土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

カテゴリ: 高知のチョウ

アサギマダラの場合には
暖かかった今秋、いつもの年より香南市への到着が一ヶ月も遅かった季節を旅する蝶アサギマダラの飛来。秋にこの蝶が飛来した里山で求める花は先ずフジバカマやヒヨドリバナキク科ヒヨドリバナ属)です。
c9fb8c7b[1]









これらは秋雨前線が収束し空気が乾燥してくる季節になると花よりも茎や葉に含まれる特有の物質が化学反応を起こし、甘酸っぱい芳香を風に乗せて漂わせるのです。
8815ac17[1]










高糖度のハウス金柑の果汁を摂餌するアサギマダラ

もっともアサギマダラの成虫がこの芳香の強い植物の花蜜に求めるものは、活動に要するエネルギー補充だけではありません。

特定のピロリジジンアルカロイドを摂取し続け、経口的に生体濃縮することで補食天敵たる鳥類等に対し有毒化で武装すると共に、♂においてはその成分が性フェロモンを生成分泌させるための必須物質だと考えられています。ですからピロリジジンアルカロイドを含有する植物の花に、より誘引され易いのは♀よりも♂だとも言われています。
084dbcf2[1]







成熟を待つ盛夏の避暑蜻蛉ナツアカネ
画像は本山町の汗見川(吉野川支流)で猛暑を避け性成熟を待つナツアカネです。

鱗翅目の中には四翅が退化し、羽化直後に既に性成熟している種も少なくないのですが、性成熟に長時間を要する種は、同じ条件を要するトンボの様にそうでない種にはない長距離移動を余儀なくされ、生息により適した環境を探し求め続けなければならない様です。

そんな秋のアサギマダラにとって重要なフジバカマやヒヨドリバナなんですが、昨日のBlog記事にした様に近年、室戸スカイライン(高知県道203号)ではそれらが極端に少なくなっています。
IMG_2783










一方、香南・香美両市を走る龍河洞スカイライン(高知県道385号)では、路上メンテナンスにおける季節の沿道刈込みに際し、それらの花を故意に残しているのです。
IMG_2795IMG_2799






これは同地域ではアサギマダラの里IN秋葉山のメンバーの皆様を中心に、アサギマダラの生態観察を学校の課外事業とし、自然環境維持の大切さを学ぼうとする取り組みに地域が一体となって取り組んでいるからだと考えます。
103d0deb[1]










といっても、列島や西南諸島中にはもっと南西まで、世代交代を果たしながら移動を続けるアサギマダラですから、季節毎の移動先には幼虫食草や成虫の吸蜜花の存在が不可欠なのです。

そんな旅する蝶アサギマダラは、フジバカマやヒヨドリバナが激減した室戸スカイラインで、
IMG_2541IMG_2569






キク科アザミ属の花やキク科ツワブキ属の花蜜を吸っているのです。ツワブキの他アザミの仲間にもピロリジジンアルカロイドを含む植物種は存在しているのです。
739b0538[1]








この様にフジバカマやヒヨドリバナが林道に多い香南・香美市なのですが、11月に入ると花盛も段々と衰えてきます。

そうなると、アサギマダラは暫し他の花で吸蜜し、紅葉が進むころまでここで過ごしていきます。その時の人気花は、ここでもアザミ類かツワブキなのです。
IMG_2516









ところが龍河洞スカイラインの林道脇では、室戸ほどそれらの花は多くはないのです。ですからアサギマダラは、11月に入るともっと多くの花で吸蜜している姿が見られだします。

例えば、
ヤクシソウとアサギマダラ









ヤクシソウで吸蜜するアサギマダラ
キク科オニタビラコ属の薬師草ヤクシソウ)。日当たりが良ければこのような乾燥を余儀なくされる岩盤の斜面に生える先駆植物のヤクシソウ。
アキノキリンソウ アサギマダラ











アキノキリンソウで吸蜜するアサギマダラ】
セイタカアワダチソウと同属。キク科アキノキリンソウ属の花でも吸蜜している姿を見かけます。
IMG_2770









時にそれは近くにアザミの花が咲いていたとしても、そうするのです。

蝶はその時最も勢いのある旬の花を選ぶ習性も持っているようです。
IMG_2881









龍河洞スカイラインで秋の花を探していた時、ちょっと珍しい花を見つけました。アザミと思って近づいたら・・・

やっと飛来してきた秋の・・・
10月中旬に室戸に来た時にはいなかった季節の生き物たちが、二週間ぶりとなった今日は複数見られました。
IMG_2294








日沖海岸
この日の高知は、気象条件に関して2つの注意報が発令されていました。濃霧と高潮の注意報です。でも室戸日沖の海岸で日の出を迎える頃にはこんなにも穏やかな気象。

初夏にもこの海岸で見た風景ですが、二人の人がカヤックを操り磯の点在する海岸でライトタックルを使いフィッシングを楽しもうとされています。その時にはここの大岩にハヤブサの番いと3羽の雛がいたのです。その後秋になって番いはここへ帰って来て、ここでまた春を迎える様。しかしその子らの姿はもうありません。
IMG_2302








その親も今日は片方が早くから狩りに出た様で、大岩の上段に見られたのは一羽のみでした。
IMG_2416








佐喜浜町の夫婦岩
暫し日沖海岸で早朝のひとときを過ごした後、佐喜浜漁港へ向かう途中にある夫婦岩に寄ってみました。

その頃になると朝日もすっかり高い位置に変わっています。
IMG_2388








巨岩群の周りを歩いているとハヤブサの姿が。二週間前にはここにいなかった佐喜浜夫婦岩のハヤブサも前の冬を過ごしたここに陣取っていたのです。しかも昨年通り2羽姿が見られます。
IMG_2387IMG_2401





冬に常連さんに聞いた話では、ここの巨岩群はハヤブサの越冬場所で営巣は行わないと聞いていましたが、その通りで5月に来た時にはここにハヤブサの姿はありませんでした。
IMG_2373IMG_2379





そういえば、二週間前に気付いた夫婦岩近くのリュウゼツランの花茎。花を成すのにこの地では30~50年の栄養成長期を要するリュウゼツランの見晴らしの良い花茎が気に入った小野鳥がいました。冬鳥のジョウビタキです。ここがこれだけお気に入りだと、ジョウビタキもここで越冬していくのでしょうか、ハヤブサを用心棒として。

室戸で活動するハヤブサの存在を知って丸一年。ほんの少しだけハヤブサの行動生態に触れられた気がします。

その後、いつもの様に室戸の4漁港を視察して室戸スカイラインに上ったのですが、
IMG_2468









ここでも二週間前には全く姿が見られなかった季節を渡る蝶、アサギマダラが県道に溢れ出す如くに飛び回っていました。
IMG_2569










今秋、アサギマダラの飛来が始まったのは、香南市でも例年と比べ一ヶ月遅かったのですが、室戸はそれから更に三週間遅れてその姿が見られだしたのです。

気温に敏感なアサギマダラ。その上限値の指標は夏日とされる25℃、下限値は紅葉が進む一桁台の気温という目安。それによってアサギマダラの移動は促進されるのです。ですから今年アサギマダラの飛来が遅れた最大の要因は夏日がずっと継続されてきたこと。高知はこの日も最高気温は24℃でした。

更に近年、室戸のスカイライン沿道でアサギマダラの好む、芳香豊かなヒヨドリバナやフジバカマの花が急激に減少しています。それらは秋の県道のメンテナンスで咲いていても刈られてしまう可能性の高い山野草。さらに今の季節になると花の盛期は過ぎているのです。つまりアサギマダタの飛来には、昨今の気象現象の激変によって遅延のスパイラルが発生しているように思えます。これもまた自然動物が人間に伝えよとするメッセージなのかも。
IMG_2483









再びジョウビタキ、リュウゼツランの天辺に止まっていた冬鳥です。この日は室戸のスカイラインでメジロのように隊列を組んで移動していくジョウビタキを見ました。
IMG_2567









普通、非繁殖期は雌雄に関係なく単独行動をする縄張意識の強いジョウビタキなんですが、渡って来た直後は今日見たように群れるのでしょうか。とても不思議な光景でした。
IMG_2508IMG_2499






ヤクシマルリシジミとも再会です。

魚に鳥に昆虫に・・・
季節によって同じ海域や地域を行ったり来たりする生き物を私達人は沢山知っています。それを魚なら回遊鳥なら渡り昆虫なら・・・
IMG_0217









アサギマダラの秋の渡り
昆虫にも渡りと言われる行動を取る蝶がいるのです。それぞれがそうする理由はひとつではないのですが、行ったら帰ってくるのです。つまり行きっ放しではないのです。それら生き物はその長距離移動において大きなリスクを負い、激しく淘汰されるもそれを刺激として、同じ類でも長距離移動しない種とは異なるリズム感を持って生きるのです。
e5f88b0a[1]












室戸椎名漁港 カツオの水揚げ
でも鰹の場合は、一生同じ海域を毎年移動するのではなく、日本列島に接岸するように上ったり下ったりするのは殆どが未成魚。しかも実際は黒潮に乗って日本列島の太平洋岸を移動するのではなく、三つの大きな群れて北上してきて列島に突き当たるも殆ど西東の移動はしないのです。

そして成魚になると熱帯海域を水平移動するのが主流になると言われています。ですから日本近海へ来る鰹は、摂餌活性を満たすために移動すると考えて差支えないのです。
12dd1809[1]












サシバの渡り
野鳥の場合、渡りをする鳥は越冬地と繁殖地を移動し繁殖地で世代交代した新生個体は性成熟の有無に関わらず成長と同じ移動を行います。渡る事によって鳥同士限られた環境条件を棲み分けしたり、移動によって得られる刺激を求め成長に役立てているのです。でも、高知では越冬ガモも動物園で飼育すれば繁殖地へ行かずして強制的に繁殖はします。
IMG_0073











県道沿い秋葉山入口 10月14日
渡りをする蝶として知られるアサギマダラは、行った個体が返って来るのではなく、世代交代をした同種の別個体が帰ってくるのです。
IMG_0074











しかも高知では幼虫が(若齢幼虫に限って)冬を越せます。つまり食草が存在し越冬可能な種にもかかわらず、羽化すると同じ場所に長期間留まらないのです。それは温度に対する適正幅があって、高温も低温も苦手なのです。夏に向かってはより涼地、冬に向かってはより暖地と温度を刺激として新たな地へ誘われていくのです、複数の吸蜜花と幼虫食草の生息する地域間を。
IMG_0134










西川花公園
そんなアサギアサギマダラの秋の飛来は今年は非常に遅かったのです。
IMG_0161









高知の自然と人が咲かしたヒヨドリバナやフジバカマが終わってしまうのではないかと思うくらいに。
IMG_0063









マーキング活動
10月の三連休の最終日、10月14日の祭日には香南市にもまとまった個体が入ってきました。この日は、各所で300頭以上の個体を見ましたがマーキング個体は一頭のみ。10月11日と記されています。

飛来はこれからもどんどん増えてくるはず。そして暖冬の年なら室戸では年を越しても極少数が留まって新年を迎えて行くんだとか。気が付けば今年も残り二か月半、一足早く多くの動物が冬支度に入っているのです。

見失った瞬間
9月中旬に捕まえて来たアオスジアゲハの幼虫。終齢幼虫に成長した後、行方不明となって再び見つけた時は蛹化していたのです。アゲハチョウ類の幼虫は植樹上で蛹化するよりも、樹を離れ蛹化する個体の方がずっと多く、時には10m以上離れた場所で蛹になるのです。
DSC07199










その後、住宅地の中へ野鳥が運んできて発芽させたタブの若木にアオスジアゲハの終齢幼虫を発見。愛犬の散歩中にいつも見ていたのですが、いよいよ蛹化しそうになったので自室へ連れて来ました。

その時の様子が上画像。殆ど活動を休止し摂餌を止め排便ばかりを行っています。
DSC07206







翌日には、まるで発光している様な明るい体色に変化し、幼虫の背中に沿って存在する心臓が激しく脈打つ様子が、半透明に見えるのです。

運動は休止しても体内の変化は急速に進行しているのです。間違いなくこの場所で蛹化すると思っていました。
DSC07218








ところがこの輝く幼虫は、別の葉の裏側へ移動したのです。そして再び静止し、翌日には帯糸を形成していました。
アオスジアゲハ 前蛹 (1)









つまり前蛹となっていたのです。アオスジアゲハの前蛹は、今まで見た他の多くの蝶の終齢幼虫と前蛹段階ほどの大きな差はありません。それは帯糸を確認することで初めて前蛹であることが確認できるのです。
アオスジアゲハ 前蛹 (2)









そして前蛹になると1日以内で蛹化します。幼虫としての最後の殻を脱ぎ捨てて現れる蛹は、初め蛹と以前の姿の中間体。その肉塊は小刻みに身体を激しくシェイクする度によく知る蛹の形に固まっていくのです。何度見ても神秘的で不思議な光景です。
IMG_8552









この蛹、何に擬態しているのか。もう解りますよね。実に見事です。

蛹化から12日、アオスジアゲハは羽化しました。
IMG_0012

昆虫編です
IMG_1264









先ずは晩秋に蛹化した小型のノコギリクワガタ♂。実はあの後、人工蛹室に移すのをうっかり忘れてしまい、思いだしたというか気が付いた時には・・・
IMG_1925









既に羽化していました。自然環境下では晩秋に蛹化したクワガタムシの蛹は、オオクワガタ属以外でも成虫越冬する事実を、一昨年冬の雑木林で確認していました。
DSC07124










そして羽化も完全なものだったんですが、羽化した場所が蛹室ではなかったために、そのまま覚醒して活動し始めてしまったのです。

ということで飼育中なんですが、オオクワガタ属同様に活性を低下させなければ来夏までの飼育は無理。といっても、自然化で二月に採集したノコギリクワガタは蛹室以外で夏を迎えましたから、現在いろいろと模索中。相手は生き物ですから同じ失敗は避けないといけません。

やはりクワガタムシの飼育は、オオクワガタ属の方が全てにおいて簡単です。

一方、
IMG_6205IMG_6212





同じ昆虫飼育でもこちらはアゲハチョウの仲間、アオスジアゲハ。わが家へ連れ帰った後、直ぐに脱皮して終齢幼虫化したんですが、そのあと見失ってしまい、気が付いたら蛹化していたんですね。
DSC07131







ということで、折角連れ帰っても前蛹や蛹化の様子は観察できていません。せめて羽化だけはしっかり見ようと思っています。
IMG_6355








さて、このアオスジアゲハ。9月下旬になっても野山を飛び回っているのですが・・・
IMG_7048

これは、私の暮らす住宅地に自然に生えたタブの若木。

常緑ながら大きく育つタブの木を住宅地の庭に好んで植える人は多くないとは思います。秋に熟した黒い実を成すタブの実は、住宅地に多数棲みついているムクドリの好物でもあるようです。
IMG_7052












如何に椋鳥の名を冠していても椋だけに依存して生きている訳でもなく、そのムクドリによって拡散したであろう住宅地の生えたタブの木にも、住人を始め多くの人が知らないだけで、アオスジアゲハの幼虫はひっそりと普通にいるんです。

このページのトップヘ