土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

カテゴリ: 高知の花

灌漑用水路で弱々しくも逞しく
沢の小規模な堰堤からの灌漑用水の取水口近く。
IMG_5464











コンクリートで完全に養生された水路に、群生する苔に囲まれてうつむき加減に花を咲かせた草本を見ました。最初は何の花なのか判りませんでしたが、うつむく花弁を持ち上げてその正体がわかりました。

日陰の石清水が滴るような場所を好む多年草、岩煙草イワタバコ)の花が咲いていたのです。その花期は夏であり、その名の由来となる葉が煙草の葉形に似るという大きな二つの相違点により最初は気づかなかったのです。
IMG_5472











涼しげな夏花ということで愛好家も多く、園芸品種も少なくないと聞きます。こういう葉型もあるのですね。古くは山菜や薬草としても使用され、せっかく群生していても摘み取られて姿を消していくことも多かったとか。
IMG_5470








広域を入念に水路を見まわして見ましたが生えていたのはここだけでした。来年の夏、忘れずにまた見に来てみます。

タキユリの季節
IMG_1001











今年はタキユリの花を見ずに終わるところでした。

私の暮らす香南市でこの花が盛るのは7月の下旬。令和最初の梅雨明けは平年と比べ6日、昨年より21日も遅かったのです。それよりも問題だったのが今年の梅雨入り。四国の場合、いつもなら6月へ入るとすぐ梅雨入りという感覚なのが、史上最も遅い6月26日というこで高知の場合、それまでにひと夏を済ませた形での梅雨入りだったのです。ですから例年より一週間ほど遅かったはずの梅雨明けを迎えても、短い梅雨だっという感覚しかなかったのです。

この県道沿いに咲くタキユリは色合いが白色系統。清涼感漂う花色です。
IMG_1618







別の場所で咲いているタキユリには、こんな赤系の花もあるんですよ。
IMG_0993








香美市岩改のタキユリ
四国の特徴的なユリといえば、このタキユリ。九州南西部を中心に分布しているカノコユリ鹿の子百合の変種とされ、違いは自生する地形。カノコユリの茎は直立するのに対し、タキユリは崖の壁面ばかりに生える為に茎が下向きに垂れるというもの。ですからタキユリは滝百合でなく崖百合と現わすのです。
IMG_0984










私自身、梅雨明けの猛暑の時期に涼を求め滝の下へ涼みに行くときに山道で見るので、タキユリは滝の百合と勝手に信じ切っていますた。

そんな道端の崖に咲くタキユリ、今年はこのタキユリの山道の沢がずっと工事中で、大型車両が頻繁に往来しているんで通らなかったのですが、工事が休みの日曜日に今夏初めてタキユリに逢いに来たのです。

でも株は昨年よりは明らかに減少していました。

カノコユリは日本を代表するユリ種であり愛好者も全世界に存在し、球根も食用とされる事、自生地の環境も悪化していることなどから絶滅危惧II類 (VU)の指定を受けています。

そんなタキユリを管理された里山で見られる場所が香南市にはあるんですね。
23c4a521[1]








香南市 西川花公園のタキユリ】

それが西川花公園なのです。青空がお似合いのタキユリなんですが
・・・暑いですから、水筒持参で行ってくださいね。

タキユリにもくっきりと現れる鹿の子模様、意味は字の如くで夏の季語でもあるのですが、その特徴的な色合いと模様はそれに似る多くのものに登用されています。

中でも私の専門分野の食材では、
f5cd9014[1]










鯨肉の部位にも『鹿の子』と呼ばれる肉が!

鯨の下顎の肉は、豊かな脂肪の中に鮮やかな朱色の筋肉繊維が散りばめられ鹿の子模様の希少部位。強い食感と芳醇な味わいは和牛の霜降りとは異質の、海のものでありながら野趣にあふれるものです。

鹿の子の肉は、筋肉の中に繊細に散りばめられた脂肪分ではなく、脂肪質の中に散りばめられた筋肉繊維なのです。それがクジラ肉の場合は過剰な土佐風にいうと❝むつこい❞食味とは異質の実に豊潤な味わいを醸し出すのです。

タキユリの響きから受ける清涼感と美しい花模様。ただただ魅了されますよね。

蠅捕草ハエトリグサを飼育
DSC06934











妻とホームセンターへフライパンを買いに行った時、エントランスの鉢植植物の中に蠅捕草ハエトリグサ)を見つけました。
IMG_2611










蠅捕草ハエトリグサ
私たちが子供の時代、つまり半世紀前まで動く植物として人気のあった眠り草オジギソウ)も一緒に陳列販売されています。このオジギソウには多くの思い出があります。
DSC06933












眠り草オジギソウ
子供心に、動物は自らの意思で行動する生き物、植物は成長という過程で形をゆっくり変えても瞬時には変化できない生物と思い込んでいたのに、触れるという刺激を与えると瞬時に葉を閉じる植物オジギソウを見て驚きました。それが小学校の花壇にあったのです。

それが鎖国政策下の江戸時代後期にオランダ船によって南アメリカより持ち込まれ、日本の野生下でも順応している帰化植物であることを教わった事よりも、とにかく瞬時にそして劇的に動くという植物でありながら理解できない行動を起こす植物に感動しました。

そこで今度は何時もの様に、その刺激的な植物を山野に捜しに行くというパターン。田舎暮らしの子供だった私には、高知の山野で探せば大概の生物は見つけ出せると信じ込んでいたのです。

似た植物は直ぐに複数見つけました。畦道のコミカンソウだったり、林縁のネムノキだったりと。でもそれらは暗くなると植物独特の就眠運動を見せるも、触感により羽状複葉が互いに閉じることはないのです。
8743ec94[1]










ネムノキ
そんな経緯で動く植物に幼い心が魅せられ、書物で紐解いていると私にとっては更に刺激的な植物ハエトリグサの存在を知ったのです、いわゆる食虫植物なんですね。怪しげなその名前にも魅かれたんですが、それが学校の花壇には存在しなかったことで落胆も覚えました。
4e7133fc[1]








牧野植物園

そして山野では似た植物を見たこともなく、それは本の中の植物だと諦めていたのが、ハエトリグサではないものの、ウツボカズラなる食虫植物の実物生体を牧野植物園の温室施設内で見た時には少なからず書物では味わえない感動を覚えたものです。
DSC06940









同時にそれが捕虫する瞬間も実際に見てみたいと幼心に重い抱いていたはずなのに・・・いつからかすっかり忘れていました。
IMG_2618









そんな心の片隅にわずかに残っていた遠い記憶がこの日、再び動き始めたのです。そして食虫植物ハエトリグサがわが家へやってきたのです。ある目的のために・・・

夏らしい極彩色の花の正体
IMG_1796











この花は?】
香南・香美の両市では令和最初の夏、フヨウよりムクゲの方が先に咲きました。何れもが夏を代表する花で、毎年その開花も気になるところです。
4f6d0001[1]










香北町永瀬ダム近くのフヨウ
フヨウ属の花は、これほどまでにゴージャスな花を咲かせるために様々な準備を行い満を持して開花に至らしめるのですが、大輪の花でありながら一輪ごとの花としての稼働はたった一昼。一日花なのです。
a0440607[1]











岩改のムクゲ
ですからフヨウ属の花は葉と違い、瑞々しく新鮮味にあふれ実に美しいのです。愛でる者に最も美しい容姿しか見せない誇り高い花なのです。

一輪の花毎にも訪花虫に高い魅力を示すのですが株としても次から次へと休むことなく花を咲かせ続ける、溢れ出さんばかりの生命力を感じる植物たちなのです。

ですから園芸植物としても非常に人気が高く、熱心な生産者さんによって国を越えた交配も行われ、フヨウ属それぞれの種からは日々新しい品種が創り出されているんだとか。

そこで冒頭のフヨウ属の花。これだけを見てこの花名が分かる人がいれば相当な専門家なんでしょうね。私は全体を見ても種名が全くわかりませんでした。
IMG_1786












この花、香南市の水田脇に一列に並んで植えられていたんですが、あまりにも大輪の花が見事だったんで立ち止まり見入ってしました。最初はアメリカフヨウだと思っていたのですが葉形には大いに違和感を感じました。
IMG_1787












そこで調べて見ると、どうやらこの花はタイタンビカスという名前の花、特定のアメリカフヨウとモミジアオイの交配。複数世代の交配を繰り返す過程で選抜淘汰を行い固定化された人が創り出した新種なのです。
IMG_2499












アメリカフヨウ
如何にもハイブリッドらしい名前ですね。タイタンとはギリシャ神話の巨神。太陽系で二番目に大きい惑星土星の最大衛星の名もまたタイタンであるように、魅惑に満ちた巨大なものの喩えでもあります。ビカスとはハイビスカスの意図。そういった名前由来なんだとか。
IMG_1792











タイタンビカス
栽培に肝要なのは唯一日当たり条件のみと言われ、冷気や土壌条件には寛容に対応する屈強な宿根草植物。これだけの美しい大輪の花を3ケ月咲かせ続けるためには適宜施肥を要し、それが生産者の腕前の見せ所となるのでしょうね。

その内、タイタンビカス街道なるものが出現しそうな雰囲気を漂わせています。

晩秋には適当な高さで切り、越冬休眠に導かせねばなりません。冬姿も見てみたいものです。

小型の自生蘭が沢山咲きました
梅雨空の下、里山に妻が造った沢脇の土壌にコクランの株から細長い棒状の擬球茎が伸び、暗紫色のおくゆかしい花を咲かせました。
IMG_9671











コクランはラン科クモキリンソウ属の多年草。関東以南の低山、樹林が生い茂る低床に自生する日本の蘭。高知でも珍しい種ではありません。
IMG_9713









山里にひっそりと咲く和蘭らしく、花は至って質素。
花色同様に薄暗い場所を好むため落葉樹だけでなく常緑樹が茂る森林を好む植物なのです。
コクラン









ここは昨年まで竹林だった場所、それを殆ど妻が切り倒して適度に光が入る様にしたので、コクランにとっては少し明るすぎるのかも。
IMG_9663








それでもコクランは今年も変わらず花を咲かせました。
よく見ると沢の周りだげでなく、いたる所にポツリポツリと飛ぶように色んな所に生えているのです。
IMG_9726









でもこれは、妻が株を植え替えたと後で聞きました。

妻はこの植物の葉を見てギボウシと間違えて増やそうとしたんだとか。花が咲いて違いに気付いた様です。

今日の午後は高知県でも物凄い豪雨が懸念されると気象庁の発表。災害の回避は勿論の事、この沢沿いにせっかく根付き花を咲かせた、コクランの株も流されないことを願うばかりです。

このページのトップヘ