について考えてみました。
IMG_1838











11月7日(土曜日)には、わざわざ立冬の霧雨に煙る紅葉のべふ峡を早朝から散策したのですが、この日(11月9日 月曜日)は正午前に立ち寄りました。
IMG_1833











つまりべふ峡の紅葉狩りが今期2度目の今回は、わざわざではなく四国東部の紅葉と渓谷を巡る半日旅の目的地のひとつに組み込んでいたのです。
IMG_1851













先ず驚いたのは人出。今日、いくつかの季節の名所を回って来た中で、ここべふ峡は季節で集客力が大きく異なる自然環境条件がありながら、訪問者のおもてなしがきちんと出来ています。
IMG_1855












駐車スペースの確保や地域の食文化を提供する茶店が、圧倒的大自然にアプローチを始める場所にあるのです。
IMG_1850











それが、これから体験する紅葉の世界を損ねることなく、自然によく馴染んで調和しているのです。紅葉の樹々や渓谷の沢の維持管理にも少なからず人が絶妙に節度をもって関わっていることが容易に伺えます。
IMG_2006











天気でどのように紅葉の輝きが変化するのかよりも、天気が変ったことで人がどのような想いで長年この地域財産に関わって来たかを知ることが出来ました。
IMG_1862IMG_1986






そして思ったことは、べふ峡はこれ以上便利になって人に歩み寄る必要はないと私は思いました。
IMG_1924











今までも、これからもずっと私はここに『べふ峡』に地域の民として関わり続けたいと思います。
IMG_1943











勿論、今まで通りここを訪れるのは紅葉の季節だけではなく、春夏秋冬それぞれに来続けたいと思います。
IMG_1885










高知県中東部に暮らす、私にとって特別な里海は室戸、特別な里山は香美市の奥物部べふ峡なのです。

雨の紅葉
立冬の始まりは雨で始まりました。といってもここ数日よりは随分と暖かい朝なのです。
IMG_0896










奥物部湖永瀬ダム湖
この日は雨でしたが、奥物部のべふ峡に紅葉を見に行く事に決めていました。

先日のローカルニュースで、べふ峡の紅葉が例年よりも少し早めに見頃を迎えたと報じられていましたから。
IMG_0956











べふ峡温泉あたりの紅葉
紅葉と霧雨はけっこう相性がいいんです。本来は気温が急激に低下するとともに、湿度も下がり葉が枯れ落ちる過程で見られる初冬の黄葉や紅葉現象。
IMG_1128











樹種豊かな彩り
香美市奥物部の様に、林道沿いに歩きながら色付く樹々を極めて間近に散策できる場所では、
IMG_1097











この様に小雨ぐらいの天候もまた乙な物、高知ではまだそれほど冷え込むことも少ない季節の風流なのです。
IMG_0878










この季節、美しく色付くのは樹々だけではありません。
IMG_0857












ダム湖のオシドリたちも、夏は遠目には雌雄が識別できない程に色抜けしていましたが、今では山の紅葉にも負けないくらいに鮮やかな輝きを取り戻しています。
IMG_0920











一方、近年は留鳥と化した南方種の野鳥。リュウキュウサンショウクイの場合には一年を同じ色彩で統一しています。
IMG_1070











高知県東部では一二を争う紅葉の名所べふ峡
IMG_1002












四国では西の石鎚山(標高1,982 m)と肩を並べる東の剣山(同1,955m)山麓一帯の国定公園『剣山国定公園』の一部でもあります。
IMG_1071



















屏風岩の紅葉
ここはべふ峡の見どころのひとつ屏風岩の紅葉です。今年は夏も来ました

日本全国の紅葉スポットにもそれぞれ特徴があります。高知の紅葉スポットの場合は、外せない要素が美しい清水を讃える渓谷美。
IMG_1148











渓谷と紅葉
今日の様な少々の雨では濁ることもなく、紅葉の彩とも互いに影響しあって、より一層輝きを増すのです。
IMG_1090











四国高知ならではの紅葉
さらには同じ物部川水系の大荒の滝周辺の紅葉とも少々趣を異にするべふ峡の紅葉。
IMG_1219










南国らしい紅葉樹種、イロハモミジを始めとするカエデ類の他、モミ、ツガ、コウヤマキ、ビャクシン、ケヤキ、ヨグソミネバリ、イワシデ、ミズナラ、サワシバ、ヒメシャラ、ヤマザクラ、トチノキ、エゾエノキ、シデ等が初冬の彩を競います。

この様に多くの樹が豊かに色付き、渓谷から急斜面となって立ち上がる山斜面の彩は、奥物部の大自然そのものの生命の色づきなのです。
IMG_1176











紅葉の絶壁が日本絵画の屏風絵の様なべふ峡。谷を削る沢の渕に渓流魚の魚影が見え隠れしています。
IMG_1182









陽の光が遮られても起こる、目まぐるしく変化する水流の乱反射の中、やっと撮れた渓流後アマゴの姿。中には40cmを越える魚体も確認できました。正体はニジマスかと。
IMG_1060











ひとしきり絶景を楽しんだあとは、駐車場に隣接する期間限定で奥物部の食文化を提供してくださる『もみじ茶屋』さんへ。
IMG_1054











べふ峡名物もみじそばを頂戴しました。昭和29年よりつなぎを使わず十割蕎麦の伝統の味を守り通しています。
IMG_1220










お茶屋さんの前では実演販売も‼

いろいろと家族への土産を買いました。自宅からべふ峡までは60km弱、この日も朝7時に家を出て、昼1時には自宅へ帰り付いていました。
IMG_1249









奥物部のお土産
土曜日でしたから、お土産は家族と一緒に昼食に。アマゴの塩焼き田舎寿司、甘味は蕎麦饅頭です。

今期、もう一度晴れた日の平日に行く予定でいます。べふ峡は自宅から一時間ちょっとですから。

このページのトップヘ