土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

タグ:オカヨシガモ

メスはどれ
久しぶりに物部川水系の南国市『後川(うしろがわ)』河口付近お覗いてみると、丘葦鴨オカヨシガモAnas streperaが飛来していました。
オカヨシガモ群れ














シベリアなどで繁殖を終えた内の少数が越冬に飛来する本種は亜種のA. s. strepera のようです。小種名 strepera はフエガラス属に意味、フエカラスのように良く鳴くのか、はたまたフエガラスは初列風切り羽の基部および尾羽に白色のパッチが良く目立ち、オカヨシガモは次列風切と次列風切の翼鏡が白く大きな特徴となっていることに由来するのか・・・
オカヨシガモ














これがオカヨシガモのオス。カモ目カモ科マガモ属の割には、とっても地味な色彩のオスです。
同科同属のヨシガモのオスは、
ヨシガモ














こんなに美しく発色しているんですから。
ところで、カモのオスは概して、繁殖期のかなり前から種を特徴づける美しい発色を呈するのですが、同じマガモ属のメスとなれば、そんなに簡単に識別できません。
13dd1340-s[1]













こちらがヨシガモの雌雄。
この画像では見えてない次列風切羽先端部の翼鏡が雌雄ともに緑色で、この画像でも確認できる嘴がともに黒です。鴨のメスは、種別に翼鏡や嘴の色を認識したうえで種の同定をするのですね。翼鏡や嘴の色は雌雄で異なっている種類もいるんで、覚える楽しみが生れます。地域に飛来するカモ種は、そんなに多種ではありませんから。

ところで、オカヨシガモの雌雄は、
オカヨシガモ雌雄















こちらなんですね。
翼鏡が白色で目立ち嘴が黄色なんです。
オカヨシガモは、香南市各河川の河口部に多いヒドリガモと良く混群しています。
DSC00319













先日も香宗川河口部で、カワアイサの横を雌雄で泳いでいました。

感動的な色彩
南国市の高知竜馬空港近く、高知県道14号春野赤岡線脇の人工的に整備された水路。
DSC09250










 ひときわ煌めきを放つ水鳥がいます。
水鳥の名は葦鴨ヨシガモAnas falcata
ヨシガモ










カモ目カモ科マガモ属に分類される極めて美しい色彩の鴨です。
ヨシガモ (2)














ヨシガモ
は広くアジアに分布し、寒冷地で
繁殖。冬季になると温暖地へと南下し越冬します。高知へは冬季に越冬のため飛来する冬鳥で、北海道では少数が繁殖に至るようですよ。
ヨシガモ雌雄 (2)














繁殖期を前にしたオスは特別美しく、額から後頭、眼先、頬の羽衣が赤紫、眼から後頭の羽衣が緑色に煌きます。喉の羽衣は白または淡黄色で、黒い首輪状の斑紋が入っています。
ヨシガモ (3)










そして、この部分の色彩は角度によって目まぐるしく変化します
DSC09232DSC09281






ナポレオンの帽子と呼ばれているヨシガモの長く伸びた後頭部羽毛

嘴は黒。尾羽基部の下面を被う下尾筒は黒く、その側面には三角形の黄色い斑紋。三列風切は長く伸びこれまた優雅に湾曲し、黒く羽毛の外縁は白、次列風切の翼鏡は緑色です。
ヨシガモ










この特徴ある三列風切の形状に由来した種小名falcataはその形状を現わす「鎌状」を意味します。
DSC09266DSC09227







ヨシガモの大きさ、全長は50センチ前後でオスがやや大型。体重0.4-0.8キログラム。マガモよりやや小型の鴨です。

ヨシガモ摂餌 (2)











ヨシガモの食性
は主に植物食、こうやって水生植物、海藻などを食べています。


さて、この同じ水域には地味で目立たない、名前の似た鴨もいたんですよ。
それがコレ、
オカヨシガモ










丘葦鴨
オカヨシガモAnas streperaです。

オカヨシガモは、カモ目カモ科マガモ属に分類される地味な水鳥。

非常に広く 分布し北アメリカ大陸北部、ヨーロッパ北部、シベリアなどで繁殖、冬季になるとアフリカ大陸北部、ヨーロッパ南部、インド、中華人民共和国東部などへ南下し越冬。日本では亜種オカヨシガモが冬季に越冬のため少数飛来する冬鳥、北海道ではごく少数が繁殖するヨシガモに似た生態です。

全長は個体差が大きく46-58センチ、体重0.5-1.1キログラム。ちょっとだけヨシガモより大型になります。
ヨシガモ摂餌











ヨシガモ索餌行動
食性はヨシガモと同じ主に植物食でも、昆虫、魚類、両生類など 雑食性が強いみたい。順応性が高い分、ヨシガモより個体数は安定しているようですね。

このページのトップヘ