土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

タグ:コバンザメ

実在の地球内生命体の骨格標本です
その生物が私たちの前に姿を現したのは1979年。以来今でもその生物は私たちに影響を与え続けている様です。架空の物語として。
コバンザメ












それを思わせる生物の骨格を見ました。まるでエイリアンです。

それは頭に丁銀の様な盤を備えやや受け口。エイリアンの映画を1979年(昭和54年)に映画館へ見にいった私はその時、大学生でした。以来、私は後発の物語を映画館に見にいったこともなく、TV放映されていても多分最初から最後まで見たこともありません。因みに後年にこのエイリアンと戦った?様な1987年登場のプレデターの映画は見ました。多分、とても孤独なプレデターよりもアーノルド・シュワルツェネッガーの弾けたハチャメチャぶりが面白くて。

そんな私でもエイリアンの容姿は強く印象が残っています。この骨格を私が大好きな科捜研のお姉さんに復元してもらうと・・・
82a10838[1]








生前の姿はこうなるのです。っと言ってもコレ現物そのものなんですが。顔が再生できれば当然、身元は割れるのです。

その割れた身元でコバンザメと分かっていただけたでしょうか。
54bef9a6[1]








でもそれで全てが解決する訳ではありません。コバンザメは頭に小判型の吸盤を備えた鮫の一種と思われがちですが、それは他を欺く姿で、サメやエイと言った軟骨魚類ではなく、タイやスズキと同じ硬骨魚類なのです。体長は成長すると1mに達します。

多くの魚種が巨大な魚に寄り添って泳ぐ習性を❝魚つき❞と呼びますが、コバンザメは特殊で大型魚に吸盤でくっついて巨大魚と同化し楽に移動していきます。そのうえ巨大魚の食事のおこぼれや排泄物を食み、時には寄生虫のクリーニングもすると言われています。

この吸盤は優れもので、寄り添う魚にコバンザメが吸盤を接し、後へズレることで強力に吸着し、コバンザメが魚から離れたい時は、くっついている魚より早く泳ぐことで吸盤は吸着力を失うのです。ですから、くっついた魚が早く泳げば泳ぐほど吸着力は強化され、ゆっくり泳げば離れやすい条件が整うのです。

これは死んだコバンザメを濡れた平板にくっつけ前後に押すことで容易に再現できます。

沖釣りでこのコバンザメを釣ったことがあります。普段釣れない場所でも釣れだすと複数釣れ、水面下にコバンザメのくっ付いた大型の鮫が屯している様な恐怖心が湧きます。それも多分映画の影響でしょうか。

一種ではないコバンザメ科の魚種ですが本種は食べると、数多の魚種の平均点以上には美味しいそうなんですよ。
66d4296a[1]













スギ
食材として比較されるのがこのスギ。スギといってもヒノキ科スギ属のあれではありません。スギ科スギ属の魚種なのです。

ですから春に近寄っても花粉症を悪化させることはありません。むしろ青魚に含まれるエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸は花粉症に効くとかTVCMで聞いたことがあるくらいですから。

因みに私は脳出血で半身麻痺の後遺症が残り、麻痺との因果関係は定かではありませんがそれを契機に、ひどかった花粉症は随分軽減され今ではスギもヒノキもコバンザメも恐ろしくありません。そして春の夜もぐっすり眠れます。ついでに昼ごはんの後は季節を問わず睡魔が忍び寄ってくるのですが・・・

もちろんこの事例には医学的根拠は証明されてなく、私だけの経験だと思われます。
骨格標本コバンザメ 








これでコバンザメの話は終わります。有難うございました。

漁港で小判を拾った
水族館では定番魚類のコバンザメ、
IMG_2637










今日はそんなコバンザメの記事です。小判ではなくコバンザメを、陸揚げの終了した三津漁港で拾いました。
IMG_3478















三津漁港で拾った小判⁈
これが有名な
小判ザメです。でも真横からでは自慢の小判は殆ど見えませんね。
IMG_3486













そこでもう少し上から目線で見てみました。これが小判を頭部に乗せた鮫、コバンザメです。
次に全体像です。
IMG_3467












真上から見たコバンザメ。ところでサメという名前が付いていても、コバンザメの場合はスズキ目コバンザメ科コバンザメ属。スズキ目は硬骨魚類ですから、軟骨魚類のサメとは全く違う魚なのです。
IMG_3463












真横から見たコバンザメ。どこがサメにそっくりと言うところが無いのに、全体の印象はなぜか鮫。
IMG_3457













ひっくり返してみても鮫ではなく、最も似ているのがスズキ目スギ科スギ属のくしゃみをしそうな魚名『スギ』に似ています。
スギ












スギ
体表は鮫肌ではなく粘液質に富んでいるのも両種の共通点ですが、スギは小判どころか小銭も持っていません。

コバンザメの小判は強力な吸盤。この日も拾ったコバンザメは死んでいるにも関わらず、濡れた平面に小判が接した瞬間に引っ付いて取れなくなってしまいました。

コバンザメの吸盤機能は背中と垂直方向にある、通常は後ろ向きに倒しているヒダ(隔壁)。これを大型生物に接した時に立てることで、周囲より小判内部の水圧がかなり低くなるので、強力な吸盤と化すといった仕組み。ですから上向きに引っぱっても剥がし取ることは難しく、魚体ごと前にずらすと簡単に剥がれるのです。

上手く出来ていますよね。コバンザメに引っ付かれた大型動物が鬱陶しくて振り払おうと泳げば泳ぐほどにコバンザメはより強く引っ付き、諦めて泳ぐのを止めると吸盤の機能が弱まるのです。

ですから、泳いでいる大型魚からコバンザメが離れようとする場合、コバンザメはくっ付いている動物より高速で泳いで離脱するんですね。

そんなコバンザメは暖海性で比較的浅い海に生息、専ら大型魚にくっ付いてその食物の食べかすが海水中に漂う残り物を拾い食いします。沖釣りで、コマセに寄って来てオキアミ等の釣り餌を食べることもあり、私も何度か釣ったことがあります。

IMG_3454













食材としての味も悪くない白身魚のコバンザメ、鮮魚店で売っているのも見たことはありますが、私は食べたことがありません。

さて最後に3属8科の構成で知られるコバンザメ科の更なる珍種をご紹介します。
クロコバン











むろと廃校水族館のクロコバン

水槽の底で身罷っている様に見えるこの魚。コバンザメ科ナガコバン属のクロコバンです。
IMG_6346














ちゃんと動いているんで、間違いなく生きているんですが、コバンザメはくっ付く魚がいないと不貞腐れてしまうんでしょうか。

このページのトップヘ