土佐料理 旬の鰹がゆく!

自然豊かな高知の気候が育む産物を食材とした伝統郷土料理のご紹介です。 自然に触れ、それらを見守りながら地方の環境問題を考え、豊かな自然環境の中で収穫される食材を自身の主観でレポートしながら、旬とは何かを考えます。

タグ:ヤマドリ

ヤマドリと人間の友情
室戸スカイライン(高知県道203号室戸公園線)でアサギマダラを観察していた時のことです。
DSC04385










草むらからいきなり現れた大型野鳥、ヤマドリです。しかも警戒心の強いヤマドリが私を見つけるなり、ニワトリのようにコツコツと低い声で鳴きながら、ゆっくりと歩み寄ってくるんです。
DSC04404DSC04405








ヤマドリは私に興味津々❢ まるで夢物語、私は桃太郎でしょうか
桃太郎のお伴は、猿・犬・雉。今、私の前にいるのは山鳥ですが雉とは同目、同科なんです。
ヤマドリ










山鳥ヤマドリSyrmaticus soemmerringiiは、キジ目キジ科ヤマドリ属に分類される野鳥。日本に5亜種生息しているそうで、高知県に分布している訳ですからシコクヤマドリでしょうか?

でも、5亜種それぞれの分布域も不明瞭、羽色は温度や湿度によって変異するそうで、こんなに懐いてくれても私には、亜種名までは到底わかりません。

しかも日本の固有種でありながら、野外で出会うのはかなり困難な鳥でもあるみたいで、私も今日で3回目。しかも今までたくさんの野鳥を観察しましたが、こんなに懐かれたことは勿論初めてです。
DSC04409












顔面に、キジ同様の美しく発色した赤い皮膚の裸出部があり、体色は金属光沢のある美しい赤褐色を呈しています。特に頭部の色が濃く胴体から脚にかけて薄くなる傾向で、その程度も又亜種により様々。よく目立つ鱗状の斑もヤマドリの特徴です。尾は相対的にキジよりも長く、黒、白、褐色の鮮やかな模様があるはずなんですが、この個体は、何らかの理由で多くが欠損しています。

私が帰ろうとして離れていくと、興奮して鶏のように頭頂の羽毛を逆立て追わえてきました。さらに脚にある蹴爪と嘴でしきりに私にアタックしてくるんです。県道を車で通過する人々も横目で私とヤマドリのダンスを不思議そうに見ているんですよ。少し恥ずかしいです。でもだれも助けてくれないんですね・・・
DSC04396
















そうしていると、一人だけ車を止めて近寄ってきてくれました。よく見ると室戸在住の蝶研究家、長崎さんです。一年ぶりの再会。「何しているんですか」って尋ねられても、私自身???
ヤマドリも人間が2人になると、静かになりました。

そして、長崎先生に今年のアサギマダラをはじめとする蝶のお話をお伺いしていると、ヤマドリは寂しそうに草むらへ戻って行きました。本当に不思議な出来事!
DSC04411











長崎先生が仰るには、二・三日前からこのあたりには変な鳥が出没している・・・って噂があったそうです。室戸ってそんな所?

でも冷静に考えてみると、これだけ人に慣れているんですから飼育個体だったんでしょうね。

大型野鳥です
香南市の郊外では、時々見かける大型野鳥。山北辺りを車で走ると、県道脇の蜜柑畑から突然飛び出してくるんです。大きい野鳥ですからビックリします。
ヤマドリ











今日も、その鳥が香南市の県道を歩いていました。といっても、本日は私の方が彼を先に見つけましたから、じっと出てくるのを待っていたんです。

彼の名は山鳥ヤマドリ)学名:Syrmaticus soemmerringii キジ目キジ科ヤマドリ属に分類される日本固有種。特別、野鳥に興味がなくても多くの人がその名を知っている大型の野鳥です。

彼と言いましたが、特徴的な長い尾羽で雄であることが容易に分かります。
DSC05834DSC05835








ヤマドリは平地歩行が好きですから、距離をおいて見ていると多分出てきます。 

しばらく待っていると・・・ほら、出てきました。

ヤマドリの雄成鳥は全長1メートルを優に超えるのに比し、雌はその約半分。更にキジ目独特の雄尾長は最長1メートル近くになる都合最大2メートルにもなるんですか(尾羽は最後尾から出ている訳ではないのでそんなにはなりませんね)ちなみに雌尾長は20cmくらい。それぞれの尾羽の数は20枚程度です。
キジ (6)キジ (3)







キジ:芸西村撮影の自然個体雄】
ヤマドリ顔面には、同科キジ同様赤い皮膚の裸出部があります。雄の羽色はキジの極彩色と異なり、金属的な光沢のある赤褐色。鱗状のよく目立つ斑があり、また興奮すると頭頂の羽毛が逆立ち冠状に見えますがヤマドリに冠羽はありません。尾は相対的にキジより長く、黒、白、褐色の鮮やかな模様が出ます。
蹴爪
脚には蹴爪(鶏・キジなどの雄の足の後ろ側にある角質の突起。攻撃や防御に用いる)があります。雌の羽色は褐色でキジのメスに似ていますが、キジの雌より相対的に短尾です。


飼育野鳥











【飼育下のシコクヤマドリ】

日本固有種のヤマドリ
。生息する地域によって5亜種に分けられ、各々色彩は頭部が濃く胴体から脚にかけて薄くなる傾向ですが、程度は亜種により様々です。この辺に生息しているのは、四国山鳥シコクヤマドリ)なんでしょうね。

ヤマドリヤマドリはキジと共に古くより狩猟対象野鳥。でも現在日本では鳥獣保護法における狩猟鳥獣ではあっても、環境省令により2017年(平成29年)9月14日までメスヤマドリの捕獲は禁止されています。大きいので、見かければ、認識できる種ですが、個体数はそんなに多くないんです。冬場は群れる習性の野鳥ですが、香南市でも複数見かけることはめったにありません。


このページのトップヘ