東部・西部・北部のリーグ戦を勝ち残った秋季高校野球岡山大会が開幕。

倉敷市営球場の2試合を観戦。



岡山南6-0古城池

1年生大会優秀校世代の古豪・岡山南。

予選リーグでは初戦の対学芸館戦で星を落とすも粘って2位通過での県大会。

その予選リーグで好投した長身右腕・高城投手が先発。

古城池も西部予選リーグで最終代表戦を戦い抜いての県大会。

技巧派左腕・平光投手の投球が鍵を握る。


試合は2回、安打と四球の走者を置き8番・高城選手の左中間への二塁打で岡山南が2点先制。

3回にも四球からチャンスを広げ谷選手、富永選手の連続適時打で追加点。

先発・高城投手は威力ある速球を武器に7回を3安打、2四死球。4奪三振にフライアウトの山を築いた。

7回の攻撃は先頭の谷選手が二塁打で出塁。

その後、代打攻勢で犠打・犠飛と「仕事」をこなしての追加点は見事。

8回からは夏の大会で好投したエース・万代投手が登板。

2イニングを無失点に抑えた。

打線は4番藤原選手、6番谷選手が3安打でよく振れていた。

試合内容的にはセンターラインを中心に守備も安定。

期待が持てる初戦の戦いだった。

IMG_0211




IMG_0215

岡山南は先発・高城投手が好投

IMG_0233

IMG_0246

効果的に得点し快勝。

IMG_0248

最後は万代投手が締めた。


IMG_0224

ストッキングに刻まれた赤いラインは甲子園出場回数。

「古豪復活」の秋になるか?

IMG_0256


実力伯仲ゾーン、先ずは幸先良いスタートを切った。

IMG_0254



岡山東商7-3共生

初回、四球からチャンスを広げた共生が2点先制。

投手、守備陣に不安が残る共生もその裏、四球、失策で走者を出し4番・岡本選手の豪快なレフトオーバーで同点、尚も失策で逆転され。

2回、3回も四球に失策が絡み、すべて得点に絡む悪い流れで計5失策。

6回から登板した岡山東商の2番手・青木投手に打線も沈黙し敗退。

岡山東商は6安打で7点、特に序盤に大量点を奪ったのが大きかった。


IMG_0270


IMG_0258


共生は先発、2番手が自滅した後に登板した3番手の内海投手が踏ん張った。

IMG_0263

IMG_0261



本日の結果

■倉敷マスカットST
山陽高校 0-7 創志学園
作陽高校 0-2 学芸館高
玉野光南 3-2 倉敷工業

■倉敷市営球場
古城池高 0-6 岡山南高
岡山東商 7-3 共生高校

■エイコンST
興譲館高 7-8 勝山高校
金光学園 9-2 邑久高校


ツィッター公式→@harehareokayma