土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

タグ:ヤマサナエ

蜻蜓‎(ヤンマ)じゃない?
美しい緑の複眼、濃紺地に黄色の縞模様の大きなトンボ。
ヤマサナエ (3)










日高村メダカ池のキイロサナエ 雌
多くの人はこんな大型蜻蛉を見たら・・・オニヤンマって思いますよね。でもあながちそうではない上の画像は・・・
サナエ科(アジアサナエ属)キイロサナエ. 学名Asiagomphus pryeri.

オニヤンマでなければヤンマ(ヤンマ科)でもないんです。
ヤマサナエヤマサナエ (2)









安芸市赤野、溜池のキイロサナエ 雌
出現季節は早く、高知では4月になると羽化し逆に梅雨が明ける7月初めころまでしか見られません。サナエ科のトンボ、中大型のトンボ種の中では最も羽化が早く、田植えの頃に成虫出現するので早苗蜻蛉
タベサナエ (2)タベサナエ






四万十市トンボ自然公園、コウホネにとまるタベサナエ
でも、ひとつ訂正です。サナエ科のトンボ、全てが中大型のトンボ種ではないんです。上の画像はタベサナエ。サナエトンボ科、学名Trigomphus citimus tabei.

体長4㎝ほどで長さは大型のイトトンボ程しかありません。でも、形や紋様はヤマサナエと類似しています。
ヤマサナエヤマサナエ (5)






日高村メダカ池のヤマサナエ 左:雄 右:雌
ヤマサナエは最も普通に見られる大型(6~7㎝)のサナエトンボ。平地から低山地の流れのある水域に広く生息しています。
交尾DSC00978






ヤマサナエ交尾・メダカ池へ流れ込む小川において単独で打水産卵していた雌
タベサナエヤマサナエ羽化






香南市香宗川水系で羽化直後の 左:オジロサナエ 右:ヤマサナエ
ヤマサナエ









サナエトンボたち、ヤンマのように縄張りを長時間飛びまわる事はなく、人前でもわりと平気で止まって見せます。
ヤマサナエ (2)ヤマサナエ (4)







しかも画像でおわかりのように全て水平方向に平止まり、これがサナエトンボの特徴なんです。
ちなみにオニヤンマ
オニヤンマ











香南市のオニヤンマ
ヤンマたちは、このように垂直方向に止まります。道に平止まりなんて絶対しません。

さあ日本最大のトンボ、オニヤンマが登場したところで、下画像のトンボ種名わかりますか。  6月7日、日高村メダカ池に数個体いました。体長は8~9㎝超大型です。
コオニヤンマ









蜻蛉通でもない限り、絶対オニヤンマっていちゃいますね。
もっと接写があります。
DSC01170











コオニヤンマ (雄)、全て日高村メダカ池での撮影個体
歩いている私の真前の紫陽花に止まって、結構ろいでいます。このトンボの名はコオニヤンマ、大きさはオニヤンマと殆ど変りません。
コオニヤンマメス










コオニヤンマ (雌)
5月上旬頃から羽化し、9月頃まで見られるコオニヤンマ。羽化後、水域近くの草むらなどで活発に摂食活動を行います。
f3c08e7c[1]









オニヤンマ (雄)
サナエトンボはヤンマより、さらに脚(特に後脚)が発達しています。


コオニヤンマ (2)









成熟個体は河川上流域から中流域に移り、見晴らしの良い河原の岩の上や枝の先などによく静止しているのを良く見かけます。
ヤマサナエ山早苗








サナエトンボの複眼
未熟期は複眼が深緑色、成熟すると澄んだ緑色に変わります。
BlogPaintDSC00885







あれ・・・コオニヤンマ岩の上に平とまり
コオニヤンマコオニヤンマ (2)






実はコオニヤンマ 学名Sieboldius albardae、和名は小鬼蜻蜓でありながら、「ヤンマ」の名がついても分類上はオニヤンマ科ではなく、ヤンマ科でもないんです。こちらも サナエトンボ科(コオニヤンマ属)のトンボの一種。つまりコオニヤンマは、サナエトンボ科最大種なんです。

オニヤンマとコオニヤンマ。一見して頭部の大きさが違いますね。サナエトンボ科の蜻蛉たちは胸部がよく発達している反面、頭部は小さく見えます。
DSC00971DSC00970






更にコオニヤンマ幼虫(ヤゴ)はこういった平たい形(上画像)。
DSC01142










ヤンマ科の蜻蛉は大体こんなヤゴです。
同じように蜻蜓(ヤンマ)の名がついて、サナエトンボ科の蜻蛉がウチワヤンマ属のウチワヤンマSinictinogomphus clavatusとタイワンウチワヤンマIctinogomphus pertinax。
タイワンウチワヤンマ (2)タイワンウチワヤンマ







タイワンウチワヤンマ
メダカ池ではヤマサナエが少なくなってくると、タイワンウチワヤンマ目立つようになり、コオニヤンマが下火になると多くのオニヤンマが飛翔しだすのです。蜻蛉たちを見ることにより、季節の移ろいがもっと身近に感じられるんですよ。

春の音
ゴールデンウイークの一日。香南・香美、両市の渓流めぐりをしてみました、春の音を聴きに。
物部川支流










高知県道30号から一度221号に入り再び30号へと抜け、国道195号線へ合流、道とともに流れる渓流(物部川水系)を見ながら、里山と生き物の営みを半日ゆっくり見て歩きます。
DSC08537











ヤマモミジの新緑が、とっても鮮やかです。清流脇の混成林からはウグイスとともに、最も良く聞く春野鳥の囀り。
声の主は、
ホオジロマヒワ








ホオジロ
。早朝にはシジュウカラの囀りも山里に響き渡ります。草むらには、マヒワがいます。マヒワは高知では冬鳥の筈、奥深いといっても低山なのに未だ留まっているんですね。
カワラヒワ











そして、里山の棚田に大群で飛来したのがカワラヒワ、300羽ぐらいいそうです。
カワラヒワ (2)
カワラヒワの大群が谷あいの棚田を渡ると、ザー・ザァ~と凄い羽音が山々に響き渡ります、まるで木箱で沢山小豆をころがしているように。
寄せては返す波のようにです。




かな里山、桐の大木や5月を代表する花皐月も咲き誇っています。
DSC08490DSC08492








皐月
は、ツツジ類としては葉が固くて小さく、茎には這う性質が強い種。本来は渓流沿いの岩の上に生育し、増水時に水をかぶっても浮遊物が引っかからないような低い姿勢で生育していたものと思われる、いわゆる渓流植物なんです。
紫木蓮










紫木蓮が咲く沿道に車を止めると、初夏の昆虫たちを見つけました。
ハンミョウニワハンミョウ








里山のハンター、ナミハンミョウニワハンミョウです。ハンミョウたちは生きた小昆虫を狩る他、昆虫の死骸も片付けるんですよ。
シャガウマノアシガタ (2)







このあたりの清流沿いには、シャガウマノアシガタが咲いています。
県道脇の廃校プールには・・・
ミズカマキリクロスジギンヤンマ ヤゴ








ミズカマキリ
と、ギンヤンマのヤゴ。ミズカマキリは成虫飛来しこのプールへ入ったもの、ここはミズカマキリの繁殖環境にありません。ギンヤンマは昨秋産卵されたものが一頭過酷な条件の中、生き残ったんですね、しかも羽化直前みたいです。ちょっと捕まえてみましょう。

ギンヤンマは孵化後ヤゴでいる期間は最短で3ケ月ほど、これは越冬個体ですから8ケ月頑張ったんですね。でも、オニヤンマは5年、ムカシトンボは8年ヤゴで過ごすといわれています。これらは里山の環境変化をまともに受ける種なんですね。
クロシジギンヤンマ ヤゴ















ギンヤンマのヤゴ、やはりいつ羽化に入ってもおかしくない状態です。

そして、この辺りが今日選択した県道では車で入れる最上流域。
DSC08496












春の渓流蜻蛉が沢山います。先日ご紹介した、カワトンボです。性成熟した雄個体もちらほら見られます。
カワトンボ (2)












下画像は未熟個体と、水中の落ち葉に隠れていたカワトンボのヤゴ。
カワトンボDSC08552









そして最後に、やっと出会えた蜻蛉。
ヤマサナエ (2)
















清流の蜻蛉、ヤマサナエです。

このページのトップヘ