岡山大会もいよいよクライマックス!!

「赤い衝撃」山陽のチーム状態が充実。

好投手が居並ぶゾーンを粉砕しチーム打率は4割を超す。

軟投派の岡山南・臼井投手を手始めに、プロ注目の光南・斉藤投手、指導した中で「最高ランク 」と指揮官が評価する学芸館・金村投手をことごとく粉砕。

また投手陣も小松投手、大江投手、有本投手と絶好調。

「初」の甲子園を狙うには千載一遇の大チャンスだ。


興譲館も徹底した「継投」と粘り強い打線で接戦をモノにしてのベスト4進出。

興譲館としては得意の接戦での勝機を伺う試合展開にしたい所だ。


春夏連続、4季連続を狙う創志学園と昨秋王者・関西の戦いも面白い。

関西は「リベンジの夏」、先ずは倉敷商を退け、昨秋準優勝の玉島商には守り勝ち、昨秋の中国大会で苦杯を喫した創志学園戦まで辿りついた。

投打とも大会に入り絶好調な物部選手、創志・難波選手の主力の働きにも注目。

新興勢力の台等に待ったをかけるか?関西

はたまた、「時計の針は戻さない」創志が呑み込むのか?

注目の試合になった。


岡山のラスト2つ!

どんなドラマがあるのか?


IMG_1667