土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

カテゴリ: 高知の釣り

加領郷漁港の夏の賑わい
IMG_8605










早朝の加領郷漁港
今朝も梅雨中とは思えない上天気の高知県。久々に室戸市の加領郷漁港へ、旬の魚を探しに行ってみました。

夏の初めにはマルソウダ釣り。
マルソウダ810846ac[1]






マルソウダ
加領郷では漁港の奥部でこの魚がサビキ釣りできるのです。
IMG_8609IMG_8608






ですから、早朝のヤマトカマス釣りの人々と共に、朝から港内は結構な賑わいを見せています。
426a6564[1]1cabfe93[1]







ヤマトカマス
ヤマトカマスはミズカマスやアオカマスとも呼ばれ干物にして美味。でも今の季節は冷蔵庫で文化干しにします。
a7bd9265[1]









アカカマス
一方、それよりも大型となる別種、アカカマスはホンカマスとも呼ばれ、商品力もより高く身質もしっかりしていて甘味を感じるう旨味は絶品、高知の家庭では寿司にするのです。
6b9567da[1]2bf76fb3[1]







そんな旬魚を求めて、今年も高知の暑い夏を吹っ飛ばそうと釣り人の熱気が港に充満しています。

私たち親子は、そんな釣り人さんの邪魔にならない様、堤防の一角でサビキ釣りではなくフカセ釣りを楽しみました。
IMG_8637












魚の食味を別にして釣り味だけを追求するならここでのフカセ釣りは、季節を問わず充実のひと時を味わえるのです。

この日、見えた最大の魚は60cmはあろうかという真っ青なアオブダイ。ヒブダイやイスズミ、メジナやニザダイなど40cmを越える魚も少なくはありません。
IMG_8619IMG_8669






でも釣れるのは大体が20cmクラスの餌取り級、それに混じって、時折40cmクラスが突然食いついてくるんですが、もの凄い衝撃に引きに耐えようとするのですが、タモ網を構える態勢に持ち込む前に逃げられてしまいます。むこうの方が100倍上手なのです。
IMG_8624












唯一、ランディング寸前までいったのがこの1㎏は軽く超えていそうなアオリイカ

といっても、釣れた小魚を抱えているだけで針掛かりしているわけではないのです。あと僅かのところで差し出したタモ網に収まらず逃げられてしまいました。残念・・・
a8e0a30f[1]fecaf63a-s[1]






あまりにもあと一寸のところだったので、脳裏からずっとアオリイカ料理が離れません。
IMG_8697











よく見ると、流れ藻の下には当歳アオリイカがどっさり付いています。
IMG_8694IMG_8656







その後、表層を泳ぐ青や梅色の美しい色彩を配した魚群は現れました。タカベの群れです。

釣れても釣れなくても楽しみは尽きない久しぶりの海遊びなのですが、10:00になると普段陽に当たってない長男はバテバテ。この楽しみを幕引きにしました。

実釣を見たのはいつ以来⁉
IMG_4209











べふ峡の見どころ案内板
物部川本流の上流部にある景勝地『べふ峡』。特に紅葉の季節には、週末になると毎年多くの人が訪れる場所です。
IMG_4205





















べふ峡の屏風岩と峡谷
国道195号線から分岐する、林道がこの峡谷に沿って走っています。その道へ入り1kmで『べふ峡もみじ茶屋』や、徳島県那賀町と高知県香美市の県境付近にそびえる標高1708mの名峰『石立山』への、グレートトラバースさながらの非常に厳しい事で有名な登山道へ入る駐車場がある辺りから、急に道幅は狭く落石も多く工事車両も通行している為、明確な目的がないと中々この先奥へ奥へとは踏み込みにくい境が、この茶屋と駐車場なのです。
IMG_4257










でも、この辺りは野鳥も多く大自然の中で渓流釣りを楽しんでいる釣り人の姿も見られ、快適で楽しい場所。日常の喧騒を忘れ、渓谷の雰囲気が十分に味わえる場所なのです。今の季節なら、人と出会うことも少なく安全にその雰囲気が味わえる場所なのです。
IMG_4193










べふ峡の橋にはツキノワグマのモニュメントが‼
でも、四国で唯一と言ってもいい熊(ツキノワグマ)の生息が広告されているのも、この奥地の秘境なのです。生息数自体は少なく、人里に出没した事例は今まで報告されていません。
アマゴのフライフィッシング









そんな今の季節のべふ峡で、この日は華麗な西洋の毛鉤釣り『Fly fishing 』を楽しんでいる釣り人を見ました。

狙うのは渓流魚。渓谷と言ってもこの辺りでは、この様に比較的川幅の広い場所を選び、瀬と淵の混在する場所を探し、そんな場所に高い順応性を示す毛鉤、Nympheと呼ばれるカゲロウやトビゲラの川虫を模した疑似餌を使用するのです。
IMG_5341IMG_5343







物部川水系のニンフたち
Nymphe ニンフとはギリシャ神話の女神、川においての精霊を意味します。
IMG_4273












でも、この物部川上流部には女神と言うより闘神の如く鎧を纏ったような巨大な川虫の主がいるんですよ。

紫陽花の葉と比較してみてください。その巨大さが判るはずです。
IMG_4260










フライフィッシング
といっても、わたしもこの川でフライフィッシングを見たのは初めて。普段はルアーロッドを振る釣り人の方が圧倒的に多いのです。

今は淡水や海水のバス釣りによって急速に普及し、釣りの裾野を広げたルアーフィッシング。その分、それを嗜む人の釣りに対する考え方もより多様。それを漁ではなくレジャーと位置付けている人の割合は相当なものであると推測できます。

一方、フライフィッシングの釣り人はその川で実釣りを重ねながら、そこに住む渓流魚が季節折々にどんな川虫を食んでいるかを観察し、自身のイメージをかきたてて自らフライと呼ばれる疑似餌毛鉤を巻くのです。
IMG_6687








魚の釣り味を手っ取り早く得る事に貪欲なあまり、様々な魚種を様々な自然環境に放ち、時に独自の生態系が織り成す環境をも破壊しかねない遊漁者がルアー釣りの愛好者には極一部混れ、今尚環境を自らの好みに歩み寄らせようとする人間すら存在するのです。公の自然を無許可で限られた管理釣り場化しようとする、今では法律で規制された違法行為を辞さない人が極めて少数存在しています。

釣りも含め遍く漁の原点は、手っ取り早く魚を得る事でなければ、魚と戯れ遊ぶ事でもない。地が育む生態系の中で、生き物を通じ自然の営みと自らの立ち位置を考える道場なのです。
IMG_3207









延べ竿と生き餌 和の渓流釣り

フライフィッシングの釣り人は総じて、釣果に至るプロセスを重んじ、先ず環境に自らが歩み寄ろうとする姿勢を崩さないのです。

といっても、西洋原点のフライフィッシング。もともとはヨーロッパのカワマス類や北アメリカのニジマスの習性や生息環境に適合させ発達し伝承されてきた異国の釣法。それを日本のイワナやヤマメ、アマゴに合わせ基本タックルはそのままに細部を調整し、日本の渓流に順応させようとした先駆者たちの存在が大きいのです。
IMG_6675









フライフィッシングというものが元来そういうものですから。といっても私はフライフィッシングの実釣経験はなく、タックルを河原で操作させていただいた経験しかありません。

それは、手元から順に専用ロッド・専用リール・フライライン・リーター・フライで構成され、ルアー釣りの様にルアーの重さで魚の潜む場所へアプローチを試みるのでがなく、ラインの重さを操りフライをポイントへ誘導するのです。

このフライフィッシングを更に簡単にしたような伝統的な日本独自の釣法が存在するのですが、それには学生時代、東北の河川へ行って実釣経験があります。
IMG_4149









テンカラ釣り
その釣法が『テンカラ釣り』といわれるもの。毛鉤と釣り糸と短竿の三点セットでリールは存在しません。

日本の渓流環境により順応した日本伝統の毛鉤釣法。渓流の川漁師釣法ともいわれるものです。兎に角、手返しの速さが求められるある意味せっかちな釣り。
IMG_4148











徳島県 那賀川水系でのテンカラ釣り

魚がこんな小規模な流れに潜んでいるんかと疑問を持ちそうなポイントを岩陰に身を隠しながら毛鉤を打ち込み、魚の摂餌意欲をかき立てるのです。早めにポイントを見切って、次々と釣り歩く体力勝負の釣りでもあります。

毛鉤釣りは鮎のドブ釣りに見られる様に、江戸時代には既に確立されていて、一説によると毛鉤の原形は日本でも紀元前に遡るとまでいわれています。

テンカラ釣りが書物に登場するのは、少なくても130年前で、発祥の地は海のない中部地方の地域であろうと思います。そんなテンカラ釣りが日本にあったからこそ、伝統の渓流釣りの精神はすんなりフライフィッシングといわれる異国の釣りにも移行、伝承されていったと考えます。

そして近年、フライフィッシングの影響もあってかテンカラ釣りも再熱の兆候を見せているのです。原点が同じもの同士、互いに高め合って新たな境地を探求することも可能なのです。

さて、そんな渓流釣りで狙う魚はマスと言われる複数の魚種。
IMG_3183








高知でこの環境での在来魚は唯一アマゴ、サツキマスの陸封型なのです。

以前は淡水漁協も複数の河川に外来魚のニジマス(降海性スチールヘッドの陸封型)を積極的に放流していた様ですが、現在は僅かに管理釣り場から逃げ出した個体が存在するにとどまっている様です。

更に懸念材料は他にもあり、個人が放流したであろうイワナの確認報告があります。イワナ類の魚種は実際には四国の河川には存在せず、国産魚であっても地域的外来種の範疇に含まれます。それらは、地域によって確立された生態系の生物の環境圧迫と近似種間での交雑により、地域固有種の危機のみならず逆にイワナ自体の純血性も失われ兼ねません。

厳密にいうと、各水系に分別される河川自体が閉鎖水系で、自然状態では淡水魚の相互交流はなく、長い歴史の中で徐々に地域分化が進行していきます。ですから同種間であっても、異なる水系の魚種の放流を問題視する学説も存在しているのです。

人間は、貪欲により優れた遺伝子を得ようとするのに・・・自らの意思であることも重要なポイントなのでしょうか。

そうそう、漁協の存在する河川では、有用魚の資源量保全や環境改善を管理する漁協の遊漁券を必ず購入して釣りを楽しまなければなりません。但し、漁協の管理していない魚種の漁獲に関してはその域にないので、定められた漁法と解禁期間等、遍く調べ地域の財産たる河川を楽しく活用してくださいね。

物部川の鮎解禁
5月15日は高知県の一部河川の鮎解禁日。
IMG_1912









毎年、解禁日を心待ちにしていた鮎釣り師たちが、どっと押し寄せてきます。

政府によって高知県は、全国対象の緊急事態制限から解除されたとはいえ、未だ県境を越える移動自粛は続いています。

それでも解禁日の人出は去年以上なのです。でも、自粛要請は守られているようで、県会からの釣り人は殆ど見られないというお昼の報道でした。
27d4faa6[1]










なのに昨年より釣り人が多いのは、去年は物部川が異常な渇水で、解禁前から鮎が少ないことをファンは知っていたのです。ですから、多くの鮎釣り師にとっては二年振りの解禁日といっても過言ではないのです。
IMG_190539baf575[1]





今年は土佐毛鉤で釣る、江戸時代からの伝統釣法『どぶ釣り』も複数の地点で可能なほど、水量が保たれています。
IMG_1908









でも現在では、おとり鮎を使った友釣りで解禁日を迎える人が圧倒的に多いのです。この釣りはスポーティーなイメージが強い攻めの釣り。幸運より腕が釣果に反映される釣法とされ、熟練と体力の微妙な均衡によって釣果が違ってくるのです。
a3a54bd6[1]7d6115d6[1]





そして釣れる鮎も、友釣りの方が型揃いなのです。

今夜は皆さん、家庭で地の天然鮎を堪能されるんでしょうね。
c8cbab8e-s[1]763f7fd3[1]

風表と風裏
IMG_7551










春の田圃に集う、多種多様な野鳥を観察していると、急に西から強風が吹いて来ました。

すると、代掻きに入る前の澄んだ水を湛える水田圃に映り込んでいた空模様が一瞬にして消え・・・
IMG_7629









代わって水面に現れたのは、風が描く立体的な波紋。

大海原へ繰り出し、沖釣りをしている時は必ず時間毎の予報を確認し、陸部の山に掛かる雲の様子を見ながら急な天候変化にも備えるのですが、予測不能な突風に恐怖を覚えた経験も多くの釣り人は持ち合わせているはずなのです。

まさにその瞬間を天然ジオラマで見ている気分になりました。
ところが全体をよく見てみると・・・
IMG_7629








ほんの小さな土塊によって、風による波紋がが全く現れていないスポットが数多くあるのです。

これが磯釣りでいう風裏のポイントなんでしょうね。地元の民は、季節折々に吹く風の裏がどこに出来るのかを熟知しているのです。それが風裏であり波裏でもあるのです。
IMG_6649










でも、そこはその海域一帯の一級釣り座では決してありません。むしろ通常はその地域に精通した釣り人なら、絶対に選ばない釣り座なんです。

普段は波気も乏しく、潮も通り難い場所なのですから。
IMG_6681











でも、様々な条件が複合的に合致すれば、そこが一時的に魚の溜まり場になっている時が少なからずあるのです。
IMG_6692










そんな時には、普段は見向きもしない場所で、意外な思い出に残る釣りが出来るのです。
fc9c7982[1]










人生は強い逆風を好機に変えられる人もいるのです。私なら早々に諦め、次の機会を待つのですが。

勿論、その地に暮らす民ならそんな選択も当然あるんですね。でも、その日に購入した餌の一部は無駄にもなるのです。それを自宅の食品冷凍庫に詰め込んだとしたなら、今度は家庭で家族の強風が吹きすさび、長く逆風に晒されるはめになるのです。潮もばんばん被ります。

そこはもう、風通しの良い家庭である筈はなく、嵐の中の状況。身体も凍り付くホワイトアウトの家庭環境なのです。
60470669[1]










釣り人として事態を好転させるには、鮮魚店に並ぶ魚種を鮮魚店にはない品質で持ち帰り、家族の為だけに調理して納得してもらうしかないのです。

家族も振り上げた拳をどこかで仕舞う機会を待ってくれているのです。

天気晴朗なれど・・・
土佐湾一帯はほぼ凪いでいるのに、室戸岬の東側では結構な波浪。
IMG_6696









日沖海岸
磯と磯を繋ぐ防波堤があり冬場はグレ釣りの人は絶えない日沖海岸もこの日はこんな荒れ模様なのです。
IMG_6587









凪いだ時には防波堤を歩いて行ける沖の岩場も、この日に行くのは絶対無理。
ということで、この日は釣り人もいないと思っていたのですが、
IMG_6556








一番内側の小さな突堤で一人だけ釣っている人がいました。ここなら安全は確保されているんですが、私には釣れるとは思えません。

今までも何度か、波の荒い日に内側向いて釣っている人を見たのですが、魚を釣ったのを見たことがありませんでしたから。
IMG_6637









ところがこの日は釣れていました。旬魚メジナです。
しかも、暇に感じることもないくらい、次々と適度に釣れているのです。それも、コッパではありません、全てタモで掬っていましたから。
IMG_6649










角度を変えて見てみると、波によって払い出されたサラシの泡が一筋の潮目に乗って沖への道筋を示し、魚のいるであろう場所を教えてくれているのです。
IMG_6681









そして、釣れるのがこんな良型グレ揃い。私も竿を出して見たくなりました。

実は今、室戸の沿岸部にはこのメジナ(グレ)だどっさりいるのです。
IMG_6795









巨大なメジナグレ)】
この日視察した複数の漁港の定置網にも、グレが沢山入っていましたから。

水揚げされた中には、こんな巨大な3㎏はあろうかと思われるモンスターも。
IMG_6692













そしてこの日は前日の冷え込みも和らぎ、適度な波気が立ってグレの活性が高かった模様。ザッと見積もっても良型10匹はものにした様に見えました。こんな天候の日は、ここを選択肢に入れておきましょう。ここ一両日はまとまった雨で河川からの濁りも入り、釣りにならない場所は多かったはずですから。
IMG_6564










この日は荒れた海の波音や飛沫が煩わしかったのか、大岩のハヤブサも国道脇の電柱で過ごしていました。
IMG_6585










海岸では、これまた繁殖期を迎えたイソヒヨドリが美声で囀り雌を誘っています。

春ですね。

このページのトップヘ