春季高校野球岡山大会は2回戦が行われ、ベスト8が出揃った。


-倉敷市営-

t1_R


IMG_7656


玉島商は昨秋に比べ攻撃力がアップ。

豊富な投手陣を援護できるか、次戦の創志戦は「夏の前哨戦」として注目のカードだ。









s1_R


創志学園は主戦・難波選手が投打に活躍。

9回降板した後にバタバタした点が2番手投手の台等を含め夏の課題か

しかし、難波選手のバットコントロールは素晴らしいですね・・・

共生から西武に入った呉選手以来のバットコントロールの巧さを感じます。

IMG_7766









 
IMG_7990_R


好投手対決になった光南ー山陽。

中盤まで速球主体に中盤から変化球多めに配球し完投した光南・斉藤投手。

速球の速さは今季観戦したどの投手よりも あったように思います。


IMG_8049_R


IMG_8052_R

IMG_8002_R


IMG_7955_R


IMG_7894_R

 


IMG_7900_R
  

チーム全体に「気合」を感じた光南。

その姿は昨年の悔しさを忘れない・・そんな強い意志を感じました。

打撃陣も一冬越して仕上がってました。

上位下位切れ目なく、小松投手から二桁安打。

夏の「本命」に擁す声も多そうです。

 
as3_R
 

 
sa8
 

シード権を失ったが投手陣は豊富なおかやま山陽 。

ノーシードの夏が逆に不気味だ。

IMG_7996_R


IMG_8060_R
 

IMG_8054
 



他球場では倉敷商、理大附、城東、興譲館、倉敷工が勝ち上がった。

昨秋優勝の関西はよもやコールド負け。

3度目の対戦になった日新ー倉敷工はまたもや大熱戦になったと聞く。

次週はAシード権を懸けた戦い。

玉島商ー創志学園は注目のカードになった。