来春のセンバツに繋がる

秋季高校野球岡山大会が開幕。

マスカット球場の第一試合は公立普通科の雄・芳泉が接戦を制しベスト16へ!

IMG_3443


総社南・林投手、芳泉・金村投手の息詰まる投手戦は終盤に意地を見せた芳泉が完封で接戦を制した。

試合は3回一死3塁、4回1死2塁とチャンスを作りながらここぞという場面は総社南・林投手が三振で切り抜ける力投。

4回まで無安打に抑えていた芳泉・金村投手。

チャンスを潰した後に流れは総社南に傾く。

5回は1死2,3塁、6回、7回は2死3塁と再三のピンチもバックの好守とピンチに制球を乱さなかった金村投手が0に抑え再び流れは芳泉へ。

「1点勝負」になった8回裏。

安打と犠打で1死2塁から森岡選手が右前に弾き返し先制。

9回も3人で抑え、芳泉が競り勝った。

金村投手は予選の商大附戦に続き2試合連続の完封。

春先ー夏まで制球にやや不安があったが、投球フォームを変え安定。

変則投法から多彩な変化球を操り、的を絞らせなかった。

総社南は主戦・林投手が力投。

予選リーグでも少ない失点で勝ち残り、久々に同校を秋季県大会へ導いた。

2つの失策も安打かどうか微妙な感じで守りもよく鍛えられてた。

IMG_3310



4安打完封した芳泉・金村投手


IMG_3326


ピンチに落差ある変化球で凌ぐ

IMG_3339


8回裏、森岡選手が決勝の適時打

IMG_3377


IMG_3406


IMG_3427


IMG_3445


倉敷4校、岡山5校の公立進学校の中で唯一県大会へ進出し勝利した芳泉。

コンスタントに毎年「好チーム」を作る手腕は確かだ。




私用で少しマスカットを離れ、三試合目の途中から観戦の山陽ー理大附

13安打8得点、投げては主戦・有本投手が4安打に抑え7回コールドで山陽が勝利。

気合の5厘刈りで挑んだ理大附、名門の復活にも期待したい。


IMG_3484