土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

タグ:カシオワールドオープン

大会3日目は天気にも恵まれ・・・
今年の予定は最終日にとしていた、カシオワールドオープン ゴルフトーナメントへの入場。天候が崩れそうな情報により、一日繰り上げで行ってきました。
DSC06261











自身の体調不良で、芸西村と香南市にまたがる隣接した2つのゴルフ場で行われる男女のゴルフトーナメント両方を見に行くことができず、久々の観戦となりました。

大会は今年もいろいろな話題が満載で盛り上がりを見せ、多くの入場者の皆さまと懸命にサポートする方々によって大賑わい。
DSC06232












今迄は、大会会場内での素人撮影はNGだと思っていたのに、今では指定された場所で静止画像や動画の撮影が可能になっていました。
DSC06241













そこで今年は
プレーの様子をまじかに画像に納めました。
といってもこの方は、私を会場へ連れて行って下さった高校の先輩です。
DSC06238












ゴルフ好きの先輩はプロの選手のプレーを見ると、ご自身も同じ様にできる恐ろしい錯覚に陥るみたいで、体がムズムズしてくるとか。

この衝立の横では、実際にスタート前のプロゴルファーの皆さんが練習しているんです。ですから気持ちよく打ちっぱなして、そのまま無罪放免となる訳もなく、
DSC06246













テントの中へ連れていかれ、両脇を若い衆に取り囲まれて小言をびっしり。今更、真っ白い顔で言葉を失い反省しても遅いのです。
DSC06245













しかも、ご自身の仕出かした事は、全て細部まで録画されていて、その悪態が自分で認められない・・・なんてことは決して許されません。

挙句の果てには、同じ場所で前もって撮影した石川遼選手のスイング画像と比較させ、画像姿勢や数値解析を科学的に行い、完膚なきまでにお説教です。

そして最後に、もう一度立って注意された部分を実際に身体で確認するんですが、指導者もその道のプロですから、このテントを出る時には何倍もゴルフが上達した気持ちになるようで、先輩は自信に満ち溢れていました。この気持ちは個人差が大きい様ですので悪しからず。

そうそう、分析データやスイング画像はCDに焼いてお土産に下さるんですよ。

私の先輩の場合は、更に気持ちが高揚したみたいで、
DSC06258













今度はスイングタイミングとスピードの測定。推定飛距離250ヤードの判定に対し、ご自身でいつもこの程度だとのたまっておられました。

ここでも数値分析したデータをいただき、先輩はご満悦でした。

お腹がすいたところで、
DSC06251











地元の食材を調理した昼食タイム。香南市の炭火焼きうなぎ屋きた本さんの鰻蒲焼弁当。

高知の銘舗、鰻専門店の場合は鰻を蒸さずに仕上げる場合が多く、きた本さんは少数派で蒸しを入れる派。蒸す蒸さないは食通においても好みは判れるところですが、屋外でお弁当としていただく蒲焼は、季節柄も考えるとこの様に柔らかく蒸しあげられていた方が美味しいと思います。
DSC06253











地どれの釜揚げちりめんの丼ぶり。地元民の私たちはいつも食べている食材ですが、この雰囲気でいただくと格段に美味しく感じます。

家族へのお土産も例年通り。
IMG_1299













鯖がとっても美味しい季節

地の寒サバを使った鯖寿司です。この季節、ここの鯖寿司は外せません。

三日目は、バーチャル画像の中で先輩とプレーした石川遼選手が大きくスコアを伸ばし上位浮上。あと一日天気が持つことを願い、陽が傾く頃に会場を後にしました。

今年も始まった我が町のスポーツイベント
昨日の雨も上がった11月23日、今年は祭日(勤労感謝の日)がトーナメント開催初日となった『カシオワールドオープン ゴルフトーナメント2017
IMG_1221












この日は、冬型の気圧配置となって概ね晴れる見込みでも、朝方は靄がかっている上に、徐々に北西の風も強くなりプレーにも影響を及ぼしそう。
IMG_1231












それでも会場となる高知県安芸郡芸西村の『Kochi黒潮カントリークラブ』は、祭日でもあり大いに賑わっている様です。
IMG_1241












昨年は、自身の体調不良で応援に行けませんでしたが、今年は最終日の朝一番に行くようにしました。会場へはいくつもの場所から無料送迎バスが時間に関係なく利用でき、私の家の近くにもその場所があるんです。

テレビ中継では味わえないトッププロの緊張感あふれる真剣勝負と、お昼には高知の美味しい物を食べ、お土産に買って帰る楽しみ満載の地元イベント。
IMG_1254











目の前の土佐湾では、強風を押して朝から『どろめ漁』が行われていました。
812f97e8[1]












高知でどろめといわれるのは、カタクチイワシをはじめとするイワシ類の稚魚。生・釜揚げ・かき揚げ・玉子とじ・汁物と家庭でも調理しますし、物産コーナーや道の駅の食堂などでも販売されている、地元の名産海産物です。関東ではしらすとも呼ばれていますね。
IMG_1245












ゴルフ場周りの樹々は、これからが紅葉。この日も、朝は少々肌寒くても、昼前には穏やかな暖かい好天となりました。

速いスタートの選手には少し不利だったのかも。

このページのトップヘ